アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

丹波天平・サオラ峠・三条の湯テント泊縦走登山!新緑・紅葉おすすめルート!(後編)

丹波天平から雲取山景色

 

 

 

 

丹波天平・サオラ峠・三条の湯テント泊縦走登山について

 前回に引き続き、三条の湯でテント泊し、丹波天平・サオラ峠(サヲウラ峠)を経由して下山した時の登山の様子について書いてみたいと思います!

 

「丹波天平」についてご存じない方も多いと思いますが、中々読めない漢字ですよね!?

 

 丹波天平と書きまして「たばでんでいろ」と読みます。

 

ついつい「たんばてんへい」とか「たんばてんたいら」と呼んでしますよね。

 

漢字が弱い私は、丹波天平という地名を見て「原平(はらたいら)さんに3000点」と読んでしまいました。

 

ネタになってしまってますが、そんな丹波天平とサオラ峠(サヲウラ峠)を絡めて下山したのですが、非常に雰囲気の良い尾根になってまして、新緑・紅葉の時期が特におすすめになります!!

 

落葉松の紅葉が素晴らしく、黄色と赤色のコントラストは一度見ると忘れられないと思います。

 

そんな丹波天平とサオラ峠は、こんな場所にございます!

 

 緑色一色な地図になってますが、今回テント泊した三条の湯から7kmほどの道のりでサオラ峠になりますので、十分縦走できる位置に丹波天平はあります。

 

丹波天平は、非常にフラットな尾根になるのですが、三角点もありますので、立派な「山」になります。

 

地図の表記を見ても「丹波天平山」になっているのですが、訪れるとピークらしく感じない不思議な山でございます。

 

そんな感じで、三条の湯でのテント泊の様子と、サオラ峠・丹波天平に移りたいと思います!

 

www.aohigetozan.com

 こちらが前編の三条の湯でテントを設営後、雲取山へピストン登山をした時の様子を描いた記事になります。

 

上記写真を押すと、後編で歩いた丹波天平・サオラ峠・三条の湯の登山動画を観る事が出来ます!

 

丹波天平・サオラ峠の様子が分かるかと思いますので、テント泊縦走の参考にしてみてください!

 

?

三条の湯で山飯と宴会の様子(食事・飲み物・お酒のメニューと料金)

三条の湯で山飯n

 テント泊の楽しみと言ったら、山飯ですよね~!

三条の湯は、宿泊者の食事が終わると食堂を開放してくれます。

長年、三条の湯に通っていたものの、そんなシステムになっていたとは知りませんでした。

 

 

三条の湯の食事と飲み物・お酒のメニューと料金

こちらが三条の湯の食事と飲み物・お酒のメニューと料金になります。

グラスワインが400円は安いですよね!

三条の湯の名物の1つが鹿肉の燻製になります。

そちらも300円ですので、是非、食べてみてください!

日本酒やビールも売ってますし、料金も良心的かな~と思います。

 

 

三条の湯の食堂の様子

三条の湯の食堂の様子になります。

ほぼ、テント泊者が山飯を作り、宴会をしている感じでした。

 

 

三条の湯のお湯も飲み放題

なんと、お湯も飲み放題です!

普通、山小屋はお湯も有料ですので、かなり太っ腹でございます!!

 

 

三条の湯で食事山飯

 3割引きシールに目がくらみ、モリモリ買ってしまった誰かさんでございます(笑)

50%引きになるまで売り場で粘ったのですが、お店の根気に負けてしまいゲットできませんでした。

 

 

山飯作りのスタート

さ~山飯作りのスタートでございます!

て、私は米を炊いて肉と野菜を炒めるだけなんですけどね(笑)

テント泊での山飯は、やはり簡単な物が一番だと思います。

 

 

山飯作り特製のパスタ

カオリン特製のパスタでございます!

いや~味付けも良く、大変美味しゅうございました!!

 

 

ホルモン焼き山飯作り

ホルモン焼きもお酒が進んで危険ですよね~

ついつい飲み過ぎ・食べ過ぎてしまいました。

これじゃ~痩せませんよね(苦笑)

 

 

三条の湯の小屋番さん楽器演奏

三条の湯の小屋番さんは、吹き矢の達人でした?

アフリカ?の楽器になるそうで、なんとも不思議な音色でした。

 

 

三条の湯の温泉

山飯・宴会もいい感じになり、三条の湯の名物温泉に入ってみました!

今回はテント泊者を始め、宿泊者がそこそこ多かったので、男女別々の湯船になりました。

宿泊者が少ないと、交代制になります。

山ガールが入った後の温泉は、良い出汁が出ていて最高なのですが、今日は残念ですね~って、かなり変態発言ですよね(笑)

 

 

三条の湯オーナーがギター演奏

三条の湯の温泉を堪能し小屋へ戻ると、オーナーがギターの演奏をしてました。

アットホーム感漂う良い山小屋です!

新型コロナウイルスに負けずに営業頑張ってほしいです!

 

?

三条の湯からサオラ峠へのルートの様子と新緑・紅葉について

三条の湯でのテント泊

お世話になった三条の湯でのテント泊でございました。

ちなみに夜の2:00頃のテント内の温度は3度でした。

夜明けで0度前後だったと思われますので、防寒対策は必須になります。

 

 

三条の湯のテント場n

この時間になると、三条の湯のテント場もだいぶ空いてきました。

数時間後には、モリモリのモッコリになるんでしょうね~

 

 

三条の湯からサオラ峠まで道が悪い

三条の湯からサオラ峠までは、結構道が悪いところがあります。

 

 

滑落するとシャレにならないところ

滑落するとシャレにならないところもありますので要注意です!

落ち葉が堆積していてルートが見えにくく、踏み抜いて滑落とかもありますので気をつけて下さい。

 

 

サオラ峠までのルート沢沿い歩き

サオラ峠までのルートは、沢沿い歩きもあったりと変化に富んでいて楽しいです!

この辺も、新緑・紅葉が美しいのでおすすめです!

 

 

サオラ峠ルート上に残雪

サオラ峠へのルート上に残雪がありました。

アイゼンは不要な感じですが、今後の天気によっては必要かな~と思います。

チェーンスパイクをお守りに持って行くと安心かもしれません。

ただ、テント泊装備ですと、荷物が重くチェーンスパークではグリップ力が弱く手に負えないかもしれません。

 

 

奥多摩にも春の花

奥多摩にも春が近づいておりました。

新緑の季節が待ち遠しいですよね。

それが終われば蒸し暑い時期に突入ですね~

 

 

奥多摩残雪も多い

新緑が待ち遠しいですが、まだまだ残雪も多く、暫くお預けでしょうね~

 

 

サオラ峠付近から雲取山

サオラ峠を目指していくと、昨日登った雲取山が見えてきました。

東京都最高峰ですが、三条の湯から登ると結構な急登になり、中々手ごわい相手になります。

 

 

サオラ峠祠

開けた所に出ると、そこがサオラ峠になります。

サオラ峠は、丹波と丹波天平・飛龍山の分岐になりまして、祠が鎮座しております。

 

 

ヲウラ峠はサオラ峠でも良い

道標の表記は「サヲウラ峠」になってますが、「サオラ峠」でも良いそうです。

表記が揺れているんでしょうね~

サオラ峠周辺も新緑・紅葉が素晴らしいのでおすすめです!

飛龍山の方へ進むとシャクナゲの群落になりますので、6月頃はピンク色のお花で染まり美しいです!

 

丹波天平登山とルートの様子と新緑・紅葉について

丹波天平登山

サオラ峠に引き続きまして、丹波天平登山でございます!

寒々しい景色ですが、丹波天平はフラットな尾根なので、非常に歩きやすいです。

 

 

丹波天平の木々紅葉の写真

丹波天平の紅葉の写真になるのですが、秋になるとこんな感じに色づきます!

 

 

丹波天平は新緑・紅葉の時期に歩くのがベスト

赤色と黄色の紅葉が素晴らしいく、丹波天平は新緑・紅葉の時期に歩くのがベストになります!

 

丹波天平の落葉松景色

丹波天平の落葉松になるのですが、こちらも新緑・紅葉の時期は特に美しく、足が止まってしまうと思います。

 

 

丹波天平フラットな尾根

フラットな尾根なもので、皆様の足取りも軽快そのものでした(笑)

 

 

丹波天平でテント泊

丹波天平でテント泊出来たら最高なんですけどね~

多分、駄目でしょうね~

 

 

丹波天平に到着

サオラ峠から小さなアップダウンを繰り返し、よ~やく丹波天平に到着でございます。

 

 

丹波天平サオラ峠(サヲウラ峠)・丹波・親川(お祭)の分岐点

丹波天平は、サオラ峠(サヲウラ峠)・丹波・親川(お祭)の分岐点になっております。

丹波へのルートは、少し分かり難いので要注意です!

 

 

丹波天平親川・お祭り方

フラットな尾根道の登山も丹波天平で終了でございます。

ここから親川・お祭り方面は、ひたすら下り道になります。

 

丹波天平登山口までのルートの様子について

丹波天平登山口(下山口)まで下り道

丹波天平登山口(下山口)までモリモリ下っていきます。

 

 

松林ゾーン

松林ゾーンもあったりと、ルートも変化に富んでおります!

 

 

後山集落跡

モリモリ丹波天平登山口を目指して下っていくと、後山集落跡が見えてきます。

こんな山奥によく集落を作りましたよね~

 

 

ルート上に廃屋

ルート上に廃屋もあったりと、中々凄い感じでした。

私の貧乏ゆすりで倒壊させたのではないので、勘違いしないでくださいね(笑)

 

 

丹波天平登山口

モリモリ下り、よ~~やく丹波天平登山口に下山しました!

いや~三条の湯から地味に遠かったです。

 

 

丹波天平登山口付近の舗装路

皆様、テント泊お疲れ様でした!!

 

登山後の打ち上げの様子とお誕生日会について

スーパー銭湯に寄って登山の疲れを癒した

丹波天平・三条の湯から下山後、スーパー銭湯に寄って登山の疲れを癒しました。

新型コロナウイルスの影響で、銭湯も空いていると思ったのですが、全くの逆で、大盛況でした。

奥多摩界隈の日帰り温泉が、軒並み営業していなくて驚いてしまいました。

さ~続きまして登山の打ち上げです!

場所を東京町田に移しまして、モリモリ呑みたいと思います!

 

 

ベッドの上に登山者1名

早くシャワー浴びなよ。

え!?今日は脚の毛がフサフサだからダメだよ♡

そんな事は問題ないから。脱衣所にセーラー服置いたからそれに着替えて。

も~♡今宵はセーラームーンじゃなくて、ブルセラムーンでやりたいのね。どちらかというとアオヒゲムーンなんだけど大丈夫!?

そんなアオヒゲムーンが大好きなんだ!!

恥ずかしいから電気は消してね♡

駄目♡アオヒゲムーンが白目になりながら泡を吹いて逝ってしまっている姿を見たいんだ!!

変態戦隊アオヒゲムーン!毛根に代わってお仕置きよ!!

 ウフフフフ♡

 

 

登山後の打ち上げ男性の様子

ナカシマムーンとアオヒゲムーンの激しい床でのアクロバティックな体位な時間となり、グッタリ中のナカジーさんになります。

だいぶ老け込みましたが大丈夫でしょうか?(笑)

巨砲一発主義と言っていたのが妙に納得してしまいました・・・。

私も旧日本軍の38式歩兵銃なもので、連射が出来なのがネックになります・・・。

も~お互い若くないので、制服プレイは程々にいたしましょう♡

 

 

登山後の打ち上げ参加者

俺も制服プレイに参戦させろ!と、服を脱ぎだすオオヤマさんでございます!

オオヤマムーンも、かなり強敵でしょうね~

アオヒゲムーンの好敵手が現れた瞬間でした!!

 

 

登山の打ち上げとお誕生日会の料理

話があっちこっちに飛んでおりますが、登山の打ち上げとお誕生日会の料理になります!

テント泊後は、野菜が本当に美味しいですよね!!

 

 

>料理が運ばれてくるたびに厳しいチェックの二人

料理が運ばれてくるたびに、オオヤマムーンとカオリンの厳しいチェックが入っておりました。

あまりの恐怖に、店員さんの腕が震えておりました(笑)

 

 

誕生日会の主人公

本日の誕生日会の主人公である、マエちゃん(右の男性)が到着いたしました!

ナカジーさんが写ってませんが、激しい床の副作用でグッタリしてました(?)

今度、スクール水着を着てプレイした方が体力的に良いと思いますよ!(???)

 

 

お誕生日ケーキとメッセージプレートを用意

サプライズではないですが、マエちゃんには内緒でお誕生日ケーキとメッセージプレートを用意いたしました!

皆さん、率先して動いて下さりました!

 

 

お誕生日のサプライズ

嘘をつくのが苦手なもので、お誕生日のサプライズがバレないかドキドキでした!

マエちゃん、お誕生日おめでとうございます!

体に気を付けて、これからも邪悪なドラえもんプレイを頑張ってください!

 

 

お誕生日プレゼントを渡した様子

皆さんと選んだお誕生日プレゼントを渡し、楽しい夜の時間が過ぎていきました。

 

 

登山仲間

登山仲間って、やっぱり良いな~と思った瞬間になりました。

 

今回参加できなかった皆様も、またお声がけしますので、ご都合が良い時にモリモリ登りましょう!

 

そんな感じで丹波天平・サオラ峠・三条の湯テント泊縦走登山の詳細は、下記の通りになっております!

 

丹波天平・サオラ峠・三条の湯テント泊縦走登山のルート・標高差・コースタイムの詳細

登山日程:3月20~21日[1泊2日テント泊]

天   候:3月21日快晴も風が強くかなり寒かった。まだまだ夜は冷えるの防寒が必要です。

メンバー:マエちゃん、カオリン、ナカジーさん、オオヤマさん、私の5名

 

丹波天平・サオラ峠・三条の湯テント泊縦走登山のルート、標高差の地図

三条の湯からサオラ峠・丹波天平まで距離が長いフラットな道のり

こちらが今回の丹波天平・サオラ峠・三条の湯テント泊縦走登山のルート、標高差の地図になります!

 

地図の通り、三条の湯からサオラ峠・丹波天平までは、距離が長いものの、フラットな道のりになってまして、それほどきついルートではございません。

 

テント泊初心者方の練習に丁度良いルートだと思います。

 

三条の湯 7:47 → 10:15 サオラ峠 10:20 → 10:26 丹波山 → 11:00 丹波天平 11:01 → 11:53 保之瀬天平 → 12:12 後山集落跡 12:23 → 12:38 高畑集落跡 12:43 → 13:03 親川 → 13:12 お祭バス停

 

そしてこちらが今回の登山のコースタイムになります!

 

三条の湯からサオラ峠・丹波天平までのコースタイムは約4時間見ておけば大丈夫だと思います。

 

 サオラ峠から三条の湯は、下り基調になりますので、もう少しコースタイムを圧縮できると思います。

 

しかしながら、今回の縦走ルートにはトイレ・水場が無いので注意してください!

 

まとめ

三条の湯の温泉とテント泊を満喫し、丹波天平・サオラ峠の雰囲気のよい縦走ルートを歩けてストレス解消になりました!

 

また、下山後の打ち上げも楽しい酒宴の時間になり、かなり濃厚な2日間を過ごすことが出来ました!

 

テント泊したのが去年の秋頃になりますので、だいぶブランクがあったのですが、いざ歩くと結構大丈夫で驚きました。

 

新型コロナの影響で、今後のテント泊もどうなるか分かりませんが、体力が落ちないよう努力したいな~と思っております。

 

また、色々と粗相してしまい、参加者にはご迷惑をお掛けした事をお詫びいたします。

 

これに懲りずにまたテント泊縦走に参加していただけたら幸いです!

 

引き続きよろしくお願い致します!

 

www.aohigetozan.com

飛龍山・雲取山へテント泊縦走した時の記事になります!

雲取山荘~前飛竜~サオラ峠を縦走してますので、良かったらテント泊の参考にしてみて下さい!

 

www.aohigetozan.com

大寺山・鹿倉山を経由して、三条の湯でテント泊登山をした時の記事になります!

雲取山~鷹ノ巣山~倉戸山へ縦走した記録になります。

少し距離が長いですが、仏舎利塔などもあって、楽しいルートになります。

テント泊山行の参考になれば幸いです。