アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

登山用カメラおすすめ!CANON、SONY、NIKON、オリンパス比較!軽量で綺麗なのはどれ!?

おすすめの登山用カメラ

 

 

 

登山用カメラのおすすめについて

ここのところ、登山中に撮った「写真」についてのお問い合わせが少なからずあるのですが、特に多いのが機材の方になりまして、

 

「おすすめの登山用カメラはどれですか?」

 

「どのようにして登山中に写真を撮っているのですか?」

 

「どんなカメラケースとストラップホルダーを使っているのですか?」

 

「アオヒゲさん(私)のことが大好きなのですが、どんなセーラー服でコスプレしたら良いですか?」

 

こんなご連絡をいただくことがあります!

 

特に最後の「どんなセーラー服でコスプレしたら良いですか?」は、私の性癖をよく理解しているな~と感心してしまいます♡

 

「見えるか見えないかの境がとても重要なんだよ!」と、お伝えしたいのですが、残念ながらそんなお問い合わせは、未だかつて一度もきておりません。

 

何故来ないのでしょうかね?

 

知らんがな!!

 

日本各地でこの言葉が一斉に響き渡ったことでしょうね(笑)

 

自己紹介のところにも記載してますが、私はカメラの趣味がありまして、勤め先の「写真部」にも所属しております。

 

中々カメラの腕前が上達しないのがアレですが、それでも好きなものを好きなタイミングで切り取る事ができる写真の奥深さにウットリしている感じです。

 

カメラや写真につきましては、私以上に知見を有している方がゴロゴロいますので、細かな話はしませんが、今日は上記の質問の回答を絡めながら「登山用のカメラ」について掘り下げたいと思います!

 

本編は、登山用カメラのおすすめについて記載し、次回はカメラケースとストラップホルダーについて掘り下げたいと思います!

 

www.aohigetozan.com

カメラ・写真と言えば、先日でもないのですが、自分の撮った山の写真が評価され、観光用パンフレットに採用された時の記事になります!

 

何気なく撮った写真でも、関係者の目に留まるとまた違った流れになりますしね!

 

しかしながら、スマホ全盛の世の中ですので、わざわざカメラを購入する方は、少数派になってきたかな~と思っているのですが、それでも底堅いニーズが有るのも事実ですよね!

 

今まで登山用に使っていたカメラがついにダメになり更新しましたので、そちらも併せながらおすすめ商品ついて書いてみたいと思います!

 

 

登山用おすすめカメラ!CANONデジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

>登山用おすすめカメラCANONデジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

 

こちらが5年ぶりくらいに買い換えた、CANONデジタルカメラPowershot G7 X MarkⅡになります!

 

名前が長くて覚えきれませんよね(笑)

 

、CANONデジタルカメラPowershot G7 X MarkⅡ一式

 

色々なカメラメーカと悩んだ挙句、PowerShot G7 X MarkⅡにしたのですが、アウトドア・登山用に限らず、旅行や室内などでの撮影に強いデジタルカメラになっております!

 

登山で使うカメラですので、とても気になるのが重量ですよね!

 

パワーショットG7 X MARKⅡの重さは、319gになっておりまして、サイズにつきましては、 横幅約10.5cm、高さ約6.1cm、厚さ約4.2cmになります。

 

大きさにつきましては、一般的なスマホと同じくらいかな~と思われますが、厚さが少しありますので、収納に難がある感じです。

 

カメラ自体は、ポケットに入るサイズにはなりますが、日頃からスマホで写真撮影をしている方にとっては、少し邪魔な大きさになるかと思います。

 

登山用におすすめできるカメラの中から、何故、こちらの機種を選んだのか!?について書いてみたいと思います!

 

 

カメラのF値とは!?登山のR値について

今回、上記のカメラを登山用に購入する決め手になったのが「F値」になります。

 

登山の場合、「R値」という単位を聞いた事がある方がいるかも知れませんが、それと同じくらいカメラの世界においては「F値」が重要になります。

 

R値につきましては、寝袋マットで使われる単位ですが、簡単に書くと断熱力の強さ(暖かさ)になります。

 

F値につきましては、カメラの撮影でとても重要なレンズの明るさを表す数値になっております。

 

R指定は、年齢制限になりますが、当ブログの場合、子供でも問題なく閲覧することができる、「人生の教育サイト」を目指しております!

 

嘘をつくんじゃない!

 

と、色々なところから聞こえてきますが、R値につきましては、数字が高いほど断熱性能が良く、暖かい指標になります。

 

カメラのF値につきましては逆になってまして、数値が低いほど明るく撮れるレンズになります。

 

CANONデジタルカメラPowershot G7 X MarkⅡは、F値の数字が1.8とかなり低く、明るく撮れる高性能レンズを搭載しております。

 

また、マクロ(接写)も綺麗に撮れるレンズですので、小さな花の写真を撮るときに重宝いたします!

 

色々なカメラが発売されてますが、一般的にはF2.0~F3.0のスペックのものが多く、2.0より低いものはあまり見かけません。(金額が高くなります)

 

何故、明るく撮れる必要があるのかと申しますと、光の少ない暗い中でも手振れせずに撮影することができるからです。

 

登山の場合、樹林帯や曇り空での撮影も多いですし、夜明け、夕焼けなどの光が少ない時間帯での使用が少なくないですよね!?

 

暗い中で撮影すれば、どうしても手振れが起きてしまいますし、それを防ぐためには三脚が必要になってしまいます。

 

三脚も荷物になりますので、使わなくても手振れを防げる明るいレンズのデジタルカメラを使った方が、登山の写真撮影に向いていると思われます!

 

登山におすすめ!SONY デジタルカメラ DSC-RX100と比較

 

CANONデジタルカメラPowershot G7 X MarkⅡを買う前に迷ったデジタルカメラが、こちらのSONY デジタルカメラ DSC-RX100になります!

 

SONYのデジタルカメラも性能が良く、愛好者が多いですよね!

 

Powershot G7 X MarkⅡと比較してみますと、上述したF値につきましては同等になってまして、F1.8のレンズを搭載しております。

 

センサーサイズも1型ですので、そちらにつきましても、CANONと同等の性能を有しているデジタルカメラになります。

 

登山で使うカメラですので、重さが気になりますが、SONY デジタルカメラ DSC-RX100の重さは240gになってまして、画素数は2020万画素になっております。

 

画素数、F値につきましては同等ですが、やはり重さが240gと、Powershot G7 X MarkⅡと比較して79g軽いのが魅力的だな~と感じました。

 

また、店員さんの話ですと、電池の持ちが他のカメラよりも素晴らしく、途中で充電ができないテント泊の時に助かるな~思ってしまいました。

 

何枚か試し撮りをしたのですが、とてもシャープに写り彩りもよく、F値が低いレンズらしく、明るく鮮やかに撮れるデジタルカメラでした。

 

もしかすると、写りに関してはSONY デジタルカメラ DSC-RX100の方が上ではないかな?と思ってしまうほど綺麗に撮れるデジタルカメラでございます!

 

サイズもコンパクトですし、CANONデジタルカメラPowershot G7 XMarkⅡと値段を比較しても結構安く、コスパの良さにも惹かれてしまい、迷いに迷ってしまいました。

 

結局、今までCANONのカメラを使ってきた実績もありますので、購入には至らなかったのですが、SONYのデジタルカメラも登山におすすめ出来る商品でございます!

 

アウトドア・登山に最適な防水・防塵対応カメラについて

上記2つのデジタルカメラは、普段の生活やチョッとした屋外での撮影に重きをおいてますので、防水性、防塵性能が高くありません。

 

アウトドア・登山のような過酷な状況下での使用は考慮されてませんので、ガシガシ使うと故障や不調の原因になってしまいます。

 

外でカメラを使えば内部に塵が入って来ますので、ヤンチャな場所での使用は躊躇してしまいますよね。

 

私は、アウトドア・登山の時も気にせず普通のデジタルカメラを使ってしまうのですが、急な雨や厳冬期は細心の注意を払いながら使用しております。

 

特に寒い時期に使う場合は、カメラ内のセンサーが壊れてしまう可能性があったりします。

 

過去の話になるのですが、厳冬期の登山中に、カメラのレンズをズームにした常態でセンサーが壊れてしまい、元に戻らなくなったことががありました。

 

結局、修理に出したのですが、新品が買える値段の見積りとなり、さようなら~をしたことがあります。

 

そんな雨や寒さ、塵などに強いアウトドア・登山に最適なカメラが発売されているのですが、下記3つが目に留まり、こちらも迷ってしまったモデルになります。

 

過酷な環境でもタフに撮影してくれる登山用のカメラになりますので、取り上げてみたいと思います!

 

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5の詳細と比較

 

オリンパスから発売されているTough TG-5というデジタルカメラなるのですが、画素数こそ1200万画素と低いですが、防水性能が15m、対低温が-10度とアウトドアでの撮影に最適なモデルになっております。

 

カメラの中にGPSや電子コンパスも機能に含まれていて、WI-FIも内蔵されております。

 

寒い時期になりますと、「結露」が1つの悩みになりますが、こちらのTough TG-5は、耐結露の性能もプラスされていますので、非常に堅牢なデジタルカメラになります。

 

気になるカメラ本体の重量につきましても、250gと軽量で、F値につきましては、 F2.0と明るいレンズが使われております。

 

また、耐衝撃性能も高さ2.1mから落としても大丈夫なモデルになりますので、登山やアウトドアでの撮影も安心ですよね!

 

雨や寒さに怯えなくても大丈夫なカメラになりますので、写りよりも頑丈さに重きをおく方には、OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5はおすすめモデルになります!

 

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300と比較!

 

こちらはNIKONから発売されている防水、防塵に強いデジタルカメラであるCOOLPIX W300になります!

 

有効画素数が、1605万画素とオリンパスの Tough TG-5 よりも上になりますが、F値につきましてはF2.8と少し暗いレンズを搭載しております。

 

カメラ本体の重量につきましても、490gになりまして、今回ご紹介した中では一番重いモデルになっております。

 

しかしながら、光学手振れ補正も搭載されてますし、GPS機能、気圧計、高度計・水深計、4K UHD動画も内蔵されていますので、中々高スペックなデジタルカメラになっております。

 

防水性能は水深30mまで可能ですので、OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5と比較しますと、更に15mほど深く潜った箇所での撮影が可能となっております。

 

耐衝撃性能が2.4mまで大丈夫ですし、手元を照らせるLEDライトまで内蔵してますので、登山、アウトドアやスキューバダイビングとかにも使えるモデルになっております!

 

水深30mまで大丈夫ですので、登山中の大雨も問題ありませんし、耐低温も-10度になってますので、雪山登山にもある程度対応できるタフなモデルになっております。

 

Canon デジタルカメラ Power Shot D30!軽量カメラの詳細と比較

 

キヤノンからもアウトドア・登山用に使える防水、防塵に強いデジタルカメラが発売されておりまして、そちらがCanon デジタルカメラ Power Shot D30になります。

 

カメラのスペックにつきましては、有効画素数が1210万画素で、光学5倍ズーム内蔵になります。

 

防水性は25m、耐低温-10度、耐衝撃は2m、本体重量が194gと軽量になってまして、上記2つと同じ位の性能になります。

 

しかしながらF値につきましては、F3.9になってまして、オリンパス、NIKONのカメラと比較すると、だいぶ暗いレンズになっております。

 

Canon デジタルカメラ Power Shot D30の特筆する点としましては、撮った写真の位置を地図上で分かるようになってまして、これは登山では有り難い機能かな~と思いました。

 

登山中は、長い時間歩きますので、家に帰ってから写真を見てみると「この写真、何処で撮ったっけ?」てなことが結構有ったり致します。

 

撮影時間等である程度の場所は分かりますが、それでも地図上に表示できる機能があるのは便利ですよね!

 

Canonのカメラを愛用している私にとっては、D30はとても惹かれるデジタルカメラになるのですが、やはりF値が少し悪いのが・・・となり、今回も選ばなかった感じです。

 

しかしながら、防水、防塵でとても頑丈なデジタルカメラですので、登山、アウトドアに最適なモデルになっております!

 

こちらの3つは、登山・アウトドアに最適なデジタルカメラになりますので、ある程度乱暴に扱っても壊れることはなさそうです!

 

登山中は、カメラを岩にぶつけたり、地面に落としたりすることが多いですが、耐久性が強いと心強いですよね!

 

まとめ

数年前からアウトドアに使えるデジタルカメラは売られていたのですが、性能がイマイチで、あまり綺麗な写真が撮れないモデルが多かったです。

 

しかしながら、近年は性能の向上が素晴らしく、非常に鮮やかな写真を撮れるようになってきましたので、画質にこだわる登山・アウトドア愛好家の方にも満足できるスペックに近づいていると思います。

 

そ~は言っても、CANONデジタルカメラPowershot G7 X MarkⅡや、SONYデジタルカメラ DSC-RX100と比較すると、少し物足りない写真であるのは否めません。

 

画質・性能にこだわるか、それとも耐久性に重きをおくかによって、登山やアウトドアで使うカメラも変わってきますよね。

 

個人的には、デジタルカメラは消耗品だと思ってますので、4、5年くらい使えれば良いと考えてます。

 

この5年間で性能も飛躍的に伸びるはずですので、耐久性のあるカメラを大事に使っても・・・という思いもあり、今回はCANONデジタルカメラPowershot G7 X MarkⅡを選んだ感じです。

 

 

Powershot G7 X MarkⅡで撮った写真

こちらが扱いに慣れてないPowershot G7 X MarkⅡで撮った写真になるのですが、次回の登山から本格的に使いますので、写真の画質の違いを感じてもらえたら幸いです。

 

登山ブログですので、写真にこだわらないと、他の素晴らしい登山サイトに勝てませんからね!

 

え?それは写真だけの問題ではない!?

 

色々と当ブログも問題が山積みなのですが、次回は愛用しているカメラケース、ストラップホルダーなどについて書いてみたいと思います!

 

www.aohigetozan.com

登山におすすめなカメラケースとストラップホルダーについて書いてみました!

とても便利だと思いますので、何かのご参考になれば幸いです!