アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

甲武信ヶ岳!テント泊でクラシックルートを周回!(栃本~一里観音~白泰山~十文字小屋)前編

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170917144924j:plain

 

 

 

 紅葉の便りがアチコチから聞こえてきてますが、残念ながら私は風邪をひいてしまい、「紅葉」と言うよりは「木枯らし」の様な声になっております(>_<)

 

喉が痛くて声にならない声をしているんですが、そんな私の「代弁者」になってくださる山ガールが居ましたら、今すぐにでもご連絡ください!!

 

弱っている時に優しく接してくれると、コロッ♫と恋に落ちてしまうのが人間ってもんですが、暫くは敷居が相当低くなっていると思いますのでビックチャンスですよ♡

 

自分で「ビックチャンス」とか言っているあたりで既に終わっている感がモリモリでございますが、今日は、私が愛してやまない奥秩父の甲武信ヶ岳を、昔から歩かれているクラシックルートでテント泊周回した時の記録を書きたいと思います!

 

 奥秩父の紅葉は、標高によってだいぶ違いますが、2,000m前後の位置になりますと、例年10月末~11月上旬が見頃かな~と思われますが、今年はどうでしょうかね~!?

 

甲武信ヶ岳をはじめ奥秩父の山々は、夏の時期は雷雲の発生地点になる事が多いので敬遠しちゃうんですが、これからの季節は天気も安定して登山には最高ですよね!

 

今回も地味に長いので、前・後編の2部作で行きたいと思います!

 

前編は、川又バス停 ~栃本関所跡~一里観音 ~白泰山~白泰山避難小屋~四里観音避難小屋~十文字小屋(幕営)になり、最新の情報に書き換えて記事にしたいと思います!

 

それでは、こんな1日でした!

 

登った日:2014年11月22日(土) ~ 2014年11月23日(日)

天  候:晴れ

メンバー:単独

装  備:後編で記載

交通手段:川又バス停付近にバイクを駐輪

 

コースタイム

川又バス停 7:45 → 8:03 栃本関所跡 8:05 → 9:29 一里観音 9:31 → 10:32 白泰山 10:52 → 11:07 白泰山避難小屋 11:11 → 12:16 三里観音 12:21 → 13:22 四里観音避難小屋 → 13:46 四里観音 13:48 → 14:06 十文字小屋(幕営)

 

十文字小屋幕営料

一張500円 + 一人500円 = 合計 1,000 円になります。

※一張で二人でテント泊すると、一張500円+二人1,000=1,500円になります。

 

コース・標高差

f:id:aohige0718:20170917121454j:plain

f:id:aohige0718:20170917121509j:plain

 ※前編で歩いた区間になります!

  

< 川又バス停付近 地図 >

 

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20170917140555j:plain

 今日は、川又バス停から今宵のお宿である十文字小屋を目指したいと思います!

川又バス停の近くに、写真の「観光トイレ」があります。

非常に奇麗なトイレでした。

このトイレの裏側にバイクを駐輪しました。

車の場合、ここから少し登った所にある「栃本広場」に停める事が出来ます。

 

 

f:id:aohige0718:20170917141819j:plain

 綺麗な山並みですね~(´∀`*) 

奥秩父らしい景色にテンションが上がってきました!!!

多分、一番奥に見えているピークに行くんだろうな~って想像したんですが、かなり遠いですよね~・・・。

甲武信ヶ岳は見えてませんね~

 

 

f:id:aohige0718:20170917141908j:plain

 こちらが川又バス停から少し登った所にある「栃本関所跡」でございます!

「悪代官プレイ」をするには、最高の舞台だと思います(笑)

この近くにもトイレがあります。

 

 

f:id:aohige0718:20170917141928j:plain

 栃本関所跡周辺は、紅葉素晴らしく必見の価値があります!

「桜吹雪」ならぬ「紅葉吹雪」が舞い散るお白洲で、打首獄門の裁きを演出するには最高ですよね(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170917142003j:plain

 時代劇を語らすと長くなるのでこの辺にし、舗装路を歩いていくとこちらの分岐が見えてきます。

十文字小屋へは、右上の方に進んで行きます。

 

 

f:id:aohige0718:20170917142027j:plain

 登って直ぐの所になる「両面神社」でごございます。

鳥居の手前が「A面」で、くぐると「B面」になるんだと思います(?)

昔は、「両面Aシングル」が発売されるとお得な気分になったものですよね~!

若い子には分からない話かな~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170917142046j:plain

 さらにA面のリズムで進んで行くと、白泰山登山口が見えてきます。

十文字小屋へのルートと一緒なので、こちらの登山口から進んで行きます!

 

 

f:id:aohige0718:20170917142203j:plain

 そんな感じで「一里観音様」が優しい笑顔で出迎えて下さいました♡

「初めましての舞」をA面のリズムと共にお届けいたしました(?)

ここから一里の間隔毎に観音様が出迎えて下さいます。

歴史を感じるクラシックルートですよね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170917142227j:plain

 歩きやすい道が続き、よ~やく白泰山への分岐が見えてきました。

ここに荷物をデポして白泰山を往復しようかと思ったんですが、地形図を見てみると稜線沿いで行けそうなんで荷物を持って山頂を目指す事にしました。

 

 

f:id:aohige0718:20170917142258j:plain

クラシックな感じの「泰」に到着できました(笑)

多分、こちらが「白泰山の山頂」かと思われます!

マイルドな感じに朽ちていて、私好みのお姿でした(´∀`*) 

白泰山の標高は、1,793.9mとそこそこ高く、だいぶ寒くなってきました・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170917142325j:plain

白泰山でランチにしてみました!

この1円が貧乏サラリーマンにとっては大きいんですよね~(´∀`*) 

「肉」の語呂合わせで299円にしたんでしょうかね!?

 

 

f:id:aohige0718:20170917142358j:plain

 白泰山の山頂から少し下がった所にある道標になります。

ここから赤矢印方面に進むと、次の目的地である「二里観音避難小屋」の方に出る事が出来ました。

地形図の通り、先ほどの白泰山分岐に戻らなくても、十文字小屋方面に進む事が出来ました。

チョットしたショートカットになりますね!

 

 

 

f:id:aohige0718:20170917142441j:plain
f:id:aohige0718:20170917142516j:plain

 こちらが二里観音避難小屋になります。

なかなか立派な避難小屋で、中にはストーブまでありました!

トイレ・水場が無いのが痛いところですね~~~

この二里観音避難小屋の裏から続く、「シャクナゲ尾根」と「タツマノ尾根」を歩いてみたいんですよね~~

どんな白目な世界なんでしょうかね!?

 

 

f:id:aohige0718:20170917142550j:plain

 二里観音避難小屋からの大展望でございます!

いや~開放的ですね~(´∀`*) 

なんだ空を飛べるような気分になってきます!

 

 

f:id:aohige0718:20170917142730j:plain

 左手前のモッコリが「赤沢山」で、奥に広がる雄大な山脈が八ヶ岳ですかね!?

綺麗な景色でございます♡

 

 

f:id:aohige0718:20170917142839j:plain

 地味にアップダウンがある道を進んで行くと、よ~やく三里観音がのお姿を確認できました!

二里観音避難小屋から、こちらの三里観音までが、結構長く感じました・・・。

そろそろ「舞」を披露する体力がなくなってきました・・・(苦笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917142903j:plain

 大山手前にある「大山沢林道」へ至る道のりは通行止めになってました。

だいぶ崩壊が進んでいるそうで、ここは当分歩けないと思います。

シオジ群生地らしいのですが、シオジがよく分かってない誰かさんです(笑)

ジオン軍の仲間!?と、いつも思ってしまいます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170917143210j:plain

 大山の巻き道が結構荒れていて歩き難くかったです。

そんな感じで、四里観音避難小屋と十文字小屋への分岐になります。

水も余っておりますので、四里観音避難小屋には寄らず、十文字小屋に進みました。

話ですと、四里観音避難小屋の水場の水量は細く、崖にある水場なので給水するのもチョット怖いと聞きました。

トイレもある避難小屋ですので、頼もしい感じですが、水場が少し微妙ですね。

 

 

f:id:aohige0718:20170917143139j:plain

 舞の激しさを物語るブレブレ感あふれる四里観音様でございます!

ここまでくれば、今宵のお宿である十文字小屋もあと少しです!

 

 

f:id:aohige0718:20170917143321j:plain

この時は、柳避難小屋方面は通行止めだったんですが、現在は問題なく歩く事が出来ます!

 

こちらが歩いた時の記事になりますので、良かったらご参考にしてみて下さい!

 

www.aohigetozan.com

中々痺れる区間があって大変でしたf^_^; 

 

 

f:id:aohige0718:20170917143435j:plain

奥秩父らしい、素晴らしい苔が広がる登山にウットリ♡してしまいました!

私の口の周りにも青い苔が広がっているんですが、そんなアオヒゲにウットリ♡してくれる山ガールがいましたら今すぐお電話を!(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917144814j:plain

そんな感じで、今宵の幕営地である十文字小屋です!

小屋番さんが面白くとても感じの良い方でした!

団体さんの予約があったみたいで、小屋泊は大盛り上がりでした。

 

 

f:id:aohige0718:20171002224543j:plain

十文字小屋のテント場の様子です!

平地が少なく、基本、斜めになってますので、少し寝にくいですf^_^; 

手前の緑の屋敷が私のワンルームになります。

女性の同居人を随時募集しております!

年齢不問、未経験者熱烈歓迎です(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170917144841j:plain

 なんだか分らなくなってきましたが、こちらが十文字小屋の水場になります。

ここは凍る事はあるそうですが、枯れる事はないみたいです。

十文字小屋から歩いて5分位の場所にあり、この沢の先にカモシカ展望台があります! 

折角なんでカモシカ展望台に寄ってみたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170917144943j:plain

 カモシカ展望台からの三宝山になります!

丸く穏やかな山容が私みたいです(笑) 

腹周りの話ではないですぞ!!!!

 

 

f:id:aohige0718:20170917144908j:plain

八ヶ岳方面の夕暮れ模様でございます・・・。

カモシカ展望台・・・カモシカの気分を味わえる良い所でした!!

 

 

f:id:aohige0718:20170917144924j:plain

 サンセットでございます。

今日という日が終わろうとしております・・・ 。

山に入ると一日が本当に早く終わってしまいます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170917145020j:plain

 夕飯は奮発して「ハンバーグカレー海老せんと共・・・」でございます!

舞を披露し過ぎて疲れてしまったのか、ビール一本で酔っ払ってしまった安いオジサンでした(笑) 

 

そんな感じで、次回後編に続きます!

 

大展望に癒された一日になりました♡

 

www.aohigetozan.com