アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

登山・スポーツの痛い膝痛・関節痛の改善・予防に!グルコンEX錠プラス・ラークセブン!

スポンサーリンク

 f:id:aohige0718:20171029223505j:plain

 

 

 

 多くの登山者やスポーツ愛好家を悩ましている膝痛や腰等の痛い関節痛について今日は書いてみたいと思います!

 

長い時間、重い荷物を背負いながら山登りをすると、膝や腰等の関節を痛めてしまう事がありますよね~

 

寒い山頂で休憩し、立ち上がる時に膝を痛めてしまったり、 変な体勢で転倒しアクロバティックな体位で「グキッ♪」とやってしまったりと、膝や腰等の痛い関節痛の発症は、時と場所を選びませんよね・・・

 

多くの登山者やスポーツ愛好家を悩ませる関節痛ですが、何故、膝等の関節が痛くなるのか疑問にもたれる方も多いと思います。

 

主な理由は、関節を酷使したり、老化によって関節の軟骨が磨り減ってしまい、そこに痛みが発生するのが原因と言われております。

 

 

f:id:aohige0718:20171031211227j:plain

 

 

青い部分が「軟骨」のイメージになるのですが、登山の場合ですと、山を登ったり下ったりする時に、膝には体重の約3倍の重さがかかると言われております。

 

仮に体重が60kgでしたら180kg分の重さが膝にかかっている計算になります。

 

そんな重さでゴリゴリやれば、軟骨もすり減ってしまい痛くなってしまいますよね~・・・。

 

体重が3kg増えると膝にかかる負担が約10kg重える計算になりますので、頑張って痩せないといけませんね♡

 

長年、山に登って観察していると、下り坂になると膝を痛めてしまい「大失速」している登山者をよく見かけます。

 

また、膝が「大笑い」している登山者を時々見かけるのですが、私もアレぐらい大爆笑できるトークの技術を持ちたいな~と妄想しながら眺めております!

 

そして、膝をガクガクさせながら歩いている山ガールを見ると、何故か興奮してしまうのは何なんでしょうかね!?

 

アレだけハードにガクガクさせる事が出来れば「男冥利に尽きる」のかも知れません(?)

 

なんだか分からなくなってきましたが、去年の今頃だと思うのですが、私の大事な「股関節」を登山中に痛めてしまい、いまだに完治せず地味に痛い時がございます。

 

 

「股関節」と言う、なんとも微妙な場所にある関節なだけに、

 

 

「股関節痛は、病院の何科に受診すればよいのかな!?」

 

 

と、内股でモジモジさせながら悶々とした日々を送っておりました。

 

悩んでいても始まらないので、得意のハーブを使って「関節の痛みに効く調合」を自作してみようと思ったものの、流石に股関節に塗るのが怖くなり諦めた次第です(笑)

 

合法ハーブではございますが、きっと一線を越えてしまう「刺激的な時間」になりそうなのは、私にも直ぐに理解できました(笑)

 

 

www.aohigetozan.com

※ハーブを使って自作した筋肉痛・関節痛対策の記事になります!

 

 

結局、自分の力に限界を感じたのと「この関節の痛みを本気で何とかしたい!」という事で、色々と悩んだ結果、こちらの商品を頼る事に致しました!

 

 

f:id:aohige0718:20171029224039j:plain

 

私のおすすめはこちら

 

 

名前は「ラークセブン」と言いまして、膝・腰・肩等の関節の痛みの緩和・改善に効果が期待出来る医薬品になります!

 

残念ながら、「Amazon」でも探してみたのですが、こちらのラークセブンの取り扱いはしてませんでした。

 

初回定期購入ですと、湿布やサポーター等を買うのと変わらない(3,974円→1,490円 送料無料)価格設定になっておりました。

 

 股関節に湿布を貼るのは「人生が終わった」、「負け犬」のような気がしたので止めておきました(笑)

 

「勝負の日!」に、湿布を貼っていたら100年の恋もメントールのように冷えてしまいますしね!

 

上手い事を書くな~と自画自賛な感じですが、ラークセブンを入手してからは、顎は相変わらず大笑いな感じなのですが、若干、「開いた口が塞がらない」頻度が減ったかな~って感じです!

 

常識の無い人と会わなかった事が、1番影響したのかも知れませんよね(笑)

 

ラークセブンは、関節痛に効果のある成分を7種類配合された医薬品になります。 

 

 

f:id:aohige0718:20171029224654j:plain

 

寒い時期になると膝等の関節が痛くなる方がいらっしゃるかと思いますが、それは「血行不良」が影響していると言われております。
 
上記写真の「作用」に記載の通り「血行を良くし症状を緩和する」成分が含まれているのはその為になります。

 

 

「今回、愛する山ガールの為に7つの成分を注入してみたから、諦めず頑張って!!」

 

 

と、メーカーから聞こえてきそうな感じですよね(笑)

 

「アオヒゲが薄くなる成分」が入っていたら嬉しいよな~と思い読んでみたのですが、残念ながら関節痛の改善・緩和の効果が期待出来る成分しか入っておりませんでした。

 

アオヒゲに効く7つの成分配合の「アオヒゲセブン」が発売されたら、私は迷うことなく買ってしまうと思います(笑)

 

 

え~・・・今回は「本気で関節痛の痛みを何とかしたい!!」をコンセプトにしてますので、さらに念には念を入れてこちらの商品にも頼ってみる事に致しました!

 

 

f:id:aohige0718:20171029225256j:plain

 

私のおすすめはこちら

 

 

 名前が「飲んで効くグルコンEX錠プラス」になります!

 

ラークセブンで1ヶ月分、グルコンEX錠プラスも1ヶ月分入ってますので、合わせて2ヶ月分の集中攻撃で「股関節の血行を改善しアッチもソッチも元気になりたい!」そんな強い意気込みでした!!

 

また、私の腹回りに住み着いている内臓脂肪に「デブコンDX」と命名しているもので、こちらの「グルコンEX」のお名前に何故か親近感が湧いてしまいました(笑)

 

きっと、デブコンとグルコンが活躍してくれれば、長年悩まされてきた関節痛を何とかしてくれる!そんな願いを今回は込めてみました☆彡

 

 

そして、ラークセブンと同様にグルコンEX錠プラスも「第3類医薬品」になります。

 

「健康食品」ではありませんので注意して下さい。

 

「医薬品」だからこそ色々な成分を配合できるのですが、よく聞く「第〇類医薬品」の意味を正確に把握している方は少ないのではないでしょうか!?

 

医薬品類を簡単に書くと、こんな感じになります。

 

 

 第1類医薬品・・販売は薬剤師が対応・・・・・商品の説明義務あり

 

 第2類医薬品・・販売は薬剤師or登録販売者・・商品の説明義務なし(努力義務)

 

 第3類医薬品・・販売は薬剤師or登録販売者・・商品の説明義務なし

 

 

こちらの分類は、薬の効き目の強さではなく、副作用や相互作用のリスクの高さで決まっております。

 

分類の数字が小さくなるほど体への影響があるのですが、適切に飲めば問題はないと言われております。

 

販売元の「日本薬師堂」は、商品購入後も専属の薬剤師から的確なアドバイスが受けられる体制になっておりますので、アフターフォローにも優れております。

 

体の中に入れる物ですので、何かあった時に薬剤師に相談できるのは有難いですよね。

 

勿論、この点も考慮に入れたのは言うまでもございません!

 

 

f:id:aohige0718:20171029231004j:plain

ラークセブンと同様に、グルコンEX錠プラスも神経痛や関節痛、肩こり等の痛みの改善・緩和に効果があります。

 

ラークセブンと比べ、何が違うのか!?になりますが、ラークセブは1日1回2~3錠なのですが、グルコンEX錠プラスは食後3回2錠になります。

 

 家にいる時はグルコンEX錠プラスでジックリ飲み、食事の時間が不規則な登山中やテント泊縦走中は、1日1回飲めば済むラークセブンを使い分けてみるのもアリかな~と思っております。

 

 

f:id:aohige0718:20171031215951j:plain

 先週、奥秩父の名峰「大菩薩嶺」を30kmほど歩いた時に、「テント泊縦走時に持っていっても大丈夫かな!?」と思い、ザックに入れて持ち運んでみました。

 

膝痛や関節痛のお守りになりますし、チャックのついた袋ですので、防水性も問題ありませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20171029231004j:plain
f:id:aohige0718:20171029231546j:plain

 重いザックを背負って山歩きをすると、血流が悪くなり首や肩がパンパンに凝り固まってしまいますよね。

 

写真の通り、関節の痛み以外にも「疲労回復」、「眼精疲労」、「肩こり」等の症状の緩和を期待できます。

 

 

よ~は「ビタミン剤」みたいな意味合いとしても利用が出来ます。

 

膝痛・腰痛・肩の痛みの改善・予防の「プラスアルファー」として使えるのは便利かな~と思います。

 

登山は非常に体力の消耗が激しいですが、下山したら自分の体の様子を見てビタミン剤を飲むようにしております。

 

昔の山小屋の食事に「豚汁」が出る事が多かったそうですが、豚肉に含まれるビタミンB12に疲労回復効果がある事を身を持って感じていたからだと思います。

 

また、テント泊で数日縦走すると、どうしても栄養が偏ってしまいますので、その時にもビタミン剤を飲むようにしております。

 

非常に体が楽になるので、小屋泊やテント泊、次の日が仕事の時にお勧めでございますよ!

 

また、私は事務職なもので、1日8時間以上PC作業をしているのですが、「眼精疲労」の改善が副産物でした!

 

「24時間働けますか?」と聞かれたら「8時間は頑張れます!」と回答できるようになりました(笑)

 

山に持って行った感想としては、小さなピルケースみたいな物が付属してあると良いよな~と感じました。
 
上述した通り、山登りの最中に飲みたい(持ち運びたい)ので、数粒入るようなケースが付属されていると登山愛好家に喜ばれるかも知れません!
 
日本薬師堂様(販売元)、少し考えてみては如何でしょうか!?
 

 


正直、この手の商品は「飲んでみないと効果が分からない」と思います。
 

グルコンEX錠プラスやラークセブンは、本気で膝痛や関節痛等の症状を改善・緩和したい方が飲む医薬品ですので、私が飲んでみた感想は今回控えたいと思います。

 

体質や症状の程度によって合う合わないが有るのは当然ですので、そこを踏まえず「良いです」、「悪いです」と、いい加減(主観的)な事を書くのは信用なくなりますしね。

 

ただ、何故、今回記事にしたのか・・・

 

そこだけ汲んでいただけたらと思います!

 

 

ちなみに効果が出るまでの期間は、早くても1ヶ月、遅くて半年間程度はかかるみたいです。

 

医薬品ですので、どうしても体質等で合う合わないがありますので、とりあえず試してみたい方や、長く続けたい方に向けて「初回コース」、「定期コース」で選べるようになっているのかも知れません。

 

半年くらいは飲まないとアレかな~と思われるキツイ関節痛に悩んでいる方は、割引されている「定期コース」で購入した方がメリットがあるかと思います!  

 

 

痛みの緩和を感じられれば「安い買い物」ですし、効果を感じられなければ「高い買い物」になるのはどの商品も一緒ですよね~・・・。

 

一度関節を痛めてしまうと、中々治り難いですし、更に悪化させてしまうと大好きな山登りやスポーツの時間にも支障をきたしてしまいますよね。

 

「いつ痛くなるか分からない関節痛」と言う爆弾を抱えながらの登山は「大きなリスク」になりますし大変危険な事ですよね。

 

思うように体が動かない状況で、山登りをするのは滑落事故の原因にもなりかねませんよね!

 

 

「登山愛好家のアオヒゲ(私)がついに滑落!股関節痛とデブコンDXを甘く見たのが原因!」

 

 

と、新聞を賑やかせたくはないですからね~f^_^; 

 

これからは更に日が短くなる中で、登山中に膝関節や腰関節を痛めてしまうと、思うように下山できず遭難に繋がってしまいます。

 

関節痛の一番の予防は「筋肉を強化して関節や靭帯等の機能を補助してあげる」に尽きます。

 

ただ、言うのは易く・・・。

 

登山に限らず、体を動かす趣味を長く続けるためにも、日頃から自分の体のケアーをシッカリやらないといけませんよね!

 

登山やスポーツで痛めてしまった筋肉痛、神経痛、関節の痛みの緩和・改善に、少しでもこの記事がご参考になれば幸いです。

 

少しでも違和感を感じたら、早め早めの対策を取りたいものですよね!