アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

権現山北尾根から扇山登山!初戸バス停~浅川峠~曽倉山~鳥沢駅

扇山山頂からの富士山の景色

 

 

 

権現山北尾根から扇山登山の経緯!

前から気になっていた「権現山北尾根」を絡めて富嶽十二景でお馴染みに「扇山」へ縦走してきました!

 

権現山、扇山は「山梨百名山」に選ばれている名山ですが、登山口がJR中央線の駅からも近く、国道20号線からもアクセスが良好なので、登りやすいお山の1つかなと思います!

 

今回の権現山と扇山縦走ですが、久しぶりに山仲間と一緒に登ってきました!

 

普段から親交のある「gさん」と、今回初めてお会いする「mさん」の2名と一緒に登ってきました。

 

mさんとは、当ブログの記事の内容でお問い合わせをいただき、その縁でご一緒に山登りする事となりました。

 

 ブログをやっていなければ、一緒に山登りする事もなかったと思いますし、それこそ会ってお話しする事もなかったと思います。

 

色々なご縁がブログにはありますし、使い方によっては、可能性がモリモリ広がりますよね!

 

mさんについては、お問い合わせをいただく前からも、登山中に何度もニアピンしているという、これまた不思議な縁がありました。

 

高尾山に登っている最中も、とある場所ですれ違っていたのですが、今回顔が分かったものの、全く記憶に残ってませんでした!

 

このことから、人が多い山域で登山中に挨拶をしたとしても、記憶に残ることは稀ですので、あまり意味がないかも知れませんよね!

 

個人的に、モリモリ人が歩く山域での挨拶は不要だと思っているのですが、この意見には賛否が分かれそうですよね。

※山の中ですれ違う時に登山者と挨拶を交わすかと思いますが、遭難した時に備えて、自分の特徴を覚えてもらう意味合いがあります。

 

話が長くなりそうなのでこの辺にし、権現山北尾根から扇山までこんな1日になりました!

 

権現山北尾根から扇山縦走の日程・天候・メンバー

登った日:2018年05月20日(日)[日帰り]

天  候:晴れ

メンバー:gさん、mさんと私の計3名

 

 

権現山北尾根から扇山へのアクセス・駐車場・地図

行き

JR上野原駅 8:12発 初戸バス停 8:52着 730円

 

帰り

JR鳥沢駅 17:43発

 

初戸バス停付近地図(権現山北尾根最寄りのバス停)

権現山北尾根の登山口中編に駐車場はありません。

バスを使って権現山北尾根を縦走するのが手っ取り早いかと思います!

 バイクや自転車なら、権現山北尾根と尾名手尾根の周回も良いかと思います!

 

山行動画(権現山北尾根~扇山~鳥沢駅)

写真を押すと、今回登山した初戸バス停~権現山北尾根~浅川峠~曽倉山~扇山~鳥沢駅間の動画を観る事が出来ます!

良かったらご参考にしてみてください!

 

権現山北尾根・扇山のコース状況

権現山北尾根の登山口を見つけられるかが、今回の縦走の大きな核心になります!

 

権現山北尾根の登山口は、初戸バス停から延びる林道を40分前後歩き、「腰掛集落」の奥の方で道が分岐する箇所を左下への下りて行きます。

 

権現山北尾根の登山口ルート

我々は赤バツ印の方に下りてしまったのですが、赤矢印の赤い屋根付近で左へ下りていくのが正解です!

 

道なりに進んで白い欄干の橋を渡ると、今度は民家の庭の中を通るように道が続きます。

 

権現山北尾根>民家の前

民家の前を通り抜けて振り返っての写真です。

 

民家を抜けると下記の橋がありますので、そのまま進めば権現山北尾根の入口になります。

 

権現山北尾根の登山口付近の橋

こちらの橋を渡らずに管理道のような道を直進すると「尾名手尾根方面」に行くそうです。

 

尾名手尾根は未踏ですので、今度機会作って出没してみたいと思います!

 

トイレ・水場の状況

権現山周辺にはトイレはありません。

扇山登山口付近にトイレがありますので、入山する前に済ませて下さい。

 

大久保山南の水場

こちらが扇山山頂から30分ほど下った所にある水場になります。

「大久保山南の水場」と名前が付いているみたいですが、水量豊富で当てにできる水場です。

冷たくて美味しいのでお勧めです!

 

 

登山装備・登山アイテム

水 3.6L(余り 0.6L)

 

貧乏セット(おにぎり2個、カップラーメン1個)、チョコレート160g、飴玉10個、柿の種6袋、コーヒーセット一式(豆80g)

 

ヘッドライト、予備電池、ダブルストック、日焼け止め、カップ、イワタニジュニアコンパクトバーナー一式、コンパス、着替え(シャツ)、地形図、その他諸々

 

権現山北尾根から扇山のコースタイム

初戸バス停 8:57 → 9:38 腰掛集落 9:40 → 11:18 権現山北尾根 → 12:10 権現山 13:06 → 13:43 浅川峠 13:44 → 13:59 曽倉山(マルガ頭) → 14:34 扇山 15:18 → 15:33 大久保のコル 15:37 → 15:57 大久保山南の水場 16:07 → 16:23 梨ノ木平 → 17:13 鳥沢駅

 

コース・標高差(初戸バス停~権現山~扇山~鳥沢駅)

コース・標高差スタート初戸バス停~権現山~扇山~ゴール鳥沢駅

権現山から曽倉山・扇山への登りが辛いです(>_<)

また、扇山登山口から鳥沢駅までの舗装路歩きが地味に長く辛いです(>_<)

 

山行写真(権現山北尾根~権現山~扇山~鳥沢駅)

登山仲間2人

今日は、gさん(左)とmさん(右)と3人で「イチャイチャ登山」をしたいと思います!

お初の「権現山北尾根」歩きが楽しみですね~!

 

 

権現山と権現山北尾根

正面に見えているアレが権現山北尾根になります。

権現山の山頂まで、地味に遠いですね~・・・。

 

 

初戸バス停付近

初戸バス停付近は新緑に包まれておりました!

酸素が旨いです!!

 

 

鶴川

 綺麗な川(鶴川)が流れてました。

桃が流れてこないかな~と、考えてしまいます(?)

 

 

権現山北尾根歩きのスタート

さ~!

権現山北尾根歩きのスタートでございます!

登山口から急登が始まり、かなりきついです・・・。

 

 

急な斜面

進むほど斜面が急になってきます・・・。

 

 

権現山北尾根急登

 写真だと伝わらないと思いますが、クラクラしてしまうほどの急登でございます。

オジサン3人の悲鳴が聞こえてきました(笑)

 

 

権現山北尾根迷ってしまう箇所

モリモリ登っていくと、斜面がなだらかになり、自然と笑みがこぼれてきます。

いや~権現山北尾根は、最初の急登が1つの核心部でございます。

そして、途中から管理道?から道を外し尾根を忠実に歩いてきます。

管理道から尾根に乗り換える所で迷ってしまう方が多いみたいです。

真っすぐ管理道へ進まず、尾根筋を登るのが正解です!

 

 

90度曲がる箇所

権現山北尾根で間違えてはいけない90度曲がる箇所でございます。

我々は赤矢印のように登ってきました。

下りで権現山北尾根を使う場合は、気に描かれた矢印の通り進んで行きます。

踏み跡不明瞭ですので、下りの場合は、真っすぐ進まないように注意してください!

 

 

2つの赤丸の間を下っていく

更に登っていくと、今度は尾根が広くなりルートが不鮮明になります。

特に下りの場合は分かり難いと思います。

こちらは振り返っての写真になります。

木に描かれた2つの赤丸の間を下っていくと、先ほどの90度曲がる所にでますので、赤矢印な感じにそこを左折(西)へ進みます。

 

 

天然林

 権現山北尾根は、上部に行くほど天然林になりますので、明るく清々しい感じになります!

 

 

ギョリン草

 ギョリン草がモリモリ咲いてました!

 

 

ギョリン草グロテスク

ギョリン草を見ると、季節はどんどん進んでいるんだな~と思ってしまいます。

それにしてもギョリン草は、グロテスクですよね~

私の笑顔と良い勝負だと思います!(笑)

 

 

ヤマツツジ

 ヤマツツジもモリモリ咲いてましたが、やっぱり、「シロヤシオ」は見かけませんでした。

権現山は、丹沢山塊から近いですが、それでもシロヤシオは咲かないのですね~

 

 

道なき道

段々と道なき道になってきました!

それでも、何故か3人は生き生きしてました。

やっぱり、生まれ持ったMの伝道師なのでしょうね~(笑)

 

 

オジサンのお尻

右側に滑落すると痛そうだな~と思いつつ、オジサンのお尻を見ながらニヤニヤしてました(笑)

オジサンでもスカートはいてくれると、それはそれでドキドキしちゃうと思います(?)

 

 

痩せ尾根

こんな感じの痩せ尾根もあったりで権現山北尾根歩きは中々変化に富んでおります!

 

 

岩

トサカ岩?ゴジラの背?アオヒゲの歯?

この岩の名前を命名しようと3人の意見がぶつかり合い、結局、結論は出ませんでした(笑)

 

 

お花

それにしてもツツジが綺麗です!

権現山の頂上に近づくにつれてお花が多くなってきました!!

 

 

権現山の山頂北尾根ルート入口

そんな感じで権現山の山頂でございます!

こちらから出てきました!て、何処がルートか分からないですよね。

木の左側に人一人通れる感じのルートが続くのですが、分かり難いと思います。

 

 

山梨百名山である権現山(標高1,311.9m)

山梨百名山である権現山(標高1,311.9m)に到着です!

「打首獄門」をイメージしたそうです(?)

権現山北尾根の入口は、この写真の右手になります。

 

 

富士山

権現山の山頂からの富士山でございます!

 

 

富士山雲

カリな感じの所に雲がかかり、良い感じのモザイク具合でした!(?)

あの辺は弱い所ですよね~(´∀`*) 

 

 

右のピークが雲取山、左のピークが飛龍山n

 右のピークが雲取山、左のピークが飛龍山ですね!

奥秩父主脈縦走路が綺麗でした!!

 

 

生藤山笹尾根

あれは生藤山ですね!

笹尾根も綺麗に見えておりました!

も~これからの時期は暑くて嫌ですが、高尾山から奥多摩湖へ至る笹尾根縦走もお勧めでございます!

ギリギリ日帰りできますので、ドMな登山者に挑戦して欲しい笹尾根でございます!

 

www.aohigetozan.com

高尾山から奥多摩湖へ日帰りで歩いた時の記事になります!

良かったらご参考にしてみてください!

 

 

山飯

腹も減ったので貧乏タイム(山飯)にしてみました!

mさんとは初めて会いますが、マイペースにいつもの貧乏セットにしてみました。

私は不器用なオジサンなので、も~生き方を変えることが出来ないのです。

単にお金がないだけなんですけどね(笑)

 

 

昼食タイム

女性とお金の話で盛り上がりました(?)

 

 

扇山・浅川峠分岐

そんな感じで扇山・浅川峠を目指したいと思います!

これまた長く下るので「膝壊し」な感じのルートになります。

 

 

扇山向かう二人

そんな下りも苦にならないみたいで、二人でイチャイチャしてました♡

 

 

浅川峠

モリモリ下り、浅川峠になります!

浅川峠から棚頭集落へ至る破線ルートが気になっていたのですが、ようやく入口が分かりました。

踏み跡が薄いですが、シッカリとした道がありました。

今度、歩いてみたいですね~!

ほんと、マニアックルートが好きな誰かさんです(笑)

 

 

曽倉山

非常に地味な曽倉山の山頂(標高940m)でした!

そんな地味にな姿に胸がときめいてしまいました☆彡

やっぱり、コンサバ系が私は好きですね~(?)

セクシーなのはナイトハイクの時だけで十分です(???)

 

 

扇山二人の背中

 エンディングテーマを流したい感じの二人の背中でした。

 

 

秀麗富嶽十二景六番山頂である扇山(標高1,137.8m)

秀麗富嶽十二景六番山頂である扇山(標高1,137.8m)に到着でございます!

栄養ドリンクのCMが来そうな感じの爽やかさでした!

私も負けていられないです☆彡

 

 

扇山の山頂から見る富士山

秀麗富嶽十二景六番山頂である扇山の山頂から見る富士山は格別ですね!!

扇山か見る富士山がお気に入りな誰かさんでございます!!

 

 

扇山から下山

 扇山の山頂でマッタリしていた外人のカップルとイチャイチャしていたら時間があっと言う間に過ぎ去ってしまいました!!

そんな感じで扇山から素直に鳥沢駅へ下山したいと思います!

 

 

鳥沢駅と百蔵山への分岐

 扇山山頂から直ぐの所にある鳥沢駅と百蔵山への分岐になります。

百蔵山も久しく登ってないので、秋以降行きたいですね~~

 

 

富士山道志山塊

富士山周辺の雲もとれ、綺麗な姿を見せてくれました!

手前に見えている道志山塊も強烈なアップダウンの姿をしてますよね~

 

 

f:id:aohige0718:20180526112516j:plain

扇山からモリモリ下っていくと水場が見えてきます。

ここの水場は枯れないと思いますので、当てにしても大丈夫だと思います!

冷たくて美味しいお水です!

 

 

扇山登山口

更に下っていくと、扇山登山口になります。

登山口から扇山山頂まで2時間弱の道のりみたいです。

 

 

周辺の登山地図

扇山登山口にあった、周辺の登山地図になります!

この辺は、色々な登山道があるのでコース設定が便利ですよね!

 

 

舗装路富士山

扇山登山口から鳥沢駅までが長い舗装路あるきになるのですが、時々富士山が見えるので癒しになりますね~

 

 

JR鳥沢駅

 よ~~やくJR鳥沢駅でございます!

駅に着くと列車が直ぐに到着し、残念ながら乗れず・・・。

そして、次の電車に乗ると、今度は「人身事故」で足止めをくらい・・・。

引き返して百蔵山へ登れ!という、神の御意思かしら!?と、勘繰ってしまいました(笑)

 

まとめ

今回、初めてmさんと一緒に山登りをしましたが、日頃からトレーニングを積んでいる事もあって、体力もモリモリでとても健脚な方でした。

 

ブログの世界からリアルな交流を持てるのは、良い刺激にもなりますので、非常に有難いな~と思っております!

 

これに懲りずにまた何処かへご一緒させていただけたら幸いです!

 

また、権現山北尾根ルートも地味地味ながらとても静かで辺鄙な所が好きな私にとってはツボな感じでした。

 

暫く出没しないと思いますが、何かの機会に再訪したいな~と思った、権現山・扇山登山の時間になりました!