アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

唐松岳テント泊縦走!八方池と唐松岳頂上山荘の料金・テント場・混雑の詳細(前編)

 

 

 

唐松岳テント泊縦走と八方池、唐松岳頂上山荘について

今回は、北アルプスの名峰唐松岳と五竜岳へテント泊縦走をした時の事を記事にしたいと思います!

 

唐松岳・五竜岳は、北アルプスの山の中でも比較的登りやすいと言われておりますが、それでも結構な標高差になりますので、侮れない存在ですよね!

 

神奈川県に住む私にとっては、唐松岳・五竜岳は、なかなか行ける山域ではないので、貧乏根性丸出しで「テント泊」で出没することにしました!

 

唐松岳頂上山荘で宿泊も考えたのですが、紅葉の時期は激混みするとの情報で、今回はテント泊で頑張ることにしました!

 

唐松岳のテント場からは「剱岳」を正面に見ることが出来ますので、今回のお目当ての1つとして楽しみにしておりました。

 

ただ、北アルプスの稜線上は、水場が少なく、今回の唐松岳・五竜岳にも無料で水を汲める場所がないので、その点がネックかな~と思います。

 

唐松山荘で水を購入しなければならないのですが、流石に嫌だな~と思い、下界から荷揚げしようと思ったら、今度は「リフト」の重量制限に引っかかってしまい、「別料金」を支払う羽目になってしまいました。

 

リフトを使う場合は、荷物の重さが15kg以下にしないと「手荷物料金」を徴収されますので、テント泊で行く場合にはザックの重量にも注意してください!

 

そんな感じで話が少し逸れるのですが、実は、今週末に北アルプスへ登山に行こうかと考えていたのですが、

 

「こんにゃろ~!!」

 

な天気になりそうなので、残念ですが延期しましたf^_^;

 

も~笑うしかないですね・・・。

 

昨日のブログでも書いた通り、4回目の北アルプス登山のお流れでございます・・・

 

実は、今回の記事の続きを歩きたいな~と考えておりました!

 

機会を作って、また何処かで北アルプスの山々を歩けたらな~と考えております。

 

そんな感じで今回も地味に長いので、前編・後編の2部作でいきたいと思います!

 

今回は唐松岳がメインの前編でございます!!

 

?

唐松岳・五竜岳テント泊縦走の日程・天候・メンバー

登った日:10月03日(土) ~10月04日(日)

天  候:10月3日 AM快晴 PM晴れ・強風

メンバー:単独

10月になりますと、天気が悪いと雪が降る事があります。

また、唐松岳・五竜岳の山頂付近は、標高も高くかなり寒いです。

天候が悪いとテント泊どころではないので、最新の天気予報で情報収集してください!

 

唐松岳・五竜岳へのアクセス・リフト・ゴンドラ料金について

唐松岳・五竜岳登山で使ったアクセスについて触れたいと思います。

 

今回は、唐松岳登山口まで、ハイウェイバスドットコムを利用して往復の高速バスを予約しました。

 

<行き>

新宿高速バスターミナル6:30発~白馬八方バス停12:05着

※中央高速渋滞のため、約20分ほど到着が遅れた。

 

<帰り>

白馬五竜バス停17:42発~新宿高速バスターミナル23:20着

※中央高速渋滞のため、約40分ほど到着が遅れた。

 

高速バス料金は、往復で8,520円(クレジット決済・往復割引含む)

 

八方尾根ゴンドラ・リフト料金の詳細は下記のとおりになっております。

 

八方駅~八方山荘(第一ケルン)までゴンドラ・リフトを3回乗り継ぎ1,550円

 

15㎏以上の荷物の場合、別途料金(440円)が掛かり合計1,990円になりました。

 

八方駅から徒歩で八方山荘までは行けれませんので、ゴンドラ・リフトの利用が必要です。

 

唐松岳・五竜岳テント泊縦走のコースタイム・コース・標高差

八方山荘 12:42 → 13:11 八方池 13:17 → 14:01 丸山  → 14:30 唐松岳頂上山荘(泊)

 

ゴンドラ・リフトに乗れば、非常に簡単に八方山荘まで行けれます!

 

テント場が混んでいると嫌だな~と思い、少し急ぎ足で唐松岳頂上山荘に行きましたので、コースタイムは通常よりも速いと思います。

 

しかしながら、八方池周辺は、非常に景色が良いので、少しノンビリした方が良いかなと思います!

 

唐松岳・五竜岳テント泊縦走のコース・標高差

こちらが、今回テント泊で縦走した唐松岳・五竜岳登山のコース・標高差になります。

 

八方駅からゴンドラ・リフトを使いますので、登山スタート地点の標高が、既に2,000m近くになります。

 

五竜岳からの下りが長いので、膝を痛めないように注意する必要があります。

 

 

テント泊山行の写真(八方山荘~八方池~丸山~唐松岳頂上山荘)

八方山荘リフト

 渋滞でバスの到着が遅れ、時間も微妙なんで八方駅からリフトに乗っちゃいました♡

ザックの重さが15kg以上だと別途「手荷物料」として440円掛かります・・・

いや~お金がモリモリ飛んでいきます(>_<)

 

 

八方山荘リフト混雑

 唐松岳・八方池を目指す方が多いのか、リフトが結構混んでました。

時間的に下りてくる人も多く、すれ違う時に、「爽やかな笑顔」で見送っておきました(笑)

 

 

登山用ザックとリフト

 八方山荘までリフトを乗り継いで行きます!

隣に座るのが、可愛い山ガールならテンション上がるんですが、残念ながら加齢臭漂うクサザックでございます・・・

 

 

白馬岳方面

 おっ♡

白馬岳方面が見えてきました!!

 

 

双耳峰が鹿島槍ヶ岳

 奥の双耳峰が鹿島槍ヶ岳ですね~!

手前のお山が明日登る五竜岳ですね!!

両方とも良いお山ですね~♬

 

www.aohigetozan.com

北アルプスの鹿島槍ヶ岳へテント泊縦走した時の記事になります!

良かったらご参考にしてみて下さい!

 

 

八方山荘

 よ~~やくゴールの八方山荘が見えてきました!

モリモリすれ違うので、「爽やかな笑顔」も限界スレスレでした(笑)

 

 

火打石山

 ありゃなんだ?ってな感じですが、なんでしょうかね???

火打石山ですかね?

 

 

白馬岳方面の景色

 八方山荘からの景色がとても綺麗でした!

開放感抜群ですね!!

八方山荘では、お土産や飲食物の販売がありますので、そちらでマッタリするのもアリかと思います!

 

 

鹿島槍ヶ岳の景色

 今週末、登る予定だった鹿島槍ヶ岳です。

天気が悪くて残念です(>_<)

 

 

不帰ノ嶮方面

 不帰ノ嶮方面が、不気味な姿をしておりました!!

でも、綺麗な景色ですよね~♬

 唐松岳から日本海に縦走したいものですね!

 

 

不帰ノ嶮方面の縦走路

唐松岳・不帰ノ嶮から白馬も今年考えていたんですが、残念ながら・・・

 

 

白馬岳縦走路

 白馬岳を経由して日本海に出ようかと思っていたんですが、ま~来年以降ですね・・・

それにしても唐松岳登山は、景色が良くて最高ですね!

 

 

八方池周辺ケルン

唐松岳頂上山荘を目指していくと、時々眉毛が濃いケルンが立っております!

 

 

唐松岳周辺景色

 そりゃ~この景色を毎日見ていたら、眉毛も濃くなるってもんですよね( ゚Д゚)

 

 

八方池

 唐松岳登山の目玉の1つである八方池でございます!

 

 

八方池パンフレット構図

 この八方岳からの写真の構図は、旅行のパンフレットとかでよく出てき有名ですよね!

山並みが池に映ると絵になるんですが、今日は残念ながら・・・

 

 

八方池観光客

 八方池までは観光客も多く賑やかなんですが、ここから唐松岳頂上山荘へ至るルートは静かなもんでした!

 

 

八方池景色

 それにしても唐松岳の山頂周辺の景色が良すぎて先に進みません!

 

 

八方池雪渓

 この時期でも雪渓が残っておりました!

今年は雪が少なかったので、既に消滅しているんでしょうね~

 

 

五竜岳

 明日登る五竜岳です!

迫力ありますよね~~!

既に圧倒されている誰かさんでございます・・・。

 

 

五竜岳景色

 風が冷たくて心地良かったです!

これから私の財布の中身以上に「極寒の地」になるんでしょうね~・・・

 

 

劔岳方面

劔岳方面です!

やっぱり絵になりますよね~♬

登ってみたいお山ばかりで困ってしまいます!

 

唐松岳のテント場(唐松岳頂上山荘)について

 

唐松岳テント場

 唐松岳頂上山荘のテント場の様子になります!

最高の場所にワンルームのテントを設置できました!!

唐松岳頂上山荘のテント泊料金は、1張1,200円です!

大展望広がる唐松岳のテント場ですが、夜中から凄い風で・・・

 

 

唐松岳テント場全景

 到着が遅くなってしまい、だいぶテント場の下の方に張る事になりました・・・

トイレまで遠く、試練がモリモリになってしまいました・・・。

唐松岳のテント場は、約40張り位は設営可能な広さになります。

唐松岳のテント場は、地面が硬いので、ペグは刺さり難いのですが、手頃の岩が多いので、固定はしやすかったです。

 

 

唐松岳から燕岳方面

唐松岳のテント場から燕岳方面も綺麗に見えました!!

アッチも歩きたいですね~♡

前回は微妙な日帰りでしたからね・・・

車での移動だけで往復10時間ですからね~~(苦笑)

ま~それもそのうち・・・

 

唐松岳頂上山荘の料金・混雑と唐松岳からの景色について

唐松岳頂上山荘

 こちらは、唐松岳頂上山荘になるのですが、凄い登山者でした!

満員御礼で、この時期泊まるもんじゃないですね・・・。

テント場はそこそこ空きがあるんですけどね~・・・。

唐松岳頂上山荘の宿泊料金ですが、2019年現在、1泊2食で10,300円~、素泊まり7,300円~になりまして、個室も完備されております。

唐松岳頂上山荘は、あらかじめ予約してなくても泊まる事が可能です。

 

 

唐松岳稜線

 さ~唐松岳頂上山荘から唐松岳に行きたいと思います!!

綺麗な稜線ですね~♡

 

 

唐松岳から不帰ノ嶮

 不気味に輝く不帰ノ嶮です!

こっちもいつか歩きたいです!!

 

 

唐松岳頂上山荘と崖

 小さく見える赤い建物が唐松岳頂上山荘になります。

唐松岳のテント場も見えてますね!

それにしても、凄い所に山荘を作りましたよね~~

苦労の連続だったんでしょうね・・・

 

 

唐松岳から焼山と火打石山

 焼山と火打石山ですね!

左のモッコリの焼山は、先日軽く噴火したそうです。

入山禁止だそうで、中々危険地帯でございます・・・

まるで私のベッドの中みたいなデンジャーゾーンですね(笑)

 

 

五竜岳の迫力が凄い

 それにしても、唐松岳から見る五竜岳の迫力が凄いです!

ど~やって登るんでしょうかね!?

 

 

唐松岳の山頂

 そんな感じで唐松岳の山頂ととツーショットでございます♬

唐松岳の山頂は山ガールが多くて、目の保養になりました♡

 

 

唐松岳の山頂大展望

 良い景色やな~(´∀`*)

ど~~~っと見ていられます!

 

 

不帰ノ嶮への分岐

 唐松岳山頂から不帰ノ嶮への分岐です!

う~ん・・・・マイルドではない稜線を堪能できそうですね~(´∀`*)

来年行きたいですね~

 

 

槍ヶ岳

 唐松岳から遠くに槍ヶ岳が堂々と鎮座しておりました!

絵になるお姿ですよね!

 

 

富士山

 なんと唐松岳の山頂から富士山までお姿を見せてくれました!!

私の事が大好きなんでしょうね~

言葉なくとも良く分かります(笑)

 

 

五竜岳縦走路

 明日の五竜岳登山が楽しみですね!

最高の稜線歩きが出来る事でしょう・・・♬

 

 

テント

 段々寒くなってきたのでテントに戻りたいと思います!

唐松岳の山頂は人が絶えず大賑わいでした!

 

 

ハンバーグとカレー

 テント泊での楽しみの1つであるディナーですが、今回はハンバーグとカレーにしてみました!

間違いない組み合わせに、テント場で小躍りしちゃいました(笑)

 

 

唐松岳日没

 段々と陽が傾いてきました・・・

 

 

劔岳と乾杯

 劔岳と乾杯しちゃいました!

話せば分かるやつで、直ぐに意気投合しちゃいました(?)

 

 

劔岳と夕日

 嫌なこと全て忘れられる時間です。

唐松岳でのテント泊、唐松岳頂上山荘で小屋泊すれば、こんな景色を見ることが出来ます!

 

 

唐松岳夕焼け

 この北アルプスの景色を見たくてはるばる来たのです!

 

 

夕日に染まる唐松山荘

 夕日に染まる唐松岳頂上山荘です!

なんだか素敵な景色ですよね!

 

 

日没

 なんだか拝みたくなります(-∧-)

お金がモリモリ落ちてますよ~に。山ガールからモテますよ~に!会社の査定が良くなりますよ~に(-∧-)

 

 

f:id:aohige0718:20160929211041j:plain

 多分、全部却下になるよ!と、語っているようでした(笑)

 

 

唐松岳の稜線が絵になりま

 唐松岳の稜線が絵になりますね~(´∀`*)

最高の日没の時間でした!

 

 

劔岳の迫力が満点

 劔岳の迫力が満点ですね~!

アッチからこっちを見ている登山者も多いんでしょうね~

 

 

唐松岳闇

 さ~日没でございます(-∧-)

今日もお疲れ様でした。

 

 

お酒

 明日も頑張ろう!と気持ちを新たに酔っぱらっておりました(笑)

いや~標高が高いと直ぐ酔っぱらってしまいます。

アタイを酔わせてどーするつもり?とブツブツ煩い感じでした(笑)

 

 

夕焼けと北アルプス

 目に焼け付けて明日の糧にしたいと思います(*´з`)

 

 

唐松岳から下界の夜景

 唐松岳から見る下界の夜景です!

光量少なめですが、そんな事は思っていても口に出してはいけません!!

 

テント泊のまとめ

唐松岳のテント場からの夜景に心を奪われとても幸せな時間を送ることが出来ました!

 

五竜岳や白馬岳、剱岳等の展望に恵まれている唐松岳登山は、本当にお勧めでございます!

 

また、唐松岳頂上山荘は、予約不要の山小屋なので、急に宿泊でも大丈夫なのが有難いですよね!

 

ただ、非常の混雑しますので、その点お忘れなく!

 

そんな感じで次回後編に続きます!!

 

www.aohigetozan.com

 こんな平和な唐松岳山頂の状態から、翌日は天気が一変し辛い五竜岳登山になりました・・。