アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

クライミット イナーシャ オゾン寝袋マットをテント泊に買ってみる!

 

 

 

 

イナーシャ オゾン寝袋マットをついに購入!

いや~毎日暑いですね~~・・・

 

何もしてないのに意識が朦朧としてきます・・・

 

特に危険なのが「トイレの中」で、私の家は、構造上窓が無いので非常に暑く、臭いもこもるので修羅場になります(>_<)

 

あまり書くと生々しいのでアレですが、

 

 「何を食べたらこんな大惨事になるんだろう。」

 

これだけ伝われば充分です( ̄O ̄)ノ

 

え~~毒ガスで中枢神経を侵されたのか、前から欲しいな~っと思っていたアイテムを知らず知らずにポッチ♪とし、忘れた頃に家に荷物が届いてよ~やく我に返りました(笑)

 

イナーシャオゾン寝袋マットは、結構高評価の多いレビューを観て気になっていたのですが、少し構造がマニアックな寝袋マットのため、購入するの勇気がいる商品ですよね!

 

折角買ってみたので、イナーシャ オゾンがどのようなアイテムかを書いてみたいと思います!

 

 

テント泊用に購入したKLYMIT(クライミット) INERTIA-O zone(イナーシャ オゾン)

 

イナーシャ オゾン寝袋マット

 こちらがクライミットイナーシャ オゾン寝袋マットに空気を入れる前になります!

 

なんだかスケスケな感じが頼りないですよね・・・。

 

生地の強度も気になりますし、エアーマットなので「破裂」とかも怖いですよね~・・・。

 

クライミット イナーシャ オゾンを購入する前に色々と気になったので、調べてみることにしました!

 

KLYMIT(クライミット) INERTIA-O zone(イナーシャ オゾン)について

クライミットは、色々な製品を取り扱っているのですが、どれも特徴的なスタイルをしたものが多いですよね~!

 

購入したクライミット イナーシャ オゾンの商品詳細

 

サイズ:183 cm x 54.6 cm x 4.4 cm

パックサイズ: 8.9 cm x 15.2 cm

重量: 346g(スタッフサック別)

付属品: スタッフサック、修理キット

 

 

KLYMIT(クライミット) INERTIA-O zone(イナーシャ オゾン)とペットボトルとの大きさの比較

クライミット イナーシャ オゾンは、空気を抜いた状態だと、非常にコンパクトになり邪魔になりません!

 

値段: 9,480円(税込)

 

色々と調べた結果、アマゾンさんでクライミット イナーシャ オゾンを購入しました。

 

10,000円を切ったら買おうと考えていたのですが、アレヨアレヨと値が下がり・・・♡

 

クライミット イナーシャ オゾン寝袋マットの構造

商品の構造ですが、なんだこれ?魚の骨か???ってな形ですが、こちらは寝袋用マットになっております。

 

こんな編みタイツな格好をしながら山ガールが私のシェラフに潜り込んで来たら・・・

 

考えただけでも「骨抜き」になっちゃいますよね(笑)

 

私も負けていられませんので、体毛をアミアミに編んで、迎え入れたいと思います( ̄O ̄)ノ

 

え~~「ドン引き指数」が高くなってきましたが、こちらの商品は枕付きのマットになっておりまして、枕の高さは約10cm(空気量で調整可)、頭の位置に×の切れ込みが入っていて、エエ塩梅に頭が固定され寝やすくなっております。

 

私の身長は、185cm-体重58kgなんですが・・・

 

え~嘘を言いました。178cm-60kgなんですが・・・え~「小さなプライド」が邪魔をし、さらにサバを読んでしまいました。

 

現実は、174cm-63kgなんですが、長さは問題ないものの、幅が若干狭いかな~って感じです。

 

足元は肉抜き(ロフトポケット)されていないんで地面に接する事はなく、腰や背中にフィットして、想像以上に寝心地は良いです!

 

横を向いても肩や腰が痛くならず、枕が良い感じに頭デッカチをフォールドしてくれるので、非常に快適です!

 

 

クライミット イナーシャ オゾンをモンベルダウンハガー#3と使った感想

モンベルのダウンハガー#3(シェラフ)を3シーズン使っているのですが 、メーカー推奨は、シュラフの中に入れて使うマットですので、写真の通りやってみました。

 

(普通の寝袋マットのように、クライミット イナーシャ オゾンを寝袋の下に敷いてもOKです!)

 

 

モンベル U.L.スパイラルダウンハガー#3とイナーシャオゾンセット

肉抜き(ロフトポケット)された箇所は、自分の体重でシュラフが潰れないのでフンワリ温かく、保温効果も結構高いかも?って感じです。


ただ、やはりシュラフの中の空間が狭くなるので、2人で愛し合うには窮屈ですが、独りで慰めるには調度良い広さかも知れません( ̄O ̄)ノ

 

肉抜き(ロフトポケット)されているので、空気を入れるのも非常に楽で、私の場合、枕は3回、胴体部分は10回弱で満タンになり、酸欠になる事はありません。


しかし、他のレビューに書かれている通り、空気を抜くのが面倒で、慣れるまで時間が掛かると思います。

 

今までは サーマレスト Z Lite Sol Zライト ソル Sサイズ( 30669)を使用していたんですが、寝心地は購入したクライミットが全然良いですね!

 

www.aohigetozan.com

サーマレスト寝袋マットについて書いた記事です!良かったらご参考してみてください。

 

まとめ

ただ、クライミット イナーシャ オゾンの構造上、厳冬期は使えるか?耐久性は?となると、嵩張らるもののやっぱりサーマレストの方が安心感がありますよね。

 

お値段も10,000円前後もするので、購入前は「チョッと博打やな~」と思っていたのですが、期待を裏切る良く出来た製品でした!

 

荷物は軽いに越した事はないですから、こんな寝袋マットの選択もアリかも良れません!

 

 サーマレストと枕のセットと比べ、約100g軽量化になったのは大きいです。


その分、お酒を揚げて至福な時間を楽しみたいと思います♡

 

 

www.aohigetozan.com

※寒い時期(厳冬期)にクライミット イナーシャ オゾンを使った感想をまとめてみました!

何回か環境を変えて使ってみたので、良かったら参考にしてください!!