アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

北アルプスの女王燕岳!コマクサやライチョウと素敵な出会い(中房温泉~合戦小屋~燕山荘)前編

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170528154041j:plain

 

 

 

今日は、普段全然登らない「北アルプス」に出没した時のことを記事にしたいと思います!

 

 

私は、北アルプスよりも南アルプスの方が登山者が少なく静かで好きなんですが、数年ぶりに北アルプスの山に登ろうと決心し、未踏だった「北アルプスの女王 燕岳」へ行ってきました!

 

 

当初、天気が良ければ2泊3日のテント泊でアッチからコッチへ縦走しようと思っていたんですが、計画日に近づくにつれて天気が悪くなり、結局日帰り登山で落ち着いた感じです!

 

 

今回の山行で、「定期的に北アルプスの山に行こうかな~!」と考えが変わったので、今後、機会を作って時々出没しようと思っております!

 

 

そんな感じで今回は、中房温泉を起点に、急登で名高い合戦尾根から合戦小屋を経由して燕山荘、燕岳のピストンになります。

 

 

地味に長いので、今回も前・後編の2部作で行きたいと思います!

 

 

前編は、第1駐車場~中房温泉~合戦小屋~燕山荘までになります!

 

 

こんな一日になりました! 

 

 

登った日:2015年06月22日(月) [日帰り]

天    候 :曇り

メンバー:単独

 

交通手段

 中房温泉近くの無料駐車場を利用。

7:00頃着きましたが、第1駐車場は半分くらい空いてました。

第1~第3駐車場まで広い駐車場ですが、早めの到着が良いかと思います。

 

 

コース状況

 第1ベンチ近くの水場は水量も多くあてに出来ます。

合戦小屋にトイレがあり、名物の「うどん」は既にこの時既に販売されておりました。しかし、「スイカ」の方は6月下旬頃からの発売で食べれませんでした。

道中、かなり虫が多いので、虫除けスプレーがあると重宝します。

 

 

装  備

 

水     3.0L(余り 0.3L。)

※2.5L持参で、第1ベンチ近くにある水場で0.5L補給

 

貧乏セット(おいなりさん、のりまき2本、ラーメン(カレー味))、シュークリーム1個、チョコレート120g、飴玉15個、柿の種、お煎餅、コーヒセット1式、バーナー、コッヘル、カップ、ガス缶(大:1/6消費)、へッドライト、予備電池、ダブルストック、手袋(薄手)、帽子、日焼け止め、虫除けスプレー、その他諸々 

 

 

コースタイム 

第1無料駐車場 6:58 → 7:02 中房温泉登山口 7:04  → 7:23 第1ベンチ 7:25 → 7:36 第2ベンチ 7:38 → 7:57 第3ベンチ 8:00  → 8:15 富士見ベンチ 8:17 → 8:33 合戦小屋 8:35 → 9:06 燕山荘

 

 

コース・標高差 

f:id:aohige0718:20170528152332j:plain

北アルプスのメジャーなお山が勢揃いですね~!てな所に燕岳はあります!

 

f:id:aohige0718:20170528152307j:plain

 

 

f:id:aohige0718:20170528153641j:plain

経費節減で高速道路を使わず、下道で神奈川の自宅からここまで来たんですが、5時間掛かってしまいました。

 

山登りする前ですが、既にグッタリです(涙)

 

そんな感じで、第1駐車場(無料)からスタートです! 

 

 

f:id:aohige0718:20170528153700j:plain

今日は、北アルプスの山々の中でもメジャーな燕岳に合戦尾根から登りたいと思います!

 

実は、人が多い北アルプスの事を毛嫌いしてまして、あまりこの山塊には出没いたしません。

 

も~北アルプスの山に何年ぶり来たか思い出せないほど昔でございます。

 

 

f:id:aohige0718:20170528153726j:plain

 こちらが中房温泉で、燕岳の登山口になります!

 

この近くに綺麗なトイレがあります。

 

下山後の楽しみである温泉は、こちらにするか、あちらにするか大変悩みました。

 

どっちの温泉に入ったかは、後編で明らかになります♡

 

 

f:id:aohige0718:20170528153746j:plain

 落葉松の新緑が輝いております♪

 

秋の紅葉の時期も綺麗なんでしょうね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170528153758j:plain

雲のモザイクが濃いですが、薄っすら見えているお山が東餓鬼岳方面になります!

 

当初、アッチまで歩いて中房温泉へ下山しようかと思ったんですが、計画通りに行かないのが登山ですよね~~・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170528153814j:plain

 リンリン草が私のことを出迎えてくれました!

 

 

f:id:aohige0718:20170528153846j:plain

モリモリ登っていくと、ほどなくして「第1ベンチ」になりました。

 

この第1ベンチの近く水場がございます!

 

モリモリ有るんで、帰りに寄って状況を確認したいと思います! 

 

 

f:id:aohige0718:20170528153902j:plain

 合戦尾根は、北アルプス三大急登らしいですが、私の地元丹沢の大倉尾根に似ているような感じでした。

 

 残り2つは、烏帽子岳のブナ立尾根、鹿島 槍ヶ岳の赤岩尾根と言われております。

 

 でも、こちらの合戦尾根は、「急登か?」と言われると、それほど「M指数」は高くないかな~と思います。

 

全行程で、鎖場や岩稜帯歩きもありませんので、危険な所はないです。

 

 

f:id:aohige0718:20170528153931j:plain

さらに進んでいくと、荷揚用ケーブルが見えてきました。

 

名物のスイカや、可愛い山ガールが落ちてこないかな~っと眺めていたんですが、ピクリとも動きませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170528153950j:plain

 さらに進むと第2ベンチが見えてきます。

 

定期的にベンチがあるので、休憩のペース配分に使えますし、ザックを下ろせて体も楽ですよね~

 

 

f:id:aohige0718:20170528154003j:plain

 第2ベンチからは、少し急な道が続きますが、途中からイワカガミロードになってきました♡

 

可愛いですよね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170528154027j:plain

 純白のお花がとても綺麗でした!

 

合戦尾根は、樹林帯が続きますが、こ~やって定期的にお花があると癒されますよね~♬

 

 

f:id:aohige0718:20170528154041j:plain

 天気が少し微妙ですが、多くのお花に出迎えてもらえて心は爽やかでございました!

 

この爽やかさを継続できれば女性にモテるんでしょうけどね~・・・

 

噓をつくのが苦手なんで、直ぐにバレてしまうのが私の良いところでございます(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170528154135j:plain

 こんな感じの岩場もありますが、全く難しくございません。

 

ただ、下りで雪があると滑って少し難儀するかもしれませんね。

 

 

f:id:aohige0718:20170528154201j:plain

 よ~やく合戦尾根の名物である「合戦小屋」に到着できました!

 

非常に立派な小屋ですね~!!

 

宿泊できないのが勿体無いですよね~・・・。

 

 

ちなみに、合戦小屋の営業は、下記の通り、6月から既に始まっております!

 

 

f:id:aohige0718:20170614144927j:plain

※燕山荘より出典

 

「うどん」と「スイカ」が合戦小屋の名物ですので、是非ご賞味あれ!!

 

 

f:id:aohige0718:20170528154214j:plain

 ちなみに、合戦小屋の標高が2,350mで、燕山荘の標高が2,712mになります。

 

合戦小屋から、さらに360mほど登らないといけません。

 

 

f:id:aohige0718:20170528154429j:plain

平日ですので、流石に誰も居ませんでした。

 

折角なんで「チャリティーコンサート」として、1曲唄いたい気分になりました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170528154453j:plain

拍手なんていらない!この、「バチバチチカチカ草」が咲き乱れていれば、私は大満足です!てな感じでした(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170528154510j:plain

 短い区間ですが雪道になりました。

 

今年は積雪が少し多いみたいですので、6月中は軽アイゼンがあると安心かもしれませんね!

 

 

f:id:aohige0718:20170528154521j:plain

 合戦尾根で、唯一痺れる区間がこちらになります。

 

写真の撮り方で急斜面に見えますが、実際はそれほど難しくございません。

 

ただ、滑って落ちると怪我しちゃうので、滑落しないように慎重に歩いてください!

 

 

f:id:aohige0718:20170528154633j:plain

よ~やく燕山荘が見えてきました!!

 

ここまで地味に遠かった・・・。

 

そして、ガスと残雪が神秘的ですよね~(´∀`*) 

 

出来たら快晴だと有難いんですが・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170528154649j:plain

 近いようで遠い遠近法に最後の最後で苦しめられました(>_<)

 

美術の点数が悪かったので、授業をもっと真面目に受けていれば良かったですね~・・・(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170528154701j:plain

 遠近法から解放されると、私のご先祖様が鎮座しておりました。

 

お墓に行っても留守にしていると思ったら・・・

 

こんな所でなにやっているんですか!?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170528154719j:plain

こちらが北アルプスの山荘の中でも非常に有名な燕山荘でございます!

 

夏山シーズンに向けて、忙しそうに準備しておりました。

 

こちらの燕山荘は、リピーターが非常に多く、ご飯も旨ければサービスも良いと評判ですよね!

 

折角なんで、燕山荘の宿泊料やテント泊料金(幕営料)について、少し触れてみたいと思います!

 

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20170614145122j:plain

 ホームページも非常に力を入れていて、とても観やすく操作も簡単です!

 

 

f:id:aohige0718:20170614145141j:plain

 燕山荘の収容人数は、驚異の650人!!

 

テントは30張なんで、こちらは少し狭いかな~と思います。

 

今年の営業期間は、4月22日~11月25日と年末年始となっております。

 

 

f:id:aohige0718:20170614145153j:plain

 宿泊料金は、こんな感じになっております!

 

時期によっては、お水が有料になっております。

 

ご飯も美味しくサービスも良いそうなんで、1泊2食で10,000円なら安いかもしれませんね!

 

 

f:id:aohige0718:20170614145205j:plain

 

大部屋が苦手な方には、「個室」まであります!

 

私はどこでも寝られるので、「トイレの個室」で十分かな~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170614145441j:plain

※上記5枚は燕山荘より出典

 

テント泊が好きな私にとっては、大変気になる燕山荘のテント泊情報ですが、テント1張700円でした!

 

そして、大変勉強になったのが、燕山荘のテント場が一杯になると、先ほどの合戦小屋でテントを張れるとのことです。

 

出発が遅れてしまった場合は、合戦小屋で燕山荘のテント場の情報を聞いた方が無難かもしれません。

 

ちなみに、燕山荘から大天荘のテント場まで、コースタイムで3時間40分になります。

 

燕山荘泊なら、生ビール(大)¥1,000、(中)¥800も呑めますし、女性に大人気の「ケーキセット950円」も食べれるので、それを楽しみに頑張って登れますよね!!

 

 

f:id:aohige0718:20170528154818j:plain

 そんな感じで燕岳山頂を目指して先に進みたいと思います!

 

左手の槍ヶ岳を目指して表銀座縦走コースを歩いてみたい気持ちがモリモリで大変でした!

 

そんな感じで、次回後編に続きます!!

 

コマクサにライチョウの出迎えもあって素晴らしい縦走になりました!

 

aohige0718.hatenablog.com