アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山とキャンプ、写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」のアウトドアブログです。

要害山登山!兜山、塩ノ山と山梨百名山の登山ルート詳細!

この記事をシェアする

山梨百名山兜山からの眺望

 

 

要害山と兜山、塩ノ山へ登山した経緯について

前回の山梨百名山であります大蔵経寺山への登山に引き続き、今回は「要害山」、「兜山」について書いていきたいと思います!

 

両方とも山梨百名山に選ばれている明峰になるのですが、前から気になっていた塩山のシンボルであります「塩ノ山」に登りたく、そちらも絡めて計画しました。

 

結果、登山計画に無理があり、塩ノ山の山頂で干からびてしまったのですが、塩分濃いめなこともありまして復活し、無事に下山する事が出来ました!(?)

 

個人的には、大蔵経寺山と要害山か兜山への登山くらいが「楽しい登山」として1日を終える事が出来るかな~っと思ったのですが、例の「貧乏性」が発症しまして、「交通費の事を考えたら登れるだけ登ってしまおう!」と安易に考えてしまい、結果、塩ノ山で干からびた感じです。

 

そんな干からびてしまった1日になったものの、要害山、兜山、塩ノ山は登山口までの交通のアクセスが良く、それほどキツイ行程ではないので、登山初心者におすすめな感じになります。

 

特に要害山の周辺は、「信玄の隠し湯」と言われている温泉がありますので、下山後の楽しみもあっておすすめな感じです。

 

残念ながら塩ノ山で干からびてしまったので、温泉はお預けだったのですが、兜山からの景色が素晴らしく辛くもあり楽しい1日を送る事が出来ました!

 

今回は、大蔵経寺山からの続きであります要害山、兜山、塩ノ山への登山について書いていきたいと思います!

 

登山の詳細に移る前に、前回書きました大蔵経寺山と深草観音への登山について書いた記事がこちらになります!

 

www.aohigetozan.com

石和温泉駅から大蔵経寺にあります登山口から入山し、大蔵経寺山、深草観音へ登山した時の内容になります!

 

また、今回登山をした要害山、兜山、塩ノ山の様子や、山頂付近の景色を撮った登山動画がこちらになります!

 

上記写真を押すと登山動画(YouTube)を観ることが出来ますので、大蔵経寺山、要害山、兜山、塩ノ山への登山の参考になれば幸いです!

 

 

 

山梨百名山要害山登山と山頂、登山ルートの詳細!

要害山登山ルート

深草観音を堪能したところで、次の獲物は要害山でございます!

 

「洞」ってなんの意味なんだろ?っと思いつつ、

 

名前の通り、険しい登山になりそうですが、モリモリ行きたいと思います!

 

 

要害山のお城の跡

要害山は、昔お城がありました関係で、遺構がかなり色濃く残っております。

 

いや~歩き難いというか攻めにくいというか・・・。

 

女性のアレをこじ開けるくらい難しいですね♡

 

 

要害山山頂広場

何をこじ開けるんだろう?っと思いつつ、難所をこなすと広場に出ました。

 

なんだか伏兵が隠れていそうでゾクゾクしてきますよね!

 

 

要害山主郭部

このだだっ広い所が要害山の主郭部になるそうです!

 

女性の主郭部も、こんな感じにだだっ広いのですかね!?

 

 

要害山と要害温泉分岐

要害温泉!ってな響きにグッと来てしまった瞬間でした♡

 

下山して温泉に浸かりたい欲望を抑えながら要害山の頂上を目指します!

 

 

要害山山梨百名山標柱

要害山の頂上を目指します!っと叫んだ瞬間、山梨百名山の山頂標柱を見つけてしまいました!

 

主郭の中にヒッソリと山頂がある感じでした。

 

 

要害山は武田信玄の生誕の地

要害山は、武田信玄公の生誕の地になります。

 

ここで豪傑が生まれたのかと思うと歴史好きの私にとってはドキドキが止まりません!!

 

 

要害山の山頂で食べた山飯

ドキドキが止まらずブレブレな山飯を要害山の山頂で味わってきました!

 

やっぱりラ王は味噌ですね!

 

 

要害山から深草観音、兜山分岐地点

王様の気分を満喫しつつ、要害山から深草観音、兜山を目指したいと思います!

 

兜山登山と登山コースの詳細

深草観音から要害山の登山道

深草観音から要害山の区間は、雰囲気の良い登山道が続きます。

 

それほどアップダウンもきつく無いので、比較的歩き易いと思います。

 

 

兜山・要害山分岐点の岩堂峠

深草観音を通り過ぎ、兜山への分岐になります岩堂峠に戻ってきました。

 

春日居ってなんざんす?っと思ったのですが、集落と駅の名前なんですね~

 

 

兜山登山口の建物

雰囲気の登山ルートを進んでいくと、山小屋のような立派な建物がありました。

 

兜山には開拓民がいるのですね~

 

 

兜山尾根コース入口

建物の直ぐ近くに「兜山尾根コース」の案内がありました。

 

さ~地味な登りがスタートします。

 

 

兜山尾根コースの岩場と急坂

地味だと思ったら予想以上に急登が続き、この辺で意識が飛びました(笑)

 

思った以上に岩場が多く歩きにくいコースですね~

 

 

兜山の山頂と棚山方面の分岐点

急登をこなすと兜山の山頂と棚山方面の分岐点に到着しました!

 

手書きのコースが分かりやすく有難い限りですね!

 

 

兜山の山頂

分岐から少し進めば兜山の山頂に到着です!

 

本日3つめの山梨百名山ゲットでございます♡

 

私の事が嫌いみたいで、山頂には誰も居ませんでした。

 

 

兜山の展望台

折角なので、兜山の山頂から1、2分の所にあります展望台に寄ってみました。

 

展望台からは素晴らしい景色が広がっておりました♡

 

 

塩ノ山と大菩薩嶺、三つ峠方面

目指す塩ノ山も見えてますし、大菩薩嶺や、三つ峠方面も綺麗に見えました!

 

 

兜山の山頂から見る富士山

よっ!富士山!日本一!!

 

兜山の山頂から見る富士山は絶品ですね♡

 

 

兜山の展望台にあった案内板

兜山の展望台にあった案内板になります!

 

象形文字で記載されているみたいで、解読不明な所がありました(笑)

 

 

兜山は関東の富士見100景

兜山は、関東の富士見100景に選ばれているそうで、立派な看板が建っておりました。

 

 

兜山山頂から塩ノ山を目指している様子

時間も微妙なので、早々に兜山の山頂から塩ノ山を目指すことにしました。

 

要害山からのルート以上に極悪なコースが続きました。

 

滑落すると「さようなら~」になる個所が多いので、十分注意してください!

 

 

兜山はロッククライミングの練習場になっている

こんな感じのエグイ岸壁が続いていく感じになります。

 

ロッククライミングの練習をされている方も結構いまして、山頂以上に賑やかでした。

 

 

兜山の岸壁

岸壁周辺は景色が素晴らしく、このまま飛び立ってしまいたくなりました♡

 

空気が澄んでいる冬の時期は、特に綺麗でしょうね~

 

 

兜山の山腹コースと岩場コース分岐

兜山は、山腹コースと岩場のコースがありますして、今回は「岩場コース」で下山しました。

 

下りで利用するのは少し怖いところもありますが、景色が良いので最高だったりします。

 

 

兜山の登山口まで沢沿い歩きの様子

兜山の登山口までは、沢沿い歩きになりまして、マイナスイオンがモッコリで清々しい空間が広がっておりまし。

 

温泉の成分?鉱物の成分?なのか、乳白色な感じの沢の色をした所もありました。

 

 

兜山の夕狩沢登山口

こちらが兜山の「夕狩沢登山口」になります。

 

落ち葉凄く、踏み跡が不明瞭な所がありました。

 

 

春日居駅方面から入山する時の目印になる登山口の道標

春日居駅方面から入山する時の目印になる登山口の道標になります。

 

 

兜山登山口の流しそうめん

兜山は、「流しそうめん」の所を入っていきます。

 

イノシシ村って、なんだか凄そうですね!

 

 

兜山・夕狩沢登山口の案内

看板と同化してますが、兜山・夕狩沢登山口の案内もありました。

 

兜山周辺は、山の名前の通り、武田信玄公にゆかりがある感じですね。

 

さ~兜山の登山口まで下山で来たところで、時間もありそうなのでこのまま塩ノ山へ向かいたいと思います!

 

塩ノ山登山と登山コースの詳細

目指す塩ノ山

手前のモッコリが目指す塩ノ山になります!

 

なんだか「前方後円墳」のような風貌ですよね~

 

「終の棲家」に利用したいな~っと思いつつ、一緒に入ってくれる山ガールはいませんかね?(笑)

 

ちなみに塩ノ山はUFOの目撃情報が多く、パワースポットとしても有名だったりします。

 

www.aohigetozan.com

甲府周辺のUFOについての記事になりますので、ゴシップ的な内容ですが、何かの参考になれば幸いです!

 

 

向嶽寺

煩悩の塊なので、塩ノ山へ登る前に向嶽寺で出家しないとな~っと思ってしまいました。

 

 

向嶽寺の境内

想像以上に広い境内に、ちょっと驚いてしまいました。

 

向嶽寺の境内に塩ノ山登山口があるのですが、あまりにも広いので迷ってしまいました。

 

 

甲府といったらお花ですよね!

 

桃や梨、ブドウの花が咲く時期は、甲府はお祭りのようになりますからね~

 

 

塩ノ山登山口の公衆トイレ

塩ノ山の登山口の近くにあった公衆トイレになります!

 

 

塩ノ山の登山ルートとコースタイムの詳細

こちらは塩ノ山の登山ルートとコースタイムの詳細になります。

 

登山口からザックリ1時間ほどで登れそうな感じですね。

 

 

塩ノ山の登山ルート上に鎮座していたお地蔵様になります。

 

登山者を始め、地元の方に愛されているのが良く分かりますよね~

 

 

塩ノ山の道標

塩ノ山には道標がモリモリあるので、迷うことはほぼないと思います!

 

 

塩ノ山の登山道からの塩山市の景色

塩ノ山の登山道からの景色になります!

 

塩山市外を見下ろせて、思いのほか景色が良い感じでした!!

 

 

塩ノ山から要害山、兜山方面の景色

さきほど登った要害山、兜山方面の景色になります!

 

だいぶ歩いてきましたね~~

 

 

塩ノ山の山頂

そんな感じで塩ノ山の山頂に到着です!

 

塩ノ山の標高は553mになりますが、結構登り応えがある感じでした。

 

 

塩ノ山周回ルート図

塩ノ山は、周回するルートがある感じで、このまま塩山駅まで歩ける感じです。

 

 

塩山駅に下山の様子

無事に塩山駅まで下山する事が出来ました。

 

いや~塩ノ山が余計だったな~~っと思ってしまった脱力感でした。

 

そんな感じで、今回の要害山、兜山、塩ノ山への登山の詳細に移りたいと思います。

 

要害山、兜山、塩ノ山登山のルート・標高差・コースタイム詳細

要害山、兜山、塩ノ山登山のルート・標高差・コースタイム

要害山、兜山、塩ノ山登山の登山ルートと標高差地図

こちらが今回登山をした要害山、兜山、塩ノ山登山の登山ルートと標高差の地図になります。

 

登山した日は、3月16日なりまして、全部で35km弱の登山になりました。

 

標高差の地図の通り、要害山から兜山までは、比較的緩いコースに見えますが、実際は結構えぐい感じです。

 

また、兜山の下山道は、かなりの急坂になりますので、転倒や滑落に十分注意してください。

 

そしてこちらが今回登山をした要害山、兜山、塩ノ山登山のコースタイムになります!

 

 深草観音 10:27 → 10:57 要害山 11:36 → 12:16 深草観音 → 12:25 岩堂峠 → 12:56 神峰南尾根鞍部 → 13:20 兜山 → 13:24 展望台 13:32 → 13:48 岩場分岐 → 14:03 岩場コース分岐 → 14:19 観音塚古墳 → 16:13 塩ノ山 16:37 → 17:01 塩山駅

 

深草観音から要害山までのコースタイムが約30分になりました。

 

要害山から兜山までのコースタイムが2時間で、そこから塩ノ山までが3時間弱となりました。

 

兜山から塩ノ山までは、結構距離があるので、体力、時間によっては春日居駅で下山が現実的だと思います。

 

まとめ

当初、要害山、兜山まではそれほどきつくないと考え、塩ノ山まで問題なく登山できると思っていたのですが、思いのほか手こずってしまい、最後は大惨事になってしまいました(笑)

 

問題ない時間に下山は出来たものの、兜山で登山を終了し、最寄りの中居町駅で帰路につけば、体的にも楽が出来はずだったのですが、色気が出てしまい無理しちゃった感じです。

 

色々と大変でしたが、登りたかった山梨百名山も登頂でき、気になっていた塩ノ山にも出没できたので、大変有意義が1日になりました。

 

暑い季節に登るもんではないな~っと感じましたので、また涼しい時期を選んで再訪したいと思います!

 

www.aohigetozan.com

山梨百名山に選ばれている十枚山登山につい書いた記事になります!

南アルプスの景色が素晴らしく、最高の一日でした♡