アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

風巻尾根・姫次経由で袖平山!丹沢三大急登の風巻尾根特集!(後編)

スポンサーリンク

 

f:id:aohige0718:20171114210850j:plain

 

 

 

前回に引き続き、今回も丹沢三大急登に数えられている「風巻尾根」と丹沢屈指の難ルートである「地蔵尾根」にスポットを当てた記事を書いてみたいと思います!

 

 風巻尾根は、「丹沢三大急登」と時々聞くのですが、他の2つは全然耳にしたことがございません。

 

むしろ、丹沢山塊は、どこの登山口から登っても「急登」ですので、あまり意味を成さないような気がするのは私だけでしょうかね!?

 

丹沢山塊の「一般登山道」、「破線ルート」で限定すると、個人的には下記3つがかなりの急登かな~と思っております。

 

 

◎ 地蔵尾根 (前編)

 

◎ ユーシンロッヂ~大石山

 

◎ 蛭ヶ岳南稜尾根

※私の持っている2009年の地図ですと「破線ルート」なのでエントリーしました。現在、廃道扱いになっております。

 

 

この3つの登山道につきましては、色々なご意見があるかとは思いますが、今回の「風巻尾根」も中々の急登で、登りで使うと酷い目に遭うことは間違いございません!

 

「ドMな乙女心」を持ち合わせた登山者にとっては「至福の尾根」だと思うのですが、久しぶりに下りで歩いた風巻尾根の破壊力を思う存分味わうことができました!

 

そんな感じで後編は、地蔵平~原小屋沢~姫次~袖平山~風巻ノ頭~神ノ川ヒュッテになります!

 

こんな後半戦になりました!

 

 

登った日:2017年11月12日(日) [日帰り]
天  候:晴れのち曇
メンバー:私含めて3名
交通手段:前編に記載

 

コースタイム

地蔵平 11:48 → 11:54 原小屋平 → 12:12 姫次 12:21 → 12:27 萩ノ丸 12:28 → 12:39 袖平山 13:00 → (風巻尾根) → 14:42 風巻ノ頭 → 15:32 矢駄尾根登山口 → 15:40 神ノ川ヒュッテゲート前登山口

 

コース・標高差

f:id:aohige0718:20171114124001j:plain

f:id:aohige0718:20171114124017j:plain

※後編で歩いた区間になります!

 

 

◎ 前編は下記になります!

www.aohigetozan.com

 

 

 

※写真を押すと、今回歩いた風巻尾根・地蔵尾根・姫次・袖平山の動画が観られます!

 

 

 

 

 

f:id:aohige0718:20171114211343j:plain

なんだか地蔵平で昼ご飯を食べていると、デビルが降臨してきそうな空模様になってきました・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171114211335j:plain

風も冷たく寒いので、原小屋平・姫次を目指していきます!

 

 

f:id:aohige0718:20171114211311j:plain

ここでよ~やく丹沢主脈縦走路と合流しました!

道標についているマーキングが意味深ですが、私が撮っている位置から地蔵尾根の下降点は行けれませんので注意です!

 ※藪が凄いので面倒臭いです。

 

 

f:id:aohige0718:20171114211325j:plain

少し進めば原小屋平でございます。

昔、こちらに山小屋があったそうで、雰囲気が良くてGさんのお気に入りだったそうです。

写真正面付近に「水場」の入口があるのですが、大腸菌等も検出されているみたいですので、給水はお勧めしません。

 

 

f:id:aohige0718:20171114201836j:plain

そんな感じで姫次からの桧洞丸の写真でございます!

落葉松の紅葉が絵になりますね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20171114210545j:plain

青空の下で見たかったですが、それでも姫次の落葉松の紅葉は極上な美しさでございます!!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210538j:plain

正面のモッコリが丹沢最高峰の蛭ヶ岳です!

見る方向によって雰囲気が全然違いますよね~

それにしても姫次の落葉松の紅葉は見事です!て、しつこいですかね?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20171114201733j:plain

丹沢主脈縦走路の北の要衝にある姫次でございます!

天気が良ければ富士山の展望も素晴らしく、ベンチもあるので休憩するには最高の場所でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210613j:plain

何度見ても美しい桧洞丸の景色でございます!

先週、登ったのですが、中腹の紅葉はまだ見頃っぽいですね~

 

www.aohigetozan.com

 ※渋沢駅~丹沢湖まで歩いた記録になります!良かったらご参考にしてみてください!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210622j:plain

袖平山へ向かう途中も、展望が良いところを通るので、丹沢主脈縦走路をモリモリ眺めることが出来ます!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210627j:plain

桧洞丸をはじめ、丹沢主稜の山並みも綺麗にみることが出来ます!

天気が良ければ最高なんですけどね~・・。

雨が降らないだけでもマシですかねf^_^; 

 

 

 

f:id:aohige0718:20171114210645j:plain

袖平山まで、こんな感じの雰囲気の良い縦走路が続きます!

それにしても登山者が少なくて静かで最高ですね~(´∀`*) 

皆様、風巻尾根の急登に恐れをなして登らないのでしょうかね?(笑)

 

 

 

 

f:id:aohige0718:20171114210659j:plain

アップの蛭ヶ岳です!

今日は、多くの登山者で山頂はお祭り状態なんでしょうね~

先週も、かなり混んでましたからね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171114210706j:plain

大好きな丹沢山塊の景色でございます!

標高こそ2,000mに届かず低山ではございますが、数多くの急登が待ち構えている侮れない山域でございます。

こちらの丹沢山塊で私の登山人生がスタートしたのですが、容赦なく鍛えてくれた師匠のような山でございます。

 

 

 

f:id:aohige0718:20171114210720j:plain

袖平山周辺にも落葉松の木が多く、紅葉のシーズンになると黄金色になります!

今年の落葉松の紅葉は、例年と比べ色付きが綺麗ですね!!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210729j:plain

地味なアップダウンをこなすと、袖平山(標高1,431m)に到着でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210736j:plain

こちらが袖平山北尾根になります。

未踏なもので、いつか歩いてみたいルートの1つです!

道志の方に抜けれるみたいです。

 

 

f:id:aohige0718:20171114210756j:plain

袖平山からの展望になります!

右手に見えるのが大室山、左手が桧洞丸ですね!

いや~景色が良いですね!!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210805j:plain

山頂周辺の落葉松の紅葉も、なんとかまだ見ることが出来ました。

今週で終わってしまいそうな感じですよね。

 

 

 

f:id:aohige0718:20171114210837j:plain

これから歩く丹沢三大急登の1つである風巻尾根でございます!

凄い急な場所はまだ見えておりません。

手前右手の小ピークが「風巻ノ頭」になります。

それにしても、桧洞丸・大室山の雄大な景色が素晴らしいですね(´∀`*) 

 

f:id:aohige0718:20171114210857j:plain

落葉松の紅葉が本当に絵になります!

 

 

f:id:aohige0718:20171114210902j:plain

クルシミマスのツリーに使いたいくらいですよね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20171114210909j:plain

紅葉も鮮やかな色で出迎えてくれました。

日本人に生まれてきて本当に良かったよな~と思ってしまいます。

 

 

f:id:aohige0718:20171114210930j:plain

風巻ノ頭を目指していると、1ヵ所鎖場があります。

難しくはないですが、濡れていると滑って怖いかもしれません。

 

 

f:id:aohige0718:20171114210950j:plain
f:id:aohige0718:20171114210956j:plain

標高が下がってくると、紅葉の見頃地帯に突入しました!

 

 

f:id:aohige0718:20171114211004j:plain

いや~美しいですね~(´∀`*) 

ぼちぼち見納めなので、シッカリと焼き付けておかないとイカンですよね~♫

 

 

f:id:aohige0718:20171114211018j:plain
f:id:aohige0718:20171114211024j:plain

四季のある日本に生まれて本当に良かったです!

 

 

f:id:aohige0718:20171114211029j:plain

そんな感じで風巻ノ頭に到着です!

「丹沢三大急登」とは記載されてませんが、「屈指の急登です」と風巻尾根を紹介してますね。

 

 

f:id:aohige0718:20171114211034j:plain
f:id:aohige0718:20171114211040j:plain

折角の風巻ノ頭ですので、こちらで一本入れることにしました!

 

 

f:id:aohige0718:20171114211048j:plain

こんな感じにベンチや東屋もあるので、休憩するにはもってこいです!

丹沢三大急登で疲れた体を、ここで休んでくださいと言う、行政の優しさなのかもしれませんよね~~

 

 

f:id:aohige0718:20171114211055j:plain

後編のメインディッシュである風巻尾根の急坂が始まりました・・・。

よく整備されているのですが、膝を壊しにかかってくる急斜面で、下りでもかなり疲れるルートです。

 

 

f:id:aohige0718:20171114211112j:plain

風巻尾根の紅葉も少し早いもあったりしますので、暫く楽しめると思います!

 

 

 

f:id:aohige0718:20171114211125j:plain

登山口に近づいてくると、益々傾斜がきつくなってきます。

なだらかになると風巻尾根の登山口は近いです!

 

 

f:id:aohige0718:20171114211131j:plain

意識不明になる階段の急登が永遠と続きます・・・。

登りで使いたくない風巻尾根でございますf^_^; 

 

 

f:id:aohige0718:20171114211144j:plain

この橋を渡れば風巻尾根の入口になります。

 

 

f:id:aohige0718:20171114211200j:plain

渓谷の紅葉が本当に綺麗でした!

 

 

f:id:aohige0718:20171114211238j:plain

こちらが風巻尾根の登山口です。

大きな看板もあるので、見落とすことはないと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20171114211245j:plain

神ノ川ヒュッテ近くのゲートまで戻ってきました。

このゲート周辺に路上駐車できるのですが、紅葉や新緑の季節になると、時々警察の取り締まりがありますので、300円掛かりますが、神ノ川ヒュッテに駐車することをお勧めいたします。

私は捕まったことはないのですが、知り合いで1名おりますので・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171114211303j:plain

 神ノ川ヒュッテ周辺の紅葉は、これから見頃を迎えると思います!

意外と宿泊者(テント泊)が多くて驚きました。

 

 

結局、姫次からは登山者とは殆ど会わず、静かな山歩きを楽しむことが出来ました!

 

姫次の紅葉がボチボチ終ろうとしてましたが、それでも綺麗な落葉松の紅葉を見れて癒されました!

 

風巻尾根の下りは、分かっておりましたが結構強烈で膝や腰に負担になるな~と思わされる急坂でした。

 

やっぱり、風巻尾根を登るのはチョッと嫌ですね~・・・。

 

地蔵尾根・風巻尾根を次回歩く時は、季節を変えて出没したいな~と思っております!

 

スリリングで少し危ないルートですが、丹沢の登山道の中ではお勧めですので、刺激が欲しい登山者に歩いて欲しいな~と思います!