アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

富士山の滑落事故に思うこと。滑落が止まらない恐怖

富士山滑落事故ニュース

※日テレNEWS24より出典

 

 

 

富士山で滑落事故発生について

5月5日の10時過ぎに、富士山へ登山をしていた30代の男性が滑落し、捜索した結果、夕方頃に心肺停止の状態で発見されたそうです。

 

私と同年代ですし、厳しい状況ですが、奇跡が起きれば嬉しいなと思っております。

 

富士山の山開きは、例年7月1日前後ですが、この時期は登山道も閉鎖されていて一般の方は登ることが出来ません。

 

むしろ、山開きの期間(夏)以外の富士登山は禁止だったと記憶しているのですが、現状は多くの登山者や、スキー、スノーボードをしに入山している方が絶えない状況です。

 

 

須走登山口富士山入山禁止バリケード

こちらは、11月頃に須走登山口(富士登山口)に訪れた時(登山)の写真になります。

 

この時は、富士登山で訪れたわけではないのですが、写真の赤丸の部分に注目していただけますでしょうか。

 

右の上の方に進むと富士山の山頂方面に続くのですが、シッカリとバリケードで登山道を封鎖している事が分かるかと思います。

 

また、バリケードの所には大きく目立つように「入山禁止」の警告文も貼られておりました。

 

多分、今日もバリケードが設置されていたと思いますし、「入山禁止」の警告文も貼ってあったと思います。

 

それを乗り越えて富士山の山頂を目指した結果が今回の滑落事故でございます。

 

正直なところ、今回、富士山から滑落した男性にかける言葉が見つかりません。

 

 

「救助の方達を危険な目に遭わせて」

 

 

と、思ったような、思わなかったような。

 

挑戦することは大事ですが、私の技術と体力ですと、積雪がある時期の富士山へは登れないなと思っております。

 

 

滑落事故が遭った当日の富士山の積雪と天候について

富士山の写真

天気も良いので、今日は富士山が良く見える山へ登ってました。

 

天気が良いものの、風が結構強い1日でした。

 

山から見える富士山に心を奪われていたのですが、それと同時に「富士山の山頂は風が強そうだな」と思っておりました。

 

写真のとおり、だいぶ富士山頂の雪が減ってきてはいるものの、それでもまだまだ積もっていることが分かるかと思います。

 

富士山7合目くらいまでは、まだ雪が結構積もっているのではないかと思われます。

 

この写真を撮っている時は、まさか富士山で滑落事故が起きているとは夢にも思っていませんでした。

 

今回の滑落事故の原因は調査中みたいですが、やはり風が強かったので、その影響があったのではないかと推測しております。

 

今日は、1,600mほどの山へ登ったのですが、それでもかなり強い風でしたので、この標高の2倍以上ある富士山の山頂付近の風速は、相当なものだったと思います。

 

足元が悪いところに風を遮るものがない富士山特有の地形が滑落事故に影響したと思われます。

 

 

冬の富士山で滑落すると・・・

今回、富士山の9合目から滑落したそうですが、かなり下まで落ちてしまったのではないかと思われます。

 

富士登山のルートによって9合目の標高は違いますが、須走・吉田ルートの場合ですと、標高3,600m前後になります。

 

富士山は独立峰のため、風を遮るものが周囲にないので、絶えず山体が強風にさらされる山になります。

 

冬の時期になりますと、冷たい強風によって、登山道が「凍結」よりも更にひどい「アイスバーン」のようにツルツルになると言われております。

 

あまりにもツルツルに凍結するため、アイゼンはおろかピッケルも刺さらないほど酷い登山道になるそうです。

 

「登山道というよりはアイススケートのリンクの上を登っているようだ。」

 

登山仲間で行ったことがある方が、こんな例えで話してくれました。

 

私は厳冬期に富士山へ登ったことがないので分からないのですが、その話を聞いた途端、「冬の富士山は登ってはダメだ」と、強く思った次第です。

 

そんなツルツルな斜面で滑落すれば、止めることが難しく、モリモリと下まで落ちてしまいます。

 

富士山の山肌には大きな岩が多いのですが、そんなスピードが乗った体がぶつかれば・・・

 

富士山の山頂付近で滑落すると、時期にもよるみたいですが、6合目付近まで止まらず落ちてしまうと言われております。

 

コースによって違いますが、富士山の6合目の標高が2,600m位ですので、山頂から900m近く滑落してしまう事になります。

 

このことから、富士山で滑落すると、どのような状況になるかは、ある程度推測できるのではないでしょうか。

 

滑落が止まらず岩にぶつかるまでの恐怖と言ったら、想像するだけでも怖いです。

 

過去の富士山遭難事故について

毎年この時期になると、富士山で滑落して同じ様な事故が多く起きてますよね。

 

それだけ登山者を引き寄せる魅力がある山であるのは間違いないですよね。

 

数年前にも、エベレスト登山の練習で冬の富士山で登山をしていた方が遭難し、何人かお亡くなりになる事故があったのを記憶しております。

 

当事者が「F1レーサー」だったような記憶が残っているのですが、エベレストという難易度い高い山の練習で訪れるほど過酷な環境であるのが冬の富士山でございます。

 

シッカリした装備をしていたにもかかわらず、冬の富士山で遭難死亡事故を起こしてしまった訳ですので、素人が太刀打ちできる山ではないことが分かりますよね。

 

5月と言えども富士山の山頂はまだ冬山です。

 

悪天候の時に登ってはいけないのは勿論ですが、「無謀登山」と言われないためにも、自分の技術と体力などをよく考えて登る山を選ばないといけませんよね。

 

リスクのない登山なんてあり得ませんが、それでもリスクについてはよく考えて行動しないと痛い目に遭ってしまいますよね。

 

頭では分かっているものの、なかなか難し部分だよな~と、個人的には良く思っております。

 

まとめ

登山シーズンに突入しておりますが、まだまだ3,000m峰は冬山です。

 

冬山は、なにか起こると直ぐ命に直結してしまうのが怖いところですよね。

 

これからの時期は、気温が上がり雪が腐ってきますので、雪崩も怖いですよね。

 

また、雪や凍結にさらされた岩肌が脆くなってますので、雪崩以上に「落石」にも十分注意しないといけませんよね。

 

登山には色々とリスクが伴いますが、1つ1つ危険な芽を摘み取って、安全登山で山を楽しみたいものですよね。