アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

テント泊、キャンプでの盗難、置き引き事件簿。テント泊初心者は要注意!(前編)

泥棒の写真

 

 

 

テント泊初心が注意すべきこと

いや~~凄く寒いですね・・・

 

雪が降ってないだけまだマシですが、土・日曜日はかなり辛いお休みになりそうですね~

 

冬のテント泊で着るような暖かな服装で自宅にいるのですが、それでも底冷えしてきました・・・。

 

昔の我が国には、ご近所さんと「醤油」や「塩」等を借りたり貸したりする文化がありましたが、最近は全く見なくなりましたよね~

 

そんな文化を復活させるべく、ご近所さんに「灯油」をお借りしたいな~っと思っている誰かさんでございます!!

 

いや~油断して灯油の在庫がなく、それ以前にお正月で散財し、油を買うお金もございません・・・。

 

この腹とアゴの脂身でも燃やすかな?と思っているのですが、話が長くなりますのでこの辺にしておきます!

 

 

そんな感じで、題名の「テント泊初心」は、私の事でもあるのですが、少ないテント泊で目撃した体験を今日は書きたいと思います!

 

 

盗難、置き引きの件数について

「テント泊愛好家」や「キャンプ愛好家」にとっても、登山道やキャンプ道具の盗難は他人事ではない話ですよね!

 

正直、自分の近くでこんな盗難、置き引き事件が起こるとは思いもしませんでした。

 

ところで、「治安が良い」といわれている我が国ですが、「窃盗」って年間何件位発生しているかご存知でしょうか!?

 

警察の資料を調べてみたのですが、あまりにも多く窃盗事件が発生していて驚いてしまいました。

 

なんと去年(平成27年)は「89万7259件」の窃盗があったそうです。

 

勿論、警察に届けられた件数のみですので、届けられていない事件もあるでしょうから、実際はさらに膨れ上がるかと思います。

 

単純計算で、2,458/日の窃盗が発生している事になります。

 

も~チョッと計算しますと、1時間あたり102件の発生となり、さらに掘り下げると、1分間に約1.7件の窃盗、置き引きが発生している計算になります。

 

なんだか凄い数字ですよね~~

 

数字は嘘をつきませんので、少し怖くなってしまいました。

 

貧乏セット(カップラーメン)にお湯を入れて待っている間に、5件の窃盗が発生している計算ですからね~!

 

ニヤニヤしながらカップラーメンの出来上がりを待っていた自分が情けないです(?)

 

え~私が敬愛している人は「ラーメン大好き小池さん」なのですが、その純愛について話すと長くなるので割愛し、話をここで戻したいと思います! 

 

 

テント泊初心である自分自身の経験について

私の登山暦は「15年前後」なのですが、テントデビューは「4年弱」と短く、まだまだ初心なもので今でもテント泊だと設営に四苦八苦いたします。

 

何でもそうですが、「経験」に勝るものはございません!


テント泊初心者である私は、4年間で、なんだかんだで60回(日)前後テントで夜を過ごしているのですが、その間、幸か不幸か「夜の秘め事」は特に起こっておりません(>_<)

 

テントを買った理由の1つである「夜の秘め事」がないのがなんとも微妙な話でございます(笑)

 

テント泊の日数が足りないのか、それとも私に問題があるのか分かりませんが、「ラッキーチャンス♪」が1晩や2晩くらいは有っても良さそうなのですけどね~・・・。

 

「ラッキーチャンス♪」が、何なのかは、後世に恥を晒してしまうので、ここで記載するのは控えたいと思います(笑)

 

テント一式の購入代金は結構高いですが、4年間で60泊してますので、も~元は取れただろうな~って思っております。

 

テント装備は、簡単には買い換えられる値段ではないので、あと10年くらいは使いたいな~って考えております。

 

テント場、キャンプ中の盗難と登山ブームについて

そんな感じで、色々な思惑があってチョコチョコとテント泊をしている私なのですが、今までに幕営地(テント場)で「盗難」の現場に遭遇したことがあります。

 

残念ながら、「山好やキャンプ好きに悪い人はいない」と言うのは、現在では通じない「合言葉」だと思っております。

 

登山愛好家、キャンプ愛好家にとっては残念な話ですが、ここの数年の「登山ブーム」も相まって、招かざる登山者も増殖中なのかもしれませんよね。

 

登山ブームにつきましては、お金があまりかからず健康に良いという話を聞きつけた中高年の間で火がついて今に至っておりますが、「お金があまりかからない」と言う部分は少し違いますよね。

 

登山道やキャンプ用品は、結構お値段が高い物が多いので、欲しくても手が出ないアイテムがありますよね。

 

そんな欲しいアイテムが無防備に転がっていたら・・・

 

悪い人間なら、「落ちてるぞ!ラッキー!!」くらいにしか思わず、持って行っていしまう(窃盗、置き引き)悪い人間がいてもおかしくないですよね。

 

登山者やキャンパーは、気さくで優しい方が多くいますが、一定の割合で悪い人間がいます。

 

山登りやテント泊中は、開放的になってしまい油断しがちですが、そんな時こそ窃盗や置き引きに注意が必要だと思いますので、啓発をこめて、自分んお体験談を書いていきたいと思います!

 

窃盗ネタ?としましては、2つあるのですが、書いていたら長くなってしまうので、今回も前・後編の2回に分けて書いていきたいと思います。

 

奥秩父主脈縦走中の窃盗事件の概要 

今日はテント泊縦走中の「アイゼン編(前編)」でいきたいと思います。

 

数年前のGWに、「奥秩父主脈縦走路」と言う全長約80kmほどの道のりを4泊5日をかけて、テント泊で歩いた時に窃盗、置き引き事件が起こりました。

 

www.aohigetozan.com

こちらの記事のテント泊縦走中に窃盗事件がおきました。

窃盗事件については触れてませんが、良かったらご参考にしてみてください!

  

 

実は、その奥秩父主脈縦走のテント泊山行が無謀にも、「テント泊デビュー戦」でして、当たり前ですが色々と苦労いたしました。

 

家の中でテントの設営を練習して奥秩父縦走に臨んだのですが、やっぱり実地になると風の影響をモロに受けて上手くテントの説が出来ず、かなり駄目駄目でした。

 

ただ、人間って切羽詰ると普段の能力以上に動けるのですよね~~

 

 

「あわわわわわ~・・・、駄目だ設営できない・・・・う~~アチョー!!こんにゃろ~にゃろめ~~!!」

 

 

と、テン場で設営の格闘をしていたのが良い思い出です(苦笑)

 

普段、担ぐ事のないテント泊装備の重さに白目になりましたが、今となって良い経験でした!


私は、JR奥多摩駅から入山し、瑞牆山荘を目指すルートで歩いたのですが、最後の幕営地である「大弛小屋」での明け方に事件が起こりました。

 

重い荷物を担ぎ、慣れない山行で流石に疲れが溜まり、その日はテント張るなりすぐに寝てしまったのですが、モリモリ寝た影響で夜中の2時頃に目が覚めてしまいました。

 

その後は寝袋の中で、あの世とこの世を行き来しながらも、結局寝られなかったので出発の準備に取り掛かりました。

 

も~テント泊縦走の最終日ですので、残った食材をモリモリと食べ、14:00位には下山したいな~っと考えながら最後のテントの時間を過ごしておりました。

 

え~これから少し長くなってしまうので、誠に申し訳ございませんが、次回後編で書いていたと思います!

 

非常に可哀想と言うか、なんというか・・・。

 

そんな出来事になっていきます。

  

www.aohigetozan.com

後編のテント泊、キャンプでの盗難、置き引き事件簿の記事になります!