アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

テムレスブラック登山手袋レビュー!雪山で使える性能なのか!?

テムレスブラック防寒テムレス黒色TEMRES 02 Winter

 

 

 

テムレスブラック登山手袋を購入した経緯について

雪山登山のシーズンに突入しておりますが、この時期の山装備に欠かせないのが「手袋」になります!

 

寒さから大事な手を守る為にも、防水性、保温性能が高い手袋が必須になりますが、登山用手袋になりますと、どうしても値段が高くなる傾向があります。

 

現在、一番高価な冬山登山用防寒手袋として使っているのが、こちらになります!

 

 

ブラックダイヤモンド登山用防寒手袋

 ブラックダイヤモンドのソロイストフィンガーという雪山登山用の手袋(グローブ)になるのですが、価格の方が10,000円以上致します。

 

ブラックダイヤモンドのソロイストフィンガーは、耐寒温度が-29度になりまして、雪山登山の手袋としては、魅力的な性能になります。

 

しかしながら、10,000円以上する手袋を購入するのは、正直かなり躊躇してしまいますよね。

 

 手袋も消耗品ですので、高価なグローブをモリモリ新規で購入するのは財政的にも厳しいので、代替品として何か良いアイテムがないかな~と調べたか結果「防寒テムレス」に辿り着いた経緯があったりします。

 

色々調べた結果、購入した防寒テムレスですが、登山用手袋としては、素晴らしいスッペクになりますし、何よりもその低価格に魅了されてしまったのですが、唯一の弱点が「ダサい」になります(笑)

 

防寒テムレスの何がダサいかと言いますと「色」に尽きるのですが、純白な世界である雪山登山においては、あのブルー色の手袋は、非常に目立ってしまい「給食センターで働くオジサン」に間違われてしまいます。

 

テムレスは、価格、性能においては申し分のない登山手袋になるのですが、雪山登山で実際に使ったレビューについては、下記記事で書いてますので、良かったら参考にしてみてください!

 

www.aohigetozan.com

登山者というよりは、水産加工会社の従業員な感じでの登山になりますが、コスパ最強の雪山防寒手袋として確固たる地位を築いたテムレス防寒手袋の詳細記事になります。

 

 防寒テムレスを実際に使った結果、特に不具合もなく、ただただ「カラーさえなんとかなればな~」と思いながら登山で愛用しておりました。

 

も~失うものは何もありませんので、どのように思われても大丈夫な点が、私の強みでもあったり致します!

 

ダサいのを承知でテムレスを使用していたのですが、そんな登山愛好家の声がメーカーに届き、「登山防寒テムレス黒色」発売されることになりました!

 

 長年愛用していた防寒テムレスですので、性能に不安は全くなく、衝動買と同じ位のスピードでテムレスブラックを購入してしまいました!

 

あの時の左クリックのスピードは、ここ数年の中でも最速だと思います(笑)

 

「抜きニスト」を自称している私ですが、あの左手の動きは自慢できる時間帯でした(?)

 

そんなテムレスブラックのサイズ感や耐寒性能などについて書いた記事がこちらになります!

 

www.aohigetozan.com

 テムレスブラックの正式名称は「TEMRES 02 Winter」になるのですが、ま~名前が長く覚えられないので「テムレスブラック」と私は呼んでおります。

 

そんなテムレスブラックですが、先日雪山へ登った時に使ってみたのですが、その時のレビューを今回書いてみたいと思います!

 

 

テムレスブラック(TEMRES 02 Winter)の詳細について

防寒テムレス黒色バージョンTEMRES 02 Winterアップ

今回購入したテムレスブラックがこちらになります!

 

カラーがブルーからブラックに変わっただけで、だいぶ雰囲気が変わりますよね!

 

ちなみにTEMRES 02 Winterが正解だと思っていたのですが、正式はシャワーグローブSHOWAが名前の最初に付くみたいですね。

 

購入したテムレスブラックTEMRES 02 Winterは、手首を覆う部分が大きく、加齢臭の拡散を防げるのでおすすめになります!

 

この歳になりますと、「首」という「首」からオジサン臭がするもので、手首の防御がモリモリの方が安心しますよね。

 

首に始まり、手首、足首、乳首辺りから臭いうようになってくるとは若い頃は思いもしなかったのですが、そんな匂いを愛してくれる山ガールがいましたらご連絡ください!

 

 

ま~いないだろうな~と思ってはいるのですが、手首の防御力が少し弱いのがTEMRES 01 Winterになります。

 

首の防御を気にされる方は、私が購入したTEMRES 02 Winterの方が良いかと思います!

 

防寒性能につきましては、TEMRES 01 Winter、TEMRES 02 Winterも変わりませんが、お値段の方が違いますので、予算に応じて選べるのもブラックテムレスの良い点かな~と思います。

 

しかしながら、雪かきなどで防寒テムレスを使う場合は、手首の防御が素晴らしく、雪が入ってこないので、TEMRES 02 Winterが良いかと思います!

 

 

雪山登山でテムレスブラック(TEMRES 02 Winte)のレビュー

テムレスブラックを登山で使った状況

前置きが長くなりましたが、テムレスブラック(TEMRES 02 Winter)を登山で使ったレビューに移りたいと思います!

 

前の記事でも書きましたが、防寒テムレスは、作りが少しタイトになりますので、少し大きなサイズを購入した方が良いかと思います!

 

普段、手袋のサイズはLサイズになるのですが、防寒テムレスの場合、1つ上のサイズであるLLにしております。

 

 

雪山でテムレスブラック使用

真っ白な雪山に違和感が全くないテムレスブラックでございます!

 

ゴミ袋のようなテカテカした色合いが、オジサンの心を鷲掴み致しました。

 

 

テムレスブラックで雪を持っている

松田優作さんバリに「なんじゃこりゃ~」と叫んでしまった雪山での時間帯でした(笑)

 

防寒性、防水性も素晴らしいテムレスブラックですので、雪を持っても冷たくなく、血ノリも染み込む心配がないのも雪山では安心材料になりますよね!

 

今回の登山は、天気が良かったものの、風が強く、体感で0度前後の環境だったのですが、手の冷えは感じませんでしたし、むしろ暑くて途中で脱いでしまいました。

 

少し大きなサイズのテムレスブラックを購入し、薄手のインナー手袋で二重にして使用した方が快適かもしれません!

 

 

雪山登山道の様子

私にはテムレスブラック様がついているので雪山も安心でございます!てなノリで歩いた時の様子になります。

 

手癖も悪いですが、足跡も癖があり、なんだか臭ってきそうな感じですよね。

 

 

テムレスブラックの手のひらイボイボ滑り止め

なんと!

 

テムレスブラック(TEMRES 02 Winter)の手のひらには、滑り止めとしてイボイボが標準装備されております!!

 

山ガールと手を繋ぐ機会があれば、「2度と離さないプレイ」を簡単に発動することが出来ます。

 

 

テムレスブラックの滑り止め

このテムレスブラックのイボイボがあれば、どんな山ガールも快楽に導くことが出来ると思っております!

 

 

テムレスブラック素材が柔らかい握りやすい

イボイボもさることながら、ブルーの防寒テムレスと比較して、素材が柔らかく、ストック等を持ちやすくなった印象があります。

 

雪山登山の手袋で重要なのは、防寒性能もありますが、やはり動かしやすさも大事ですからね!

 

また、黒色の手袋になりますので、どんな色の登山ウェアとの相性も良いと思います!

 

 

テムレスブラックを見つめる雪だるま

テムレスブラックを見つめる雪だるま達の眼差しが、妙に輝いておりました!

 

きっと、「手がないけどテムレスブラックを装着してみたい!」と思っているんでしょうね!

 

 

雪が圧雪された滑る木道

 こんな圧雪された滑る木道も、テムレスブラックなら手の防御力が良いので、転倒しても怪我の予防に繋がると思います!

 

しかし、テムレスブラックは、ウレタン素材になりますので、鋭利な物を握ったり引っ掛けたりすると切れてしまいます。

 

そこだけ注意が必要だと思います!

 

また、防水性も高いので、雪山登山で汚れたスパッツや、ストックなどを水洗いするときも冷たくなくて便利だったりします。

 

上述してます通り、鋭利なアイゼンやピッケルの水洗いでテムレスブラックを装着して洗うのは切れてしまうのでおすすめしませんが、嫌な水作業をする時にも重宝すると思います!

 

まとめ

テムレスブラック(TEMRES 02 Winter)を今回雪山で使用してみましたが、過酷な環境でも十分使える登山用手袋であることが確認できました!

 

高額な登山用手袋が多くある中で、この価格でこの性能なら、非常にコスパが良いアイテムであると言えます!

 

気になる点としましては、手袋の内部が「ボア」になっているのですが、そちらのヘタレ具合が今後どうなるのか!?になります。

 

モフモフ感がなくなり、オジサンの加齢臭に染まっていくのか今から興味津々な感じです。

 

今回は、標高1,600m前後でテムレスブラックを使用したのでアレですが、今後は厳冬期の森林限界より上でも問題なく使えるか試してみたいな~と考えてますので、使用した時にでもこちらでレビューを加筆したいと思います!