アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

登山の膝痛に!ヒザの痛みの原因と対策、改善に効く!の効果・効能は!?

痛めた膝

 

 

 

 

膝痛(ヒザ関節痛)のエピソード

登山で痛めてしまった膝関節等の痛い症状に効く薬を服用していると、隣に座る職場の同僚が話しかけてきました。

 

足つり、こむら返りについて書いた記事にも登場した方なのですが、隣の席に座っているもので、私の事をチラチラ観察しているのでしょうね~

 

貧乏セット(昼食)を食べ終わり、膝痛の薬を食後30分以内に服用する必要があるのですが、男気溢れる豪快な飲み方をする私なもので、そんな姿に惚れてしまったのかも知れません。

 

「アオヒゲさん(私)の、チョッと良いとこ見てみたい♪」

 

こんなバックコーラスが聞こえてくるほど、居酒屋で鍛えた見事な飲みっぷりだと思っております!

 

そんな私に興味があるのか、

 

「あれ?持病の偏頭痛ですか?でも、いつもの薬とは違いますね!?」

 

と、聞いてきたので「登山で痛めたのか、ヒザと股関節が痛くてね~」 と答えると

 

「膝痛はアレですが、股関節痛って、なんだかセクハラの匂いがしますよね!?」

 

と、思わぬ返事に驚いてしまいました!

 

「私の股関節の匂いを嗅いだ事があるのか!?それとも嗅いでみたいのか?意識なくなるぞ!」

 

と、キラキラ輝く唇を見つめながら言い返したかったのですが、「セクハラ」と言う単語には、ズッシリとくる重みがありますよね~

 

セクハラで訴えられても困るので、色々考えた結果、漢字で「股関」と書くから誤解が生じるので、次回からは「コカン」とカタカナを使って、外人さんみたいに話したいと思います!

 

え~・・・何かが間違っておりますが、セクハラチックなやり取りを聞いていたのか、同じようにヒザ痛に悩む先輩が、私が飲んでいる薬について根掘り葉掘りとヒザの痛みの原因と対策、効果、効能について聞いてきたので、今日はそこら辺も踏まえて書いてみたいと思います!

 

多分、言わないだけで膝痛、関節痛、コカン痛で悩んでいる方って、意外と多いのかも知れませんしね!

 

膝痛・股関節痛の痛みの原因と対策・予防

痛みの原因が分からない事には、膝痛や股関節痛の対策や予防が出来ませんので、自分の今までの行動を一生懸命振り返ってみました。

 

思い出した結果、このブログでは書けないようなプレイの数々に赤面しちゃいました(/ω\)

 

おじさんも好きね~ってな感じだったのですが、膝痛や股関節痛は、登山が原因であるのは間違いないだろうな~と結論になりました。

 

前回の記事にも書いたとおり「関節軟骨が磨り減っている」のが痛みの原因の1つだと考えております。

 

軟骨が磨り減ると、関節の動きが悪くなりますし、近くにある神経や骨にも悪影響を与えてしまい痛みの原因になります。

 

登山中、特に関節が痛くなる場面は「下り坂」、「舗装路の林道歩き」の時が多いです。

 

登山靴は、構造上ソールがどうしても硬いので、足が地面に着地するたびに衝撃が関節に響いてしまい、そちらも膝の痛みの原因になっております。

 

また、私は事務職(経理)なもので、1日中座りっぱなしなのですが、それが影響して極度の「運動不足」でございます。

 

「1日の歩数って何歩なんだろ?」と、万歩計を使って計ってみると、とある1日の歩数が驚きの550歩・・・。

 

吉野家の大盛り牛丼(550円)と、単位は違うものの数字が一緒じゃないですか!!

 

どっちがヘルシーか?と聞かれたら、間違いなく牛丼大盛りに軍配が上がってしまいますよね~(笑)

 

運動不足は肥満に影響しますし、体重が増えると膝等の関節に悪影響を与えてしまいます。

 

下り坂の場合、体重の3~4倍ほどの重さが膝に掛かる計算(体重50kgですと150kgの重さが膝に掛かります)になりますので、アップダウンが激しい登山においては、膝関節を痛めてしまう原因になります。

 

登山中、休憩していると体が冷えてしまう事があるかと思いますが、そんな状態で歩き始めると膝が痛くなったりしませんか?

 

膝関節が冷えてしまうと、血流が悪くなってしまい、そんな状態で負荷をかけると膝痛の要因になってしまいます。

 

ウォーキング等で体を動かして膝の筋肉を鍛えたり、関節部周辺をストレッチして柔らかくするのも、ヒザの痛みの対策や予防になりますが、直ぐに効果は出難いですよね。

 

ヒザの痛みの改善、緩和の薬(グルコンEX錠プラス)について

膝痛の薬

 

私のおすすめはこちら

 

 

膝痛や関節痛等の辛い痛みに対して、飲んで体の中からアプローチする医薬品(薬)になります。

 

飲んでいると、膝痛や関節痛の痛みの改善を実感できるもので、どれだけ売れているのか気になり、グルコンEX錠プラスについて調べてみると、2017年8月の情報にはなりますが、シリーズ累計で543万個も販売されていて驚いてしまいました!

 

もしかすると、既に550万個を突破しているかも知れませんよね!

 

これだけ売れているのは、それだけ膝痛や関節痛に悩んでいる方が多い証拠ですよね~・・・。

 

効果を実感できなければ、これだけ販売されませんよね。

 

聞いた事がない医薬品だっただけに、無知とは怖いな~と思ってしまいました。

 

早く知っていれば、酷くなる前に対処できただけに、残念でございます。

 

グルコンEX錠プラスは、膝痛予防・改善の薬になりますので、品質や有効性は勿論の事、特に気になる「安全性」についても調査がされ、公的機関から認められた医薬品になります。

 

なかなか膝痛などは、色々やっても改善が進まないですよね。

 

医薬品を使って、体の中から有効成分を染み渡らせる方法も、1つの手段になるかと思います!

 

膝の痛みに作用する「有効成分」の詳細はこちら >>>

 

 

膝痛の予防・改善に効くグルコンEXプラスの服用で気をつけること

モリモリ飲んでも大丈夫?

 

モリモリ飲むと胃がムカムカしちゃうかも知れません。

 

前述しましたとおり、食後30分以内に1日3回、1回2錠を服用します。

 

 

服用方法の写真

 服用するタイミングと量も大事ですが、それ以上に生命線が短いのが気になりますよね~・・・

 

服用の間隔は4時間以上だそうですが、効果的に膝痛へアプローチさせるためにも、正しい服用がとても大事になります!

 

お酒飲んでも大丈夫?

 

登山愛好家は、何故かお酒が好きな方が多いですが、こちらの膝痛の薬は、食後に服用さえすれば呑んでも大丈夫だそうです!

 

薬を肴に酒を飲む登山者になれたら最高ですよね~(?)

 

「今日の膝痛の薬は鮮度が良いな~」など、山小屋で話しながら楽しい時間を過ごしたいものですね(嘘)

 

他の薬も飲んでいるけど大丈夫?

 

こちらも問題ないそうです!

 

加齢と共に、色々な医薬品のお世話なるのが自然の摂理ですからね~

 

また、長期間飲み続けても、体に優しい成分(消炎剤や鎮痛剤は入ってません)ですので、特に問題は無いそうです!

 

膝痛対策の効果・効能 について

膝痛に悩む会社の先輩から聞かれたのは「元が取れるのか?」、「効果はあるのか?」の2点になります。

 

私も同じような考えになりましたので、皆様もこの2点については気になりますよね!?

 

グルコンEX錠プラス公式サイトでも、同じような質疑応答がありましたので、引用したいと思います!

 

 

 Q .効果が感じられません。

 

 A.軟骨のすり減り具合や痛みの度合いにより個人差はございます。
「グルコンEX錠プラス」は風邪薬や鎮痛剤などのお薬と違って即効性はありません。

3ヶ月~6ヶ月服用いただくことで、ビタミンB1やコンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどの有効成分が身体の内側からしっかりと効いていきます。

(日本薬師堂(販売元)のサイトより引用)

 

 

正直に「直ぐには効きません」と書かれてました!

 

また、効き目が早い方で1ヶ月、痛みが酷い方で6ヶ月前後で効果を実感できるとも記載がありました。

 

色々と検査や実験して効果が確認でき方からこそ「医薬品」を名乗る事ができますので、継続すれば何かしら変化があるかと思われます!

 

そして、さらに気になる「元を取れるのか」になりますが、私自身は取れた感じております。

 

登山で痛めた膝痛等で鍼灸院に行くと、だいたい1回で5、000円以上致します。

 

鍼灸も膝痛や関節痛に効果的ですが、どうしても1回では改善せず、何度も通院しなければなりません。

 

病院に行っても湿布や塗り薬だけですしね・・・。

 

病院や鍼灸院に行くのも時間が取られますので、仕事をしていると大変ですし、混んでいると長い時間待たされますからね~

 

その点、飲み薬なら時間と場所を選びませんし、自分のペースで膝痛の改善を図れるので、かなり助かりました!

 

登山の大きなリスクになる「膝痛」を、本気で改善したい!、対策したい!と考えている方の参考にして欲しいなと思っております。

 

引用した上述の内容が、膝の痛みの改善の1つの目安になるかな~と思います!

 

登山の膝の痛みの改善・解消に効く医薬品の購入について

初めての方限定になりますが、定期お届けコースにすると、グルコンEX錠プラスが50%OFFで購入できるそうです。

 

膝痛や関節痛等の痛みにに効く医薬品に興味はあるけれど、いきなり定期購入・・・てのも敷居が高いですよね!

 

通常購入もありますので、とりあえずどんなものか?を体験してみるのもアリかも知れません。

 

ただ、前述したとおり、効果を感じられるまでに少し時間が掛かります。

 

何年も悩まされてきた膝痛、関節痛の改善・解消が、そ~やすやすと「さようなら~!」する訳ないですからね。

 

本気で膝痛と戦うなら、「定期お届けコース」の方が、10%割引が適用されますので、結果的にお徳なのかもしれません。

 

定期購入と言っても、1ヶ月毎、3ヶ月毎、半年毎と購入間隔も選べますし、スマホの契約のように「2年縛り」のようなものも無いので、電話一本で休止や間隔の変更も可能なので安心です!

 

私は既に「おかわり」をしているので、なんだかな~ってな感じです・・・。

 

定期にするか単品にするかは、購入前に良く考えてみてください!

 

残念ながら近くのドラッグストアーや、AMAZONでは売ってませんので、公式サイトでの購入となります。

 

色々なところで販売してくれると、便利で良いのですけど、送料無料なので、その点は考慮されている感じでした。

 

価格の詳細はこちら >>

 

 

膝痛・関節痛のまとめ

膝などの関節痛の悩みは、40代から急増するみたいですが、痛みが酷くなる前に、どれだけの対策と対応が出来るかが、今後の登山人生の大きな鍵になるのかもしれませんよね。

 

膝痛を発症してしまうと、歩くたびに痛くなりますので、登山をするモチベーションも低下してしまいますしね。

 

湿布を貼ったり、膝サポーターをしても、運動量が激しい登山をするには無理がありますからね~

 

 

色々試してみたものの、膝痛や関節痛の改善の効果がなかった場合の、1つの方法として医薬品はお勧めでございます!

 

膝痛・関節痛の専用の薬ですので、痛みに効く効果を飲んで実感していただけたらなと思います!

 

グルコンEX錠+ 公式サイトはこちら >>

 

 

www.aohigetozan.com

グルコンEX錠プラスよりも有効成分が少ないものの、価格の安いラークセブン(医薬品)について書いた記事になります。

飲んでみると、膝痛などの関節痛に効きましたので、酷い方にお勧めしております!

また、膝痛・関節痛・股関節痛の原因や予防についても詳しく書いた記事になりますので、良かったらご参考にしてみてください!