アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

登山用カメラケース、ストラップホルダーで落下防止!カバンは必要!?

 登山用カメラケース

 

 

登山に使えるカメラケースとストラップホルダーについて

前回は「登山用のおすすめカメラ」について書きましたが、今回は登山に使えるカメラケースとストラップホルダーについて書いてみたいと思います!

 

また、カメラ用のカバンは必要か!?について触れたいと思います!

 

室内や街中での写真撮影でしたら、それほど過酷な環境での使用にはなりませんが、登山・アウトドア中になりますと、だいぶ状況が変わってしまいますよね。

 

カメラやレンズはとても高価なアイテムになりますので、出来たら無傷で使いたいと考えている登山愛好家も多いと思います!

 

チョットした投資で大事なカメラを守ることが出来ますので、登山中のカメラの扱いで四苦八苦している方の参考になれば幸いです。

 

私自身、登山中の写真撮影には苦労してまして、何個かカメラを山の中で壊した経験があります。

 

登山中にカメラを落として壊した時のショックときたら、口の周りのアオヒゲよりも濃いブルーな姿になったのが今でも鮮明に覚えております。

 

同じ轍を踏まない為にも色々と登山用のカメラケースやストラップホルダーを試した結果、こんな感じに落ち着きました!

 

まずは最低限必要なカメラを守るアイテムから進めたいと思います!

 

www.aohigetozan.com

最近登山用のカメラを更新しまして、その時に迷ったデジタルカメラについて書いた記事になります!

登山・アウトドアで使える防水・防塵で堅牢なカメラのモデルについても書いてますので、良かったら参考にしてみてください!

 

 

カメラ液晶プロテクターでカメラを登山のリスクから保護!

 

 カメラを守るために投資して欲しいのがこちらの液晶保護フィルムになります。

 

大抵のカメラには、液晶サイズに合致する保護フィルムが発売されております!

 

最近のデジタルカメラは、撮った写真をスマホに転送できますので、カメラの液晶がなくても大丈夫な部分もありますが、保護フィルムは付けた方が良いと思います。

 

私はケチって液晶保護フィルムを付けていなかったのですが、小石の上にカメラを落としてしまい液晶が割れた経験があります。

 

 

デジタルカメラ液晶保護フィルム

 今回もカメラの購入と一緒に液晶保護フィルムを購入いたしました。

 

カメラの液晶保護フィルムは、100均でも売ってますが、出来たら専用の物を購入した方が良いかと思います。

 

100均でも十分のような気もしますが、耐久性はやっぱりい弱いと思います。

 

チョットした衝撃でフィルムに傷が出来てしまいますので、投資と思い専用の物をおすすめします!

 

 

液晶保護フィルムを貼った直後

 

何だかよく分かりませんが、液晶保護フィルムを貼った直後の写真です。

 

これで私の指技にも耐えられるようになりましたね♡

 

「執拗に繰り返し攻める」を信条にしてますので、きっと私から離れられない関係になる事でしょう(?)

 

登山用カメラケースのおすすめと落下防止ついて

雨の日をメインに使っている登山用カメラケース

 

こちらが現在雨の日をメインに使っている登山用カメラケースになります!

 

なんだかカメラケースに見えませんが、結構良い仕事をしてくれていて、中々の防御力を誇っております!

 

なにやら真ん中がモッコリしてますが、こちらの中にツールナイフを忍ばせております。

 

カメラケースの中にツールナイフを入れることが出来るので、直ぐに刃物とハサミを使えて重宝しているのですが、1つ気になるのが銃刀法になります。

 

ツールナイフは、刃渡りが短いので、銃刀法違反にはなりませんが、軽犯罪法違反に該当しますので、職務質問に遭ってしまうと最悪捕まってしまうかも知れません。

 

www.aohigetozan.com

登山・アウトドアで刃物は必須アイテムになりますが、銃刀法と軽犯罪法について正しく理解しておかないと裁判沙汰になってしまいます。

刑罰や刃渡りにいて法令に沿って書いてますので、良かったら参考にしてみてください! 

 

クツワチョークバックで登山用カメラの落下防止について

クツワチョークバックカメラケース

 

だいぶ痛みが激しいので、最近は「クツワチョークバック」というカメラケースを登山の時に使うことが増えました!

 

気になる重量も140gと軽く、機能性も抜群で、カメラの収納も非常に楽で重宝しております!

 

 

クツワチョークバック紐を締めると入口が締まります

ロッククライミングのチョーク入れとほぼ同じ構造なのですが、紐を締めると入口が締まりますので、カメラの落下防止になります!

 

ガバガバよりも締まりが良い方が癖になりますよね!(?)

 

 

落下防止用のチェーン

落下防止用のチェーン?黒電話の受話器の配線?も内蔵されていて、縛るよりは縛られたい方にグッ!とくる高機能なカメラケースになっております!

 

スケスケメッシュな所も収納になってまして、チラチラ見せたい方にはグッとくる感じになっております。

 

私はこのスケスケな所にコンパスを入れたり、チョコレートを忍ばせておいて、山ガールとの突然の出会いの時にも対応できるよう餌付けのえさを準備している感じです。

 

 

クツワチョークバック仕事の時にも便利

登山用カメラにも使っているのですが、仕事の時にもクツワチョークバックは便利だと思い、工場に行く時にも愛用しております。

 

 

クツワチョークバック防水性能がある生地

クツワチョークバックは、カメラを入れる上部に蓋がないのがアレですが、紐を締めればある程度密閉され、そこそこ防水性能がある生地が使われていますので、小雨程度なら問題ないかな~と思っております!

 

この中にキビ団子を忍ばせておけば、ピンチの時にサル、雉、犬がきっと味方になってくれますよね☆彡

 

 

クツワチョークバックベルトに通す

クツワチョークバックは、ベルトに通すことが出来ますので、なんだか大工さんの気分に浸れる登山用カメラケースになります!

 

やっぱり、カメラ入れるよりもキビ団子がおすすめな感じですね!

 

 

カメラの出し入れも楽カメラケース

こんな感じにカメラの出し入れも楽なので、どんな場面にも対応できて便利だな~と感じております!

 

勿論、大きさにもよりますが、スマホもスッポリ収納可能になります!

 

登山中は、鳥や動物との出会いもありますので、直ぐにカメラを取り出せれば一瞬を逃さず撮れますからね!

 

まさに盗撮冥利に尽きる感じのカメラケースになるかな~と思います!

 

 

カメラケースとザックの取り付け(括り付け)について

カメラケースとザックの取り付け

カメラをどこに保管しているのか?てなご質問を頂くことがあるのですが、私はザックのショルダベルトに括り付けております!

 

カラビナでザックに固定すれば、カメラケースが落ちることはそうそうありません!

 

 

チェストベルトにカメラケースを通せばさらに完璧

それでも心配なら、チェストベルトにカメラケースを通せばさらに完璧でございます!

 

 

カメラケースが落ちる防御力

 何だか分からい感じに絡まっておりますが、とりあえず防御力は高めな姿になりましたよね!

 

ただ、私はチェストベルトをあまり使いません。

 

エラが張っているので(?)呼吸がしにくくなるのと、ど~も私の弱い所というか「やる気スイッチ」にベルトが当たり、ムラムラしてしまい登山に集中できませぬ。

 

どうせなら、山ガールに虐めてもらいたいので、チェストベルトで楽しむプレイは、しばらく自粛したいな~と考えております。

 

何か間違ってますかね!?

 

え?あなたの存在が間違っている!?

 

うん??そのムラムラする気持ち地味に良く分かるよ!?

 

おっ!アオヒゲさん(私)にコリコリして欲しい!?

 

登山愛好家の中でもマメを弄らせたら1、2位を争う「豆まきオジサン」と自称してますので、そんなチェストな時間を送りたい方がいらっしゃいまっしたら奮って応募ください!

 

なんだかいつもの感じになってきましたが、これだけですとありきたりな登山用カメラの落下防止の話になりますので、さらに登山で愛用しているストラップホルダーについて書いてみたいと思います!

 

エツミクイックループで(ストラップホルダー)でカメラの落下防止!登山用かばんは必要!?

f:id:aohige0718:20190319153636j:plain

 

こちらのエツミクイックループというカメラ用ストラップホルダーを登山中に愛用しているのですが、こちらを使うようになってから、カメラの落下がほぼなくなりました。

 

 

エツミクイックループ

 こちらはストラップホルダーの使い方になるのですが、ミラーレスカメラやコンパクトデジタルカメラの持ち運びに最適なストラップになります!

 

勿論、一眼レフカメラにも対応しているストラップホルダーになります!

 

こちらの特徴は、ストラップの全長が100~150cmと非常に長い点になります!

 

カメラ用のストラップは、いいとこ30cm前後の物が多いですが、エツミクイックループは、写真の通り「たすき掛け」できる長さになりますので、登山中の写真撮影がとても安心になります!

 

 

エツミクイックループ特徴三脚ねじに直接セットできる点

更にエツミクイックループの特徴は、三脚ねじに直接セットできる点になります!

 

 

カメラの三脚ねじにストラップを固定

こんな感じにカメラの三脚ねじにストラップを固定できますので、更に落下防止になります!

 

三脚ねじに固定すると、滑るようにカメラを移動させることが出来ますので、写真撮影がしやすくなります!

 

 

三脚ねじは、規格が統一

 三脚ねじは、規格が統一されてますので、どのメーカーのカメラでも装着が可能になります!

 

ストラップをたすき掛けにし、三脚ねじで固定してカメラケースに入れれば、防御力が高まり、写真撮影中にカメラを落としても地面に叩きつけられるようなことはありません!

 

液晶保護フィルム・カメラケース・エツミクイックループの3点装備にしてからは、登山中にカメラを気にせず使えるようになりました!

 

当初、登山用にカメラを入れるカバンを買おうかと思ったのですが、この3点装備をしてからは不要かな~と思い、今現在購入はしておりません。

 

ショルダーベルトに括り付けていると、岩や木にぶつけるリスクはありますが、今までの登山で致命傷になったことはない感じです。

 

キレ落ちた個所や、痩せ尾根でカメラを落とすと「紛失」してしまいますので、エツミクイックループを装着していると、色々な登山のリスクからカメラを守ることが出来ると思います!

 

個人的には、クツワチョークバック・エツミクイックループは、登山用のカメラケース、ストラップホルダーのおすすめになります!

 

まとめ

登山中にカメラを落として壊してしまったり、谷に落として紛失してしまうと、折角の思い出が水の泡になってしまいますよね。

 

写真の撮影中以外にも、梯子の上り下り中や、鎖場などでアクロバティックな体位になると、カメラを落としてしまうリスクがあったりします。

 

落としたところに誰もいなければ良いですが、そこに登山者がいれば、怪我を負わせてしまうリスクもあったりします。

 

カメラが頭に当たり、その拍子に滑落事故になってしまったら、訴えられてしまう可能性もないとはいえません。

 

登山をしている周りの方の為にも、登山中のカメラの保管には気を留めていただけたらなと思います!