アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

登山中のデポと登山道具の盗難予防に!小型・軽量アイテムで抑止力UP!

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170820172139j:plain

 

 

 

 

GWの話なんですが、熊野古道を3泊4日のテント泊で縦走したんですが、その時にデカザックを4時間ほど「デポ(荷物を置いて離れる)」して空身でお目当てのお山に登りました。

 

登山道から少し離れた見難い場所に隠すようにザックを置いたのが災いしてか、特に悪戯される事もなく問題なかったんですが、流石に4時間以上もザックから離れていると荷物の心配をしちゃいますよね~

 

「山を愛する人間に悪い人はいない」 と信じてはいるものの、前にも記事にしたように、一定の割合で悪い人間がいるのも事実ですからね~

  

aohige0718.hatenablog.com

※テント泊をしていた時に遭遇した盗難事件になります。

 

 

ザックをデポしたその日もテント泊をしたんですが、その時にテント場でお会いした縦走者とこんな会話をしました。

 

 

「今日は何処から来たの?」

 

 

「昨日は、観音堂(幕営適地)にテント張って、今日は荷物を途中でデポしアタックザックで果無山脈に行ってきたんですよ。」

 

 

「へ~・・・荷物大丈夫だった???」

 

 

話を聞いていると、この熊野古道の山域ではないんですが、その方も私と同じようにオモザックをデポし、最小限の荷物で出掛け戻ってくると、ザックの中を荒らされてしまった事があるそうです。

 

幸い、財布やスマホ等の貴重品は持ち歩いていたので被害はなかったものの、ザックから荷物が半分近く出ていて登山道に散乱していたそうです。

 

 

「獣がザックを荒らしたような感じではなく、アレは間違いなく人間の仕業だね。」

 

 

と、悲しそうな目で話していたのが印象的でした。

 

誰も悪戯しないだろうと思ったそうで、登山道の脇にデポしたみたいなんですが、流石に目に付く所にザックを置けば、魔が差しちゃうのかもね~てな感じで話ておりました。

 

私はかなりの屁たれなんで、隙あらば直ぐに荷物をデポして空身で行動をしたがる性癖なんですが、なんだかこの件が他人事には聞こえず、「登山中の盗難対策はどうしたものかな~」っと対策を少し考えてみる事にしました。

 

山行中に考えられる登山装備の盗難・ 取り違えのリスクを羅列してみると

 

 

● ザックをデポして何処かへ向かっている時に盗られてしまうリスク。

 

● テントを張った状態で離れている時に登山道具を盗られてしまうリスク。

 

● 外出時にテントの中に入られてしまうリスク。

 

● 山小屋泊での登山道具の取り違い(自分の靴を誰かに履いて行かれてしまった等)

 

● 山小屋泊での貴重品の管理。

 

 

 こんなところでしょうかね。

 

番外編としては、北アルプスの涸沢みたいに凄い数のテントが張ってあると、自分のテントと間違えて中に入ってくる輩もいるかも知れませんので、内側からロックして入れないようにする必要がありますよね!

※夜中、トイレに行った後に自分のテントが分からなくなり戻れない事が多発しているそうです。

 

 少し考えただけでも「小型・軽量な鍵」が有ると便利と言うか「リスク低減」で必要だよな~っと思ってしまいますよね。

 

そんな感じで普段愛用している「小型・軽量ワイヤー鍵」にプラスして更なる抑止力をつけようと思い色々物色した結果、こんなのを買ってみることにしました。

 

現在、日帰り・テント泊に限らず、大活躍中の小型・軽量アイテムががこちらになります!

 

 

 

名前が「BV(ビーブイ) 旅行用TSAロック搭載・3桁ダイヤル式ロック・ワイヤータイプ」 と言いまして、何故か2個セットで販売されております。

 

重さも僅か68g/個と軽量で、この重さなら日帰り登山は勿論、テント泊の時に持って行っても全く苦になりませんよね!

 

 

f:id:aohige0718:20170820163620j:plain

テントの入口のジッパーに、こちらのワイヤー鍵をセットすれば開けられなくなるので、窃盗対策に充分有効だと思っております!

 

テントの入口で大変目立ちますので「盗難の抑止力」になるかな~と思ってます。

 

山の中ですし、張ってあるテントを分解し、折り畳まない状態で盗む輩は居ませんしね。

 

大事な装備をテントの中に入れ、入口に鍵を掛ければ大体の問題は解決するんじゃなかろうかと考えております!

 

このBVワイヤーロックシリーズは、何故か暗証番号の設定のやり方が日本語で入っておりません。

 

セットの仕方は非常に簡単ですし、ネットで探せば直ぐ分かるんですが、念の為、動画で暗証番号の設定のやり方を撮ってみましたの、興味がある方はご参考にしてみてください!

 

 

 ※写真を押すと1分程の動画が観られます!

 

スポンサーリンク
 

 

ただ、こちらのワイヤーの部分が短いので(6cmほど)、使える用途が限られるのが弱点だよな~っと思い、それならばと、こちらを買った次第です!

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

名前はBUFFALO(バッファロー)セキュリティーワイヤー と言い、重さは約40gと軽量で、山行に持って行っても邪魔にならない重さでございます!

 

 

こちら、そもそもノートパソコンの盗難防止用のワイヤーになるんですが、先端が丸く加工されていて、南京錠やワイヤー鍵を使って簡単にロックできる作りになっております!

 

 

f:id:aohige0718:20170820164453j:plain

ワイヤーロックや南京錠との相性が良く、こんな感じにロックをすれば外れ事はありません。

 

長さも1m~5mと扱っていて、用途に有った長さのものを買えば、かなり使えるのではないかと思っております。

 

ちなみに私は2mの長さのものを購入したんですが、登山やテント泊で使う分にはこれくらいの長さで充分かな~と思います。

 

2mあれば、バイクや自転車の車輪を柵にロックする事もできる長さになります。

 

 

f:id:aohige0718:20170820164622j:plain

 こんな感じに結んで束ねる事ができますので、持ち運びも楽です!

ワイヤーなんで強度もあり、細引き(短いロープ)のような使い方もできますので、1つあると重宝します!

 

 

f:id:aohige0718:20170820164714j:plain

2mもあれば、写真のようにザックを木に括り付けてロックできますので、ザックごと持っていかれる心配はございません!

 

 

f:id:aohige0718:20170820164741j:plain

f:id:aohige0718:20170820164756j:plain

ジッパーを絡めて上手くセットすれば、ザックの中を開ける時間稼ぎになりますし、そもそもワイヤーに気づけば少しは抑止力UPになるかな~と思われます。

 

ザックの持ち主が戻ってくるか分からない場所で物色するよりは、人目のつかない所まで持って行きたいのが盗む人間の心理かな~と思いますしね。

 

そして、冬山装備で大事なピッケルとアイゼンですが、こんな感じに連結させておけば、盗んでも使えないので諦めるかな~と思われます!

 

 

f:id:aohige0718:20170820164959j:plain

ザックの中に隠すこともできず、盗んでも邪魔なだけですよ(´∀`*) 

 

滑落停止姿勢をとっても、アイゼンが刺さって痛いでしょうね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170820165027j:plain

セキュリティーワイヤーを使えば更にややっこしくなり、盗む気もなくなるかな~と想像しております!

 

こんな感じに絡まってくれる山ガールと仲良くしたいな~っと何時も思ってます(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170820165310j:plain

え???臭いから登山靴のアップは止めておくれよ!ですと・・・

 

防水スプレーをモリモリ吹きかけたらカピカピになってしまいました(>_<)

 

そして、意味深な番号でロックしていることを見逃してはいけません!!

 

こんな感じに登山靴と連結させれば、小屋泊した時に下駄箱に入れた登山靴を間違って履かれたりする事を防げるのではないかな~と思います!

 

山小屋泊といえども、朝の暗いうちから行動しますので、間違いも起こってしますよね。

 

 

f:id:aohige0718:20170820165816j:plain

また、テント泊に必要な調理道具も、こんな感じに連結させておけば、高価なカップやフライパンなどを盗まれたり、間違って持って行かれたりしないで済むかと思います。

 

山道具は、どうしてもデザインが似ているものが多く、洗い場とかで置いていると、どれが自分のだか分らなくなる事がありますよね!

 

これ以外にも、色々と応用が利く小型・軽量アイテムですので、登山中やデポしている最中の登山道具の盗難予防に効果を発揮してくれると思います!!

 

登山アイテムに限らず、長年使っている道具は、愛着が湧いて掛け替えのない「戦友」みたいになりますよね。

 

そんな大事な装備が盗まれたり間違って持って行かれたりしたらショックも大きいですよね。

 

何度も書きますが、残念ながら山登りを趣味にしている人間でも、一定の割合で悪い人間がいます。

 

テント泊中に限らず、登山中や小屋の前で休憩している時に、何度も盗難の話は山の中で聞いております。

 

楽しい時間が台無しにならないようにする為にも、山道具の管理に目を光らせ、貴重品は絶えず身につけ、どんな時も油断なきようしてください!