アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

フリースおすすめ!モンベル-パタゴニア-マムート比較!登山用フリースで防寒対策

 モンベルフリース

 

 

 

登山用フリースを防寒対策に購入した経緯について

寒さが強まってきましたが、そんな中で重宝するのがフリースですよね!

 

寒い時期の防寒対策に大活躍しますが、今日は普段から愛用しているおすすめのフリースについて書いてみたいと思います!

 

フリースといえば「ユニクロ」が一番に頭の中を過りますが、部屋の中や街着にも使え、お値段もリーズナブルなので重宝しますよね!

 

難点を言えば、「来ている人が多い」、「暖かさがいまいち」かな~と思っているのですが、その点「登山用フリース」ですと、一般に売られていうフリースでは味わえない暖かさがありますよね!

 

一般で売られているフリースを、登山・アウトドアで着ていた時期があったのですが、どうしても力不足を感じておりました。

 

分類上、私は恒温動物に該当するのですが、どちらかというと「変温動物」であり、も~少しで「変態動物」に退化できるのはないかと思っているのですが、年々寒さに対応できず、独りでプルプルと震えていることが多くなってきました。

 

「少し値段が高いけど登山用のフリースを購入し防寒対策しないと・・・。」

 

となり、色々と登山仲間やネットで調べてみると、モンベル・パタゴニア・マムートのフリースをおすすめする方が多く、このメーカーの中から購入することにしました!

 

熟考を重ね、暖かさ重視で購入し現在愛用しているフリースがこちらになります!

 

 

モンベルフリースクリマプラス200の詳細について

モンベルクリマプラス200フリース

 

こちらがモンベルから発売されている登山用フリースであるクリマプラス200になります!

 

登山・アウトドアで着るフリースですので、重さが気になりますが、こちらの

クリマプラス200の重さは527gと比較的軽量な部類に入るかな~と思います!

 

暖かくても重たいと、外に持ち運びしたくなくなりますからね~

 

モンベルクリマプラス200を購入する時も重さをチェックしたのは言うまでもございません!

 

当初、フリースの重さの上限を500gに設定していたのですが、

 

「防寒性のも良さそうなので、27g重いのは仕方がない。」

 

と、思い途中で妥協しました。

 

それにしても、モンベルから多くのフリースが発売せれているは知らず、非常に迷ってしまいました!

 

値段や重さ、防寒性能などを比較してみたのですが、なんだかキリがなくなり・・・。

 

色々と選べるのは良いのですが、ある一定の情報量になると時間泥棒となり、正常な判断ができなくなりますよね(笑)

 

正常な判断ができないようし、買わせようとする策略ではないのかと思ってしまうこともあるのですが、モンベルのフリースを調べた時に気になったアイテムがこちらになります!

 

パタゴニアフリースR2ジャケットのおすすめとサイズ感について

 

 フリースと言ったらパタゴニアが有名ですよね!

 

当初、予算内に収まればパタゴニアフリースR2ジャケットにしようと思っていたのですが、如何せん、お値段が・・・。

 

登山用品店に出没しては、パタゴニアフリースR2ジャケットを試着しては「ウフフフ♡」とニヤニヤし、脱いだ時のヒンヤリとした空気を感じては「暖かさが凄いな~!」となってました。

 

「このままパタゴニアフリースR2ジャケットを着たままお店で手も大丈夫ではないか?」

 

と、犯罪の匂いがする考えになってしまったのですが、そんな気分にさせてくれるほど暖かいフリースになります!

 

お金がモリモリあれば間違いなくパタゴニアフリースR2ジャケットを購入したと思うのですが、予算オーバーで手が出ませんでした。

 

パタゴニアのフリースのサイズ感ですが、欧米サイズになりますので、日本サイズより1ランク小さいものを選んでください!

 

モンベルと比較してもサイズが大きいので間違わないようにしてください!

 

私は、身長174cm 体重64Kgになるのですが、パタゴニアのウエア類はサイズSで調度よい感じです。

 

モンベルはLサイズで良い感じなので、1~2ランク小さいものを選んでください。

 

しかしながら、パタゴニアフリースR2ジャケットは少しタイトな作りになりますので、1ランク下(日本サイズでMならSサイズ)で良いかな~と思います!

 

そしてパタゴニアのフリースジャケットには「R1」があるのですが、こちらはさらに暖かいです。

 

しかし、暖かすぎて登山で着るには暑過ぎると思います。

 

厳冬期の小屋泊、テント泊ならアレですが、日帰り登山ではスペックオーバーかな~と思います。

 

服が重くなりますので、登山・アウトドアで使うなら、バランスが良いR2ジャケットがおすすめです! 

 

マムートゴブリンアドバンスドジャケット(フリースジャケット)と比較

 

パタゴニアのフリースと同じくらいおすすめなのがマムートのゴブリンアドバンスド ジャケット(フリース)になります!

 

パタゴニアのR2ジャケットと同じくらい軽量なフリースになってまして、重量が 500gになります。

 

こちらも非常に暖かいフリースになるのですが、パタゴニアと同様お値段が高く・・・。

 

マムートのフリースの特徴は、ダウンジャケット等の抜けた羽毛が生地につきにくい加工がされております。

 

寒い時期の登山・アウトドアでは、フリースとダウンジャケットの組み合わせは、結構多いですよね!?

 

ダウンジャケットも非常に暖かいですが、長年使っていると縫い目などから羽毛が抜けてしまいますよね。

 

どうしてもフリースに羽毛がくっ付いて凄いことになることがありますが、コロコロを使っても綺麗にならず処理に困ることがありますよね!?

 

 マムートのフリースは、こんな面倒な掃除の手間が大幅に省けると思われます!

 

また、パタゴニアと一緒でマムートも海外メーカーになりますので、ウエア類の作りが大きいです。

 

普段着ているサイズがLなら、マムートは1ランク下のMサイズで調度よいと思います!

 

モンベルと比較すると、マムート、パタゴニアはサイズが大きいので、購入前は注意してください!

 

1ランク小さいサイズでないと大き過ぎてしまいます!

 

モンベルフリースの詳細と暖かさコスパについて 

結局、懐の事情によりモンベルのフリースを選んだのですが、モンベル・パタゴニアと比較しても遜色ない感じです!

「暖かさ」だけをみると、パタゴニア・マムートのフリースに軍配が上がるのですが、コスパで比較すれば、モンベルはやっぱり強いと思います!

 

 

モンベルフリース襟

 

モンベルのフリースの襟元になるのですが、汚れやすい部分になりますが、肌触りの良い生地が使われていて、汚れも付きにくい感じに加工されております!

 

山の中に籠るとヒゲが伸びて「泥棒」に昇格する私なのですが、そんなジョリジョリとした顔を優しく包んでくれます!

 

山ガールに優しく包み込んでパフパフして欲しいのですが(?)、細かい部分で色々と考慮された設計なのがモンベル信者を大量発生させている要因なのかも知れませんよね。

 

 

モンベルフリースジッパー

胸に1つポケットがありますので、こちらにハンディーウォーマー(カイロ)を忍ばせて登山やアウトドアを楽しんでおります!

 

胸の近くに熱源があると、血液が暖められ、全身暖かくなるのでおすすめです!

 

 

フリースアップ

表面がフリース生地なのですが、内部は風をシャットアウトする裏地がつかれているので、防風性も抜群です!

 

熱が逃げないので、「防寒性能」はフリースにとって大事な要素だと改めて感じました。

 

フリースを購入するときに「防風性能」までは考えませんよね~

 

だいたい値段しか見てませんよね!て、それは私だけですかね?(笑)

 

 

フリースポケット

モンベルのフリースのジッパーは、YKKですので、非常に滑らかに締めることができます!

 

寒い環境で、ジッパーが上手く締まらないとイライラしますよね~!!

 

かじかんだ指では、細かな操作が難しくなりますので、ジッパーの品質は重要だよな~と感じております。

 

ジッパーが布と噛んで締まらなかったことは1度もありませんので、流石YKKだと思います!

 

あと、モンベルのフリースのサイズ感ですが、私はLサイズで調度よいです!

 

これ以上大きいと、フリースの上に着るウエアーからはみ出してしまう感じでした。

 

モンベルは日本のメーカですので、普段から着ている服のサイズで大きさを決めても大丈夫だと思います!

 

登山用フリースを部屋着・街着に!

折角、防寒性能が高い登山用フリースですので、これを登山・アウトドアの時だけ着るのは勿体無いですよね!

 

モンベルのフリースを街着で着ている方が地味に多いのでアレですが、パタゴニア・マムートのフリースなら、スタイリッシュで全然違和感がないかと思います!

 

フリースですので、年齢によって合う合わないも有りませんので、老若男女問わず着れるのが良い点ですよね!

 

私は、モンベルフリースクリマプラス200を着て街をブラブラすることはないのですが、部屋の中では大活躍しております!

 

ダウンパンツテントシューズと一緒にフリースを着ていれば、暖房いらずな暖かさになります!

 

やはり登山・アウトドア用の商品は、値段は確かに高いですが、それに見合った暖かさと性能があると感じております。

 

丈夫ですし、消臭性能も高いので、街着・部屋着として登山用フリースを使ってみては如何でしょうか!?

 

暖かくておすすめですよ!  

 

まとめ

暖冬とはいえ、これから益々寒くなってきますので、防寒対策が重要ですよね!

 

お金に余裕があれば、パタゴニア・マムートのフリースがおすすめですが、モンベルも価格以上の性能がありますので、予算に応じて選んでみてください!

 

登山・アウトドアでフリースは必須アイテムの1つになりますので、ダウンジャケット同様、性能にはこだわりたいものですよね!

 

寒い時期のレイアリング(重ね着)の一翼を担う存在になりますので、フリースで防寒対策を考えている方のご参考になれば幸いです!

 

寒い時期の登山・アウトドアも素敵な時間になりますので、防寒対策をシッカリして楽しみたいものですよね!