アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

雁坂峠から水晶山・古礼山・燕山!(雁坂小屋テント泊~雁峠~道の駅みとみ) 後編

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20171128232137j:plain

 

 

 

 

前回に引き続き、雁坂小屋でテント泊し、奥秩父の中でもお気に入りな山である水晶山・古礼山を縦走し雁峠で下山した記録になります!

 

この時期にしては寒い夜になり、夜中に起きると(3:00頃)テント内の温度が-7度でビックリしました。

 

テント内のあらゆるものが凍結していて神秘的な世界になっておりました(笑) 心臓の毛がフサフサで本当に良かったと実感できた時間になりました!

 

測った訳ではないのでアレですが、テントの外は-10度前後の寒さだったのではないかな~と思われます。

 

これから益々寒くなりますので、テント泊する場合は、防寒対策が必須ですよね!

 

寒いと本当に寝られませんしね~・・・。

 

今回のテント泊で、前から試して見たかった事を実行に移してみましたので、そちらについてはまた今度記事にしたいと思います!

 

 

そんな感じでこんな後半戦になりました!

 

登った日:2017年11月25日(土) ~ 2017年11月26日(日)

天  候:11月25日 快晴

メンバー:単独

交通手段:道の駅みとみの無料駐車場を利用。

※トイレ・水場・自動販売機があります。

 

雁坂小屋の幕営料金は、1張り800円になります。(トイレ利用料含む)

 

 

装  備:約21kg(水は含まず)

水 1.5Lスタート・惣菜パン 5・チョコ、飴玉、煎餅、柿の種約 700g、生肉 1,200g・ウインナー 180g・カット野菜300g・無洗米220g・ラーメン230g・スティックコーヒー 6本・醤油、塩、胡椒、味の素 約100g

 

バーナー・メスティン・小型クーラーボックス・フライパン・フライ返し・コヘッル・皿(大・小)・プリムスガス缶 小1缶( 3/5消費)

 

テント一式 約1.5kg・寝袋 1,200g・ジュラフカバー・コンプレッションバック・エアー枕・サーマレストSサイズ・サンダル・タオル2枚・手袋(厚手・薄手)・テントシューズ・バラクラバ・着替え(長袖1枚・Tシャツ1枚・靴下2枚・ライトダウン(上)・ダウンパンツフリース(厚手)・合羽・ザックカバー・ヘッドライト・予備電池・ダブルストック・ミニテーブル・歯ブラシ・胃薬・頭痛薬・コンタクト・日焼け止め・充電池・その他諸々

 

コースタイム

雁坂小屋 8:36 → 9:08 水晶山 9:10 → 9:37 古礼山 9:41 → 10:15 燕山 10:17 → 10:37 雁峠 10:39 → 12:36 亀田林業所ゲート 12:37 → 12:46 新地平バス停 → 13:00 道の駅みとみ

 

コース・標高差f:id:aohige0718:20171128115830j:plain

f:id:aohige0718:20171129125846j:plain

※後編で歩いた区間になります!

 

 

◎ 前編は下記になります!

www.aohigetozan.com 

 

 

 ※写真を押すと今回歩いた区間の動画を観られます!

 

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20171129211621j:plain

前回の記事に載せるのを忘れてしまったイシさんとミタさん(雁坂小屋の小屋番さん)の熱々な姿をフラッシュしちゃいました!

二人の姿を見ていると、何故かジェラシーのような不思議な気持ちになってしまい、段々と濡れてきてしまいました。

どこが濡れてきたかはご想像にお任せ致します♡

 

 

f:id:aohige0718:20171128231805j:plain

非常に寒い夜でしたが、色々なアイテムを駆使して「グースカピ~♫」な感じに朝を迎える事が出来ました!

 

 

f:id:aohige0718:20171128231812j:plain

これだけ遅い起床は久しぶりなのですが、それでもまだ日が昇ってなく、なんなくご来光に間に合いました!

 

 

f:id:aohige0718:20171128231831j:plain

奥秩父の夜明けでございます!

雁坂小屋から両神山方面が綺麗に見えました!

 

 

f:id:aohige0718:20171128231855j:plain

見事なご来光でございます(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20171128231900j:plain

見事な安産でございます(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20171128231953j:plain

雁坂小屋も今日で最終日でございます。

なんだか「最終日」って寂しい響きですよね~

 

 

f:id:aohige0718:20171128232001j:plain

モルゲン雁坂嶺でございます!

数日前の天気予報では、今日(日曜日)は天気が悪いと言っていたんですけどね~・・・。

天気予報と私の機嫌ほど読めないものはないですよね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20171128232013j:plain

ご来光を堪能しテントに戻ると気温が-4度でした。

3:00頃のテント内の温度が-7度でしたので、外はもっと冷えたでしょうね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171128232020j:plain

味気ない感じですが、朝はやっぱり鮭茶漬けでございます♡

前日に少し多くご飯を炊き、器の掃除を兼ねていつもお茶漬けにしております!

見た目がチョッとアレですが、寒い時期は本当に美味しいですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20171128232029j:plain

寒い中テントを撤収し、雁坂小屋のオーナーである五郎さんにお別れを告げ、水晶山を目指す事にしました!

皆様、本当にありがとうございました!

 

そんな感じで当初、雁坂峠から道の駅みとみに戻る予定だったのですが、あまりにも天気が良くて勿体無く感じ、雁峠経由から下山することにしました。

 

 

 

 

f:id:aohige0718:20171128232044j:plain

水晶山方面もかなり凍結していて歩き難いです。

軽アイゼンを忘れずにお持ちください!

 

 

f:id:aohige0718:20171128232056j:plain

そんな感じで水晶山でございます!

樹林に囲まれ山頂からの展望はありませんが、そんな地味な感じの水晶山が大好きな私です♡

 

 

f:id:aohige0718:20171128232105j:plain

水晶山の隙間から木賊山方面が見えました!

相変わらず雪化粧してますね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171128232113j:plain

そして、今回一番難儀したのが古礼山への登りでございます。

ツルツルに凍結していてアイゼンないと上がれませんね~・・・。

山頂まで半分登った辺りで水筒を落としてしまい、ちょうど下にいた登山者の方に拾っていただき助かりました。

その節はどうもありがとうございましたm(_ _)m

 

 

f:id:aohige0718:20171128232119j:plain

古礼山山頂からの眺めでございます!

私、古礼山からの景色が大好きなんですよね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20171128232124j:plain

左の方が水筒を拾ってくださった登山者です!

昨日、雁坂小屋で食飲研修を一緒した方でした。

人違いをしてしまい申し訳ございませんf^_^; 

酔っぱらっていたみたいで、顔と名前を覚えきれませんでした・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20171128232151j:plain

今日も富士山の景色を見れて私は幸せ者でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20171128232157j:plain

そんな感じでこちらが古礼山の山頂(標高2,112m)でございます!

巻き道もあるのですが、景色が良い所ですので、忘れず登ってみてください!

 

 

f:id:aohige0718:20171128232222j:plain

黒金山の後ろに南アルプスの山並みが見えております!

山頂が真っ白ですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20171128232238j:plain

黒金山と北奥千丈岳方面でございます!

南アルプスが津波のようにそそり立っておりました!!

風も強かったので、南アルプスの山頂はかなり寒かったんじゃないかと思われます。

 

 

f:id:aohige0718:20171128232254j:plain

古礼山周辺は、本当に雰囲気が良くて足取りが軽くなります♫

しかしながら、足元は凍結しているので、滑って危ない感じでした。

 

 

f:id:aohige0718:20171129210536j:plain

古礼山からの富士山の眺めも見納めでございますね~・・・。

また再訪したいと思います!

 

f:id:aohige0718:20171129221517j:plain

こんな感じの開放的な縦走路が続きます!

人も少なく静かで最高の山歩きが出来ます!!

 

 

f:id:aohige0718:20171129221534j:plain

アッチは和名倉山ですかね!?

久しく登っていないので、未踏の「ヒルメシ尾根」を絡めて歩いてみたいですね~

 

 

f:id:aohige0718:20171129221550j:plain

今回も巻かずにしっかりと登った燕山でございます!

非常に地味なお山ですが、標高は2,004mもありますので、結構高い部類に入るお山ですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20171129210601j:plain

モリモリ下っていくと笠取山と雁峠が見えてきました。

 

 

f:id:aohige0718:20171129210607j:plain

笠取山に登るかどうしようか散々悩んだのですが、結局、登らず素直に下山することにしました。

また、笠取小屋でテント泊を絡めて登りたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20171129210628j:plain

モリモリ下っていくと雁峠になりました。

腹も減ったのでこちらで昼飯にしようかと思ったのですが、風が強くて冷たいので、少し下ったところにある水場周辺で食べる事にしました。

 

 

f:id:aohige0718:20171129210646j:plain

雁峠から水場までは歩いて3分前後の所にあります。

それにしても黒金山・乾徳山方面が綺麗に見えてますね~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20171129210652j:plain

こちらが雁峠近くに湧き出す水場でございます!

水量も豊富ですので、ここは枯れないともいます。

しかし、味の方は少し癖がある感じです。

 

 

f:id:aohige0718:20171129210657j:plain

この辺も寒いみたいで、水場周辺には氷の彫刻がモリモリできておりました。

 

 

f:id:aohige0718:20171129210703j:plain

水も調達できたことですし、水場から少し下った所で貧乏タイムにしてみました!

 

 

f:id:aohige0718:20171129210710j:plain

ウフフフ♡

コスプレには弱いんですよね~・・・♡

てか、この猫娘は誰なんだ???

 

 

f:id:aohige0718:20171129210731j:plain

モリモリ沢沿いを下っていくと渡渉ポイントが4個くらいあります。

こちらが川幅も広く、渡渉に難儀しました。

岩も凍っているので、ジタバタせずに水に入ってしまうほうが安全だと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20171129210738j:plain

この沢沿いの登山道が雰囲気が良くて結構お気に入りだったりです!

 

 

f:id:aohige0718:20171129210745j:plain

少し寂しい感じですが、落葉松の紅葉も生き残っておりました!

 

 

f:id:aohige0718:20171129210752j:plain

こちらのゲートをくぐると舗装路歩きになっていきます。

 

 

f:id:aohige0718:20171129210757j:plain

なんだか魔法使いみたいだな~と思ってしまい1枚撮ってしまいました。

怪しい踊りで貴方のMPをモリモリ吸い取っちゃうぞ♡(?)

 

 

f:id:aohige0718:20171129210804j:plain

標高が下がるにつれて紅葉も綺麗でした!

 

 

f:id:aohige0718:20171129210811j:plain

鶏冠荘に着いたら赤矢印方面に進んで行くと道の駅みとみになります。

逆から来る場合は、こちらの看板が目印になります。

 

 

f:id:aohige0718:20171128231757j:plain

 そんな感じで道の駅みとみに戻ってきました! 

 

 

今回は天気にも恵まれ、色々な方の優しさに触れることが出来て、感謝感謝の2日間でした。

 

雁坂小屋の小屋番さん(イシさん)の引退?勇退?CEOへの昇格?を見届けれたのも良かったです。

 

心に引っ掛かっていた滑落事故につきましても、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りでき、少しだけすっきりと致しました。

 

また、来年も雁坂小屋に出没したいな~と考えております!

 

雁坂小屋は、奥秩父の中でもお勧めな山小屋ですので、テント泊の練習や奥秩父主脈縦走中にでも立ち寄っていただけたらと思います!