アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山・キャンプブログです。

ふもとっぱらキャンプ場のシャワー・風呂・レストラン・売店・薪の販売詳細!

この記事をシェアする

ふもとっぱらキャンプ場からの富士山

 

 

 

 

ふもとっぱらキャンプ場について

今年になって頻繁に利用しているキャンプ場が、富士山の眺望が素晴らしいふもっとっぱらキャンプ場になります!

 

全面フリーサイトのキャンプ場になるのですが、現在は新型コロナ対策として、事前予約制になってまして、前日入場制限がされております。

 

今般のキャンプブームにより、どこのキャンプ場も非常に混雑しておりますが、ふもっとっぱらキャンプ場ならば、予約さえ取れれば、比較的ゆったりとした空間を確保できるので、それなりに静かな環境でキャンプを楽しむことが出来たりします。

 

しかしながら、ふもっとっぱらキャンプ場は、全面フリーサイトでソロキャンプから大人数でのキャンプも出来るので、週末の予約を取るのが至難の業になるのがネックだったりします。

 

そんなふもっとっぱらキャンプ場になりますが、歩いて行ける範囲に温泉施設がないのがもう1つのネック事項になります。

 

比較的標高の高く涼しいです所(標高830m付近にあります)にふもっとっぱらキャンプ場があるのですが、それでも設営やキャンプ料理の調理をしていると汗をかきますし、一日の汚れを流して床につきたくなるのが人情ってものですよね!

 

今回は、気になるふもっとっぱらキャンプ場のシャワーやお風呂と併せまして、レストランや売店、薪などの販売について掘り下げてみたいと思います!

 

まずはふもっとっぱらキャンプ場で撮影した動画がこちらになります!

 

上記写真を押すと、短いキャンプ動画(YouTube)を観ることが出来ます!

ふもっとっぱらキャンプ場からの景色や設備などが少しでも伝われば幸いです!

 

ふもっとっぱらキャンプ場のシャワーの詳細(混雑・利用時間・設備)

ふもっとっぱらキャンプ場のシャワー室

こちらがふもっとっぱらキャンプ場のシャワー室(浴場)になります!

 

キャンプ場でよく見かけるボックス型の仮設シャワーではなく、浴場に備え付けられているシャワーを使用する形になっております。

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場のシャワー室利用できる時間

シャワーが利用できる時間は、15:00~20:00までになっております。

 

ふもとっぱらキャンプ場は、17:00以降の車の移動が禁止になっているので、お風呂や温泉に入りに外出を考えているならば注意が必要です。

 

シャワーのみしか使用できませんので、湯船い浸かりたい方は、17:00までに戻ってくる必要があります。

 

 

ふもとっぱらキャンプ場のシャワー・風呂男湯

そしてこちらが男湯になります。

 

シャワーの方も人数制限がされておりまして、1度に最大14名までの利用となっております。

 

人数制限があるので、時間帯によっては非常に混雑いたします。

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場のシャワー(風呂)の混雑具合

こちらがふもっとっぱらキャンプ場のシャワー(風呂)の混雑具合になるのですが、写真の通りかなり混みあっておりました。

 

女性のシャワーの方も同様に混雑してまして、写真中央の「男湯」の暖簾の右手奥に入口があります。

 

私は土曜日の16:20頃、シャワーの利用で出没したのですが、既に7人待ちの状態でした。

 

結局、17:00頃まで待つ羽目になりまして、シャワーから出ると20人近くの待ち状態でした。

 

夕方は混雑すると思いますので、様子を見ながらの利用が良いかもしれません。

 

 

シャワー室の靴置き場

シャワー室に入ると、こんな感じに靴置き場が整備されてますので、空いている所に靴を置きます。

 

鍵付きの下駄箱ではありませんので、高級な靴やサンダルは盗難に注意が必要かもしれませんね。

 

私の靴は、「高級納豆臭仕様」になっているので、盗難の恐れがなく、何時も安心してシャワーを利用しております(笑)

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場のシャワー風呂の衛生管理水質検査証明書

ふもっとっぱらキャンプ場のシャワーは、衛生管理も万全でして、定期的に水質検査がされておりました!

 

温泉ではないのが残念ですが、安心・安全にシャワーを利用できると思います!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場のシャワー(風呂)の脱衣室

そしてこちらがふもっとっぱらキャンプ場のシャワー(風呂)の脱衣室の様子なります!

 

鍵付きのロッカーではないので、貴重品の扱いに要注意です!

 

過去に盗難騒ぎがあったみたいです。

 

 

風呂の設備ドライヤー

風呂の設備の方もシッカリしてまして、ドライヤーも用意されておりました!

 

しかしながら、ドライヤーが1つしかないので、混雑していると髪を乾かすのに苦労すると思います。

 

浴室につきましては、大人が最大8人前後入れる湯舟があります。

 

上述してます通り、現在入浴は出来ませんので、あくまでもシャワーのみの利用となっております。

 

シャンプー、ボディソープは備え付けられておりますので、持参する必要はありません!

 

ふもっとっぱらキャンプ場の売店・レストランのメニュー・料金・営業時間の詳細

ふもっとっぱらキャンプ場の売店・レストラン

こちらは、ふもっとっぱらキャンプ場内にありますレストランになります!

 

ふもっとっぱらキャンプ場は、本当に設備が充実しておりますよね!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場の売店・レストランメニューと料金

こちらがレストランのメニューと料金になります!

 

特におすすめなのが「あさぎり牛乳ソフト(料金450円)」になりまして、ふもっとっぱらキャンプ場に来たならば、是非食べて欲しい1品になります!!

 

また、生ビールが600円で呑めますので、お風呂の後に一杯やるのも良いですよね♡

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場レストラン内装

お洒落な内装ですよね~

 

ここだけ切り取るとキャンプ場にあるレストランには見えませんよね!

 

換気もシッカリしてますと、店員さんも良い感じなので、キャンプと併せてレストランの利用もアリかと思います!

 

ふもっとっぱらキャンプ場のレストランの営業時間は、フードメニューが10:00~15:00、ドリンクの方は16:00までの営業になります!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場売店

レストランに続きまして、こちらはキャンプ場内にあります売店になります!

 

売店の営業時間は、9:00~17:00までになってまして、食材や調味料、お酒や薪などを購入することが出来ます!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場売店の薪売り場

薪につきましては、売店の営業が終了後も購入することが出来ます!

 

1袋500円で薪を購入することが出来るので、少し量が少ないのがネックかも知れません。

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場の薪の値段広葉樹

売店の中で売られている薪になるのですが、火持ちが良い広葉樹が売られてります。

 

1束800円になりますが、500円の薪を選ぶよりも良いかと思います!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場の薪の値段針葉樹

薪の販売につきましては、ふもっとっぱらキャンプ場の受付の横でも購入することが出来ます!

 

針葉樹の薪になるので火持ちが悪いですが、広葉樹の薪と絡めながらの仕様なら良いかもしれません。

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場の灰捨て場

ふもっとっぱらキャンプ場の灰捨て場になるのですが、無料で捨てられますので、ガンガン焚き火を楽しんじゃってください!!

 

ふもっとっぱらキャンプ場でキャンプの様子!

ふもっとっぱらキャンプ場でキャンプの様子

それではふもっとっぱらキャンプ場でキャンプを楽しみたいと思います!

 

目の前に富士山がドーーーンと鎮座してまして、テンションが上がってきますよね!!

 

 

ふもとっぱらキャンプ場マナー・ルール

ふもとっぱらキャンプ場のマナー・ルールがこちらになります!

 

チェックアウトは14:00までになってまして、チェックインは8:30からになります。

 

 

ふもとっぱらキャンプ場でテント、タープの設営

雨が降ったりやんだりの中、よ~やくテント、タープの設営が終わりました!

 

まだまだテントの設営に慣れていないのですが、それでも30分くらいで出来るようになりました!

 

 

スタンレークーラーボックス

そんな感じで買い込んだ食材を使ってキャンプ飯を作りたいと思います!

 

先日購入したスタンレークーラーボックスが良い仕事をしてくれております!

 

 

買い込んだ食材でキャンプ飯調理開始

こちらが今回購入した食材になります!

毎度のことながら、ソロキャンプとは思えない量を買ってしまい、結局食べきれませんでした(笑)

 

 

キャンプ場で乾杯

何はともあれ乾杯~♪ですよね!!

 

 

薪と焚き火台

今日は大物の薪を燃やしたいと思います!!

 

このバズーカ砲の様な薪は、4時間ほど燃えてくれました!

 

 

ステーキ肉

私は「父」ではなく「変なおじさん」の分類になるのですが、美味しそうなのでステーキ肉を購入してみました!

 

 

キャンプ場で肉料理

キャンプ料理と言ったら、やっぱり肉料理ですよね!

 

スキレット(鉄のフライパン)で焼くお肉が旨いんですよね~♡

 

 

キャンプ場でステーキ焼き上がり

いや~~美味しそうに焼き上がりました♡

 

キャンプ最高!!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場でステーキ完成

「やりすぎステーキ」というお店を立ち上げてみたくなってしまいました!

 

立ちながら食べるのは大変なので、48手を楽しみながら「ウフフ♡なステーキ屋さん」を目指したいと思います!

 

 

キャンプでステーキ最高!

間違いない旨さでした♡

 

やりすぎステーキ・・・本気で起業したくなってきましたね~

 

 

アウトドアスパイスほりにしでキャンプ調理

ステーキに続きまして「ほりにしまみれ」の調理開始でございます!

 

毎回キャンプで登場してます「アウトドアスパイスほりにし」ですが、かなりハマってしまい中毒症状が出てきております!

 

「ほりにしステーキ」とかで起業も面白いかもしれませんよね!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場から曇りがちな富士山眺望

天気があまりよくなかったのですが、キャンプを開始すると富士山が綺麗に見える時間帯がありました!

 

 

キャンプ場で焼もろこし調理

やりすぎステーキ、ほりにしステーキのサイドメニューとして考えたのが「焚き火炙りコーン」になります!

 

1本1,000円でどうだ!!!

 

 

アウトドアスパイスほりにしでチキン焼き上がり

ほりにしチキンも良い感じに焼けてきました!

 

手羽先はお値段も安く、アウトドアスパイスほりにしがあれば、スパイシーで美味しい料理に早変わりしますので、非常におすすめでございます!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場でランタン点灯

キャンプ飯を堪能していると、段々と薄暗くなってきました。

 

折角シャワーに入ったのに、調理ではしゃぎ過ぎてしまい、薄っすらと汗ばんできてしまいました・・・。

 

夏の焚き火は暑いですからね~

 

 

朝のふもっとっぱらキャンプ場の様子

そんな感じで翌朝のふもっとっぱらキャンプ場の様子になります!

 

今日も富士山が美しいです!!

 

 

幻想的な富士山の日の出

うわ~~~♪

 

幻想的な富士山の日の出でございます!!

 

 

綺麗な富士山

梅雨の時期とは思えない綺麗な富士山になりました!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場で朝ごはん調理

腹が減ってきたので、朝食の準備を開始したいと思います!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場で珈琲を淹れた様子

目覚めの一杯は酒と珈琲に限りますよね(笑)

 

 

朝ごはんで野菜炒め調理

女子ウケを狙って野菜を炒めたいと思います!って、凄い理由ですよね(笑)

 

 

キャンプ場でラーメン調理

昨晩作りました焼もろこしを使って、ラーメンを作りたいと思います!

 

 

テンマクデザインステンレスケトル2L

大きな鍋がなくても、私には2Lのステンレスケトルがるので、そちらを利用してラーメンを茹でたいと思います!

 

ちなみに愛用しているステンレスケトルは、テンマクデザインステンレスケトルになります!

 

 

キャンプ飯でラーメン調理

朝からラーメンは中々ヘビーですが、そんなコッテリ感がたまりませんでした!

 

寒い季節にキャンプした時に、ラーメンはかなりアリかもしれないな~っと感じてしまいました。

 

 

青空の中のふもっとっぱらキャンプ場

朝飯を食べ終わると一気に青空が広がってきました!

 

雨の予報だったのですが、昼くらいまでは晴れたのでラッキーでした!

 

 

ふもっとっぱらキャンプ場の私のテントとタープ

今回の私の寝床でございます!

 

相変わらずゴミ屋敷ですよね(笑)

 

 

富士山の景色がふもっとっぱらキャンプ場の魅力

いつまでも見ていたい富士山の景色でございます!!

 

富士山の景色がふもっとっぱらキャンプ場の魅力ですよね!

 

 

道の駅朝霧で購入したソフトクリーム

ふもっとっぱらキャンプ場からの帰りに立ち寄った道の駅朝霧で購入したソフトクリームでございます!!

 

も~これだけで十分ですよね♡

 

また、違う季節にふもっとっぱらキャンプへ再訪ですね!!

 

まとめ

ふもっとっぱらキャンプ場は、ネットで予約が出来ますし、キャンセルも前日の17:00までに連絡すればOK(ネットでキャンセルできる)ですので、非常に融通が利くキャンプ場になります。

 

キャンプは天候に左右されますので、悪天候の時は延期したくなりますので、キャンセル料が掛からないのは有難いですよね。

 

予約情報をチョコチョコチェックしていると、結構キャンセルが入るので、予約でいっぱいの日も諦めないのがおすすめです!

 

料金も繁忙期料金等もなく、車一台、テント1張、タープ1張、大人1名で3,000円とリーズナブルな点もリピーターが多い要因だと思います!

 

非常に自由度の高いキャンプ場になりますので、季節を変えてまた再訪したいなと考えております!

 

www.aohigetozan.com

前回利用した時のふもっとっぱらキャンプ場の様子について書いたレビュー記事になります!

予約の仕方や天気、気温、シャワー等について書かれてますので、良かったら参考にしてみて下さい!