アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

甲武信ヶ岳!テント泊でクラシックルートを周回!(十文字小屋~三宝山~甲武信ヶ岳~雁坂小屋) 後編

スポンサーリンク

 f:id:aohige0718:20170917153920j:plain

 

 

 

 前回に引き続き、今回も奥秩父の甲武信ヶ岳へテント泊で縦走した時の記録を書きたいと思います!

 

毛木平からか、道の駅みとみから、徳ちゃん新道や近丸新道で甲武信ヶ岳へ登られる方が多いかと思いますが、交通の便が悪い栃本から入山して十文字小屋経由で行かれる方は少ないのかな~と思っております。

 

前編の区間ですと、四里観音避難小屋周辺で一人お会いしただけで、それ以外は人と会いませんでした。

 

そんな静けさが残るクラシックルートですが、後編は、十文字小屋~大山~武信白岩山~三宝山~甲武信ヶ岳~甲武信小屋~破風山避難小屋~破風山~雁坂嶺~雁坂峠~雁坂小屋~地蔵岩~樺避難小屋~川又バス停になります!

 

こんな1日でした!


登った日:2014年11月22日(土) ~ 2014年11月23日(日)

天  候:11月23日 快晴

メンバー:単独

交通手段:道の駅みとみにバイクを駐輪

 

装 備:約17kg(水は含まず)

水 2.5Lスタート(別に雁坂小屋近くで0.5L補給)、惣菜パン 3個、カツ丼1個、チョコ・飴玉・煎餅・柿の種約 400g、レトルトビーフシチュー 210g、無洗米250g、ビール 350ml、インスタントラーメン 2個(約160g)、チーズハンバーグ 100g、スティックコーヒー 2本、味噌汁・お茶漬けの素 各1つ、醤油・塩・胡椒、コーヒー一式 約100g

 

バーナー・メスティン・コヘッル・皿(大・小)、プリムスガス缶 大1缶(大:1/5消費。)、アルコールストーブ34g、ゴトク・防風70g、メタノール 200ml(60ml消費)

 

テント一式 約1.5kg、寝袋 570g、エアー枕・サーマレストSサイズ・サンダル・タオル1枚、手袋、バラクラバ、着替え(長袖1枚、靴下1枚、フリース、テントシューズ、ダウン(上下)、合羽・ザックカバー・ヘッドライト・予備電池・ダブルストック、熊鈴・歯ブラシ・胃薬・頭痛薬・コンタクト・日焼け止め・その他諸々

 

 コースタイム

十文字小屋 4:48 → 5:28 大山 5:33 → 5:46 武信白岩山(北峰) 6:04 尻岩 6:30 → 7:21 三宝山 7:28 → 7:53 甲武信ヶ岳 7:57 → 8:09 甲武信小屋 → 8:53 破風山避難小屋 9:17 → 9:50 破風山 9:53 → 10:13 東破風山 10:15 → 10:49 雁坂嶺 10:51 → 11:16 雁坂峠 11:18 → 11:27 雁坂小屋 11:38 → 12:46 地蔵岩 12:50 → 13:18 樺避難小屋 13:28 → 15:28 川又バス停

 

コース・標高差

f:id:aohige0718:20170918154946j:plain

f:id:aohige0718:20170918155008j:plain

 ※後編で歩いた区間になります!

 

◎ 前編は下記になります! www.aohigetozan.com

 

スポンサーリンク
 

 

f:id:aohige0718:20170917145441j:plain

 結構寒い夜でした・・・。

心臓の毛がまだ縮こまっておりますが、大山・甲武信ヶ岳へ目指したいと思います!

十文字小屋から甲武信ヶ岳までの距離は5.6kmもあるんですね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170917150048j:plain

 こちらが大山直下の鎖場になります。

フォールドも多いので特に難しくはございません。

鎖が私の胸に直撃し、「ウットリ♡」してしまったのは内緒ですよ♡(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917150117j:plain

 も~~鎖で縛って欲しい♡と思っていると、大山に到着しました!

ここも展望がよい所だったんですが、日の出まで時間が有るので先を目指しました!

 

 

f:id:aohige0718:20170917150153j:plain

 地味なアップダウンをこなし尻岩に着くと、空が茜色になってきました!

寒風が、尻の穴を絶えず刺激してきて「ウットリ♡」してしまいます(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170917150228j:plain

左の岩峰が「武信白岩山」になります!

岩峰が絵になる景色です!

 

 

f:id:aohige0718:20170917152211j:plain

うわ~~(´∀`*)

今日という日が始まろうとしております!

雲取山の山頂付近からご来光となりました!!

日本人の性癖なのか、ご来光を見るとついつい拝みたくなってしまいます(-∧-) 

 

 

f:id:aohige0718:20170917152252j:plain

何度見ても日の出は美しいですよね~!

言葉を失ってしまいました。

 

 

f:id:aohige0718:20170917152342j:plain

綺麗な日の出足が全然進みませんf^_^;

急ぐ旅でもないので、ジックリとこの時間に浸っておりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170917152455j:plain

 奥秩父の木々もお目覚めのようです!

清々しい空気で溢れておりました♫

 

 

f:id:aohige0718:20170917225233j:plain

 Mの性癖もお目覚めする急登が続きます・・・

三宝山まで地味な登りが永遠と続き、ゲッソリしてきました・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170917153427j:plain

ゲッソリしながらも、よ~やく埼玉県最高峰の三宝山(標高2,483m)でございます!

朝日が強くて「宝山」になってますね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917153920j:plain

 よっ!富士山と甲武信ヶ岳!!

朝から夢のコラボを見せてくれました!!

この景色を見たかったんです(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170917224432j:plain

甲武信ヶ岳への急登に眩暈をしながらも、無事に山頂に到着できました!

なんだかテンション高めなアオヒゲのオジサンでございます!

薄い胸板だけど、遠慮せずに飛び込んでおいで~♡と叫んでいたんですが、周りにはオジサンしかいませんでした(笑)

写真撮ってくださり有難うございます!

 

 

f:id:aohige0718:20170917224418j:plain

 甲武信ヶ岳の山頂から見る日本一は本当に格別ですね~!

美しいです♡

 

 

f:id:aohige0718:20170917224447j:plain

 長い長い秩父縦走路でございます!

国師ヶ岳に金峰山と瑞牆山が堂々と鎮座しておりました!

この景色を見ると、奥秩父縦走路をテント泊で歩いた記憶が蘇ってきます。

いつもGWに縦走しているので、秋の紅葉の季節に歩てみるのも良さそうですよね!

 

www.aohigetozan.com

※奥秩父主脈縦走路をテント泊で歩いた記録になります!良かったらご参考にしてみて下さい!

 

 

f:id:aohige0718:20170917224506j:plain

八ヶ岳にも雪がチラチラ付いていて綺麗でした!

久しく八ヶ岳にも登ってないので、ぼちぼち行きたいですね~

 

 

f:id:aohige0718:20170917224520j:plain

 富士山の景色が美しすぎて中々進めません!!

左手の木賊山も綺麗ですし、黒金山も見えてますね!

 

 

f:id:aohige0718:20170917224541j:plain

 甲武信ヶ岳の山頂から10分ほど下ると武信小屋があります。

1L/50円水を購入する事が出来ます。

この時間でもテントが多く張ってありました。

昨晩は、結構混んだんでしょうね~~・・・。

十文字小屋は、テント2張だけだったんで快適でした!

 

 

f:id:aohige0718:20170917224555j:plain

 甲武小屋を後にし、雁坂小屋を目指います!

今日の核心部である、破風山n急登が見えてきました・・・。

迫力があり過ぎて、アレを私は登り返すのね~・・・となってしまい、溜め息と玉ねぎ色の口臭がモリモリ出てしまいました・・・。

綺麗な景色なんですが、見たくない景色でもありますf^_^; 

 

 

f:id:aohige0718:20170917224612j:plain

 荷物を軽くしたい欲求に負けてしまい、破風山避難小屋で昼飯にしました。

あまりにも貧相な「貧乏セット」だったため、どんな食事を食べたかは、お蔵入りさせて頂きました♡

破風山避難小屋は、曰く付きの避難小屋なんですが、その話はまた違う機会に・・・。

有名な話なんで、ご存知の方も多いでしょうね~

 

 

f:id:aohige0718:20170917224627j:plain

 先ほど歩いた三宝山と武信白岩山が綺麗に見えました!

だいぶ歩いてきましたね~

 

 

f:id:aohige0718:20170917224642j:plain

振り返ると、木賊山の迫力がとても凄く圧倒されちゃいました。

広瀬湖方面から見ると、甲武信ヶ岳と間違えられてしまう少し悲しいお山が木賊山でございます。

木賊山(とくさやま)って、漢字が読めませんしねf^_^; 

え?それは私だけ???

嘘つきなさんな!!!(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917224700j:plain

 独りで寂しい時間なんで「独りボケツッコミ」をやってみました!

そんな感じで、両神山が見えてきました。

両神山も、アクセスが大変悪い山ですよね~・・・。

そ~言えば、紅葉の時期に登ったんで、そちらをどこかで記事にしたいと思います!

八丁尾根の鎖場が、とても痺れました♡

 

 

f:id:aohige0718:20170917224731j:plain

 激急登をこなすと、よ~~やく破風山でございます(>_<)

ここから先の雁坂嶺までも、地味なアップダウンが続くんですよね・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170917224746j:plain

 途中で、富士山と広瀬湖のコラボが絵になる場所がありました!

何時までも見ていられる景色ですね~

 

 

f:id:aohige0718:20170917224804j:plain

 短い区間ですが、岩稜歩きがあります。

そして、生き残っていた紅葉もあったりで楽しい時間でした!

やはり、標高2,000m付近の紅葉は、10月末~が見頃になると思います。

天候不順だった今年は、紅葉の予想が難しいですよね~

 

 

f:id:aohige0718:20170917224833j:plain

 いや~~雲一つない快晴で展望も良く、足取りは重いものの心は清々しいです!

秋晴れは、空気が澄んでいて展望が良くて山を登には最高の季節ですよね(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170917224853j:plain

 奥秩父主脈縦走路の長い区間でも、この界隈がお気に入りでございます。

GWの時期は、残雪が多くて結構厄介な区間でもあるんですけどね・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170917224931j:plain

 雰囲気の良い縦走路が続きます!

この界隈は登山者も多く、絶景を堪能した影響か、皆様ニヤニヤしてました。

お金でも拾ったのでしょうかね!?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917224951j:plain

 お金は落ちてなかったんですが、体力がモリモリ削り取られた雁坂嶺でございます!

いや~地味にキツい登りの連続で白目になりポロリ寸前でした(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170917225020j:plain

 それでも、雁坂峠へ続くこの笹の草原が好きなんですよね~(´∀`*) 

この景色を見ると、雁坂峠へ来たんだな~と思ってしまいます。

 

 

f:id:aohige0718:20170917225059j:plain
f:id:aohige0718:20170917225133j:plain

 そんな感じで日本三大峠の1つである雁坂峠でございます!

峠から少し下ると右手の写真の雁坂小屋があります!

雁坂小屋番さんは、非常に感じが良くて、久しく出没していないんでぼちぼち行きたいな~と思っております( ̄O ̄)ノ

雁坂小屋の名物は「食飲研修」なんで、体調を整えて臨まないと二日酔いになってしまいます(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917225536j:plain
f:id:aohige0718:20170917225555j:plain

 雁坂小屋から5分前後下ると水場になります!

こちらが「豆焼沢」の源頭付近になります。

日陰にある水場なんで、この付近は寒い季節になると凍結しますので注意して下さい!!

 

www.aohigetozan.com

 

 今年のお正月頃に、雁坂小屋の水場付近で滑落事故があったので、この沢を見ると亡くなった方の無念を感じてしまいます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

f:id:aohige0718:20170917225659j:plain

何故、写真の質が落ちたかと申しますと、雁坂小屋の水場付近でカメラが壊れてしまい、ガラケーのカメラで撮っているからでございます!

そして、こちらが 地蔵岩からの展望になります。

今まで歩いてきた尾根も見えるので、お勧めな場所になります!

景色を眺めていると、沢沿いに熊?鹿?カモシカ?みたいな獣が2匹歩いておりました。

アレはなんだったんだろ?

変なオジサンかしら!?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170917225741j:plain

 地味なアップダウンが続き、よ~やく樺避難小屋にたどり着けました。

小屋の中には薪ストーブも有ったりで、とても綺麗な避難小屋でした!

樺避難小屋の裏手に水場があります。(歩いて5分前後)

マーキングと踏み跡が明瞭にありましたので、水場まで迷わず行けると思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170917225811j:plain

樺避難小屋からこちらの川又バス停までも結構長く・・・・

それでも、天気に恵まれた楽しい2日間の縦走でした!

 

今回、歩いたコースの1部は「秩父往還道」と呼ばれておりまして、秩父・甲州を繋ぐ昔から歩かれてきたクラシックルートになります。


「秩父往還道」は、秩父の名産の1つである「絹」を甲州方面へ運んだ重要なルートで、日本版の「シルクロード」と呼んでも言い過ぎではない感じです。

 

昔の人は、こんな道を歩いてきたんだな~と思うと、妄想が尽きないルートでございます!

 

また、機会を作ってノンビリ歩きながらテント泊縦走したいな~と考えております!!

 

交通の便が悪いですが、これからの季節には、お勧めなコースでござます!