アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

奈良から海へ!熊野古道 大峯奥駈道170km 5泊6日テント泊縦走!(吉野~小笹宿編)

スポンサーリンク

今回は、世界遺産にもなり、知名度がモリモリになった「熊野古道」を歩いた時の事を書きたいと思います。

 

熊野古道」と言っても、ルートが何本かございまして、今回歩いたコースは「大峯奥駈」と言って、コース最難関と言われております。

 

奈良県の吉野から熊野本宮大社へ続く歴史ある道なんですが、凄いアップダウンの連続で、情け容赦ないロングコースになっております。

 

正に、「ロング山行愛好家」にとっては、憧れのコースでもある感じです。

 

今回、休みがそこそこ長くとれたので、奈良の吉野から大峯奥駈道から熊野本宮大社を経由して「小雲取越」と「大雲取越」も登ってしまい、 那智大社、那智勝浦の海まで行き、さらに熊野速玉大社まで足を延ばして「熊野三山制覇」しようと思い、5泊6日のテント泊で臨みました!

 

総距離は、170km程の道のりになり、過去最長になりました。

 

合言葉は、

 

「紀伊半島を駆け抜けろ!」

 

です(*´з`)

 

今回も長丁場ですので、何回かに分割したいと思います。

 

まずは1日目(奈良吉野~小笹宿)でございます! 

 

登った日:2015年05月01日(金) ~ 2015年05月06日(水)

天  候:5月1日(金) AM快晴 PM晴/曇

メンバー:単独

 

※交通機関については、最終章に記載。

 

コースタイム

吉野駅 8:25 → 10:13 青根ヶ岳10:15 → 11:25 四寸岩山 11:50 → 13:25 大天井ヶ岳 13:31 → 15:37 鐘掛岩 15:40 → 16:08山上ヶ岳 16:13小笹宿泊(泊)

 

コース・標高差 

f:id:aohige0718:20170510211234j:plain

 

 

f:id:aohige0718:20161030173152j:plain

 今回の装備です!

詳細については、最終章に記載をしたいと思います。

流石に5泊6日の装備はとても重く、既に腰砕けでございます(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20161030173203j:plain

 夜行バスと電車に揺られ、よ~やく登山口の吉野駅に到着出来ました!!

横浜から高速バスに乗ったんですが、いや~遠かった・・・

既に腰砕けです・・・ってか、砕けっかぱなしですが、本当に歩けるんでしょうかね!?

 

 

f:id:aohige0718:20161030173214j:plain

 よっ!吉野家!!

寝ぼけていたみたいで、「山」を「家」と間違えて叫んでしまいました・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161030173229j:plain

 世界遺産の金峯山寺です!

滅茶苦茶神々しいですね~♪

まだ朝の早い時間なのに、観光客がチラチラいました。

世界遺産パワー恐るべしですね~!

 

 

f:id:aohige0718:20161030173244j:plain

 上千本と呼ばれるとこに水道があります。

こちらが最終水場で、4L補給しました。

駅から結構登った所に有る水場なんで、ここで補給することをお勧めいたします!

この手前にある公園にも水道がありました。

 

 

f:id:aohige0718:20161030173253j:plain

 吉野水分神社です!

こっちも威厳に満ちた造りですね~

鳥居の近くに最終の自動販売機が有るんですが、既に金欠病を発症してますんで、購入しませんでした(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20161030173303j:plain

こちらが金峯神社になります!

近くに綺麗なトイレが有ります。

道中の安全と「アオヒゲ真理教」の繁栄を祈願し、出発したいと思います♡

これで女性信者モリモリ増える事でしょう・・・(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161030173314j:plain

 雰囲気を盛り上げてくれる石畳みです!

さ~太平洋の那智・勝浦を目指して頑張るとします!!

 

 

 

f:id:aohige0718:20161030173342j:plain

 基本、巻かずに大峯奥駆道を歩くのが今回の目標です!

折角遠くから来たのに勿体無いですしね!

そんな感じで展望が全くない青根ヶ峰です。

 

 

f:id:aohige0718:20161030173352j:plain

 有名な吉野の桜が生き残っておりました!!

綺麗で可愛い桜でした!

 

 

f:id:aohige0718:20161030173403j:plain

 花よりカツ丼な私なんで、四寸岩山の山頂で昼飯にしてみました!

ドンドン食べないと荷物が減らないんで、食欲無くても押し込むノミです!!

 

 

f:id:aohige0718:20161030173414j:plain

 山頂は虫が多く、落ち着かないランチになりました。

五寸釘で呪ってあげたい気分になったとさ。(?)

 

 

f:id:aohige0718:20161030173425j:plain

 こちらが足摺茶屋跡です!

とても綺麗に整備されておりました!

昼食はここで食べた方が良かったですね~~ 

 

 

f:id:aohige0718:20161030173434j:plain

 さらに進むと二蔵宿小屋です!

簡易トイレも有り、水場もそこそこの距離にあるので、ここでビバークもアリかもですね。

 

 

f:id:aohige0718:20161030173443j:plain

 中腹にある、大天井茶屋跡からの展望です!

歩いてきた稜線が一望でございます!!

何だかんだで、だいぶ歩いて来ましたね~~! 

 

 

f:id:aohige0718:20161030173453j:plain

よっ! 大天上ヶ岳!

崩壊の為、巻き道は通行止でした・・・。

いや~ここまでかなりキツイ登りで、何度も泡を吹いてしまいました・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161030173504j:plain

 山頂からモリモリ下ると、女人結界となります。

山上ヶ岳は、日本で唯一の女人禁制の山になっております。

人権団体?が、「女」の漢字を破壊したそうです。

昔から続く慣わしなので、私は女性差別だとは思いませんけどね~。

今の価値観で騒ぐのは、ナンセンスかな~~っと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20161030173513j:plain

 陀羅尼助茶屋です!

結構な標高の所に有るとは思えない、仲見世チックな感じの所です。

それだけ多くの人が通るんでしょうね~・・・

赤矢印方面にトイレが有り、利用可能ですよ! 

 

 

f:id:aohige0718:20161030173523j:plain

 少し進むと鐘掛岩が見えてきます!

オモザックで登るのは・・・ですが、折角来たんで登ってみる事にしました!

 

 

f:id:aohige0718:20161030173531j:plain

 展望抜群の展望が広がり、ナメック星人みたいにな色をした、有難い銅像が鎮座しておりました(-∧-)

長年、見守って下さっているんでしょうね。

 

 

f:id:aohige0718:20161030173545j:plain

 先ほど悶絶した大天井ヶ岳方面が見えました!

山深く、修行にはもってこいの山域ですよね~~

 

 

f:id:aohige0718:20161030173556j:plain

 さらに進むと、山頂近くに有るとは思えない立派な宿坊群がモリモリ出てきます。

いい機会なんで、今回泊まっても良かったですよね~! 

 

 

f:id:aohige0718:20161030173606j:plain

 少し登れば大峰山寺でございます!

最初、どれだか分からんかったんですが、多分こちらかと思います。

質素な感じですが、風格と歴史がある佇まいですね!!

 

 

f:id:aohige0718:20161030173615j:plain

 少し離れたところに山上ヶ岳の山頂があります!

お花畑と言うよりは、「笹畑」ってな感じの山頂でした(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161030173623j:plain

 開放感抜群ですね~!!

生まれたままの姿でダッシュしてみたい所ですが、罰が怖いので大人の対応に終始しました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161030173632j:plain

「熊野本宮大社」の看板が存在感がモリモリでした!

夢だった「熊野古道」を歩いているんだな~ってシミジミしてしまいました。

 そんな感じで、今日のお宿の「小笹宿」を目指します!

 

 

f:id:aohige0718:20161030173644j:plain

 雰囲気の良い稜線を進んで行くと、今日のお宿の小笹宿が見えてきます。

写真に写っている小屋が「小笹宿」なんですが、見ての通りとても小さく3、4人位が限界かな~っと思います。

GWと相まってテン泊者が結構多かったんですが、結構平地が広いんで、張れない事は無いと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20161030173654j:plain

 こちらが小笹宿の水場です!

とても冷たくて水量も多く美味しかったです!

テン場も1張りごとに区切られているような感じなんで、適度な距離を保て静かで最高でした!

雰囲気も良く、一発でお気に入りになりました!!

 

 寝不足でフラフラになりながらも、なんとか「小笹宿」に辿り着けて良かったんですが、本当はもう少し先に幕営するつもりでした・・・

 

思った以上にアップダウンが厳しく、今後も侮れないな~っと思っていたんですが、その予感が的中することに・・・

 

そんな感じで、次回(小笹宿~千丈平)に続きます!!

aohige0718.hatenablog.com