アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

丹沢大山北尾根から紅葉の大山登山!(札掛~ミズヒノ頭~阿夫利神社下社~大山寺)後編

スポンサーリンク

 

f:id:aohige0718:20171122210057j:plain

 

 

 

今回は「大山北尾根」を使って丹沢大山を目指した続きを書きたいと思います!

 

丹沢ヨモギ尾根を歩いた前編は「Vルート扱い」でしたが、大山北尾根は「破線ルート」の扱いになっております。

 

しかし、道標等の案内は最小限になっており、少し分かり難い箇所がございます。

 

また、大山周辺は「ツキノワグマ」の生息しており、今回も登っている途中にクマらしき姿を見かけております。

 

別の登山者のお話ですと、同じ日に大山北尾根でクマを目撃された方がいたみたいです。

 

丹沢山塊には、ツキノワグマが30頭前後生息していると言われておりますが、大山周辺、比較的目撃情報が多いので「熊鈴」などの対策が必要になります。

 

私も、今年のお正月頃に、大山近辺の山でクマとニアピンをして肝を潰しました。

 

あの時は本当に怖く、まさか目の前にクマがいるとは夢にも思いませんでした。

 

やっぱり、丹沢にもクマがいるんだな~と改めて実感できた感じなのですが、も~2度とニアピンはしたくはないですね~・・・。

 

そんな感じに思っていたものの、どうやら今回もニアピンしてしまったみたいで、「貧乏神」と同様に丹沢の「ツキノワグマ」にも好かれている誰かさんでございます。

 

そのうちに、クマに抱きつかれ、ムシャムシャと食べられちゃうかも知れませんよね~・・・。

 

私の脂身は甘そうですし、脂肪肝なので、フォアグラみたいで美味かも知れません。

 

ただ、心臓には毛が生えているので、食べられませんよ~(笑)

 

 

www.aohigetozan.com

※大山周辺の山でツキノワグマと遭遇した時の顛末と、クマの冬眠について書いた記事になります。

 

 

話が逸れてしまいましたが、後編は札掛吊橋~地獄沢橋(大山北尾根登山口)~16号鉄塔~ミズヒノ頭~西沢ノ頭~大山~見晴台~阿夫利神社下社~大山寺~大山ケーブルバス停になります!

 

 

こんな後半戦になりました!

 

登った日:2017年11月19日(日) [日帰り]

天  候:晴れのち曇のち霰

メンバー:単独

交通手段:大山ケーブルバス停 19:10発

※混雑が激しく、バスの増便が出てました。

 

コースタイム

札掛吊橋 11:01 → 11:14 地獄沢橋 11:25 → 11:36 上野ノ頭 → 12:12 16号鉄塔  → 12:41 ミズヒノ頭 → 12:52 西沢ノ頭 12:55 → 13:40 大山 13:45 → 16:09 不動尻分岐 → 17:02 見晴台 17:17 → 17:33 二重滝 17:35 → 17:39 阿夫利神社下社 17:59 → 18:16 大山寺 18:27 → 18:50 大山ケーブルバス停

 

コース・標高差

f:id:aohige0718:20171122085607j:plain

f:id:aohige0718:20171122085625j:plain

 ※後編で歩いた区間になります!

 

 

 ◎ 前編は下記になります!

www.aohigetozan.com

 

 

 ※写真を押すと今回の動画が観られます!

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

f:id:aohige0718:20171122205910j:plain

札掛に着くと、見事な紅葉のお出迎えにあいました!

 

 

 

f:id:aohige0718:20171122205918j:plain

川のせせらぎと燃えるような紅葉がマッチして、才能が有ればここで一句詠むのでしょうけどね~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20171122205942j:plain

こちらが札掛吊橋になります!

結構頑丈ですので、揺れる事もなく、安定の歩きができます!

 

 

f:id:aohige0718:20171122205948j:plain

 ヨモギ尾根の取り付き地点の様子です。

 

川が綺麗ですね~♡

 

渓流釣りをしている方がチラホラいました。

 

私は桃が流れてこないか興味津々な時間帯でした(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20171122205955j:plain
f:id:aohige0718:20171122210001j:plain

県道に出てヤビツ峠(右)に暫く進むと左手にこちらの「大山登山口」の看板が見えてきます。

少し高い位置に看板がありますので、注意していないと見落としてしまうかもしれません。

※地獄沢橋の看板付近にあります。

 

この看板の裏から大山北尾根歩きが始まります!

 

「黒岩」方面からも大山北尾根歩きができるのですが、そちらは今度記事にしてみたいと思います!

 

 

 

f:id:aohige0718:20171122210009j:plain

いや~標高低い所は紅葉祭りでした!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210023j:plain

 暫くは見頃でしょうね~!

それにしても雲が厚くなってきました。

そして、冷たい風も強くなり、非常に寒いです。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210041j:plain

白目を飛び越し、目玉がこぼれてしまいそうな急登になります。

写真のような階段もあるのですが、上野ノ頭までひたすら我慢の時間になります。

も~発射したくなってしまうと思います(?)

 

 

f:id:aohige0718:20171122210047j:plain

発射する前に、紅葉祭りが始まりました!!

丹沢の紅葉も綺麗なものですよね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20171122210057j:plain

大山も、表参道は観光地化されてしまいアレですが、北尾根ルートは自然がモリモリ残っているので、静かで癒されますよね~

 

 

f:id:aohige0718:20171122210105j:plain

 大山北尾根は、渋いルートが好きな方にお勧めなコースかな~と思います!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210123j:plain

青空が欲しい感じですが、それでも紅葉の美しさが伝わってきました!

彩が美しいですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210153j:plain

この辺が「上野ノ頭」かと思われます。

大山の北尾根ルートの紅葉な、この周辺が最盛期な感じで、これ以上標高が上がると落葉しておりました。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210200j:plain

登るにつれて景色が開けてきました!

アッチは、大山三峰ですね!

も~ヤマビルも出ないでしょうし、ぼちぼちVルートを開拓しに、出没したいものです!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210205j:plain

モリモリ登っていくと、この道標が見えてきます。

ここで進む方角が90度変わり、東方面から南方面に進みます!

「黒岩」から大山北尾根を登る場合でも、こちらで合流致します。

今回歩いたルートよりも、大岩方面の方が歩きにくく、滑落すると痛そうな個所もありますので注意してください!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210212j:plain

先ほどの合流ポイントの近から見えているこちらが「16号鉄塔」になります。

この鉄塔の下を進んで行きます。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210218j:plain

 16号鉄塔付近は景色が開けていて、先ほどまでいた三ノ塔やヨモギ尾根もくっきり見る事が出来ました!

だいぶ歩いてきましたね~~

 

 

f:id:aohige0718:20171122210223j:plain
f:id:aohige0718:20171122210229j:plain

そして、雪か?と思ったら霰がモリモリ降ってきました!

アポロチョコレートみたいで可愛いお姿ですよね♡

風も強く、なんだか荒れそうな天候になってきました。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210234j:plain

目指す大山が見えているのですが、嫌なアップダウンがモリモリあることに気づいてしまった、嫌な時間でございました・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210339j:plain

なんだか「デビルタイム」な感じになりそうな予感が・・・

 

 

f:id:aohige0718:20171122210353j:plain

塔ノ岳・丹沢山の山頂付近は雲に覆われておりました・・・。

ありゃ~なんか降ってるかもしれませんね!?

 

 

f:id:aohige0718:20171122210404j:plain

奥に見えているボコボコしたお山が丹沢三峰になります!

丹沢山から宮ケ瀬湖へ抜けるルートですが、アッチもなかなかの白目タイムになります。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210410j:plain

この辺がミズヒノ頭だったような記憶が・・・。

昔は、山名プレートがあったような、なかったような・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210419j:plain

 時々こんな感じのやせ尾根があったりします。

落ち葉が堆積している岩場は非常に滑るので、滑落に注意してください!

油断すると、この辺は大怪我してしまうと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210425j:plain
f:id:aohige0718:20171122210431j:plain

ピンポンダッシュでもしてみようかな!?と、思いつつ、 芸人根性が邪魔をして、ついついカメラに撮られたくなってしまうのが私の悪い癖でございます(笑)

鹿の撮影をしていたみたいですが、この辺はツキノワグマもいますので、両方撮影しているのかも知れませんね。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210436j:plain

さらに大山目指してい進んで行くと、こんな感じのレールとぶつかります。

左手に進むとⅤルート(バリエーションルート)の「ネクタイ尾根」になります。

ネクタイ尾根も、そのうち記事にしたいと思います!

 

大山北尾根は、このまま真っすぐ進んで行きます。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210442j:plain

レール付近から丹沢山塊の眺めが良いのですが、今日は残念な感じでした。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210453j:plain

この辺まで来ると、道も明瞭になってきます。

落ち葉が堆積するこの季節は、踏み跡が無くなってしまう事があるので、下りで北尾根を使う場合はルートを間違わないように注意することが大事ですね!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210501j:plain

モザイクが少し濃いですが、よ~やく大山のアンテナが見えてきました!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210505j:plain

 箱根方面が神々しく光っておりました!

神のご加護に溢れておりますね~(-∧-) 

 

 

f:id:aohige0718:20171122210512j:plain
f:id:aohige0718:20171122210521j:plain

地味に急な登りをこなすと、左手の写真に写っている脚立が見えてきます。

脚立を使い鹿柵を越えると、大山の山頂は目の前でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210527j:plain

大山の山頂でございます!

標高1,252mでございます!!

凄い登山者の数にドン引きしてしまいました・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210531j:plain

 大山の山頂からの眺めでございます!

相模湾や、伊勢原・平塚・秦野・小田原方面の市街を一望できます!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210555j:plain

 少しガスってますが、それでも良い景色ですよね~(´∀`*) 

 

f:id:aohige0718:20171122212623j:plain

 そんな感じで大山の山頂で待ち合わせしていた登山仲間と合流致しました!

皆様、笑顔が輝いておりますよ!!!!

たまには褒めないと、陰で何を言われるか分かりませんからね~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20171122210616j:plain

そんな感じで、「ドラゴンクエストごっこ」が始まりました(?)

 

 

f:id:aohige0718:20171122210620j:plain

阿夫利神社下社・大山寺のライトアップされた紅葉を見るために、大山の山頂で時間調整をしました。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210624j:plain

 夕日に包まれた景色も綺麗ですよね!

段々と雲が晴れてきたのですが、お目当ての富士山のお姿を見る事はできませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20171122210640j:plain

 阿夫利神社下社に着くと、生演奏しておりました。

こりゃ~1曲唄うしかないですかね!?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20171122210657j:plain

 阿夫利神社下社の参道に、プロジェクションマッピングをしてゴジラを投影してました。

普段、モザイクで鍛えているのでプロジェクションマッピングは不要かな?と思ってしまいました(?)

 

 

f:id:aohige0718:20171122210744j:plain

 阿夫利神社下社のライトアップされた紅葉がとても素晴らしく、「カメラ女子」もモリモリいて、目の保養になりました(´∀`*) 

山ガールも良いですが、カメラ女子の方がチョッと良いかも♡

 モテるおじさんは辛いものですな~!!(?) 

 

  

f:id:aohige0718:20171122210829j:plain

 こちらが大山寺の参道からの写真になります!

夜景とライトアップされた紅葉のコラボがとても綺麗でした!

 

 

f:id:aohige0718:20171122210851j:plain

 綺麗なものには人が集まるのは、仕方がないですよね~・・・。

凄い混雑で、大盛況でした!! 

 

 

f:id:aohige0718:20171122210921j:plain

 秋を感じられた素晴らしい時間でした。

灯籠の柔らかな光と、燃えるような紅葉のコントラスがおじさんの心を鷲掴みにいたしました。

こんな感じに乱暴に扱われてしまうと嬉しくなってしまいます♡(?)

 

  

www.anzairen.com

 ※姉妹サイトの方で、阿夫利神社下社・大山寺のライトアップされた紅葉について詳しく取り上げてますので、良かったらご参考にしてみてください!

 

 

f:id:aohige0718:20171122205903j:plain

 大山寺を後にし、大山ケーブルカー駅まで降りてきました!

 

だいぶ遅い時間ですが、まだまだ登る方が多くて驚いてしまいました。

 

 

 

今回歩いたルート上にある紅葉は、標高800m前後が見頃な感でした。

 

特に、大山北尾根の16号鉄塔より少し低い位置にある落葉樹や、阿夫利神社下社~大山寺の紅葉がとても綺麗でした。

 

ただ、阿夫利神社下社、大山寺の紅葉は、ライトアップされていることもあり、観光客が多くて人間嫌いな私にとっては・・・。

 

大山は「日本遺産」にも登録されておりますし、メジャーな観光スポットですので、人が多いのは仕方がないですよね。

 

そして、大山から下山中に、ヘッドライト等を持っていない方がいて、後から照らしてあげました。

 

この時期になると、16:00を過ぎると山の中は一気に暗くなります。

 

大山は、あくまでも「山」ですので、登山道に外灯はありません。

 

スマホ等のライトですと光が弱く、片手も塞がってしまいますので、大山山頂に行かれる場合は、かならずライト(ヘッドライトが望ましい)を持参して下さい。

 

見晴台から阿夫利神社下社までの登山道は、道も悪く細い箇所もあり、過去に「滑落死亡事故」も起きております。

 

手軽に登れるように感じる大山ですが、それほど甘い山ではございません。

 

楽しい登山で一日を終わらせるためにも、装備をシッカリ整えて、大山に臨んで下さい!