アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

巻機山へ上越国境稜線縦走!谷川岳~牛首山~巻機山登山口(後編)

巻機山上越国境稜線の景色

 

 

巻機山へ上越国境稜線縦走について

今回が、谷川~巻機山間の上越国境稜線の最終回でございます!

 

よ~やく今回のゴールである巻機山へのアタックになるのですが、牛首山から広がる上越の山々の展望が素晴らしく、フィナーレを飾るには最高の舞台となりました!

 

巻機山の山頂から歩いてきた上越国境稜線縦走を眺めていると、なんとも言えない達成感と安堵が入り混じ不思議な感覚に包まれました。

 

巻機山周辺は、豪雪地帯ですので、なかなか冬の時期は天候が安定せず登山には不向きな日が多いですが、今回は本当に天候に恵まれた2泊3日のテント泊でした。

 

天候が崩れると、上越国境稜線縦走は逃げ場が乏しく、数日間テントの中で停滞もありえますので、なかなか怖いルートですからね。

 

 そんな感じで、谷川岳~巻機山国境稜線縦走の続きに移らせていただきます!

 

巻機山を目指して縦走した上越国境稜線テント泊の前回までの記事 

www.aohigetozan.com

 土合駅~白毛門~笠ヶ岳避難小屋付近でテント泊した前編の記事になります。

 

www.aohigetozan.com

 笠ヶ岳避難小屋から朝日岳~ジャンションピーク~檜倉山~

 

登った日:4月12日(土) ~ 4月14日(月)

天  候:全行程快晴!

メンバー:私とMさん

交通手段:復路>沢口集落バス停から六日町へ上越線で越後湯沢。上越新幹線で大宮へ。

 

コースタイム(牛首山~巻機山登山口)

幕営地点 6:15 → 7:43 牛首山 → 8:10巻機山 8:52 → 11:19米子沢堤防付近11:43 → 12:20巻機山冬期登山口  → 13:46沢口バス停

 

巻機山までの上越国境稜線縦走のコース・標高差

巻機山までの上越国境稜線縦走のコース・標高差

牛首山~巻機山~巻機山登山口までのルート

※後編で歩いた牛首山~巻機山~巻機山登山口までのルートになります!

 

 

上越国境稜線テント泊縦走の装備

ザック75L、テント一式約2kg(ペグは持って行かず)、マット、サーマレストSサイズ 約400g、寝袋570g、ダブルストック、ピッケル、12本爪アイゼン、地形図

 

食糧関係

水:初日3.5L、2日目3.0L、3日目1.8L

ガス:プリムスハイパワーガス( IP-500T) 半分程残りました。

※雪から7L程水を作り、米を2回炊き、それなりに調理等で使いました。

使用時間にもよりますが、予備なしで3泊は十分持つと思われます。

 

ビール850ml、焼酎300ml、生卵4個、玉ねぎ1個、魚肉ソーセージ4本、生米3合(約350g)、惣菜パン5個、ハンバーグ(レトルト)2個(250g)、プルコギ春雨(レトルト) 1袋(220g)、カレー(レトルト) 1袋(220g)、インスタントラーメン 2袋(約200g)、アルファー米 1袋(100g)、チョコ、飴、梅干し、柿の種(約500g)、調味料 ごま油・醤油・塩・胡椒・砂糖(少量ずつ)

 

バーナー、メスティン(TR-210) 、コッヘル、フライパン、ナイフ、まな板、フライパン返し

 

着替え、その他

長袖1枚、オパンティ1枚(色は秘密)、 靴下2枚、セーター1枚、テントシューズ、ダウン(上下)、バラクラバ、合羽、手袋(厚手・薄手)ヘッドライト、予備電池、予備バッテリー(カメラ)、歯ブラシ、胃薬、頭痛薬、コンタクト、日焼け止め、トイレットペーパー 2ロール(1.7ロール使用)

その他諸々

※ルート上にきわどい所もありますので、ザイルがあると安心です。

 

スポンサーリンク
 

谷川岳~巻機山上越国境稜線縦走の山行写真

f:id:aohige0718:20161204112331j:plain

明日で上越国境稜線テント泊縦走の最終日・・・

今日が最後の晩餐です!

生卵が割れてなくホッと致しました!!

Mさんが「カニ玉」を作ってくれるそうです。

カニ缶を地味にアピールしている辺りが貧乏民の悪い習性ですよね(笑)

こんな事をしている内は、諭吉様が私の財布に遊びに来るわけないですよね・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161204112350j:plain

 何はともあれ無事に山食ができました!!お見事(*´з`)

テント泊縦走の楽しみは、やっぱり食事ですからね~!

私のスリーピングマット(黄色いやつ)に色々な汁が飛び散り、凸凹に入り込んでしまい、カ二玉の洗礼を受けてしまいました。

グリーピースが凹の中に入っているのを見つけた時は、あまりの悲しさに小躍りしてしまいました(涙)

 

 

f:id:aohige0718:20161204112403j:plain

 「魚沼」を持ってくるあたりが憎いですよね~

そして、テントの中が荷物でゴチャゴチャしていて生活感が溢れてますよね~~

それでも、グリーピースのご恩は一生忘れません(-∧-)

 「ありがとう。コンニャロー!」と、叫んであげたかったです(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161204112414j:plain

 隣に眠るオジサンのイビキを子守唄にグウスカピー♬な夜でした!

そして、今日も最高の天気になりました(´∀`*)

巻機山への最終日も、天候に問題なさそうですね!!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112425j:plain

 さ~巻機山まであと少し!

一本頑張りますか!!

 上越国境稜線縦走を楽しみながら歩きたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112442j:plain

 誰も居ないこの上越国境稜線縦走の景色を二人占めできて、本当に来て良かったな~~っとシミジミ感じました。

 見渡す限り雪山しかありません。

 

 

f:id:aohige0718:20161204112455j:plain

 テント張った辺りを振り返ってです。

何だかんだでだいぶ歩いてきましたね~~

初日に登った谷川岳方面の「白毛門」は、も~見えませんね。

 

 

f:id:aohige0718:20161204112508j:plain

 と、思ったけどジャンクションピークと朝日岳はチラチラ見えてますね!

今回の巻機山へ至る上越国境稜線縦走は、雪がそこそこ締まっていて歩き易く、大変助かりました!

天気といい、本当にラッキーでした。

腐った雪だとツボ足歩きになり、相当苦労すると思います!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112522j:plain

 否が応でも目線に入ってくる上越オールスターズです!

越後駒ヶ岳等も未踏なので、登ってみたいですね~!

素晴らしい山並に惚れてしまいます♡

 

 

f:id:aohige0718:20161204112554j:plain

 越後三山ですかね!?

アッチも登りたいんですけどね~~

来年こそは行ってみたいもんです!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112611j:plain

 牛首山の稜線が見えてきました!

右のピークが牛首山かと思われます!

ついにここまで来ましたか~!!っとテンションもゴリゴリ上昇中な感じになりました!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112623j:plain

上越国境稜線の1つのシンボルである牛首山の山頂(三角点 )になります。。

3日間本当にお疲れ様でした。

 

 

f:id:aohige0718:20161204112832j:plain

 あまりの上越の景色の美しさに、お互い無口になってしまいました。

東北地方も、登ってみたいお山ばかりで困ってしまいます。

 

 

f:id:aohige0718:20161204112641j:plain

 極上の稜線ですね~♡

さ~目指す巻機山まであと少しです。

ジックリ味わいながら歩きたいですね。

 

 

f:id:aohige0718:20161204112655j:plain

巻機山に着いた~~!!!!

いや~ここまで遠かった(>_<)

山頂プレートもない地味地味な感じの頂きですが、本当に嬉しかったです!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112706j:plain

巻機山の山頂から、今まで歩いてきた上越国境稜線縦走ルートが見渡せました!

って事は、今まで歩いて来たルートから巻機山が見えていたって事ですよね!?

どれが巻機山か、結局今も分からずじまいでございます!?

こんなんで良くここまで来れたな!って感じですよねf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20161204112718j:plain

巻機山の山頂はこんな感じです。

テント泊装備のオモザックも本当にお疲れさまでした。

臭い旅の相棒ですんで、労わってあげんとですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112729j:plain

 それにしても巻機山は素晴らしい展望でございます!!

迫力が有りますよね~!

 

 

f:id:aohige0718:20161204112744j:plain

 上越の山は、本当に立派な山容をしたものが多いです!

標高が2,000m前後とは思えない重厚感があります♬

 

 

f:id:aohige0718:20161204112806j:plain

 Mさん、巻機山で何を想う!?

 

 

f:id:aohige0718:20161204112852j:plain

 さ~名残惜しいですが、そろそろ巻機山から下山でございます。

この辺、山スキーの方が結構多く賑やかでした。

 

 

f:id:aohige0718:20161204112903j:plain

 良い仕事してますな~(´∀`*)

やっぱり雪山テント泊にはスコップが必須ですよね!

私も買おうかな~~

でも、あんまり冬山やらないからな~~・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161204112912j:plain

 わざわざ「ニセ」がつく「ニセ巻機山」です!

逆から来ると、ここが山頂だと思って最後の気力を振り渋るんでしょうね~~

着いたと思ったら「ニセ」がと・・・

怒り狂う登山者の顔がチラチラ想像出来ちゃいました(・´з`・)

 

 

f:id:aohige0718:20161204112924j:plain

 こんな穏やかに日に山に登れて我々は幸せ者です♡

 

 

f:id:aohige0718:20161204112936j:plain

 も~言葉が見つかりません。

 日本じゃないみたいです。

 

 

f:id:aohige0718:20161204112950j:plain

 尻セードーで滑り落ちていくMさんです。

そんな姿に微笑みながら冷めた目で見つめておりました(笑)

巻機山周辺は、最高の天然のスキー場ですよね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20161204113003j:plain

 なんか分からんですが好きな絵でございます。

 

 

f:id:aohige0718:20161204113058j:plain

 この時間、結構登山者が巻機山に登って行ききました。

多分、アレが巻機山の山頂だと思っている事でしょう・・・

怒り狂う姿を見てニヤニヤしたかったな~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161204113016j:plain

 アッチの尾根も歩いてみたいな~って思いながら下っていきました。

残雪期は、アッチ(天狗岩方面?)は確か下山禁止だったと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20161204113031j:plain

 あのモッコリと自己主張しているのが天狗岩です!

夏場、アッチから巻機山へ登ってみたいもんですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20161204113120j:plain

 よ~やくバス停まで辿り着けました・・・。

ここまで遠かった・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20161204113129j:plain

 温泉に寄り、帰りの新幹線で上越国境稜線縦走谷川岳~巻機山縦走の祝杯をあげちゃいました♡

 

まとめ

とても思い出深い上越国境稜線での3日間になりました。

独りだったら、多分歩けなかったと思います。

また機会を作って、今回のルートを歩てみたいな~っと思っております!

 

季節や天候によって難しさが変わってきますが、「稜線フェチ」の方には是非、巻機山を目指して上越国境稜線歩いてもらいたい!そんな感じの良いコースでした!

 

今年は雪がモリモリ降るんでしょうかね~~~

 

低山で修行を積み、また何処かで少し難しいコースに挑戦出来たらな~って思っている今日この頃でした。