アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

飯豊山テント泊縦走!飯豊本山小屋~大日岳~梅花皮小屋~北股岳~門内小屋(中編)

 

 

飯豊山テント泊縦走とアスカさんのブログについて

前回に引き続き、今日も飯豊連峰をテント泊縦走した時の記録を書きたいと思います!

 

本編は、飯豊本山小屋からスタートし、飯豊山~大日岳~烏帽子岳~梅花皮小屋~北股岳~門内小屋に縦走した時の内容になります!

 

飯豊本山小屋でテント泊をし疲れを癒したものの、なんだか寒いし風は強いしで散々な夜になりました。

 

今日は晴れるかな~と思い2日目の縦走に臨んだものの、肝心の天気の方が・・・。

 

飯豊山登山から話は変わり、今日は、チャゲ&アスカのアスカさんの再逮捕で凄かったですね~!

 

アスカさんも私と同じ「はてなブログ」とでブログを立ち上げて色々と書いていたみたいですが、ニュースを観てビックリしてしまいました!!

 

なんと、アスカさんは私と同じ日に(7月18日)にブログを始めておりました!!

 

「ヒゲ&アスカ」でデビューしようか?と持ち掛けたいところでしたが、残念ながら塀の中に入ってしまいそうですよね。

 

アスカさんは、才能溢れる方ですので、更生して社会に復帰して欲しいよな~と思いつつも、薬物から手を洗う難しさが良く分かりますよね。

 

なんだか怖いような寂しいような感じではございますが、前回の続きに移らせていただきます! 

 

飯豊山テント泊縦走の前編の記録

www.aohigetozan.com

前編は、飯豊山荘~大嵓尾根~飯豊山~飯豊山本山小屋の記録になります!

 

飯豊山テント泊縦走の日程・天候・メンバー

登った日:09月13日~ 09月15日

天  候:9月14日 曇りのち雨のち晴れ

メンバー:私と登山仲間のkさん。

 

飯豊山本山小屋~大日岳~烏帽子岳~梅花皮小屋~北股岳~門内小屋のコースタイム

飯豊山本山小屋6:19 → 6:31 飯豊山 → 7:25 御西岳避難小屋 7:36 → 8:22 大日岳 8:38 → 9:31 御西岳避難小屋 9:44 → 12:15 烏帽子岳 12:48 → 13:27 梅花皮小屋 13:33 → 13:52 北股岳 13:55 → 14:32 門内岳 14:33 → 14:36 門内小屋(泊)

 

 

飯豊連峰テント泊縦走のコース・標高差

大日岳~烏帽子岳~梅花皮小屋~北股岳~門内小屋のコース・標高差

中編は、飯豊山~御西岳避難小屋~大日岳~烏帽子岳~梅花皮小屋~北股岳~門内岳~門内小屋までとなります!

 

飯豊山本山小屋(テント場)~大日岳~烏帽子岳~梅花皮小屋~北股岳~門内小屋の山行写真

飯豊山夜明け

テント場は風が強くてとても寒い夜でした。

テントに山ガールが遊びに来ないかな!?と思ったのですが、夢の世界にも来てくれませんでした(?)

そんな感じで飯豊山テント泊縦走2日目突入です!

 

 

飯豊本山小屋夜明け

かなり寒いですが、今日という日が始まろうとしております。

神々しいですね~~(-∧-)

 

 

飯豊山雲海

 雲海がとても綺麗ですね~(´∀`*) 

 飯豊山へ至るアッチの尾根も気になりますね~!

きっと、白目泡吹きからの打ち首獄門コースなのでしょうね!

 

 

飯豊本山小屋のテント場

こちらが飯豊本山小屋のテント場になります!

そこそこ平地の所がありますが、風の通り道なので強(笑)風の日が多いみたいです。

また、テント場からトイレが遠いので、夜中行ったら遭難しかけました・・・

満タンで行くと大変危険ですので、余裕をもって取りれに向かってください!

写真の真ん中からやや上の左にある小さな建物付近にトイレがあります!て、見えないですよね(笑)

 

 

飯豊連峰夜明け

 幻想的ですね~

なんか、強力なデビルが降臨しそうな雰囲気でした(?)

 

 

茜色

 茜色ですね~♡

何時も口の周りが青いので、アレくらい頬っぺたを赤くしたいものです(?)

 

 

元気玉

 「元気玉」みたいな輝きでした!!

 燃えるような力強さですね~って、実際に燃えてますもんね(笑)

私は、何を寝ぼけた事を言っているのでしょうか!?

 

 

飯豊本山小屋

こちらがお世話になった飯豊本山小屋です。

昨晩は、登山者で大賑わいだったみたいです。

管理人さんも良い人でした!

また来たい山小屋でございます。

 

 

飯豊連峰稜線ガス

いつの間にかガスガスになってしまいました・・・。

今日も安定な「ガス男」の山行でございます!

飯豊連峰は、癒しの稜線ロードですので、晴れて欲しいのですが・・・。

 

 

飯豊山付近からガスが少し取れてきた

 願いが通じたのか、飯豊山付近からガスが少し取れてきました!

 

 

青空と雪渓のコラボ

 うわ~♡

青空と雪渓のコラボが絵になりますね!!

 

 

飯豊はっやっぱりイイで

いや~この飯豊連峰の稜線をテント泊で縦走してみたかったんです!!

至福の尾根歩きになりました♡

飯豊はっやっぱりイイで~♬ですね(´∀`*)

 

 

飯豊山の方はまだガス

 飯豊山の方はまだガスってますが、これはこれで雰囲気が良いですね!

少し強がってみました(笑)

 

 

開放感抜群な斜面

 開放感抜群ですね~(´∀`*)

段ボールを持ってきて、シュ~~~としたい斜面ですよね!

 

 

飯豊山付近は本当に良い所

 いや~飯豊山付近は本当に良い所でございます!!

東北のお山はやっぱり素敵ですね~♬

 

  

御西小屋

 癒しの尾根道を歩いていると、御西小屋に着きました!

とても綺麗な小屋でした!

昨日は、飯豊本山小屋と同じく、結構泊まった方が多かったみたいです。

 

 

飯豊連峰最高峰の大日岳へ

 荷物を御西小屋デポして飯豊連峰最高峰の大日岳へ行ってみました。

地味に遠くてビックリでした(>_<)

 

 

大日岳の標高は2,128m

 そんな感じで飯豊連峰最高峰の大日岳いただいちゃいました♡

大日岳の標高は2,128mになります!

黄ばんだ前歯がとてもセクシーですね♡

こちらが今回の飯豊山テント泊縦走の最高峰なのですが、天気さえ良ければ最高の景色を見れるはずなのに・・・

「心の目」で堪能したいと思います♡

 

 

大日岳周辺でニッコウキスゲ

大日岳周辺でニッコウキスゲが咲き乱れておりました!

短く遅い春の訪れですね。

 

 

フレッシュな熊の糞

かなりフレッシュな熊の糞ですね・・・f^_^;  

御西岳避難小屋~烏帽子岳の間は、熊の出没多発地帯です。

我々が来る一週間くらい前にも、かなりの大物が居たそうです。

熊の主没に十分注意して下さい!!

 

 

オテアライの池

こちらがオテアライの池です!

色々と考えさせられる池でございます(?)

 

 

熊の出没に脅え

 熊の出没に脅えていると急速に天気が良くなってきました!

 

 

山は烏帽子岳

 ガスがとれると絶景が広がっておりました(´∀`*)

ナイスなタイミングでございます!!

見えてきたお山は烏帽子岳ですね!

結構な急登に見えるのは気のせいでしょうかね!?

 

 

f:id:aohige0718:20161127162142j:plain

 でも、烏帽子岳は恥ずかしがり屋さんみたいで、時々薄目のモザイク姿に変身してしまいます。

 

 

あのモッコリが烏帽子岳

 あのモッコリが烏帽子岳か!?烏帽子岳だよね!?お願いだから烏帽子岳と言って!!って感じの時間帯でした(笑)

 

 

烏帽子岳

 願いが通じて烏帽子岳でした♡

標柱のパッカリ♬具合が、急登を物語っておりますよね!

 

 

烏帽子岳の山頂から小展望

 烏帽子岳の山頂から小展望を味わ事に成功いたしました!

いや~山深く雲深い景色でございます(?)

 

 

歩いてきた稜線を一望

 歩いてきた稜線を一望できました!

飯豊連峰の稜線はやっぱり綺麗ですね~♬

 

 

雲がとれて飯豊の大展望

 雲がとれて大展望になってきました!

こんだけ山深ければ、クマも居ますよね~~

 

 

飯豊本山小屋~大日岳間の稜線も急速に天候が回復

 歩いてきた飯豊本山小屋~大日岳間の稜線も急速に天候が回復してきました!

晴れていた時に歩きたかった・・・(>_<)

 

 

烏帽子岳を振り返って

 烏帽子岳を振り返ってです!

綺麗な稜線ですね~!

今日の区間をまた何時かリベンジしたいものです!

 

 

飯豊連峰の長い長い天空縦走路

 飯豊連峰の長い長い天空縦走路でございます!

雪の時期は凄いことになるのでしょうね~

 

 

梅花皮岳

 そんな感じで梅花皮岳です!

梅花皮岳と言ったらアイーンー♪に限りますよね!(?)

 

 

飯豊山

 飯豊山ですかね!?

だいぶ歩いてきましたね~~

ガスガスだったせいか、あんまり歩いた気がしませんが、膝のプルプル具合が全てを物語っておりましたf^_^;

地味にこの区間はキツイです!

飯豊連峰テント泊縦走を舐めてはいけませんよね~

 

 

飯豊の景色

 何度も振り返ってしまう飯豊の景色でございます。

倒れる時は前のめり・・・を信条にしてますが、今日で脱皮したいと思います♡

 

 

飯豊テント泊縦走急登

 脱皮と言うよりは殻にこもりたいほどの景色が広がっておりました(>_<)

アレを登るのか・・・なんで私はここに居るんだろ?と現実逃避しちゃいました(笑)

当初、梅花皮小屋にテント泊の予定だったのですが、時間もあるので急遽、門内小屋へ変更いたしました!

 

 

北股岳までは結構な急登

 北股岳までは結構な急登なのですが、嫌いじゃない景色でございます!

 

 

梅花皮避難小屋

 そんな感じで梅花皮避難小屋です!

水場も近くて綺麗な小屋でした。

こちらも結構泊まる登山者が多いみたいです。

 モリモリ水もありますので、今回は梅花皮避難小屋の水場には寄りませんでした。

 

 

烏帽子岳方面の景色

 烏帽子岳方面の景色になります!

綺麗な稜線です!!

そして、テント泊装備の影響か、ここまで登るのが本当に辛かった・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161127162835j:plain

 あのガスの向こうに強烈なのが待ってないかとドキドキタイムでした・・・

このドキドキ感は、愛してやまない「あの動画」では味わえないモザイクマジックですよね!(?)

 

 

飯豊縦走天気が微妙

 こっちも「モザイクマジック」になってきました!!

天気が微妙ですが、スカッと晴れたら最高の稜線美でしょうね!

 

 

門内岳

 そんな感じで北股岳の写真を撮り忘れ、いつの間にか門内岳でございます!

朱色が映える落ち着いた山頂でした。

ここまで来ると、こよいの幕営地の門内小屋は間近でございます。

 

 

門内小屋にテントを張って

 早々に門内小屋にテントを張ってディナーにしてみました♡

ワインと相性抜群で、ウットリ♡してしまいました(´∀`*)

 

 

門内小屋のテント場

 山浸りと言うよりは、酒浸りな日々でした(笑)

ま~これが山の楽しみですよね!

birdさん、その節はお世話になりました!

門内小屋のテント場は平地が多く、トイレ、水場もそこそこ近いので非常に便利な所でした!

門内小屋の中にあるポストに幕営料を払うシステムになっております!

 

 

門内小屋の管理人さん

 門内小屋の管理人さんは、下越山岳会の方でした。

その節は、色々と有難うございました!!

また再開し色々とお話したいです!!

それにしても、地味に意味深なサングラスをしている誰かさんでございます。

来年あたり流行する事でしょう・・・(笑)

 

飯豊山テント泊縦走中編のまとめ

大日岳周辺は天気が悪かったのですが、烏帽子岳の手前から天候が回復し、飯豊連峰の縦走の醍醐味を十分堪能できる時間になりました!

 

飯豊連峰は、山小屋、避難小屋が充実しておりますので、登山シーズンならテント泊装備は不要です。

 

しかし、テント場もそれなりに整備されてますので、少し荷物が増えてしまいますが、テント泊でノンビリ縦走してみるのも味わい深い時間になるかな~と思います!

 

そんな感じで次回後編に続きます!!

 

www.aohigetozan.com

 

飯豊連峰テント泊縦走のクライマックスに相応しい絶景の連続でした!!