アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

登山・防災用に小型浄水器を買ってみる!/ ソーヤーミニSP128

スポンサーリンク

今日は、登山・災害時に大活躍する、小型浄水器のソーヤーミニSP128について書いてみたいと思います!

 

話は変わり、弊社、30歳から人間ドックを受診できるもので、毎年行っているんですが、相変わずバリウムの検査が苦手でございます ・・・

 

よせば良いのにバリウムと発泡剤を「おかわり」してしまい、なんだか調子が今も悪いですf^_^;


「発泡酒」なら喜んでチビチビやるんですが、バリウムはさすがに喉越しが悪いですしね・・・


そのくせ頼んでもいないのに「ゲップ」がよく出て「やっちまった(>_<)」と呟いてしまうクセモノ飲料ですよね~~

味も微妙なんで、「風呂上がりの牛乳プレー」のつもりでやり過ごそうと思い、腰に手を当ててバリウムを飲んでいたら「手が邪魔だ」と注意されてしまいました (笑)


ホント、私ってブレないオッサンですよね


すかしっ屁ならぬ「すかしっプ」をやってしまったんです、見逃さなかった技師さんは見事しか言いようがございません(・o・)

そんな感じで、最近は特に自然災害が多いので、登山・防災用に持ち運ぶ事も出来、フィルター交換が不要な「小型浄水器」を先日購入してみました。

 

登山や災害でもそうですが、やっぱり「水の確保」が一番の課題ですからね!!

 

1週間くらいは何も食べなくても、なんとかなるみたいですが、水は2、3日飲まないとアウト!になってしまいますからね~~

 

そんな感じで、こんなのを購入してみました!

 

名前は「ソーヤーミニSP128」と言う小型浄水器でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20160806094604j:plain

 

なんか飲むときは、腰に手を当てなさい!!って感じですよね(笑)

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

写真の通りかなり小型で持ち運びが容易でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20160806094504j:plain

 

腰に手を当ててませんが、美味そうに飲みますね~(´∀`*)

 

 

簡単に書くと持ち運びができる小型の浄水器を買ってみました。

浄水器だとフィルター交換がつきものですが、こちらにつきましては交換不要とのことで、ソレに惹かれて恋に落ちてしまいました♡

 

注射器で、逆流の水流をつくり、それでフィルターを掃除するそうです。

 

やはり、繰り返し使えないとお金が幾らあっても足りませんし、大きな災害があった時に「フィルターが詰っちゃった!」になってしまうと再購入できませんからね~

 

重金属や、放射性物質の除去は出来ませんが、それ以外の細菌等はほぼ除去できる優れものです!!

 

ま~怪しそうな水は使わず、見た目が綺麗な川や池の水を利用するのが正解かも知れませんね!

 

一応、メーカーの方は、無色透明な川や池の水を使う事を推奨しております!

 

酷い汚れの水ばかり使っていれば、記載してある浄水性能より悪くなるからでしょうね~。

 

それこそ「看板に偽りあり!」になってしまいますよね。

 

フィルターの交換が不要と言っても、人間が作るものですので、いずれか駄目になるとは思うんですが、それでも持ってないよりはマシですからね・・・

 

水さえあれば2週間くらいは体の方も大丈夫でしょうし、雨の多い日本ですから、雨水を溜めれば「天水」と言うチョットした旨そうなブランド名をつけれますしね 。

 

登山を始めた頃「天水」の意味が分からず、中国の甘粛省の郡の名前だと思い、「この店主は三国志が好きなんだね~」て、ぶつぶつ考えていたのが懐かしいです(笑)


姜維が生まれ育ったアノ大地・・・


最後はアレだったけど、よく諦めず頑張りましたね ♡

 

マニアックな話になってきましたので止めますが、先日も伊豆大島で地震が多発しましたけど、首都直下地震や東海地震とか気になりますよねf^_^;


<気象庁>

伊豆大島近海を震源とする地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp

 


気になりだしたらキリがありませんが、xデーにむけてコツコツと準備をし備えていくことが大事ですよね!


防災グッツと登山道具は兼ねる物が多いですから、無駄になることも少ないですしね!

この浄水器もコンパクトで4,500円前後で買えますのでお勧めでござます! 

 

備えあれば患いなしではございますが、出来たら利用したくない一品かも知れませんよねf^_^;

 

登山・縦走と言えば「北アルプス」ですが、稜線上に水場が少ないのがネックですよね~~

 

ただ、「池」が地味に点在しているので、この商品を使って池の水を利用出来れば一気に「水問題」は解決できますし、高いお金を山小屋に払って購入する必要もないですからね~

 

水を買うのに高い小屋だと、1L/200円前後しますから、長期縦走者にとっては痛い所ですよね~~

 

何処かで使う事が有れば再レビューしたいと思います!!