アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

外秩父七峰縦走ハイキング大会!42km攻略の秘訣とコースガイド。

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170408104810j:plain

 

 

 

外秩父七峰縦走ハイキング大会が目前に迫ってきましたね!

 

今年は出場しようと思っていたんですが、決算作業に忙殺され、スッカリ応募を忘れてしまいました・・・。

 

応募開始が3月1日からで、登山人気も相まって先着7,000名と言う狭き門とも戦わないとイカン感じです!

 

私が参加した時は、2月の上旬頃だったんですが、少し応募の時期が遅くなったみたいです。

 

大会の概要は、こんな感じになっております!

 

f:id:aohige0718:20170408102427j:plain

 

今年からハガキでの申込みができなくなっております。

インターネットからの申込みしか受け付ておりませんので、ご注意ください。

 

そんな感じで3年前に外秩父七峰縦走ハイキング大会に参加し無事に1日で完歩出来たんですが、その時の経験を踏まえて今日は記事にしたいと思います!

 

それにしても、「登山ブーム」と言われて久しいですが、意外と「登山・ハイキング大会」はあまり耳にしませんよね~

 

私の地元丹沢山塊だと、「丹沢歩荷大会」、「大山登山マラソン」や、奥多摩だと「ハセツネ大会」がありますが、どれも「登山」ではない感じですよね~


関西だと「六甲山全山縦走大会」が有名ですが、関東にはそれを上回る規模の大会は聞いたことがございません。

 

そんな中、関東における「登山大会」において、「外秩父七峰縦走ハイキング大会」は規模などからしても「筆頭」にあげることが出来るのはないかと思っております!

 

今回は、「目指せ完歩!」に重きを置いた感じに纏めたいと思います!

 

こちらの大会に参加するに当たり、色々とネットで調べたんですが、ど~も欲しい情報が少なかったので、個人的に知りたかった事に触れながら書いていきたいと思います!

 

まずはコースですが、こんな感じのルートになっております!

 

小川町駅(スタート) → 官ノ倉山 → 笠山 → 堂平山 → 剣ヶ峰 → 大霧山 → 皇鈴山 →登谷山 → 鉢形城公園内(ゴール) → 寄居駅

 

山の名前で書いてもアレなんで、ルート・高低差になります!

 

f:id:aohige0718:20170408102259j:plain

 

f:id:aohige0718:20170408102359j:plain

f:id:aohige0718:20170408110700j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

気になる歩く距離ですが、全長42kmでフルマラソンと同じ距離になります!

 

標準コースタイム14時間のところを、制限時間12時間(6:30~18:30)で歩き通さなければならないので、2時間ほど急いで歩かないと「完歩」できない大会になっております。

 

ちなみに、「走る事」は禁止になっております。

 

また、ストックの使用は禁止になっておりますが、何が起こるか分からないのが登山ですので、私は念のため持って行きました。(使用はせず)

 

参加資格は、小学生以上で健康な方で、自分の行動に責任の持てる方となっております。


よ~は、「無茶しなさんな!」ってとことでしょうか(笑)


参加料は無料ですが、交通費は各自負担になっております。


なお、前大会を以って「2年継続での完歩達成」と「完歩賞(帽子)」の進呈はなくなっております。

 

私が参加した時は、2年連続で、2回に分けて歩いても完歩したことになったんですが、そこの点が変わったみたいですね。

 

そんな感じで、参加した時の写真を載せたいと思います!


記事の最後の方に、「完歩」に向けてのアドバイス的な事も書きたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170408104438j:plain

スタート前の小川町駅前の様子です!

参加者で溢れ、中々スタートが出来ません(>_<)

一応、6:30スタートになっておりますが、今までの慣例では少し早めて6:00前後のスタートになっております。

この30分は大きいので、少し早めの到着が吉だと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170408104506j:plain

最初っから凄い数の登山者で、遅々として進みません(>_<)

官ノ倉山で、東武竹沢駅からスタートした参加者と合流します。

ここで一気に参加者が増えて大渋滞になります。

なので、いかにこの官ノ倉山を早く突破できるかが完歩に向けて大事かな~っと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170408104525j:plain

道も狭いので要注意です!

なお、調べた限り、東武竹沢駅からスタートした方が空いているみたいですが、受付は小川町駅でしなければならないので、移動が面倒ですよね。

 

 

f:id:aohige0718:20170408104539j:plain

官ノ倉山を過ぎると参加者も少しずつ分散し歩きやすくなってきました。

それでも前後にはかならず見える位置に参加者がいるんですけどねf^_^;

天気もこんな感じで、人間嫌いな私にとっては試練な感じになってきました。

 

 

f:id:aohige0718:20170408104552j:plain

奥武蔵と言ったら堂平山が有名ですよね~(´∀`*)

しかし、コースはなぜか山頂を巻いております。

遠回りになるんですが、折角なんで、私は登ってみた感じです。

この周辺に、トイレと出店がありました。

 

 

f:id:aohige0718:20170408104608j:plain

堂平山を過ぎると、さらに参加者の密度が減ってこんな感じになりました。

堂平山から皇鈴山まで(約12km)地味なアップダウンが連続しますので、注意してください!

 

 

f:id:aohige0718:20170408104641j:plain

参加者が時々途切れ、静かな山歩きが出来ました!!

7,000人が参加するだけあって、途切れる事を知らない一日でしたf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170408104653j:plain

サプライズで、羊も大会に参加してました。

「打ち上げは、ジンギスカンで一杯やりたいね!」と、話し掛けると、一目散に逃げていきました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170408104703j:plain

里山の景色に癒されました!!

天気が良ければ絶景が広がるんでしょうね(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170408104714j:plain

こちらが二本杉峠になります!

大霧山から先は、舗装路歩きが目立ってきます。

 

 

f:id:aohige0718:20170408104729j:plain

ただ、お花が多いので、一服入れるには良い場所かな~っと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170408104741j:plain

桜もまだ生き残ってましたし、道中、色々な種類のお花が咲いておりました!!

 

 

f:id:aohige0718:20170408104753j:plain

皇鈴山に東屋があり休憩するには丁度良いんですが、この人の多さで・・・。

前年の続きから歩くため、バスに乗って途中の区間から歩きだしたかたが多かったです。

※前回から「2年連続で、2回に分けて歩いても完歩」が廃止になったので、このような混雑はないかと思われます。

 

 

f:id:aohige0718:20170408104810j:plain

そんな感じで無事に完歩できました!!

 

 

f:id:aohige0718:20170408104820j:plain

こちらが完歩証明書と、記念品になります。

私の時は、帽子とタオルから選べ、帽子はちょっとアレなんでタオルにしました。

 

時間制限のゲート(チェックポイント)が全部で7箇所あります。

スタート地点である小川町駅からの距離と合わせて纏めると、こんな感じになります!

 

官ノ倉山 受付  7:00~11:30 スタート地点からの距離   5.1km

笹山   受付10:00~15:30 スタート地点からの距離 16.2km

堂平山  受付10:15~15:00 スタート地点からの距離 18.4km

剣ヶ峰  受付10:30~15:20 スタート地点からの距離 19.3km

大霧山  受付10:15~15:30 スタート地点からの距離 25.4km

皇鈴山  受付10:25~16:30 スタート地点からの距離 31.1km

登谷山  受付10:50~16:50 スタート地点からの距離 32.3km

ゴール  受付13:00~18:30 スタート地点からの距離 42.0km

 

f:id:aohige0718:20170408110644j:plain

青まるで囲った大霧山の受付時間15:30に間に合うかどうかが、完歩のカギかな~っと個人的には感じました。

 

普段のハイキングだと、25km以下で下山する事が多いですしね。

 

それ以上になると、体も慣れていないでしょうから、アチコチ筋肉や関節から悲鳴が聞こえてくる頃ではないか~と思います。

 

f:id:aohige0718:20170408110700j:plain

こちらが受付時にいただいた、ルートとコースタイムになります。

  

 

f:id:aohige0718:20170408110721j:plain

こちらも受付時に一緒にいただいた資料です。

時間と料金が変わっているかもしれませんが、目安としてお使いください。

上記2つは、大会当日にもらえると思います

 

 

◎完歩に向けてのアドバイス!

 

●前泊がお勧めです!


スタート地点の小川町駅まで移動するにも、早起きをし、体力も使いますので駅近郊の宿泊がベストかと思います。


私は貧乏なんで、小川町駅から少し離れておりますが、秩父駅近くの「自由空間」と言う漫画喫茶で前泊しました。

 

秩父中央店(埼玉県)|インターネットカフェ 漫画喫茶 自遊空間

 

 7時間くらいの滞在で3,000円しないので安く泊まれますが、寝れるかどうかは個人の能力によるかと思われます(笑)

※滞在時間により、値段が変動いたします。(脚を伸ばせて寝れるフラットな席もあり、ドリンクバーは料金に含まれており、簡単な食事もとれます。)


●靴はソールが柔らかい軽登山靴かウォーキングシューズで!

 

外秩父七峰縦走ハイキング大会は、全長42kmの行程ですが、全て山道かと言うと、そ~ではなく、ザックリ10km前後は舗装路歩きになります。


舗装路歩きは、疲れが溜まった後半から(大霧山以降)ゴールの鉢形城公園内の部分で長く設定されております。

 

ソールの硬いガチガチの登山靴よりも、ウォーキングシューズ程度の軽量な靴の方が歩きやすいかと思います。

 

私は、「軽登山靴」だったんですが、足の裏と爪先を傷めてしまい、ゴールまで涙目になりました・・・。

 

●荷物は軽めに!


私が参加した時には、コースの途中に4箇所ほどお店(出店)がありました。


簡単な食べ物を購入できますので、モリモリ持参する必要はございません。


自動販売機は途中にありましたが、水場は見当たりませんでした。


水に関しては、それなりに持参した方が良いかと思います。

※一部のチェックポイントで販売アリ。

 

●スタートダッシュが大事です!


6:30からスタートですが、私の時は少し早く6:00頃からスタートになりました。

 

登山道が狭く、登山者が集中する前半部分は非常に混みあいます。

 

先行逃げ切りが一番良い形かと思いますが、スターと地点で前泊してないと難しいかもですよね。

 

●スタートダッシュに失敗したら・・・

 

登山道が狭く、すれ違うのがやっとの箇所が多いです。

 

時間制限もあるので、急ぐ登山者がいきり立っております。

 

自分のペースも大事ですが、譲り合いの心があると、無用なトラブル防止になるかと思います。

 

 ●トイレが混むので早めが吉です!

 

参加者が多く、そこらの茂みで・・・とはいきません。

 

スタートの小川町駅はじめ、各チェックポイントにありますが、何処も酷い混みようです。

 

特に女性用は、可愛そうになるほどのアレでしたので、空いている所があったならば早々に済ませた方が良いかと思います。

※トイレがないチェックポイントもあります。

 

●日頃のトレーニング大事です!

 

距離が長いので、ぶっつけ本番で完歩は難しいです。

 

仕事をしていると、中々時間が取れませんが、出来る範囲でコツコツと行うのが大事だと思います!

 

それこそ、1km、2km歩くだけでも体力・脚力アップに繋がります!

 

普段の生活で、42kmも山道を歩く事は無いかと思います。

 

 

そんな貴重な体験をこの大会で味わう事が出来、完歩できた喜びと達成感は半端ないものがあります。

 

今後の自信に繋がりますので、興味がある方は来年挑戦してみるのも「山登りのキャリアアップ」に良いかな~っと思います!

 

今年参加する方も、怪我のないよう注意しつつ完歩目指して頑張ってください!

 

外秩父七峰縦走ハイキング大会は、レースではないので、自分のペースで楽しく歩いていただけたらな~っと思います!

 

少しでも大会の参考になれば幸いでございます!