アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

憧れの朝日連峰テント泊縦走!大鳥登山口~大鳥小屋~大鳥池(前編)

 

 

朝日連峰について

今日は、昔から憧れていた「朝日連峰テント泊縦走!」でモリモリ歩いた時の記録を書きたいと思います!!

 

今年のお盆休みを利用して、前から歩いてみたかった憧れの稜線が鎮座する朝日連峰へ行ってきました!

 

 

朝日連峰って何処にあるのよ?

 

TV朝日や朝日新聞、アサヒ飲料の仲間か?

 

ってな感じですが、朝日連峰は、「新潟県と山形県の県境をなし越後山脈最北部に位置する 山地」であるとWikipediaは語っておりました(笑)

 

神奈川に住む私にとっては、朝日連峰はとても遠く簡単に行ける山域ではございません!

 

も~2度と朝日連峰へテント泊縦走で登る事はないと思われ、その覚悟で今回臨んでみました!

 

2泊3日のテント泊縦走と長いので、今回も3部作で行きたいと思います!

 

そんな感じで今回は前編(8月11日)の朝日連峰テント泊縦走の記録になります!

 

朝日連峰テント泊縦走の日程・天候・メンバー

登った日:2016年08月11日(木) ~ 2016年08月13日(土)

天  候:8月11日(木)  晴れ時々曇り

メンバー:私を含めて4人(他3人は登山仲間)

 

アクセス・駐車場・登山口付近地図

 大鳥登山口バス停付近の地図になります。

朝日連峰縦走の起点になるバス停で、付近に公衆トイレと自動販売機があります。

 

交通手段

バスタ新宿~山形県鶴岡駅(東京第一ホテル鶴岡)夜行バス7,540円/人          

鶴岡駅~大鳥登山口バス停 バス料金1,400円

 

大鳥登山口バス停から泡滝ダムまでは、地元の方のご厚意で車に乗せてもらいました。

本来なら、泡滝ダムまで2時間以上の林道歩きになります。

 

大鳥登山口~七ツ滝沢水場~大鳥小屋までのコースタイム

大鳥登山口 10:11 → 11:48 七ツ滝沢水場 11:50 → 12:35 大鳥小屋(泊)

 地元の方の車に乗せてもらえなければ、さらにプラスで2時間ほど掛かっていたかと思われます。

 

コース・高低差

朝日連峰テント泊縦走コース・高低差

 前編は、大鳥登山口から七ツ滝沢水場 、大鳥小屋までの区間になります。

 

朝日連峰テント泊縦走の山行写真

大鳥登山口バス停

 夜行バスと路線バスに揺られ、よ~やく大鳥登山口バス停まで辿り着けました!!

初めて「バスタ新宿」を利用したのですが、思った以上に分かりやすく新宿駅からも近いので便利ですね~♬

ま~お盆休み真っただ中と言う事も有って、凄い人の数でしたけどねf^_^;

 

 

東北のヤマユリ

首を垂れたヤマユリの群落がお出迎えして下さいました!

東北のヤマユリは、礼儀をわきまえておりますね~(笑)

 

 

大鳥登山口

あまりの遠さに、登山口に着いただけで感動の涙を流してしまいました(笑)

こちらが大鳥登山口になります!

それにしても、皆様のザックが大変大きいですね~~

エ●本でも入っているのでしょうか?(笑)

 

 

良い滝

朝日連峰テント泊縦走の期待と不安を膨らませてくれる雰囲気の良い滝がありました!

暑かったので、沐浴したかったです♡

 

 

大鳥小屋までのコースは、水場

今回の大鳥小屋までのコースは、水場が豊富でアチコチ湧いておりました!

どれも冷たくて美味しく、水を担ぐ量が少なくすむので助かりました!

 

 

f:id:aohige0718:20160918101848j:plain

 高度感が無さそうな感じですが、実際渡ると少しチビリます(笑)

 

 

大鳥小屋まで雰囲気の良い登山道

森林浴最高\(^o^)/ 

なんとなく、緑色にしてみました(笑)

大鳥小屋まで雰囲気の良い登山道が続きます!

 

 

f:id:aohige0718:20160918101926j:plain

 岩に滑って「ドボン♬」を期待している皆さまです!!

芸人根性が燻りますが、ここは我慢の時ですよね(・ω・)ノ

 

 

f:id:aohige0718:20160918101940j:plain

 この美しさ・・・「ドボン♬」も決して悪い選択ではありませんよね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20160918101952j:plain

 股がスースーする感じの吊り橋が続きます!

スースーよりも、ヒィーヒィー言わせたい!そんな感じでした(?)

 

 

f:id:aohige0718:20160918102008j:plain

 肺胞が生まれ変わり、酸素吸収量が1.5倍になりそうな空気の綺麗さでした!!

伝わるような伝わなないような・・・ですかね?(笑)

 

 大鳥小屋のテント場について

大鳥小屋のテント場

山を撮っている訳ではございません( ̄O ̄)ノ

大鳥小屋のテント場を撮影しております!!

朝日連峰、唯一テントが張れる小屋が大鳥小屋になりまして、れ以外はテント泊禁止でございます!

この時間のテント場は、まだガラガラでしたが、かなり広いので快適に使えました♬

ちなみ大鳥小屋のテント泊料金は500円/日です!

350mLの冷え冷えのビールも500円です!!

良心的ですよね~

まるで私の様でございます(笑)

 

 

テント設営の様子

 なんだかゴチャゴチャしおりますが、大鳥小屋のテント場で、テント設営の様子になります!

テント場は芝生の平地が広がっておりまして、テーブルも有ったりと、快適そのものでした。

トイレ、水場もテント場の近くにあるので、その点も快適でした。

ただ、この日は直射日光が厳しく、テントの中が蒸し風呂状態になり、入れなかったというオチまでついておりますf^_^;

雨が降るよりは良いですけどね~~

 

 

f:id:aohige0718:20160918102051j:plain

寝床が出来上がったら、やる事と言ったらコレですよね♡

若干、一名、お酒じゃないような・・・

水で酔えるとは、高等テクニックを駆使しますな~

その技、給料日前に助かるので、是非教えて欲しいです(笑)

 

大鳥池について

大鳥池釣りキチ三平怪魚タキタロウ

こちらが「釣りキチ三平」にも登場する「怪魚タキタロウ」の棲む大鳥池です!

確かに、何かが居そうな雰囲気でした。

ここで釣りやったら、気持ちEでしょうね~(´∀`*)

どんな主が住んでいるのか気になってしまった大鳥池での時間でした!

 

 

三角池

 大鳥池の近くにある三角池へ散策してみました!

道がかなりグチャグチャで、三角池の印象よりも悪路の印象しか残っておりません(>_<)

 

 

大鳥池景色

大鳥池は癒される景色が広がっておりました!

正面に見えるお山も登ってみたいです!!

なんだかこの辺も熊がモリモリ居そうな感じがしますよねf^_^;

 

大鳥小屋のテント場で宴会

テント泊初日宴会

 大鳥池から戻った後は、テント場で第2ランドの宴会を開催でございます!

テント泊初日という事で、食材などの資材がモリモリで豪華な宴会になりました!

 

 

f:id:aohige0718:20160918102212j:plain

単独でテント泊すると痩せるのですが、何故か団体で行くと必ず太るという不思議な山行になります(笑)

 

 

山には色々な出会い

年齢不詳のKさんです!

テント場でなにかを作っている最中です!

Kさんとは、南アルプルの縦走途中に仲良くなりました!

山には色々な出会いがありますよね(*´з`)

 

 

ニョッキ

 こりゃ~痩せろという方に無理がありますよね(笑)

ニョッキ、大変おいしゅう~ございました~(´∀`*)

 お酒が進んでしまい「金泥棒」な時間帯になりました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20160918102308j:plain

 山の中とは思えない食事のクオリティーの高さです\(^o^)/

単独テント泊時のひもじいメニューは、ブログで紹介できないほど悲惨でございます(笑)

 

 

鹿のソーセージ

なんか色々と宴会の料理が出てきました❤

赤い肉棒は、鹿のアレだそうです!

比べて見ると・・・私の方が圧勝ですね!!(?)

 

 

お誕生日

 近々Tさん(赤い方)のお誕生日ということで、宴会のついでに、ささやかなお祝いを開催しました!

スッカリ忘れておりました

 最高の笑顔をプレゼントで贈っておきました(笑)

 私のスマイルは、どっかのアレとは違って0円じゃないんですよ(・ω・)ノ

 

 

25歳の誕生日なのかどうか

ヤッホーと叫んでいる訳ではございません!

地球の裏側の人!元気ですか~!?と、聞いている訳でもございません。

それにしても、25歳の誕生日なのかどうかは、このさい、ど~でも良い事です!

考えると寝むれなくなります。

 

 

大鳥小屋

大鳥池から右に見える建物が大鳥小屋です!

テント場から小屋も近いので、何かと便利でした。

 

 

朝日連峰テント泊縦走のまとめ

楽しかった朝日連峰テント泊縦走の初日が終わろうとしております!!

山登りと言うよりは、宴会とお誕生日会みたいな前編でしたねf^_^;

 

移動が長いので、ど~しても初日は距離を稼ぐことが出来ず、こんな感じになってしまいます・・・。

 

そんな感じで今回の核心部とも言える朝日連峰の稜線歩きが次回(中編)へと続きます!!

 

予想以上の稜線美に激しく逝ってしまいました(*ノωノ)

 

www.aohigetozan.com

朝日連峰テント泊縦走(大鳥小屋~以東岳~狐穴小屋~寒江山~竜門山避難小屋)の記録になります!