アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

青髭は永遠の悩み!?髭を剃るか、髭脱毛か!?宿泊時の必須アイテムレビュー!

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20171117202348j:plain

 

 

 

髭剃りって毎日面倒くさいですよね~・・・。

 

こちら、私の将来図のようなイラストですが、ヒゲが薄い人が羨ましいよな~と思いつつ、アクロバティックな体位になりながら毎日青髭と格闘している誰かさんです!

 

青髭は、剃っても剃っても「おはよう~!」、「こんにちは~!」と、ポツポツ元気よく生えてきますが、憎たらしいけどチョッピリ可愛い存在ですよね~♡

 

ジョリジョリさせながら「ラテンのリズム」を刻む事があるのですが、周りのドン引きした姿を見ると、私も年をとったのだな~と感じる瞬間がございます。

 

少しでも青髭を薄くするために、毎朝格闘をするのですが、時々戦う事に疲れてしまい、「ボーボー」な姿に変身する事があります。

 

鏡に映る「落ち武者」みたいな風貌に、自然と目頭が熱くなり、情けない気持ちがモリモリになってしまいます。

 

 

「己を恥じて腹を切る前にヒゲを剃れ!」

 

 

てなスローガンを掲げて毎日ヒゲと戦っておるのですが、年々フサフサになる青ヒゲに手を焼いている今日この頃です。

 

当ブログの名前は「アオヒゲ危機一髪♪」ですが、近いうちに「泥棒ヒゲ危機一髪♪」に改名しないと「看板に偽りあり」になってしまうかも知れません(?)

 

 

「それでもファンになってくれますか???」

 

 

と、山ガールに無理矢理迫りたい感じなのですが、山に登っている時もヒゲは着々と伸び続けますからね~・・・。

 

登山やアウトドア中に限らず「男の髭対策」必須の身だしなみですよね~

 

「ワイルド」に見られる事もあるでしょうけど、大抵「だらしない」と思われてしまいますよね。

 

「気にしない」というのも1つの選択なのかも知れませんが、それによって多くの「機会損失」が生じていたら勿体無いですよね。

 

それにしても、髭剃る時間って本当に長く掛かりますし、夕方にはポツポツと「こんばんは~!」になっていると、なんだか萎えてしまいますよねf^_^; 

 

髭剃る時間を、1日に15分ほど費やしていると計算すると、年間で約91時間になります。

 

髭を剃るだけで年間4日ほど時間を浪費している事になります。

 

H29年10月1日現在、神奈川県の最低賃金が「956円/時」ですので、91時間で計算すると86,996円になります。

 

金額に換算すると、年間でかなりの高額である事が分かりますし、髭を剃る無駄な時間を何かにあてたくなるのが人情ってもんですよね~・・・。

 

「汚い・キモイ・アオヒゲさん(私)って素敵♡」と、色々な意見がある青髭ですが、お金や時間を考慮すると「ヒゲ脱毛」してしまうのもアリなのかも知れませんよね~

 

 

「ツルツル危機一髪♪どこのエステに行ったんだろう!?」

 

 

と、ブログ名が変わったら「あいつ・・・一皮剥けたんだな♡」と、察していただけたら幸いです(笑)

 

人間は「中身が大事」なのは言うまでもないですが、やはり「第一印象」で決まってしまう部分が大きいですからね~・・・。

 

口の周りに清潔感がないと、山ガールどころか一般のオネーちゃんにも相手にされませんからね~

 

実体験豊富な私が言うのですから、これは間違いございません!(笑)

 

 

髭を剃るか、髭脱毛するか、それともドラ〇もんみたいに塗ってしまうか!?と思ってしまう事があるのですが、ドラちゃんは青髭で青い訳ではなかったですよね~☆彡

 

 

知らないところで青髭に悩んでいる方も多くいると思いますが、中々自分で対策することが難しいですから~

 

青髭は本当に永遠の悩みですよね・・・。

 

上述しましたが、髭剃る時間を金額で換算すると、年間約90,000円、10年で約900,000円損失していると思うと、大きな金額ですよね~・・・。

 

髭剃る時間が無くなれば、毎朝15分も長く寝られるのは魅力的ですよね~・・・。

 

こんなの読んでしまうと、色々と考えてしまいます。

 

本気でアオヒゲに悩んでいる方はこちら

 

 

年間9万円も髭剃るのに掛かっていると思うと、脱毛しちゃうのも手なのかもしれませんよね~・・・。

 

脱毛して人生が変わるのか、それとも女性からモテモテになるの興味が尽きませんよね!(笑)

 

 

そんな嫌われ者の青髭ですが、2泊、3泊と山小屋やテント泊縦走をしていると、口の周りの自己主張が激しくなり、すれ違う山ガールの冷たい視線を感じる事があります。

 

北アルプス等に登ると、「長期縦走者」を目撃する事がありますが、皆様凄いヒゲの生やし方をしていて、私の泥棒ヒゲがとても可愛く見えたりします(笑)

 

「登山縦走者とホームレスは紙一重」と私は勝手に言っているのですが、ザックを担いでいなければ、まさに「ホームレス」や「仙人」のような風貌になってしまいますよね~!

 

長期縦走者のヒゲボーボーも、山登りに慣れている方なら気にならないかも知れませんが、下山した後に街をウロウロするとなると話は変わってきますよね~

 

お店に入っただけでも不審者扱いされてしまい、警察に通報されてしまうかも知れませんよねf^_^; 

 

「お洒落登山者」を目指している私ですが、「唐草模様」のザックだけは買わないように気をつけております(笑)

 

そんな唐草模様が似合う私なのですが、登山中も自己主張が強いこのアオヒゲを何とかしたい!と思い、こんなのを買って宿泊が伴う登山の時に使ってみる事にしました!

 

 

f:id:aohige0718:20171116211011j:plain
f:id:aohige0718:20171116211028j:plain

 

 

名前が「ロゼンスター 水洗い ポケそり 3枚刃」と言いまして、電池式のヒゲ剃りになります!

 

本体の大きさは、タバコの箱と同じ位なのですが、気になる重さが75gと非常に軽量で、テント泊、山小屋泊に持って行っても許容範囲かと思われます!

 

ポケそりの電源は、単3形アルカリ乾電池2本になるのですが、1回3分使用すると30回程度は使えるそうです。

 

私の場合、アクロバティックな体位を30分くらいはやらないと顔面ツルツルにならないので、これなら最後まで問題なく使えそうですね♡

 

 

f:id:aohige0718:20171116210853j:plain
f:id:aohige0718:20171116210914j:plain

 

1年間の補償と、掃除用のブラシ(左の写真)も付いておりますので、清潔感を大事にする「ドMで乙女な心」を持った私のハートを鷲掴みにしました(´∀`*) 

 

 実は、ポケそりを買った後に、こちらの商品がある事を知って大変後悔してしまいました。

 

 

 

名前が「USB充電型小型シェーバー」でして、名前の通り電源がUSB充電になります。

 

重さも80gと非常に軽量で、電池の重さを含めた「ポケそり 」よりも軽いです!

  

重さだけみると全然許容範囲内ですが、現在、登山装備の「電源共通化」を進めておりまして、電池から卒業しようと考えております。

 

「電池」よりも「青髭」から卒業したい感じですが、単3や単4電池などの、使える電池の種類がバラバラですと、予備乾電池を持っていく本数が増えてしまうので、「登山道具の軽量化」を進める上では「電源の共通化」は必要な事ですよね。

 

現在、登山で使っているGPS時計や小型ラジオ等は、既にUSB充電の物にしているのですが、他の登山アイテムも買い替えのタイミングで統一するつもりです。

 

 

USB充電にするにあたり「充電池(モバイルバッテリー)」が必要ですが、現在、こんなのを使っております!

 

 

f:id:aohige0718:20171116144527j:plain

私が使っているモバイルバッテリーは、基本、USB充電できる物なら、どんなアイテムでも(スマホ等)充電する事が可能です。

 

 

そして、登山仲間がこちらを使っているのを見て驚いてしまいました!

 

 

 

なんと、太陽電池内臓の充電池(モバイルバッテリー)が発売されているそうで、調べてみたらスペックも非常に良好で、次回、買い換えるならこちらかな~と考えております!

 

充電池(モバイルバッテリー)ですが、LEDライトも付いていて、容量も24000mahと大容量2年間の補償も付いております!

 

防災対策にもなりますし、スマホ等を3台同時に充電可能で、なによりコンセントがない山登りにおいては「太陽光充電できるメリットは大きいですよね~!

 

こちらのモバイルバッテリーを使っている友人の甘い話に洗脳されてしまい、危うく「左クリック」をしてしまいそうになりました(笑)

 

そんな感じで「脱青髭」、「脱泥棒髭」、「脱キモイおじさん」を目指して登山装備に導入した「ポケそり」メリット・デメリットを書いてみたいと思います!

 

 

◎ メリット

 

● 想像以上に良く剃れます!

 

ポケそりは「安定の3枚刃」ですので、ホテル等に常備されている一枚刃の剃刀よりも深剃りできます!

 

電池式では珍しく「水洗いOK」ですので、清潔に保てますし、顔の油分等で刃が錆びるのをある程度は防げると思います。

 

刃の面積?が比較的広いので、髭剃る時間の短縮にもなって使用感は良好です!

 

 

● 小さいので邪魔になりません!

 

2泊、3泊・・・となると、荷物が多くなりザックの容量不足に悩まされますが、タバコの箱と同じ位の大きですし、電池を入れて150g前後の重さですので、邪魔にならないと思います。

 

電源が単3形アルカリ乾電池ですので、それと共有できる登山アイテム(ヘッドライト等)をお持ちの場合は軽量化に繋がるかと思います。

 

これから益々寒くなると、使ってなくても乾電池の放電が進んでしまいますので、なるべくは予備電池を山に持っていくのは控えたいですよね。

 

 

◎ デメリット

 

● 髭剃り音が煩い

 

鼻歌を奏でながらロックなリズムで剃りたい私に対抗してきます。

 

全てを受け入れて、ポケそり君の「ハモリ担当」として陰ながら応援しております!

 

 

● 刃の蓋が外れやすい

 

ザックに入れて持ち運ぶと、ほぼ間違いなく蓋が外れております。

 

ゴムで留めれば良いのかも知れませんが、私は「生派」ですので、素材の良さをそのまま楽しんでおります(?)

 

 

● 曲者には弱い

 

性格と一緒で、私の髭は「癖ヒゲ」、「チョロ毛」、「宝毛」、「ちょび髭」とバリエーションが豊富なのですが、奇天烈な方向に生えている毛には弱いです。

 

やっぱり、アクロバティックな体位を習得した「上級剃りニスト」でないと、アオヒゲに厳しい山ガールや飲み屋のオネーちゃんの審査には合格しないと思われます(笑)

 

 

● 良く剃れるのですが・・・

 

メリットで記載した通り、良く剃れるのですが、それでもフサフサなアオヒゲには歯が立ちません!

 

髭が伸びる前に(毎日)剃るなら良い商品ですが、ボーボー2日目、泥棒3日目位の頑固な髭には荷が重い商品です。

 

「紳士の身だしなみ」として、小屋泊、テント泊でも毎日髭をそる方にはお勧めかな~と思います!

 

テント泊縦走3日目にポケそりを使ったのですが、「ガッ!ガッ!・・・・。」と、剛毛に負けてしまい刃が止まってしまいました。

 

「虎刈り」のような感じになってしまい、それからは「トラヒゲ」と呼ぶようにしております(笑)

 

大河ドラマ「井伊 トラヒゲ」の主演に抜擢されそうだな~と思ったものの、残念ながら未だにオファーはない状況です(涙)

 

髭が伸びきってしまうと、「髭を剃る」と言うよりは、「髭を削る」と言った方が分かりやすい表現かも知れませんね。

 

山ガールの皆様、剛毛って、本当に大変なんですよ!!

 

 

こちらのシェイバーは、軽量コンパクトで持ち運びが容易ですので、登山やアウトドアのアオヒゲ対策の他にも、旅行の時や、職場及び出張先に1つあると重宝すると思います!

 

ヒゲと戦うことに疲れてしまったら、こんなアイテムも良いのかもしれません。

 

ヒゲのお悩みにコレ!

 

 

登山やアウトドアだけでなく、日頃から青髭・泥棒髭対策をシッカリして、身だしなみには注意したいものですよね!