アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

日本三大名瀑袋田の滝!紅葉の時期に出没してみる!滝と紅葉のコラボレーション

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20171018220851p:plain

 

 

今日も寒かったですね~~

 

こ~寒い日が続くと、紅葉の見頃も早い時期にきそうですよね~!

 

 標高の高い山の紅葉は既に終っておりますが、これからの時期は低山や里山が見頃になってきますよね!

 

今年は天候不順が続いて紅葉の美しさが心配でしたが、先日登った北アルプスの紅葉がとても綺麗だったんので安堵いたしました。

 

例年に比べ、紅葉のスピードが早い気が致しますが、美しさも例年並みかチョッと悪い程度かな~と予想しております。

 

日本人の心を鷲掴みにする美しい紅葉ですが、日本三大瀑布として有名な「袋田の滝」が結構お気に入いりで、この紅葉の時期に良く出没しておりました。

 

滝と紅葉のコラボレーションは、本当に美しいですし、絵になる景色ですよね!

 

袋田の滝周辺の紅葉は、例年11月上旬~中旬に見頃を迎えますので、これから計画し出没しても十分間に合う感じです。

 

今回の袋田の滝の写真は、11月7日に撮影したものになります。

 

私の地元神奈川の丹沢山塊は、標高にもよりますが、丹沢主脈や丹沢主稜縦走路付近(標高1,500m前後)ですと、11月上旬ぐらいに紅葉の見頃になる事が多いので、袋田の滝と同じような時期なんだな~と思ってしまいました。

 

袋田の滝や、丹沢の紅葉は、今年はどうでしょうかね~・・・。

 

地元の丹沢山塊の話をして思い出しのですが、明日の10月19日は、「塔ノ岳」で「ダイヤモンド富士を見る事ができます!

 

今日現在の天気予報かすると、明日のダイヤモンド富士はかなり厳しそうな感じですが、綺麗に見えるとこんな感じの景色に出会えます!

 

 

www.aohigetozan.com

※ダイヤモンド富士の絶景を見れた時の記事になります!

 

話があさってに飛んでしまっておりますが、今日は久しぶりに私が愛して止まない「滝」のジャンルから「袋田の滝」の記事を書いてみたいと思います!

 

ちなみに「袋田の滝」はかなり有名な滝ですが、所在地は「茨城県」の北の方にございます。

 

神奈川から行くには少し遠いんですが、圏央道をはじめ、高速道路でモリモリ行けれますので、十分日帰り圏内になります。

 

そんな感じで日本三大名瀑の1つである、袋田の滝の周辺地図がこちらになります!

 

<日本三大名瀑 袋田の滝 地図 >

 

 

 

 

 

袋田の滝周辺には、村営の無料駐車場も完備されているんですが、滝まで少し距離がありますので、足腰が悪い方は滝の入口に近い有料の駐車場に停めたほうが良いかも知れません。

 

ただ、紅葉の季節を迎えると、非常に混み合いますので、その点注意して下さい。

 

凄い殺気立っているドライバーが時々いますので、例の高速道路の事故のような惨事にならないよう注意が必要ですよね!

 

弱い人間ほど自分を大きく見せたがるものですが、まさに良い例なのかも知れませんよね!!

 

時々登山道で悪態ついているハイカーを見かけますが、「あ~はなりたくない!」と、常々思っております。

 

登山のストックを持ったことにより、気持ちが大きくなってしまったのか!?、それとも酸素が薄くて思考回路が飛んでしまったのか分かりませんが、迷惑この上ないですよね~

 

先日も、登山道の真ん中で堂々と休んでいる方がいたんですが、も~少し端に寄るなり配慮ができないのかな~と思ってしまいました。

 

煽ったり、気分を害するような事をするのは言語道断ですが、トロいと言うか、ボ~っとしていて周りに配慮できない方も問題なのかも知れませんよね。

 

話が逸れてしまいましたが、袋田の滝は、高さ120メートル、幅 73メートルと非常に大きな滝で4段からなる名瀑でございます!

 

初めて袋田の滝を見た時の感動と迫力は、今でも鮮明に覚えております!

 

ちなみにこの袋田の滝を見るためにはお金を支払う必要がありまして、大人300円、子供150円入場料が必要です。

 

残念ながら袋田の滝は、「観光地化された滝」の最たるもので、自然のままに残っている滝が大好きな私にとっては、少し物足りないというか、一抹の寂しさがあったりしております。

 

ここまで袋田の滝周辺を開発する必要はなかったんじゃないかな~と来るたびに思ってしまいます。

  

 

f:id:aohige0718:20170212114436p:plain

 こちらの写真は、袋田の滝の上部になります!

 

袋田の滝周辺に「ハイキングコース」が整備されていて、少し急な所もあるんですが、ウロウロと散策する事が出来ます!

 

滝だけでは満足できない変態ハイカーにお勧めしたいハイキングコースでございます!(?)

 

この時は天気があまり良くなく、少し微妙だったんですが、それでも紅葉の時期に調度当たり幻想的な景色を見ることが出来ました!

 

「幻想的な」と書くと上品な感じになりますが、実際は「ガスガスだった」が正解でございます(苦笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170212114509p:plain

 滝と紅葉のコントラストが非常に綺麗で「ウットリ♡」の連続でした(´∀`*) 

 

絶えず私を襲う「マイナスイオン」の効果か、どんどんイケメンになってしまい「トレンディー俳優のスカウト来ないかしら!?」と、挙動不審な時間帯になりました(笑)

 

 スカウトは来なかったものの、この癒しの流れを見れて日頃のストレスも流れ去っていきました!

 

 

f:id:aohige0718:20170212114403p:plain

 こちらが袋田の滝を下から見た様子です!

 

滝の大きさに圧倒されてしまいました・・・。

 

写真よりも、紅葉の色が鮮やかで、「青空が欲しいよな~・・・。」と渇望してしまいました・・・。

 

ま~自然には勝てませんよね・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170212114536p:plain

「桃でも流れてこないかな?」と、待ってみたものの何も流れてきませんでした(>_<)

 

しまいには雨がモリモリ降ってきて、非常に寒い時間になってしまったんですが、晴れた時とはまた違った雰囲気が有ったんので、「これで勘弁してあげましょう!」と、思うようにした感じです(笑)

そして、前回来た時に気づかなかったのですが、袋田の滝の上流部にさらに滝が1つありまして、喜び勇んで見てきたんですが・・・

 

残念ながら、かなり遠望になってしまい、木々のモザイクがさらに邪魔をして写真には撮れませんでした(>_<)

 

滝の名前は分からないのですが、「ぬか喜びの滝」と命名したい!そんな感じでした(笑)

 

しかし、名前とは裏腹に「綺麗な感じの滝」でしたので、例のハイキングコースを歩ければ見つける事が出来ると思います!


袋田の滝の脇にある階段を登った頂上付近に分岐路がありますので、そこまで行けばわかると思います!

 これから袋田の滝周辺は、一面紅葉に包まれて非常に綺麗な景色になると思いますので、秋の散策にお勧めな感じでございます!

 

袋田の滝の入口周辺には、お土産屋さんや食事をとれるところも多くありますので、茨城グルメに舌鼓を打って、太鼓腹になってしまうのも良いかもしれませんね(´∀`*) 

 

観光協会みたいな記事になってしまいましたが、是非、紅葉とマイナスイオンを求めて、袋田の滝の絶景を堪能してみて下さい!

 

 

www.aohigetozan.com

※氷瀑の頃に出没した袋田の滝の記事になります!

秋の紅葉の時期も良いですが、厳冬期の氷瀑も素敵ですよ!