アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山・キャンプブログです。

スタンレークーラーボックスレビュー!ロゴス保冷剤・サイズ感・保冷効果詳細!

この記事をシェアする

スタンレークーラーボックス

 

 

 

スタンレークーラーボックスを購入した経緯について

今年は急激に蒸し暑くなり、私の住む関東地方は既に梅雨明けと夏真っ盛りな状況なのですが、キャンプで持ち込む食材の食中毒が気になる季節ですよね。

 

比較的涼しい場所にキャンプ場は多いですが、それでも食材の保管温度に気を付けないと大変危険ですよね。

 

腹黒い性格をしているのが幸いしてか、今まで食中毒になったことがないのですが、それでも話を聞くとかなり悲惨な目に遭うことは確実ですので、注意に越したことはないでしすよね。

 

そんな感じで蒸し暑くなったころ、満を持してクーラーボックスを買おうと動き出したのですが、調べてみると数多くのメーカーから発売されてまして、迷いに迷ってしまいました。

 

あまりにも種類が多く、最終的に頭がパンクしてしまい、「面倒くさいから来年にしよう!」となったのですが、そんな時に「アニサキス食中毒」の報道が連発し、思い留まった経緯があったりします。

 

アニサにキスされると非常に痛いと報道で知りまして、胃壁のバージンを守るためにもクーラーボックスを買おうと決意し「面倒くさい」に壁を乗り越えた感じです!

 

結局、選ぶのに疲れてしまった頃に、家の片隅に「スタンレー真空マグ」が目に留まり、「スタンレーってクーラーボックス発売しているのかしら?」と興味が湧き調べてみると、色々なバリエーションで発売されていることを知りました。

 

スタンレーのクーラーボックスの口コミ・レビューを見てみると、中々の高評価だったことも背中を押し、購入してみる事にいたしました。

 

実際に使ってみると、口コミ・レビューに偽りがない事をしったのですが、キャンプを始め、チョットした買い物にも便利なスタンレークーラーボックスについて今回はり下げてみたいと思います!

 

スタンレークーラーボックスのサイズ感・重量・保冷時間について

スタンレークーラーボックスレビュー前の様子

 

こちらが購入したスタンレークーラーボックスになります!

 

カラーは3種類ありまして、ネイビー、グリーン 、ホワイトになりまして、今回はネイビーを購入してみました。

 

容量につきましては、15.1Lになってまして、ソロキャンプから2人位のアウトドアに最適なサイズ感になっております。

 

クーラーボックスのサイズにつきましては、 外寸で横幅が42cm、高さが28.5cm、奥行が31cmになっております。

 

気になる重量の方が、3kgになっておりますので、15.1Lの容量が入りますので、満タンになりますと、結構な重みになってしまいます。

 

そしてクーラーボックスの性能で見なければならないのが「保冷効果(保冷時間)」になります。

 

いくら見た目が良くても保冷時間が短いと意味がないですからね!

 

その点、スタンレークーラーボックスのかなり優秀でして、保冷効果は、庫内2度以下が24時間、10度以下は36時間も保つことが出来ます!

 

保冷効力は、クーラーボックスの使用環境によって異なりますが、10度以下に保っておけば、食材の痛みも最小限に防げますので、36時間安心して使えるのは、かなりのメリットになるかと思います!

 

保冷効果につきましては、実際にキャンプで使用しておりますので、その辺については後述したいと思います!

 

そしてスタンレークーラーボックスは、色々と考えられていまして、アウトドアに便利な仕様になっております。

 

スタンレークーラーボックスの収納とロック・庫内・使用上の注意について

スタンレークーラーボックスの収納

スタンレークーラーボックスは、上部にロープが設置されておりまして、蓋に荷物を括り付けることが出来ます!

 

 

スタンレークーラーボックスの収納ロープの様子

ロープと言うよりは、伸縮するゴムのような物になるのですが、中々使い勝手が良い仕様になっております。

 

 

スタンレークーラーボックスのロック部分

こちらがロック部分になってまして、収納するアイテムの大きさよって調整することが出来ます!

 

 

スタンレークーラーボックスの収納紐使用している様子

こんな感じに外すことが出来るので、収納するアイテムの大きさ応じて調整することが出来ます!

 

 

クーラーボックスの上部収納様子

それでは実際にクーラーボックスの上部に収納してみたいと思います!

 

 

アウトドアで大活躍中のスタンレー水筒を使って蓋の収納レビュー様子

アウトドアで大活躍中のスタンレーの水筒を使って蓋の収納についてレビューしたいと思います!

 

スタンレーマスター真空ウォーターボトルというモデルになるのですが、サイズの方は、横幅が8.9cm、本体径8.7cm、縦幅(高さ)33cm、容量が1Lになります。

 

気になる水筒の重さになりますが、920gとかなりの重量になっているのですが、果たしてクーラーボックスに収納できるのか気になる所ですよね!

 

 

スタンレークーラーボックスの上部に収納した

結論は、問題く収納することが出来ました!

 

黒光りし、太くて大きなアレですが、このサイズ感には素直に「負けた」と認めたくなってしまいますよね!(???)

 

そんなスタンレーの水筒ですが、しっかり固定できるので、紐を使って括り付けて収納できるのは、かなり便利だと感じました。

 

勿論、18禁の雑誌も大量に収納する事も出来ますので、色々な場面に使えると思います(笑)

 

www.aohigetozan.com

愛用しているスタンレーの水筒について書いた記事になります!

少し大きいですが、保冷力が抜群なのでかなりおすすめです!

 

 

クーラーボックスのロックレビューの様子

そしてこちらがクーラーボックスのロックの様子になります。

 

ロックにつきましては、旧モデルまでの不評を受けて改良されたそうです。

 

ロックはしやすいのですが、少し硬いので片手で開けるには苦労します。

 

 

スタンレークーラーボックス庫内の様子

庫内の様子になりますが、350ml缶で21缶、2Lペットボトルが横向きに収納可能なサイズ感になります。

 

 

クーラーボックスに2Lのペットボトルを横向きに収納

こんな感じに2Lのペットボトルを横向きに収納することが出来ますし、2Lのペットボトルなら4本を収納することが出来ます。

 

スタンレーの商品は、基本「BPAフリー」になりますので、食材に有害物質が触れる心配がありません!

 

 

クーラーボックスパッキン付きのフタの様子

そしてこちらがクーラーボックスのパッキン付きのフタの様子になります!

 

パッキンがある事により、冷気が逃げない工夫がされておりました。

 

 

また、持ち手も太くて持ちやすく、滑り止めの溝もついているので、細部まで良く作られたクーラーボックスになります!

 

 

スタンレークーラーボックスの仕様上注意点

そしてスタンレークーラーボックスの仕様で注意すべき点は、下記の通りになります!

 

  • 火のそばに置かない。
  • ドライアイスを入れない。
  • 塩素、酸素、臭素を含む洗剤を使用しない。
  • 庫内が濡れた状態で保管しない。
  • 熱いものを中に入れない。(粗熱をとる)
  • 食品や液体を長期間保存しない。

 

この辺を注意すれば、末永く使用することが出来ますので、是非守りたいところですよね!

 

そしてクーラーボックスを買ったならば必要なのが保冷剤ですよね!

 

こんなの買ってみました!

 

ロゴス保冷剤とスタンレークーラーボックスのサイズ感について

ロゴス保冷剤

 

保冷材に付きましても、色々なメーカーから発売されていて非常に迷ってしまいました。

 

それこそ100均の保冷剤でも良いかしら?と思っていたのですが、色々調べてみると、やはりシッカリした物を購入した方が良い事に気づき、今回はロゴスから発売されている保冷剤2個セットを注文してみました!

 

購入したロゴスの保冷材は、従来の商品である「氷点下パック-16℃」の約半分の時間で凍結完了する改良モデルになります!

 

 

ロゴス保冷剤保冷効果

倍速凍結になってまして、凍結時間が約18~24時間と従来品の約半分の時間で凍結します。

 

急いでいる時に重宝する性能ですよね!

 

 

ロゴス保冷剤保冷効果時間

また、 従来品の保冷材と比べマイナス温度帯の持続力が約16%もUPしている点も改良されております!

 

長い時間マイナスの時間帯が続くのは、食材の保管にとっては大きなプラスになりますよね!

 

 

スタンレークーラーボックスにロゴス保冷材を入れたサイズ感様子

スタンレーのクーラーボックスに保冷材を入れたサイズ感の様子になります!

 

ちなみにロゴス保冷の重量は、約900gになってまして、サイズにつきましては、横幅25.5cm、縦幅16.4cm、厚さが2.5cmになります。

 

 

かなり薄いロゴス保冷材サイズ感

かなり薄い保冷材になりますので、クーラーボックスの容量を圧迫しないのも嬉しい所ですよね!

 

 

Lサイズの保冷剤だと縦に置けない

しかしながら、Lサイズですと縦に置くことが出来ませんので・・・

 

 

保冷材を横に並べて置くと良い

こんな感じに保冷材を横に並べて置くようにしました!

 

ちなみにスタンレークーラーボックスの容量(15L)の場合、保冷材はMサイズ2つで良いそうです。

 

Lサイズなら1つでも良いそうですが、長期遠征することもあるだろうと思い、保冷材についてはLサイズ2つのお得なセットを選んだ感じです。

 

災害等で停電になった時を考えると、保冷材は幾つあっても良いのでは!?といった判断が働いた感じです!

 

 

スタンレーのクーラーボックス片手にキャンプで使ってレビューと口コミ開始

ロゴスの保冷材も購入した事ですし、スタンレーのクーラーボックス片手にキャンプに行きたいと思います!

 

キャンプで使ったクーラーボックスのレビュー・口コミについて

スタンレーのクーラーボックスをキャンプ中に使ってレビューした

それでは早速、スタンレーのクーラーボックスを使ってレビューしたいと思います!

 

3種類のカラーがありますが、野外に置いても邪魔をしない色合いが良いですよね!

 

先人達の口コミにも、カラーについての記載が結構あったのですが、グリーンの人気が高いみたいです。

 

スタンレーを代表するカラーは、グリーンになりますので、その辺が影響しているのかもしれませんよね。

 

また、口コミを読んでいると、ソロキャンプの大魔王ことヒロシさんは、こちらのグリーンを使用しているそうです。

 

 

キャンプでスタンレークーラーボックスの上部収納は使わなかった

結局、18禁の雑誌は、次回以降のキャンプに持ち込むことにしました(笑)

 

大分コレクションが溜まっておりますので、夜の燃料と併せて焚火の燃料として持ち込みたいと思います!

 

 

クーラーボックスを椅子として使用してレビュー

また、クーラーボックスは「椅子」として使うことが出来ますが、スタンレーのクーラーボックスも同様に使用可能になります!

 

実際に座ってみたのですが、頑丈に出来ているので全く問題ありませんでした!

 

ちなみに私のスペックは、体重が68kgになるのですが、最近激太り中でヤバい状況でございます・・・。

 

重量アップの影響か、クーラーボックスの紐がお尻に喰いこみ、不味そうなチャーシューになってしまいました。

 

キャンプ飯に今度作ってみましょうかね!?

 

 

1泊2日のキャンプで購入した食材をスタンレークーラーボックスに入れた様子

チャーシューを作るつもりがなかったので持ってこなかったのですが、1泊2日のキャンプで購入した食材がこちらになります!

 

変に心配性なもので、1泊のソロキャンプなのに、気づくと3日分くらいの食材を購入してしまいました(笑)

 

結果、かなり残ってしまったのですが、クーラーボックスの保冷効果も相まって、無事に家まで持ち帰ることが出来ました!

 

上述した保冷効果の通り、36時間前後は10度以下で食材を保管することが可能です!

 

むしろ、食材が少し凍っていたので、限りなく0度近くに庫内が保たれていたと思われます。

 

暑い時期だったので、念のため保冷材はLサイズ2枚で臨んだのですが、その影響も大きかったと思われます。

 

容量的にもソロキャンプなら十分ですし、1泊なら2人~3人位の食材を冷やして保管できると思います!

 

まとめ

スタンレーは、水筒の性能も素晴らしく、これならクーラーボックスも大丈夫であろうと思っていたのですが、その期待に見事応えてくれた感じです!

 

クーラーボックスは、使ってみないと分からない所がありますが、想像以上の保冷力に買って大正解だと思っております!!

 

スタンレーのクーラーボックスの欠点をあえて言うならば、やはり「値段が少し高い」になります。

 

同じ容量のクーラーボックスなら、もっと安く購入できる商品が数多くあるので、コスト面だけ比較しますと割高に感じてしまいます。

 

しかしながら、デザイン性や機能、保冷力等を勘案するとコスパ優れるクーラーボックスだと感じております!

 

これから台風シーズンを迎えますが、クーラーボックスは、急な停電の時にも大活躍しますので、1つあるとリスク回避に繋がりますよね!

 

今後もキャンプ等で使ってみて、故障したり何かあればこちらの記事に加筆していたいと思います!