アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山登山!米沢山・お坊山・大鹿山・景徳院・田野の湯

秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山から富士山

 

 

秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山登山について

久しぶりに秀麗富嶽十二景の1つである笹子雁ヶ腹摺山へ登山してきました!

 

笹子雁ヶ腹摺山は、名前が長くてややっこしいですが、「ささごがんがはらすりやま」と読みます。

 

笹子雁ヶ腹摺山の尾根通し上に、日本で一番名前の長い山である「牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま)」があるのですが、そのまた近くに「雁ヶ腹摺山」があったりと、酔っ払っているとまずハッキリ言えない山の名前が周辺に鎮座している感じです。

 

この3つの山に共通しているのが「秀麗富嶽十二景」に選ばれていることになるのですが、どのお山からも綺麗な富士山を見ることが出来るので、個人的に大好きなお山になっております。

 

将来、私に子供が生まれたら名前を「アオヒゲノ雁ヶ腹メタボ山」にでもしようかと考えているのですが、そんな油たっぷりの腹の上に乗ってユサユサしてくれる山ガールを見つけるのが最優先ですよね!!

 

自分の言動を反省し、将来を見つめなすのが最優先のような気がいたしますが、よ~やく仕事が少し落ち着いてきたこともあり、温泉を絡めてノンビリ登山を楽しもうと考えていると、最近テント泊に目覚めた山仲間から連絡がありました。

 

「アオヒゲさん(私)、今週末温泉絡めて登山しませんか?」

 

なんで私の考えていることが分かるんだろう?

 

と、驚いてしまいました。

 

もしかすると、人生の伴侶は、このオジサンなのかもしれない~と思いつつ、良く分からないノリで一緒に登山へ出かけることになりました。

 

前から秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山へ登山したかったみたいで、折角なので要望通りにした感じです。

 

当初、笹子雁ヶ腹摺山から米沢山・お坊山・大鹿山・大谷ヶ丸・米背負峠で「やまと天目温泉」に行くか、元気だったらハマイバ丸・大蔵高丸・湯ノ沢峠で下山する計画でした。

 

しかしながら、後述しますが、登山中にトラブルが発生し計画通りに行かず、中々しんどい1日になりました。

 

そんな感じで、前置きが長くなりましたが、秀麗富嶽十二景の美しい展望がある笹子雁ヶ腹摺山への登山の様子に移らせていただきます!

 

 

秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山景色(米沢山・お坊山・大鹿山)の動画

上記写真を押すと、今回歩いた笹子雁ヶ腹摺山~米沢山~お坊山~大鹿山~景徳院~丹田野の湯周辺の動画を観る事が出来ます!

 

動画の通り、積雪はありませんので、アイゼン等は必要ありません!

 

天気が良いと笹子雁ヶ腹摺山から富士山が綺麗に見えるのですが、も~春のような天気で霞んでました。

 

 

霧氷登山の日程・天候・メンバー・アクセス・服装について

登山日程:3月2日(土) [日帰り]

天  候:快晴も笹子雁ヶ腹摺山から大鹿山まで風が強く寒かった

メンバー:Sさんと私の2名

アクセス:<行き>JR笹子駅7:40着発 <帰り>JR甲斐大和駅 18:06発

登山の服装につきましては、まだまだ山の上は冬なので、下界プラス1枚の装いにしてください!

ライトダウンがあると便利だと思います!

 

コース・標高差(笹子雁ヶ腹摺山~米沢山~お坊山~大鹿山~景徳院~田野の湯)

コース・標高差(笹子雁ヶ腹摺山~米沢山~お坊山~大鹿山~景徳院~田野の湯)

今回歩いたJR笹子駅~笹子雁ヶ腹摺山~米沢山~お坊山~大鹿山~景徳院~田野の湯への登山ルートになります!

 

笹子雁ヶ腹摺山から大鹿山までの稜線は、地味なアップダウンの連続で、結構タフなルートになります。

 

難しくはないですが、岩場と痩せ尾根箇所もありますので、滑落に注意してください!

 

コースタイム(秀麗富嶽十二景登山笹子雁ヶ腹摺山)

笹子駅 7:46 → 8:14 新中橋バス停 → 9:40 笹子雁ヶ腹摺山 9:47 → 10:38 米沢山(ヤダイロ) 10:43 → 11:04 トクモリ(昼食) 11:55 → 12:04 お坊山 → 12:37 大鹿峠 12:40 → 13:00 大鹿山 13:04 → 13:09 大鹿山・景徳院分岐 13:10 → 14:24 景徳院入口バス停 → 14:30 田野の湯 16:20 → 18:04甲斐大和駅

 

凍結、積雪はないので歩きやすい状況でした。

 

米沢山の手前で相方が調子が悪くなり、以下のコースタイムはかなり遅くなっていると思われます。

 

 

秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山登山の写真

笹子雁ヶ腹摺山登山笹子駅

今日は、久しぶりに秀麗富嶽十二景の1つである笹子雁ヶ腹摺山へ登山したいと思います!

意外と登山者がモリモリ下車して大賑わいだった笹子駅になります。

 

 

笹子駅の時刻表

笹子駅の時刻表になります。

帰りは甲斐大和駅で電車に乗る予定なので、写真撮っていつでも見れるようにしてみました。

甲斐大和駅から笹子駅は、電車で6分の道のりになりますので、そのぶん差し引いて使用してください!

 

 

目指す笹子雁ヶ腹摺山方面

目指す笹子雁ヶ腹摺山方面になります!

秀麗富嶽十二景tおは思えない感じの景色ですよね(笑)

 

 

笹子雁ヶ腹摺山の登山口
笹子雁ヶ腹摺山の登山口アップ

旧道の笹子峠を目指していくと、笹子雁ヶ腹摺山の登山口が見えてきます。

さ~!笹子雁ヶ腹摺山登山のスタートでございます!

 

 

笹子雁ヶ腹摺山登山いきなり急登

笹子雁ヶ腹摺山登山は、いきなり急登となり、心の準備が出来ていないとガラスの♡がが砕けてしまいます!

モリモリ登ると鉄塔が出てきてます。

 

 

P1,188m

相変わらず急登き、よ~やくP1,188mに到着です!

笹子駅から見えていた山頂が、こちらのピークになります。

笹子雁ヶ腹摺山の偽ピークになるところですので、心が砕かれないよう注意してください!

 

 

笹子雁ヶ腹摺山反射板

笹子雁ヶ腹摺山へ登っていくと、反射板?が見えてきます!

 

 

笹子雁ヶ腹摺山は急登

それにしても笹子雁ヶ腹摺山は急登の連続でございます・・・。

秀麗富嶽十二景は、結構急なお山が多いですよね~

 

 

秀麗富嶽十二景の名前通り展望の良い富士山笹子雁ヶ腹摺山

よっ!富士山!!

秀麗富嶽十二景の名前通り展望の良い笹子雁ヶ腹摺山でございます!

 

 

秀麗富嶽十二景四番山頂笹子雁ヶ腹摺山

そんな感じで笹子雁ヶ腹摺山に到着でございます!

秀麗富嶽十二景四番山頂になります。

 

 

秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山山頂

秀麗富嶽十二景笹子雁ヶ腹摺山祭りのような山頂でした(笑)

前日は天気が悪かったのですが、雪ではなく雨だったんでしょうね~

 

 

笹子雁ヶ腹摺山の山頂から富士山

笹子雁ヶ腹摺山の山頂からの富士山なのですが、木々のモザイクがやや濃いですね~

先ほどの反射板?付近からの方が富士山を綺麗に見ることが出来ます!

 

 

白峰三山

少し霞んでいますが、南アルプスを代表する白峰三山も見えました。

残雪期に登りたいですね~

 

 

笹子雁ヶ腹摺山の山頂から米沢山

笹子雁ヶ腹摺山の山頂から米沢山を目指したいと思います!

 

 

目指す米沢山・お坊山・大鹿山

目指す米沢山・お坊山・大鹿山になります!

いや~分かってはいますが、笹子雁ヶ腹摺山の山頂から大鹿山までは、地味にきついアップダウンの連続になります。

 

 

米沢山の途中にある岩場

米沢山の途中にある岩場になります。

結構滑るので注意してください。

雪があると地味に嫌な場所になります。

 

 

米沢山三ツ峠山方面

霞んでますが、三ツ峠山方面がとても綺麗でした!

 

 

米沢山富士山

富士山もチラチラお姿を見せてくれます!

 

 

先ほどまでいた笹子雁ヶ腹摺山

先ほどまでいた笹子雁ヶ腹摺山になります!

だいぶ来ましたね~

 

 

相方の腰の調子が悪く

この辺から相方の腰の調子が悪くなり、一気にペースダウンになりました・・・。

大丈夫か???

 

 

米沢山の山頂

腰を引きずりながら?米沢山の山頂に到着でございます!

米沢山は、少し広い山頂ですので、休憩するにはうってつけの場所です!

 

 

米沢山からお坊山の稜線

米沢山からお坊山の稜線上は、大菩薩方面の展望が素晴らしく足が止まってしまいます。

アッチは雨ではなく雪が降ったみたいですね~!

いや~南大菩薩の方に行けば良かったと後悔してしまいました。

 

 

天ぷらとキツネうどん
登山ランチ

後悔しても腹は減るので、天ぷらとキツネうどんで貧乏ランチにしてみました!

地味に重いな~と思っていると、汁付きであったことを開封して知りました・・・。

お水をモリモリ持ってきた私の努力が無駄であったことが証明された瞬間でした☆彡

 

 

登山ランチブログ映え

ブログ映えするかな?と下心モリモリで持ってきたものの、全然絵になってませんよね(笑)

ま~150円の限界なのかも知れません!

 

 

お坊山登山道

お腹は満たされたものの、何故か心が晴れぬままお坊山へ進みたいと思います!

お坊さんが居るであろうお坊山で、牧師様に懺悔を聞いてもらいたいと思った岩場の前でございます。(?)

オジサン心は、意外と複雑なのです。

 

 

お坊山から三つ峠展望

何を撮ったんだっけ?この写真は?

と、思わず自分のパソコンに問いかけてしまいました(笑)

だいぶ前から忘れっぽいのですが、ここ数年は本当にひどいです。

ただ、貸したお金のことは決して忘れないシッカリ者なんです!!

 

 

甲府方面の展望

お坊山に近づくと、甲府方面の展望がモリモリになってきます!

夜景の時間になると、恋が芽生えるスポットになりそうですね~

 

 

お坊さんは居なかったお坊山の山頂

残念ながらお坊さんは居なかったお坊山の山頂でございます!

 

 

お坊山からの大菩薩方面

お坊山からの大菩薩方面の景色になります!

日本一長い山の名前である牛奥ノ雁ヶ腹摺山も真ん中やや右に見えてますね!

 

 

お坊山から大鹿山

お坊山から大鹿山までは、これでもか~!!てなくらい下っていきます。

 

 

お坊山から大鹿山登山

相方の腰痛が酷く歩くのが大変なのですが、何故か下りは歩くのが速いという不思議な現象が起きました。

きっと、お坊さんマジックなんでしょうね♡

 

 

景徳院~田野の湯で下山

いや、お坊さんショックで腰砕けになっている相方でした。

大丈夫かい?と聞くとダメです!と、胸を張って言ってきたので意気に感じ、予定を変えて景徳院~田野の湯で下山することにしました。

 

 

 

大鹿峠から地味に登り大鹿山

大鹿峠から地味に登り大鹿山に到着です!

展望が悪いものの、地味好きな私にとっては意気を感じるスポットでした!て、使い方を間違えてますよね(笑)

 

 

曲沢峠分岐
景徳院分岐n

相方の腰が砕けてしまっているので、曲沢峠には進まず、景徳院を目指したいと思います!

 

 

大鹿山から景徳院

大鹿山から景徳院までは、結構急は下り道になるのですが、時々こんなフラットな場所があったりします。

 

 

大鹿山から景徳院シカ

大鹿山から景徳院を目指して下っていくと、シカがいました。

「大鹿山」の名前の通り、シカが多く住んでいるのかもしれませんね。

それにしても、私に惚れている瞳をしてますよね~

動物にはモテるのですが、人間にはなぜかモテません。

生れてきた時代がいけないんだ!と、言い聞かせている毎日です(笑)

 

 

大鹿山・大谷ヶ丸への登山口
大鹿山・大谷ヶ丸への登山口看板

更に下っていくと、大鹿山・大谷ヶ丸への登山口になりました。

周辺に駐車場はないので、景徳院の無料駐車場を利用してください!

この直ぐ近くに武田家終焉の地、景徳院があります。

 

 

景徳院

こちらが景徳院になります!

立派な造りをしてますよね~!

歴史好きな私にとっては、色々な思いがこみ上げてくる時間となりました。

 

 

田野の湯

 景徳院から20分ほど歩き、本日のゴールである田野の湯に到着でございます!

料金が大人610円になりまして、とても良いお湯なのでお気に入りだったりします。 

 

まとめ

相方の腰痛アクシデントがあったものの、久しぶりに山を歩けて楽しい時間になりました!

 

正直、無事に下山できるかしら!?と、ドキドキするほど相方の腰の調子が悪く、早々に下山を決めて良かった感じでした。

 

登山にはアクシデントがつきものですが、そんなトラブルも良い経験だと思っております。

 

次は我が身かも知れませんしね!

 

そんな相方も、異動で3月末に神奈川県から去るそうです。

 

残り僅かですが、チョコチョコ一緒に登ることもなくなりますので、今の内に色々な山へ行けたら~と考えております。

 

www.aohigetozan.com

 大菩薩から今回歩いた笹子雁ヶ腹摺山・米沢山・お坊山・大鹿山の記事になります!

何かのご参考になれば幸いです!