アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

軽量ソーラーランタンVS即席ランタン。Landport ソーラー式エコライト レビュー!

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20161210203851j:plain

 

 

 

 

毎日寒いですが、今日はテント泊の時に必要なランタンについて書いてみたいと思います!

 

ランタンにもいろいろな種類がありますが、今日は電池が不要で非常に軽量なソーラーランタンをご紹介したいと思います!!

 

 Landport ソーラー式エコライトと言う聞きなれないアイテムを衝動買いしちゃったんですが、自作の即席ランタンでも良かったような感じでした。

 

それにしても、テント泊で山登りに出掛けると、荷物が多くなり困ってしまいますよね。

 

快適さを求めると荷物が多くなり、軽量化を追及するとテントの時間が不便になりますしね・・・


そのバランスが中々難しいところですが、そこら辺は「長年の経験」がものを言うんでしょうね~

 

話が脱線しますが、私もヒゲをそり始めて20年以上経ちます。


それこそ、「修羅場」を幾たびと経験しているんですが、未だに癖ヒゲに悩まされております。

 

傍若無人に自己主張するもんで、朝からアクロバティックな体位で剃る羽目になり、毎朝新鮮な気持ちにさせてくれます。

 

なんとかなりませんんかね!?

 

なんともなりません!

 

と、即答が返ってきそうですが、かなり話が脱線してますよね。

 

「癖ヒゲなオジサン」なもので、性格もかなり癖があり、なんだか面倒臭いオジサンですよね。

 

分かっているものの、さらに頑張ろう!と思っている辺りが更に痛い感じです。

 

何を一生懸命語っているか分からなくなってきたところで話を戻し、テント泊に限らず「ライト」は必須の装備である事は、改めてこちらで書く必要は無いですよね。

 

当たり前ですが、山の中には街頭がありませんので、真っ暗な登山道をライトなしで下山するのは至難の業です。


進退窮まりたくないので、登山に行く前はライト忘れてないかと2度、3度必ず確認しております。

 

地元のお山で「ナイトハイク」することがあるんですが、ライトが有っても歩き難く「怖い」と感じます。

 

それほど大事なライトですが、途中で壊れてしまうと悲惨な状況になることが予想できるものの、じゃ~スペアーを持っていくか!?と言うと、流石に・・・ですよねf^_^;

 

その時は無理せずビバークだな~っと思っているんですが、軽量で邪魔にならないライトが有ればエエですよね!

 

そんな感じで調べていたら、面白そうなライト発見し、説明を読んでいたらいつの間にか洗脳され、気づいたら「左クリック」でポチ♪としてしまいました。

 

30分後、よ~やく我に返り、「受注確認」のメールを読んで己の行動を後悔し、預金残高の確認と、資金繰りの計算に忙しくなるんですが、この自転車操業なんとかなりませんかね!?

 

なんともなりません!

 

本日2度目のお言葉、誠にありがとうございます!

 

も~ヤケクソになってきた感がありますが、「後悔の塊」である今回の無駄な出費をご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク
 

 

f:id:aohige0718:20161210204213j:plain

名前は、andport ソーラー式エコライト solar puff ソーラーパフ ウォームライト PUFF-15WLといいます。

 

 

f:id:aohige0718:20161210204240j:plain

 名前の通り、ソーラーパネルが付いているので、電池は不要です!

真ん中に付いている小さなポッチが電源になります。

こちらが膨らませた状態です!

使わない時は折りたためるので、コンパクトになり収納に困りません!!

 

 

f:id:aohige0718:20161210204300j:plain

 中々セクシーな網目模様です(?)

引っかけたりロープで結んだりできるので、設置場所の応用が結構利くかと思います!

ザックの後ろに括り付けておけば、勝手に発電し充電してくれるので面倒はありません。

 

 

f:id:aohige0718:20161210204314j:plain

性能の詳細です!

重量が75gってのは嬉しい軽さですね!

500回繰り返し使えるのも経済的ですね!

で、点灯している写真を撮るのを忘れてしまったんですが、「弱」でも十分明るいです!

テントの中なら「弱」で十分かな?って感じでした。

 

日帰りだと使うことは無さそうですが、テント泊だと軽くてエエかな~っと思い買ってみました。

 

これを買う前は、普段、山歩きの時に持ち歩くアイテムでランタン代わりにしてきたんですが、それと比べてどうかしら?と思い確認してみました。

 

 

 

f:id:aohige0718:20161210204227j:plain

使うアイテムは写真の通り、プラティバス、ヘッドランプ、そしてレジ袋のみです。

レジ袋にこだわっておりまして、個人的には「カメラのキタムラ様の袋」が一番エエ感じになります。


袋に程よい厚みがあり、それほどスケスケな感じではないので光が上手く反射してとても綺麗になります。

 

百聞はなんちゃらですので、こちらの写真をご覧下さい!

 

 

f:id:aohige0718:20161210204409j:plain

 まず、レジ袋を使わないパターンんです。

プラティパスに水を満タン(2.5L)に入れてヘッドランプで照らしてみました。

残念ながら光が上手く拡散せず、微妙な明るさですね・・・

このプラティパスは、水を満タン近くまで入れると自立するんで、ランタンに使う時に重宝します!

そして、非常に軽いので(約35g)私の山登りには必須なアイテムでございます!

 

 

 

f:id:aohige0718:20161210204358j:plain

こちらが「カメラのキタムラ様」のレジ袋を上からかぶせ、下からヘッドライトで照らしているだけなんですが、ロマンチックな感じになってますよね~♡

 

テント内で過ごすだけなら、この光量で充分明るい感じです!

 

独りでテント泊する時は、こちらでいつも済ませておりました。

 

ある物を上手く使って快適にする事こそ、テント泊の醍醐味かな~って思ってます!

 

ピンク色」のレジ袋を使えば、「勝負の日」にも充分対応できるかと思われます♡

 

「赤色」のレジ袋使えば「アカニー」を楽しむことができますので、独りで慰める時には重宝するかも知れません(?)

 

え~・・・結論としては、このプラティバスとレジ袋で充分明るいので、敢えてランタンを購入しなくても良かったな~って感じです(>_<)


ただ、ソーラーで充電できるのは有難いですし、2人以上の団体でテント泊する時はかなり明るいので重宝するかな~って思います。


何時間もヘッドライトを点けるのは、電池の絡みもあって気になってしまいますしね。

 

最近、地震が多いですが、「防災」と言う意味においては非常に心強いアイテムであるとも思います。

 

ライトは何個あっても困りませんしね。

 

軽く、かなり明るいので、総合的に考えると1つ持っていても悪くないライトだと思います!!

 

さ~次はどんなアイテムで「洗脳」されてみようかな~♡

 

これじゃ~お金が貯まらないのも頷けますよね(苦笑)

 

aohige0718.hatenablog.com

※テント泊の時に使っているブラックダイヤモンドオービットという軽量ランタンの記事になります!