アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

棒ノ嶺・高水三山縦走登山!棒ノ折山・岩茸石山・高水山(後編)

棒ノ嶺山頂奥武蔵の景色

 

 

 

棒ノ嶺、高水三山縦走について

前回に引き続き、百尋ノ滝から棒ノ嶺・高水三山(岩茸石山・高水山)へ縦走した時の登山の続きでございます!

 

秋がだいぶ深まり街中でも紅葉した木々が増えてきましたよね~

 

今回出没した棒ノ嶺・高水三山は、まさに紅葉狩りするのに調度良いお山になります!

 

特に高水三山は、駅から直ぐのところに登山口がありますので、公共交通機関を使って簡単にアプローチする事が出来るので、とても便利なお山だと思います!

 

しかしながら、紅葉のシーズンになると、奥多摩山塊は登山者で溢れかえってしまうのがネックですよね~

 

紅葉を見に来たつもりが、立ち枯れた感じの登山者ばかりを目撃する時間になってしまいますしね(?)

 

久しぶりに奥多摩の方へテント泊で出没したいな~と思うものの、この時期はテント場も混みますので、壮絶な場所取り合戦になってしまいます。

 

紅葉の時期の奥多摩は、日帰り登山が調度良いのかも知れませんよね。

 

そんな感じで、棒ノ嶺・高水三山(岩茸石山・高水山)縦走登山へ移りたいと思います!

 

こんな1日になりました!

 

 

高水三山とは!?

 今回、百尋ノ滝、川苔山と絡めて登った「高水三山」は、岩茸石山(標高793m)を最高峰とした、高水山(標高759m)、惣岳山(標高756m)の三山の事を指します。

 

個人的には最高峰の岩茸石山の名前を取って「岩茸石山三山」が、本来あるべき姿だと思っております。

 

しかしながら、とても呼びづらいので、高水山から名前を取って「高水三山」にしたのは大成果だな~と感じております!

 

そんな高水三山ですが、標高も1,000m弱の低山になりますので、登山初心者の入門コースとして知られておりますが、実は地味にキツイ登山の時間帯になったりします。

 

標高が低いとはいえ、山であることには変わりませんし、高水三山は地味なアップダウンが続きますので、達成感もあったり致します。

 

夏の時期に高水三山を登るのはお勧めしませんが、秋の紅葉、春の新緑の季節は奥多摩らしい素敵な山の時間になります!

 

前編の百尋ノ滝・川苔山・蕎麦粒山登山の記事

www.aohigetozan.com

川苔橋バス停から入山して、百尋ノ滝・川苔山・蕎麦粒山50号鉄塔までの前編の記事になります。

 

百尋ノ滝が美しく、とても癒しの時間になりました!

 

奥多摩棒ノ嶺・高水三山の登山日程・天候・メンバー

登った日:10月06日(土) [日帰り]

天  候:曇り

メンバー:単独

 

日没が早くなったな~と感じた1日になりました。

棒ノ嶺から先は、登山者と殆ど会いませんでした。

 

 

棒ノ嶺・高水三山へのアクセス・駐車場について

 

棒ノ嶺・高水三山縦走の起点となるJR軍畑駅周辺の地図になります。

 

 JR軍畑駅18:18発の電車で帰路に着いたのですが、非常に混んでいてゲッソリしました。

 

紅葉のシーズンは、始発駅になるJR奥多摩駅から乗らないと、なかなか座れないかも知れません。

 

また、JR軍畑周辺に、無料駐車場はありません。

 

道も狭いので、路肩に停めれませんので、棒ノ嶺・高水三山縦走する場合は、電車で来たほうが良いかも知れません。

 

 

コースタイム(棒ノ嶺~岩茸石山~高水山~軍畑)

50号鉄塔 13:28 → 13:47 クロモ山 13:52 → 14:11 長尾丸山 → 14:31   槇ノ尾山 → 14:45 棒ノ嶺 14:51 → 14:57 権次入峠 → 15:22 雨沢山 → 16:01 名坂峠 → 16:07 岩茸石山 16:11 → 16:32 高水山 16:35 → 17:41 JR軍畑駅

 

コース・標高差(川苔山~棒ノ折山~岩茸石山~高水山)

コース・標高差(棒ノ嶺・高水三山)

 

棒ノ嶺・高水三山の登山ルート

後編で歩いた棒ノ嶺・高水三山の登山ルートになります!

棒ノ嶺までは、地味なアップダウンが連続するので、体力をジワジワと削り取られてしまいます。

全体的に危険なところはありませんが、所々細い尾根もあったりしますので、滑落に注意して下さい。

 

山行写真(棒ノ折山・高水三山(岩茸石山・高水山))

50号鉄塔から棒ノ嶺

 50号鉄塔から棒ノ嶺を目指したいと思います!

雰囲気のよい尾根道歩きが続きます!

 

 

山ナシ山

 棒ノ嶺の途中にある「山ナシ山」になります。

右から読んでも「山シナ山」、左から読んでも「山ナシ山」

あれ?想像していた通りにならんかったぞ???

 

 

クロモ山n

 更に可哀想な山頂プレイとが続き、今度は「クロモ山」になります。

 

 

道標

 棒ノ折山(棒ノ嶺)までは、要所要所に道標があるのですが、肝心の距離が分からないという使えない感じでした!

 この辺の山域は、Mな方が多いんでしょうね~

 

 

 モヤモヤ~な景色

棒ノ嶺い行く途中で、モヤモヤ~な景色を楽しませてくれます!

アッチの尾根はなんざんす?

 

 

槙尾山(標高945m)n

 モリモリ進むと槙尾山(標高945m)に到着しました!

仙岳尾根も未踏なので、何かの機会に歩きたいですね~

 

 

棒ノ嶺の標高が969m

 よ~~やく棒ノ嶺(棒ノ折山)に到着でございます!

棒ノ嶺の標高が969mになります!

 

 

山草のみち

 棒ノ嶺周辺のコースの事を「山草のみち」と呼ぶそうです。

今回、私が歩いたので「アオヒゲの道」になるかも知れませんね!

棒ノ嶺周辺は、スミレの種類が豊富で、春になると多くのお花が咲く名所になります。

 

 

棒ノ嶺山頂からの景色

 棒ノ嶺山頂からの景色になります!

三段腹のような重なりが、自分の事のように思えてしまい、若干、ブルーになってしまいました。

 

 

棒ノ嶺

 天気が悪いですが、それでも棒ノ嶺の山頂から景色が良いのが伝わりますかね!?

到着した時間が遅かったものの、まだ、棒ノ嶺には多くの登山者がマッタリしてました。

 

 

ゴンジリ峠

 さ~高水三山目指して棒ノ嶺から出発したいと思います。

地味な急坂を下るとゴンジリ峠となりました。

ここから名栗湖へ下れるのですが、このコースは道迷いからの遭難、滑落事故が多発しておりますので、要注意でございます。

登りで使う方がよいかと思います!

 

 

隊列

 高水三山を目指していくと、一糸乱れぬ隊列が待ち構えておりました。

 

 

階段

 黒山が近づくにつれて、こんな階段が出てきます。

時間が遅かったせいか、登山者が全然いませんでした。

 

 

黒山

 モリモリ高水三山方面に進むと、黒山になりました。

棒ノ嶺から高水三山の1角である岩茸石山まで、地味に遠いです・・・。

 

 

雨沢山

 こちらが雨沢山になります。

なんだか地味地味な感じの山が続きますが、そんな山が大好きな誰かさんでございます!

棒ノ嶺~高水三山のコースは「関東ふれあいの道」ですので、良く整備されております。

 

 

根っこ地帯

 時々こんな根っこ地帯もありますが、自然の神秘だと思って黙々と歩きたいものですよね!

 

 

岩茸石山が近い

 よ~やく高水三山の岩茸石山が近づいてきました!

棒ノ嶺から、地味にアップダウンが続き、体力を削り取っていきますね~

 

 

岩茸石山の山頂近くからの景色

高水三山、岩茸石山の山頂近くからの景色になります!

歩いてきた、棒ノ嶺への稜線になります!

低山とは思えない美しい稜線ですよね~

 

高水三山最高峰の岩茸石山(標高793m)

 高水三山最高峰の岩茸石山(標高793m)に到着でございます!

岩茸石山は、登山者に人気のある山ですが、到着した時は誰もいませんでした。

それにしても、岩茸石山って、なんだか美味しそうな名前ですよね!

秋の珍味のような名前に食欲がモリモリになってしまいます。

 

 

岩茸石山は好展望

 岩茸石山は、好展望なので、天気が良いと最高だと思います!

標高が低い分、この時期はまだまま早いかと思われます。

 

 

高水山(標高759m)

 目指す高水三山の1つ高水山(標高759m)になります!

惣岳山(標高756m)に寄ってから高水山へ登ると思ったのですが、日没まで時間もないので、今回は諦める事にしました。

 

 

岩茸石山~高水山の稜線

 岩茸石山~高水山の稜線も、そこそこ展望の良い箇所があったりします!

 

 

高水山山頂分岐

 折角なので、山頂を巻かずに高水山山頂に登りたいと思います!

 

 

祠

高水山の山頂を目指すと、なかなか立派な祠がありました。

ノックすると、何かが飛び出しそうな雰囲気がありました。

 

 

高水山の山頂

 そんな感じで、よ~~やく高水山の山頂に辿り付けました!!

棒ノ嶺から遠かった・・・。

高水山からの展望は、チョッと残念な感じでした。

 

 

高水山不動尊

 高水山の山頂から少し下ると「高水山不動尊」が鎮座しております!

歴史のあるお姿に圧倒されてしまいました。

この付近にトイレがあります。

それにしても、大きな刀ですよね~

 

 

道迷い

 何故か道迷いをしてしまい、何処に進めば良いのか分からなくなってしまいました(笑)

高水山は低山ですが、集中力が切れると道迷いしてしまうので注意して下さい!

また、高水三山は、クマが時々出没するので、そちらも要注意でございます!

 

 

JR軍畑

 暗くなってしまいましたが、無事にJR軍畑に戻ることができました!

も~少し早く軍畑の駅に到着できるだろうな~と思っていたのですが、想像以上に棒ノ嶺~高水三山までのアップダウンが強烈で時間が掛かってしまいました・・・。

 

まとめ

百尋ノ滝・川苔山までは天候もまずまずだったのですが、蕎麦粒山から棒ノ嶺・高水三山(岩茸石山・高水山)までは、残念な天候になってしまいました。

 

それでも、棒ノ嶺山頂からの景色がすばらしく、とても人気のある山である理由がよくわかりました!

 

今回は、棒ノ嶺から高水三山のうち2つしか縦走できませんでしたので、取りこぼした「山」をリベンジしたいな~と考えております!

 

また、上述しましたが、棒ノ嶺周辺は地味に遭難、滑落事故が多い山域になります。

 

特に名栗湖方面から登山をする場合、道がわかりにくい箇所がありますので、要注意でございます。

 

棒ノ嶺は、道間違いからの滑落事故が多いので、低山だからと言って油断ならない相手でございます。

 

どんな低山も山である事にはかわりませんので、気を引き締めて秋の登山を楽しみたいものですよね!

 

www.aohigetozan.com

季節が違いますが、奥多摩大周回した時の記事になります!

良かったらご参考にしてみてください!