アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

寒いテント泊に強い味方!ダウンパンツレビュー!(モンベル・ナンガ・ノースフェイス)

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20171025211503j:plain

 

 

 

日没も早くなり、徐々に寒さが厳しくなってきましたよね~

 

先日、富士山の初冠雪のニュースがやっておりましたが、山の上は寒そうですよね~!

 

テント泊が好きな私なんですが、これからの季節は「防寒対策」が必須ですよね!

 

冷え切った体を人肌で温めてくれる「山ガール」を2、3人キープできれば「天国」になるとは思うのですが、現実は・・・

 

実際は、「山ガール」ではなく「貧乏神」が2、3人張り付いていて、冷え切った財布の中身を更に冷やしてくれている毎日です(苦笑)

 

山ガールに囲まれてイチャイチャする天国プレイに夢は膨らむばかりでございます・・・。

 

そんな夢のような時間は寝ている時しか実現しない私なんですが、今日は、これからの小屋泊・テント泊に必須装備である「ダウンパンツ」について書いてみたいと思います!

 

上着に「ダウン」を着ている人は街でもよく見かけますが「ダウンパンツ」を穿いている方は見かけませんよね!?

 

まだまだ世の中に浸透しているとは言えない「ダウンパンツ」ですが、非常に軽量である事と、その保温力の高さから山登り用に1つ持っていると非常に重宝致します!

 

年中テント泊を楽しんでいる私ですが、基本、夏山以外の宿泊が伴う登山においては必ずダウンパンツを持っていくようにしております。

 

一度、ダウンパンツの暖かさを知ってしまうと手放すことができないアイテムでございます。

 

まさに、「おじさんに変身するのは嫌だな~!」と思っていた中途半端な年齢の小僧が、「モモヒキ」に手を出し、その暖かさにウットリ♡してしまった時の心境とそっくりでございます(?)

 

「ついにお前もモモヒキに手を出したか・・・。晴れておじさんの仲間入りだけど、俺は温かく君の事を向かい入れるよ♡」

 

気落ちした小僧の肩を叩きながらこんな感じに励ますと思います( ̄O ̄)ノ

 

妄想が膨らむばかりですが、現在愛用しているダウンパンツをご紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

名前がモンベル(mont-bell) スペリオダウンパンツになります!

 

やはり、モンベルのアイテムが王道かな~と思い購入いたしました!

 

ダウンパンツは、小屋泊・テント泊等の荷物が多い山行に持って行くアイテムですので、重さが非常に気になりますよね。

 

モンベルのスペリオダウンパンツの重さは約230gと非常に軽量で、そこに惹かれて購入いたしました。

 

ダウンの暖かさは「800フィルパワー」になっておりまして、質の良いダウンを使った商品になっております。

 

 

f:id:aohige0718:20171025212145j:plain

写真の通り、ダウンパンツらしからぬスッきりとたフォルムで、しかも保温力も高く、小屋泊やテント泊縦走以外ですと「バイクの運転」の時に穿いて寒さを凌いでおります。

 

冬の山も寒いですが、これからの季節のバイクの運転はそれと同じくらい滅茶苦茶寒いです。

 

寒い時期のバイクの寒さを防げなくて山の寒さに対抗できるか!ってばノリで当初使ってみたのですが、あまりにも暖かさが違うもので、以後、欠かさずダウンパンツを穿いてバイクの運転をしております。

 

大事なサイズにつきましては、Mサイズを購入いたしました。
 
私のスペックは、174cm-62kg(最近少し痩せました♡)、ウエストが80cm前後で、ジャストサイズより少しだけユッタリな感じです。
 
ナンガ、ノースフェイスも、モンベルのダウンパンツと同じようサイズ感でした。

 

今回はモンベルのスペリオダウンパンツを購入したのですが、それ以外のメーカーからも色々なダウンパンツが発売されております。

 

迷ったダウンパンツのモデルがこちらになります!

 

 

 

名前が、ナンガ(NANGA) ポータブルダウンパンツ になります!

 

モンベルと同じくナンガも日本のメーカーで、ダウン関係の商品の評判がとても良いです。

 

私は、厳冬期用の寝袋は、ナンガのこちらのモデルを使っております!

 

www.aohigetozan.com

※厳冬期用のナンガの寝袋「オーラル600DX」の記事になりますので、良かったご参考にしてみてください!

 

ナンガダウンシュラフは「永久補償」が付いているのですが、「ダウンパンツ」に関しては対象外みたいです。(有償修理)

 

ナンガポータブルダウンパンツの気になる重さですが、モンベルのスペリオダウンパンツよりも軽く約160gとなっております。

 

70gの差は大きいですよね~・・・。

 

暖かさの単位である「フィルパワー」で見てみると、こちらのダウンパンツは「860フィルパワー 」になっております。

※フィルパワーの数字が大きいほど暖かい事を意味しております。

 

数字だけ見ると「ナンガの圧勝」なんですが、お値段がモンベルよりも高く、「補償」のところを考慮して・・・って感じです。

 

モンベルのダウンパンツは「3年間補償」が無料で付いております。

 

山登りというハードな場面で使うものですので、「3年間補償」が魅力的に感じた次第です。

 

 

f:id:aohige0718:20171025170534j:plain

※モンベルより出典

 

 

更に購入を悩んだダウンパンツがこちらになります!

 

 

 

 

名前が、ノースフェイス(THE NORTH FACE) プロダウンアコンカグアパンツになります!

 

ノースフェイス好きの方も多いかと思いますが、「ダウン」といったら「アコンカグア」ですよね!

 

なんだか「アナコンダ」みたいな名前に惹かれてチェックしてみたのですが、お値段が・・・

 

ダウンパンツの性能以前の問題で「私の財力がない」ことが発覚し、値段みて「さようなら~♪」になりました。

 

詳細はアレですが、重量につきましては345gになっておりまして、フィルパワーの記載は見つけられませんでした。

 

上述した2つよりも重たいのですが、試着した限りでは、暖かさは2つよりも上ではないかな~と思います。

 

ダウンパンツにも色々と特徴が有り、一長一短な感じではございますが、モンベルのダウンパンツを使ってみてのメリット・デメリットを書いてみたいと思います!

 

 

 

 

 

◎ メリット

 

● コンパクトになり持ち運びが容易

 

小屋泊・テント泊になりますと、非常に荷物が多くなります。

 

特に、これから寒くなるにつれて「防寒対策」が重要になりますので、更に荷物が増えてしまいます。

 

服なども暖かくなるほどかさ張り重くなりますが、モンベルのダウンパンツは軽量でコンパクトに収納することができます。

 

 

f:id:aohige0718:20171025212907j:plain

 

写真の通り、かなり小さく収納できます。

 

比較対象物が「命の水」なのが、私の「アル中指数」の高さを物語っておりますが、そこには触れないで下さいね(笑)

 

ザックという限られた容積の中にあって、軽量かつコンパクトになるのは、装備のパッキングにおいても非常にありがたいですよね!

 

厳冬期用の寝袋(シュラフ)を使う季節になると、私はイスカの「コンプレッションバック」と言う手動で荷物を圧縮する事が出来る袋を使っております!

 

主に寝袋用に使っているのですが、こちらのダウンパンツも寝袋と一緒に入れて圧縮しております。

 

イスカコンプレッションバックのLサイズを使っているのですが、ナンガの厳冬期用シュラフとこちらのダウンパンツを一緒に入れてもまだ余裕がある感じです。

 

イスカコンプレッションバックは、冬用のモコモコ装備を圧縮してザックの容量を広げたい方にお勧めなアイテムになります!

 

www.aohigetozan.com

※イスカコンプレッションバックの記事になりますので、良かったご参考にしてみてください!

 

 

● 中間着としても使えます!

 

ダウンパンツの中でも細身な作りをしておりますので、中間着としても利用できます。

 

少し大きめなズボンの下に穿くとかなり暖かくなります。

 

暖かくなった空気の層を逃がさないためにも、中間着として使ったほうが熱効率が良いかと思います。

 

肌の上に直接ダウンパンツを穿くと、体温がモロに伝わりますので、非常に暖かくなりますが、汚れも移ってしまうので「諸刃の行為」かな~と思います(笑)

 

 

● 部屋着としても使えます!

 

登山やバイクの運転の時よりも「部屋着」としてダウンパンツを穿いている方が多いです!

 

 

f:id:aohige0718:20171025213229j:plain

寒い時期は、これが私のスタイルです(笑)

 

貧乏なもので、灯油を買うのも躊躇ってしまうケチケチおじさんなのですが、寒い時期は上下のダウンを着込んで暖房は使いません!!

 

「高いお金を払って買ったんだから!!」と言う、貧乏根性から部屋でも使うようになったのですが、あまりにも暖かくて寒い時期には手放せなくなりました。

 

お勧めのコーディネートは「脚毛→モモヒキ→ダウンパンツ→スエット」でございます。

 

これで君も「本格的なオジサン」の仲間入りできるかも!?

 

 

● 頑張れば「厳冬期用寝袋(シュラフ)」がいらないかも!?

 

3シーズン用の寝袋に、上下のダウンを着て寝れば、ある程度の寒さでも耐えられると思います。

 

「3シーズン用の寝袋+上下のダウン+湯たんぽ」の装備で、厳冬期の南アルプス(標高2,600m付近)で寝た事があるのですが、なんとか凍死はしませんでしたf^_^; 

 

その時のテント内の温度は△10℃よりも寒かったと思うのですが、寝れなくはなかったので、使用頻度も少なく、高価な「厳冬期用寝袋」を購入せずに、ダウンパンツで凌ぐのもアリかも知れません。

 

ただ、も~私も若くありませんので、2度とそんな無茶はしないと思います( ̄O ̄)ノ

 

 

◎ デメリット

 

● 濡れると保温力がかなり下がります。

 

ダウンの特性上、これは仕方がないことですよね。

 

「中間着としても良い!」と記載はしましたが、登山の行動中は着ない方がよいかと思います。

 

自分の汗でダウンが縮まり、保温力が低下してしまいます。

 

一度濡れたダウンが復活するまでには、多くの時間が掛かりますので、停滞中に寒い思いをしてしまいます。

 

濡れに弱いダウンですので、防水のスタッフバックに入れて持ち運んだほうが良いかも知れません。

 

 

● 普通の洗剤では洗えません

 

これもダウンの特性上、仕方がないことですよね~

 

ダウンに使われている「羽毛」はアルカリ性に弱く、一般洗剤で洗ってしまうと羽が溶けてしまう(痛む)といわれております。

 

かるく水拭きし、ある程度汚れが目立ってきたらクリーニングに出す形になるかと思います。

 

ダウンを洗える洗剤も売っておりますが、普段から「汚さない」ように注意した方が安上がりになります。

 

中間着としてダウンパンツを穿くようにすれば、汚れ難くなりますので、シーンに合わせて上手に着こなした方が良いかと思います!

 

 

※一般洗剤よりも少し高いですが、こちらの洗剤を使えばダウンパンツに限らず、ダウンアイテムを洗う事ができます。

 

 

デメリットで挙げては見たものの、これはダウンの特性上、これは仕方がないことですので、モンベルのダウンパンツに限らず他のメーカーも共通してますよね。

 

数年間、モンベル(mont-bell) スペリオダウンパンツを穿いておりますが、特に問題なる様なことは起きておりません。

 

個人的には、コスパや穿きやすさ等のバランスが取れているのがモンベルのダウンパンツで、軽量重視、保温力重視、お金も少し持ってますよ~!てな方にはナンガ(NANGA) ポータブルダウンパンツがお勧めだと思います!

 

これから寒くなると外に出るのが億劫になりますが、ダウンパンツを装備に追加して、寒い小屋泊・テント泊を暖かく楽しんでみるのは如何でしょうか!?

 

ダウンパンツを1つ持っていると、登山に限らず寒い時期の防災用品としても使えますので、勧めのアイテムでございます!