アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

富士登山攻略の秘訣とコースガイド!(須走登山道・お鉢巡り・富士山山頂郵便局・砂走り)後編

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170624151956j:plain

 

 

 

前回に引き続きまして、今回も「富士登山」について書いていきたいと思います!

 

 

日本人なら一度は登ってみたいお山の筆頭に上がるのが富士山だと思いますが、中々強烈な山登りになるので、二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

後編につきましては、登山中の写真を交えながら書いていきたいと思います!

 

 

◎ 前編は下記になります!

aohige0718.hatenablog.com

 

 

まず、富士山を登るに辺り、五合目に着いたら次の事をして下さい!

 

 

水分を多めに取る(トイレが近くなるので、カフェインの入っていない物) → ご飯を食べる(満腹にならない程度) → 登る直前にトイレですっきり!

 

 

直ぐに登りたい気持ちを抑え、五合目で少し時間を無駄に使ってください。

 

 

五合目の標高が、だいたい2,000mなんで、1時間くらいウロチョロしていれば、いつの間にか高度順応が完了し、高山病の予防になります。

 

 

到着して直ぐに登りだしたとしても、七合目付近で高山病を発症してしまえば、1時間遅く登ったとしても結果は変わりません。

 

 

むしろ、直ぐに登りだした方が遅くなるかも知れません!

 

 

それだけ高度順応は大事だと思います!

 

 

また、登山の基本と一緒ですが、登り始めは特にぺースを上げてはいけません。

 

 

長丁場ですので、汗をかかない程度の負荷に徹して下さい。

 

 

呼吸が乱れるほどのペースはNGですし、高山病の原因になります。

 

 

 そんな感じで、富士山の「須走コース」と「標高差」がこちらになります!

 

  

 

f:id:aohige0718:20170624152604j:plain

 

コースの概要としては、須走口のピストン登山で、だいたい13kmの道のりになります。

 

 

この13kmは、人生の中でも非常にキツイ時間になるかと思われます。

 

 

本八合目付近で登りのコースと下りのコースが合流します!

 

下山途中、ここで道間違いをする方が多いみたいなんで、要注意の箇所です!

 

 

また、山頂に着いてからの「お鉢巡り」は、距離が約3km位あり、コースタイムが

だいたい1時間半になります。

 

以下、写真を交えて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20170624145942j:plain

 JR御殿場駅から乗ったバスから降りて直ぐの所にこちらの道標があります!

 

近くに有料のトイレ(100円)があり、売店などもあって賑やかです!

 

富士登山への期待が高まる時間帯でした!

 

 

f:id:aohige0718:20170624150025j:plain

 既に標高2,000mですので、雲の上にいました。

 

雲海が綺麗ですね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170624150115j:plain

 目指す富士山の山頂です!

 

意外なことに、山頂が結構と近くに感じ、そんなに登らないんじゃない?と思ってしまうんですが、富士登山はそんなに甘いものではございません・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150154j:plain

 しばらくは樹林帯を歩きます!

 

日陰になるので、真夏なのに少し寒く感じるかもしれません。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150229j:plain

 六合目の長田山荘に近づくにつれて木々がなくなってきます。

 

ぼちぼちこの辺が森林限界(木々が成長できない環境)になるかと思います。

 

風が強ければこの辺で服装を調整することをお勧めします!

 

 

f:id:aohige0718:20170624150244j:plain

 富士山はやっぱりデカいです!!

 

真ん中やや下に見えている砂煙が、下山の時に歩く「砂走り」になります。

 

火山灰が厚く積もった斜面を下るので、砂煙がモリモリになります。

 

前編で触れたとおり、マスクがあると重宝します!

 

 

f:id:aohige0718:20170624150300j:plain

 少し登れば長田山荘です。

 

ここまで傾斜も緩くサクサク来れますが、高山病対策として、ノンビリ時間をかけて歩くことが重要です。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150314j:plain

 振り返ると山中湖と丹沢山塊が綺麗に見えました!

 

 

f:id:aohige0718:20170624150343j:plain

 さらに登ると「本六合目」にある瀬戸館になります。

 

標高も2,700mになりますので、ここから先は「高山病」に細心の注意を払ってください。

 

傾斜もきつくなりますので、小股で歩き、息切れしないペースで進んでください。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150400j:plain

 足元も悪くなり、風を遮るものがなくなってきます。

 

落石もないとは言えませんので、頭上にも注意を払ってください。

 

写真にも小さく写ってますが、七合目が見えているんですが、中々辿り着けずイライラの時間帯になると思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150413j:plain

 よ~やく七合目でございます!

 

気づくと標高は3,000mを越え、3,090m地点になります。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150612j:plain

 七合目には「山小屋太陽館」があります。

 

高山病対策として、こちらで少し長めの休憩をすることをお勧めします!

 

山小屋で食事をとったり何か飲んだりする事も出来ます。

 

山小屋の食事等の料金ですが、こんな感じになっております。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150532j:plain

 標高が上がるほど値段が上がりますので、参考程度として眺めていただけたらと思います。

 

少し古い写真ですので、値段も変わっているかと思われます。

 

下界よりは高いですが、それでも出せない値段ではないですよね!

 

色々と充実してますので、富士登山でしたら前編でも書いた通り、荷物になるので敢て最小限しか食料を持ってこないというのも私はアリだと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170624150745j:plain

 さらに登ると「本七合目」になります。

 

標高は3,200mになり、日本で2番目に高い「北岳(標高3,193m)」よりも上にいる事になります。

 

この辺から「ガスバーナー」や「ライター」が着火し難くなりますので、何か調理等を考えている場合は「マッチ」を持参した方が良いかと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150656j:plain

 標高3,200mの気温は、17度でした。

※7月中旬の気温です。

 

 

f:id:aohige0718:20170624150924j:plain

 須走ルートは登山者も少なく、自分のペースで歩けるのも魅力だと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151103j:plain

 分岐には必ず道標があります。

 

下山時に違うルートに行ってしまう方が多いそうなんで、前の方に付いていかず、自分の目で道標を確認する癖をつけてください。

 

疲れてくると、道標を見落としたりしますからね~

 

 

f:id:aohige0718:20170624151130j:plain

 よ~やく八合五勺でございます!

 

ここまで来ると、酸素が薄いと感じる方が多いではないかな~と思います。

 

私は八合目付近から空気が薄いな~と感じました。

 

そして、軽い高山病になってしまい、暫く動けなくなりました。

 

衣服を緩め(特にズボン)、水を多く飲んで目を閉じて瞑想していたら少し良くなりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151147j:plain

 八合五勺には、御来光館があります。

 

富士山山頂で日の出を見たい方は、こちらで1泊すると次の日の行程が楽かもしれません。

 

勿論、御来光館からも見ることはできます!

 

ただ、あくまでも3,450mという高所にある山小屋ですので、過度の期待は禁物です。

 

富士登山のシーズンは、ゆっくり寝られないものと考えてください。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151206j:plain

 よ~~~~やく九合目でございます!

 

ここまで来ると山頂が間近に見えてきます!

  

 

f:id:aohige0718:20170624151221j:plain

 こんな感じです!

 

近いようで結構遠く、相当萎えてしまう時間帯だと思います。

 

九合目からさらに急斜面になり、道も狭いので渋滞が発生してしまいます。

 

ノンビリ歩けてラッキー♬と思いながら深呼吸を繰り返し、呼吸を整えて登って行ってください!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151233j:plain

 努力が報われる瞬間だも~直ぐです!

 

鳥居をくぐれば山頂で須走ルートのゴールでございます!!

 

鳥居の奥に見えているのが久須志神社になります!

 

 

 

f:id:aohige0718:20170624151306j:plain

富士山頂上浅間大社奥宮が目の前にあります!

 

 富士山の最高地点ではないですが、ここに着いた時の感動は忘れられないものになると思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151332j:plain

 富士山頂に鎮座する奥宮でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151355j:plain

 富士山頂のお鉢巡りの地図がありました!

 

「銀明水」、「金明水」で水を得ることはできませんので、お間違いなく!

 

一周3km前後ありますので、地味に時間が掛かります。

 

そんな感じで「日本最高峰の剣ヶ峰(富士山で一番高い場所)」へ行ってみたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151410j:plain

石垣で重装備した山小屋と奥宮を振り返っての一枚です! 

 

右手一番手前の建物がトイレになります。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151426j:plain

 雲が抜け下界を一望できました!!

 

日本一のお山にふさわしい景色でございます(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170624151447j:plain

 あのモッコリは宝永山かと思われます!

 

未踏なんで、どこかで登りたいな~っと思ってます。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151515j:plain

普段登ぼってい山から見る景色とは全然違う迫力がありますね~!!

 

それにしても空気が薄く、少し歩くだけでも息が上がってしまいます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151600j:plain

 太平洋も一望でございます!

 

日の出や夕焼けも綺麗でしょうね~!

 

勿論、夜景も最高だと思います!!!

 

天気の良い夏の時期になると、下界から富士山を夜中登っている人のヘッドライトが見えたりします。

 

光の列が地味に綺麗なんですよね~♡そ~とも知らず、登っている方は必死なんでしょうけどね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170624151614j:plain

 こちらが富士登山で一番きついルートである御殿場口のルートになります。

 

五合目までの往復で役17kmなんで、4kmほど須走ルートよりも長くなります。

 

 

 

f:id:aohige0718:20170624151632j:plain

 御殿場ルートはこんな感じです!

 

流石に登る人、下る人が格段に少なかったです。

 

登山になれた玄人が好むコースかな~と思います!!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151706j:plain

 こちらが頂上浅間大社になります!

 

御朱印やお守り、つえ印を求める登山者で大賑わいでした!!

 

そして、こちらのお隣に「富士山頂上郵便局」が開設されております!

 

ここは忘れずに訪れてほしいスポットになります!!

 

 

f:id:aohige0718:20170625210702j:plain

 

初めて知ったんですが、富士山の山頂の郵便番号が410-1431なんですね!

 

223-6067だと思ってました(笑)

 

 

 

f:id:aohige0718:20170625210713j:plain

 ※上記2枚は、日本郵政出典

 

営業時間は、平日が5:00~14:00まで、土・日・祭日は、6:00~14:00まで営業しております!

 

終了時間が少し早いので、お間違いないようにしてください!

 

なんで郵便局を進めるかと申しますと・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170625155216j:plain

f:id:aohige0718:20170625155230j:plain

f:id:aohige0718:20170625155245j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

 こんな感じの登頂記念になるグッツを多く取り扱っているからです!

 

1,000円前後で色々と発売してますので、登頂の記念品として非常にお勧めでございます!!

 

勿論、山頂から郵便物を出すこともでき、富士山限定の消印になりますので忘れられない郵便物になるかと思います。

 

私も自分宛てにこちらから手紙を出したんですが、あまりにもミミズが這いつくばった文字なんで、こちらで紹介するのは控えたいと思います(苦笑)

 

富士山山頂郵便局は非常に狭いので、ゆっくり手紙を書くスペースがありません。

 

前もって書いてハガキを持参することをお勧めいたします!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151740j:plain

 富士山の山頂ほど日の丸が似合う場所もないですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151808j:plain

 富士山の火口を見ることが出来るのが登った者の特権ですよね!

 

下界からだと見えませんからね~

 

 

f:id:aohige0718:20170624151840j:plain

 正面に見えてきたのが、富士山で一番高い場所になる剣ヶ峰になります。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151851j:plain

 駿河湾も本当に綺麗に見えました!

 

今回は天気に恵まれ最高の一日でした!!

 

 

f:id:aohige0718:20170624151912j:plain

 剣ヶ峰までの最後の登りが心臓破りな急坂で・・・。

 

最後の最後まで簡単に登らせてくれません・・・。

 

 

 

f:id:aohige0718:20170624151929j:plain

 富士山の火口の迫力が凄く、見入ってしまいます!!

 

今、噴火したら間違いなく助からないだろうな~と、妄想していた時間帯でした。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151944j:plain

 こちらが三角点でございます!

 

 剣ヶ峰を含め、この界隈は登山者で混みますので、時間にゆとりを持って臨んでください!

 

剣ヶ峰まで、1時間近く待たされることもあるそうです。

 

 

f:id:aohige0718:20170624151956j:plain

 日本人なら是非1度、この頂にお越しください。

 

人生観がきっと変わるはずですし、自分に自信が持て、今後の糧になる素晴らしい経験になると思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170624152011j:plain

 本栖湖かな?南アルプス方面は嫌な雲が沸いてました。

 

 

f:id:aohige0718:20170624152048j:plain

 お鉢巡りもなかなか楽しいです!

 

雄大な景色を見ながら歩くことが出来ます!

 

 

f:id:aohige0718:20170624152059j:plain

 剣ヶ峰を振り返っての1枚です!

 

万年雪がモリモリ残ってました。

 

 

f:id:aohige0718:20170624152112j:plain

 無事に一周したところで、須走五合目に戻りたいと思います!

 

登って来た時とルートが違いますのでお間違いないようにしてください!

 

 

f:id:aohige0718:20170624152127j:plain

 山中湖を眺めながら下っていきます!

 

登りの時と比べ、歩きやすい道のりです。

 

 

f:id:aohige0718:20170624152152j:plain

 道標も随所にあるので安心です!

 

分岐についたら、必ず自分の目で進む方向を確認してください!!

 

 疲労もピークになる時間帯ですが、下山が一番道間違いを起こしやすいです。

 

登山口を間違えると大変なんで、特に慎重になってください!!

 

 

f:id:aohige0718:20170624152223j:plain

 登りの登山道と合流と別れを繰り返します。

 

下るにつれて酸素が濃くなり、七合目まで来ると、呼吸が楽になるのを実感できると思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170624152246j:plain

 そして須走ルートの下山でメインディッシュである、「砂走り」がこちらからスタートになります!

 

ズボズボと足が沈む火山灰のルートなんですが、時々大きな石もあるので注意しててください!

 

 

f:id:aohige0718:20170624152259j:plain

 急斜面でスピードも出るので、それこそ1歩で3m位進むことが出来る感じになります!

 

登りの苦労が嘘のような時間帯になるかと思います♡

 

 

f:id:aohige0718:20170624152323j:plain

 砂払い五合目でお水の販売があり、砂を洗い流すことが出来ます。

 

ここまで来れば、五合目も間近でございます!!

 

 

f:id:aohige0718:20170624152500j:plain

 よ~やく五合目のバス乗り場に戻ってきました!

 

とても長い一日でしたが、達成感と満足度は凄いものがありました(´∀`*) 

 

 

も~少しで富士登山のシーズンに突入ですが、天候や体調などを考慮に入れて、安全に登って欲しいな~と強く思っております。

 

 

少なくとも「弾丸富士登山」だけは止めた方が良いかと思います。

 

 

登頂成功率も低く、自分の体を危険に晒すだけでございます。

 

 

登頂成功の鍵は、重複になりますが「荷物を軽くすること」、「高山病対策」、「無理なペースで歩かない」に尽きると思います。 

 

 

少なくとも計画の1ヵ月前からトレーニングをしないと中々厳しいかもしれないな~とも思います!

 

 

 重装備で登りたい気持ちも分かりますし、それが安全に繋がる事ですが、何かあれば定期的にある山小屋に逃げ込めるというメリットを生かす山登りもアリではないかな~と考えます。

 

 

 今年の夏は、富士登山で素敵で過酷な時間を楽しんでみては如何でしょうか!?

 

 

 そんな想い出作りの参考になれば幸いでございます。