アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

ほりにしアウトドアスパイスレビュー!万能スパイスをキャンプ料理・山飯に!

ほりにしアウトドアスパイス

 

 

 

 

ほりにしアウトドアスパイスを購入した経緯

 今年から登山と併せて「ソロキャンプ」を楽しみたいと思い実行に移しているのですが、山でのテント泊とは違った魅力があって「キャンプも良いかも♡」と思っている誰かさんになります!

 

正直に書きますと、今まで下界でのキャンプに魅力を感じず、特に何も努力が要らない「オートキャンプ」については否定的でした。

 

アウトドアは体を動かしてなんぼでしょう!

 

と、よく分からない持論を叫んでいたのですが、いざ、下界のキャンプ場で泊まってみると、この考えが間違いであることに気が付きました。

 

充実した人生を歩むために不要なのが「思考停止」だと思っているのですが、正にイメージだけが先行し「食わず嫌い」な状態であった感じです。

 

やった事もないのに決めつけてしまうのは人生において大きな損失ですよね!

 

当初、イメージが悪かったキャンプですが、楽しみの1つがやはり食事ですよね!

 

登山のテント泊とは違い、キャンプ場での食事は、重量制限が不要ですので、美味しい食材をモリモリ持参出来るのが魅力の1つですよね。

 

「働けど働けど我が暮らし北朝鮮みたいな感じ」

 

こんな私の懐事情なもので、安い食材を高級な味わいに出来るスパイスや調味料はないかと思っていると、キャンプが好きな仲間から「ほりにしアウトドアスパイス」を強くすすめられました。

 

正直、ほりにしアウトドアスパイスは、名前すら知らかったのですが、「一度使うと手放せなくなる」とのお話で興味が湧き購入してみる事にしました。

 

ど~でも良い話なのですが、同級生に「ほりにし」という苗字の方がいたもので、ついついその方の顔を思い浮かべてしまいました。

 

眼鏡をかけていた女性で、「~ざます!」と言いそうな雰囲気がしていたもので、実際には語尾に言わないものの、あだ名を「ざます」とし、心の中で呼んでいた頃がとても懐かしくなってしまいました。

 

一生懸命話している姿を眺めながら「なぜ、最後に「ざます!」と言わないんだ!!」と、ニヤニヤしながら聞いていた自分が情けないです。

 

もしかすると、当時気づかなかったのですが、これが「恋」っていうものなのかもしれませんよね・・・。

 

そ~思うと、なんだかピリッとする「ほりにし」との時間でしたね・・・。

 

ほりにしに逢いたい・・・

 

ほりにしと話したい・・・

 

そして、そんなザマスの顔に優しい口づけをし・・・(自己規制)

 

妄想から想像に代わり、最後は痛いオジサンになってしまいましたが、万能スパイスほりにしに話を戻しますが、一度も使わずキャンプでいきなり投入するのは怖いと感じ、家でもこっそり利用してみたいのですが、調理も簡単で安い食材が高級な味わいに変身するので非常に便利だと感じました。

 

これなら直ぐにでもキャンプの料理や山飯に使えると思い、先日利用したのですが、とても良い仕事をしてくれました!

 

今回は、キャンプ料理や山飯、普段の料理にも使えるほりにしアウトドアスパイスについて掘り下げてみたいと思います!

 

万能スパイスほりにしアウトドアスパイスの詳細とカロリー、中身の原材料について

万能スパイスほりにしアウトドアスパイス

 

こちらが今回購入した「ほりにしアウトドアスパイス」になります!

 

見たまんまのパッケージになってまして、こちらで100g入っております。

 

パッと見ると「ふりかけ」の様な商品ですが、実はごはんにそのままふりかけて食べてもイケちゃう万能スパイスになります。

 

普段から貧乏な毎日を送っているのですが、白飯に非常に合いますので、調理するのが面倒な時やお金がない時にほりにしアウトドアスパイスは重宝すると思います(笑)

 

 

万能スパイスほりにしアウトドアスパイスパッケージ

 なんだか「お札」に書かれていそうな書体ではありますが、味の方は間違いない感じです!

 

 そんなほりにしアウトドアスパイスですが、中身は何が入っているのか気になりますよね!?

 

まずはカロリーの方ですが、「万能スパイス」になりますので、それほど高くはない感じです!

 

 

ほりにしアウトドアスパイスカロリー

 100gあたりのカロリーですが、206kcalになっておりまして、意外とタンパク質、炭水化物が多い感じです。

 

そ~はいっても、100gですと1瓶相当になりますので、一日で消費するようなことは絶対にないですよね(笑)

 

1振りで1gとして、2、3振りしても6Kcal前後のカロリーになるかと思いますので、それほど気にするレベルではないですよね。

 

そして、ほりにしアウトドアスパイスに使われている原材料ですが、こんな感じなっております!

 

 

ほりにしアウトドアスパイス原材料詳細

スパイス言いながらも食塩を多く使っておりまして、100gの中に約46gを占めております。

 

アウトドアスパイスと言うよりは、「アウトドア食塩」と呼んだ方が良いかもしれません!

 

食塩以外ですと、ガーリック、黒コショウ、レッドベルペッパー、粉末醤油・・・となっておりまして、旨味として植物油脂、チキン調味料が使われている感じです。

 

また、スパイスとして含まれている原材料は、パセリ、パプリカ、オニオン、赤唐辛子、陳皮、ジンジャー、バジル、オレガノ、マジョラム、ローズマリー、ローレル、セロリシードとなっております。

 

パセリやバジルなどのハーブが嫌いない方もいらっしゃるかと思いますが、食べた限り、それほど主張は強くないので、気にならないレベルだと思います!

 

 

ほりにしアウトドアスパイス中身の様子

 ほりにしアウトドアスパイスの中身については、こんな感じになっております!

 

スパイスと言うよりは、やっぱり「ふりかけ」の様なビジュアルをしておりますよね!!

 

そして、ほりにしアウトドアスパイスには姉妹品?としてもう1つ別の味付けが発売されておりまして、今回買わなかったのですが、妙に気になる商品になっております!

 

万能スパイスほりにしアウトドアスパイス辛口の詳細

 

こちらが妙に気になる万能スパイス「ほりにしアウトドアスパイス辛口」になります。

 

私は「辛口ピーコ」に憧れていた時期があったのですが、ファッションの方は疎かったこともあり「生脚チェック」、「制服姿チェック」等を担当しておりました。

 

生脚については、ついつい辛口になってしまうのですが、その点「制服姿」は結構甘めな感じになってまして、多分、「雰囲気」に弱いんだろうな~と自己分析しております。

 

え~・・・話がかなりズレてきてますが、元々辛い食べ物が大好きなもので、こちらの辛口も気になったものの、とりあえずノーマルなプレイを楽しんだ後に、刺激的なプレイへ移行したいとった思いもあって、今回は購入いたしませんでした。

 

アウトドアスパイスになりますので、比較的野外での調理がメインになってくるかと思いますので、夏場のBBQ等の暑い場面に非常に合う万能スパイスだと妄想しております!

 

汗がダグダグの中で食べるBBQとビールって異様な旨さがありますよね!

 

そんなほりにしアウトドアスパイス辛口ですが、使われている原材料はノーマルと同じ感になってまして、違う点は「赤唐辛子」の量が多い点になります。

 

山椒も含まれておりますので、痺れる辛さもプラスされている感じでした。

 

また、カロリーの方も若干高くなってまして、辛口の方は253kCalになっております。

 

そして食塩の方は35gとノーマルよりも約10gほど少なくなっております。

 

塩分を気にされている方は、ノーマルよりも辛口を選んだ方が良いかもしれません。

 

 

キャンプ料理・山飯にほりにしアウトドアスパイスを使ってみる!味のレビュー!

ほりにしアウトドアスパイスの料理開始前の様子

念のため、 家でキャンプ飯、山飯の練習でほりにしアウトドアスパイスを使い、経験を積んでから実戦に投入してみました!

 

上手く調理できるかしら?と思いつつ、ほりにしアウトドアスパイスの料理の様子と味のレビューをしてみたいと思います!

 

 

ラム骨付きロースでキャンプ料理・山飯

キャンプ料理のメニューについては、色々検討しレシピも頭に入れてきたのですが、結局、食材を購入したスーパーで「ラム骨付きロース」が売っていたもので、無性に食べたくなり、変更となりました(笑)

 

ま~キャンプ料理なので、行き当たりばったりもアリですよね!

 

 

ラム肉とほりにしアウトドアスパイスは相性が良い

ほりにしアウトドアスパイスは、ワイルドな肉料理と相性が抜群でございます!

 

むしろ、こんな肉料理に使って欲しい感じです。

 

 

ラム肉にほりにしアウトドアスパイスを振りかけた様子

本来ならば、塩・コショウでお肉に下味を付けますが、ほりにしアウトドアスパイスなら不要になります。

 

 

羊肉をキャンプ飯で調理

う~~ん♡

 

生で食べたくなってしまうビジュアルですよね~!

 

私、牛肉も好きですが、羊肉も好きでジンギスカンとか大好物でございます!

 

 

下味を付けずに直接ほりにしアウトドアスパイスを振って肉を調理

こんな感じに下味を付けずに直接ほりにしアウトドアスパイスを振っていきます!

 

 

お肉の裏表に万能スパイスを振ってみた

お肉の裏表に振ってみたいのですが、これですと少し塩辛い感じになりました。

 

お肉の厚みにもよりますが、両面振る場合、スパイスの量は少ない方が良いかもしれません。

 

 

万能スパイスをお肉の裏表に振って10分待ったのち調理

ほりにしアウトドアスパイスを振ってから10分ほど寝かせてから焼き始めました。

 

スパイスの中に塩が含まれておりますので、少し置く事により、食材に含まれている余分な水分が出て美味しさが濃縮されるそうです。

 

 

キャンプ料理調理の風景

キャンプ料理らしい調理の風景ですよね!

 

やはり炭で焼く料理は、肉に限らずなんでも美味しくできますよね!

 

 

ほりにしアウトドアスパイスは色々なスパイスが含まれていて万能スパイス

色々なスパイスが含まれておりますので、まさに万能スパイスと呼んでよいほりにしアウトドアスパイスでございます!

 

勿論、お肉以外に使ってもOKでございます!!

 

今回はキャンプ料理で使ってますが、山飯の調理にも十分使えると思いますので、メニューの幅が広がると思います!

 

 

鶏肉の手羽先を購入してキャンプ料理・山飯調理

 折角のキャンプ料理なので、違うお肉も食べたいと思い、鶏肉の手羽先を購入してみました。

 

鳥の手羽先は、お値段も比較的安く、量も多く入っているので、キャンプ料理に打って付けですよね!

 

 

キャンプ料理で肉が焼けてきた状態

お肉が焼けてくると、ほりにしアウトドアスパイスの焦げる良い匂いが立ち込めてきました♡

 

当初、お肉からポロポロとスパイスが落ちないか心配していたのですが、それほど剥がれもせず、シッカリと味がしみ込んでおりました。

 

 

鳥の手羽先を万能スパイスで味付けした状態

鳥の手羽先も、こんな感じに万能スパイスで味付けをしていきます。

 

塩・コショウが不要なので、調味料をモリモリ持参しなくて良いのもメリットになるかと思います。

 

 

万能スパイスで安い鶏肉も豪華な食材に早変わり

 ほりにしアウトドアスパイスを使うと、安い鶏肉も豪華な食材に早変わり致しました!!

 

ちなみにほりにしアウトドアスパイスは、原材料に醤油が含まれておりますので、洋食と言うよりは和風に近い味わいになります。

 

色々なスパイスが入っているので、「純喫茶」の様な和食テイストではないのですが、ガーリックがアクセントになっていて食欲がモリモリになってしまいます!

 

 

ラム肉が焚き火台で焼けた状態

ラム肉がいい感じに焼けてきましたね~♪

 

味付けがされていないようなビジュアルですが、シッカリと付いてますので、「追いスパイス」は不要でございます!

 

 

万能スパイスで調理したラム肉の焼き上がり

万能スパイスで調理したラム肉でございます!

 

肉の表面にスパイスが見えてますよね。

 

 

お肉にほりにしアウトドアスパイスを追加した状態

無性に「ほりにしさん」と仲良くしたくなってしまい、何故か「追いスパイス」をしてしまいました。

 

正直、塩辛くておすすめ出来ませんが、この辺は好みかな~とも思いますので、自分の好きな味付けを探してみてください!

 

 

キャンプ料理中の様子

なんだかキャンプ料理っぽくなりましたね!て、正真正銘のキャンプ飯ですよね!!

 

これでキャンプ女子からモテモテになりますかね!?(笑)

 

 

ほりにしアウトドアスパイスを食べている様子

 嚙み合わせが悪いから無理だろうね~

 

ハア~~食べかけ見せないでくれる!

 

ただただキモイ・・・

 

その骨の部分が欲しいニャ~♪

 

っと、聞こえてきました。

 

私の魅力を分かってくれるのは猫だけみたいです(笑)

 

肝心の味の方は、文句なしでございます!

 

 

鳥の手羽先に万能スパイスを振って焼いている様子

 手羽先との相性も抜群で、本当に万能スパイスだと思います!

 

 KFCに倣って「KHC」でも起業しようかと思ってしまいました。

 

KHCってなんざんす???

 

K・・・キモイ

H・・・変態

C・・・チャック開いてるよ

 

良い所が1つもないですね(苦笑)

 

 

キャンプ料理の台所の様子

KHCを楽しんだ後の台所?の様子になります。

 

万能スパイスが1つあれば、調味料を少なく出来るので、ゴチャゴチャせずストレスなく調理に集中することが出来ました!って、ほりにしアウトドアスパイスを振って焼いただけなんですけどね(笑)

 

ただ、塩のみ欲しい場合もありますので、作るメニュー次第ですかね。

 

山飯ならば、不要な物は荷物が重くなるだけですので、ほりにしアウトドアスパイスの1択でも良いかな~と感じました。

 

 

キャンプ中に呑んだビール

 お肉が美味し過ぎてビールが幾らあっても足りませんでした!!!

 

スパイシーなお肉とお酒が本当に合いました!!

 

少し塩辛い感じもしますが、その辺は分量の問題かな~と思います。

 

 

山飯調理にも使える万能スパイスと調理中の火加減

 万能スパイスが1つあれば、キャンプ料理、山飯のアクセントになりますので、本格的な料理を楽しむことが出来ます!

 

アウトドアに特化したスパイスと思いきや、結構繊細な味付けになってますので、色々なシーンに重宝する調味料だと感じました。

 

まとめ

 万能調味料である『 ほりにしアウトドアスパイス 』を使えば、私みたいに料理が出来ない方でも、ふりかけるだけで豪華なおかずに大変身しますので、非常に使い勝手の良い万能スパイスだと思います!

 

1つ1つスパイスを買うのは非常に面倒ですし、中々使いきれず賞味期限を迎えたり湿気てしまい使い物にならなくなってしまう事が多いですが、その点ほりにしアウトドアスパイスは20種類以上のスパイスと調味料がこの1本に含まれておりますので色々な種類を購入する必要がなくなります!

 

キャンプ料理でよく使われる肉、魚、野菜などと相性が良いので、食材本来の味わいを引き立ててくれます!

 

山飯の場合、短い時間できる料理が求められますが、その点においてもほりにしアウトドアスパイスは助けになってくれると思います!

 

勿論、家での料理にも使えますので、無駄になることも少ないと思います。

 

興味がある方はぜひ試して頂けたらなと思います! 

 

 

www.aohigetozan.com

今回のほりにしアウトドアスパイスを調理して楽しんだキャンプ場であるPIKA富士吉田について書いた記事になります!

ソロキャンプの値段が安く、かなり楽しめました!

 

www.aohigetozan.com

登山で肉料理は出来るのか!?について書いた記事になります!

荷物が限られる山飯は、メニューがなかなか難しいですが、何かの参考になれば幸いです!