アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

不吉な現象登山編!気を付けたい危険のシグナルと前触れ!?

不吉な現象と時計

 

 

 

 

不吉の現象は危険のシグナルについて

私の父は、俗に言う「霊感が強い人物」になるのですが、幼い時から色々話を聞いてきました。

 

幼心ながら「何を言っているだこのおっちゃんは!」と良く思っていたのですが、いつも話す内容がリアルなもので、中学生頃から「薄気味悪いおっちゃんだな」と思うようになりました。

 

私は全く霊感がなく、金運もなければ人の気持ちも察する事も出来ないオッちゃんですが、唯一分かるのは「Mな乙女心」くらいしかありません。

 

この「Mな乙女心」を大事に育ててきたものの、収穫を迎えた事がないのが難点なのですが、身近に霊感が強い人間がいると、事ある毎にアドバイスというか、不思議な体験を何度か経験しました。

 

家族旅行中に「不吉な気がする」という理由だけで、途中で家に帰った事もありますし、「天狗が来るなというから目的地を変更する」と言ったこともあったりと、傍からみると頭がおかしいオジサンに映りますよね(笑)

 

本人は至って真面目に不吉な現象や前触れついて良く話していたのですが、今回は登山やアウトドアなどに関連する「不吉な現象」や「気を付けたい危険のシグナル」について書いてみたいと思います!

 

登山やアウトドアを始め、なんでもそうですが、自分が気をつけていても避けられない事故や事態ってありますよね。

 

その場に居たが為に災難に遭ってしまう訳ですが、前もって危険予知が出来ていれば、避けられた事態があるのも事実ですよね。

 

少しでも不吉な現象や気を付けたい危険のシグナルをキャッチできるような知識があれば、また違った結果になる事も考えられると思っております。

 

今回は、科学的に根拠に乏しいスピリチュアルな内容ですので、その点、ご考慮頂ききながら参考程度にして貰えると幸いです!

 

時計の時刻が止まるのは不吉の現象について

時計の時刻が止まるのは不吉の現象

 

毎日の生活に欠かせないアイテムとしてあるのが時計かと思います。

 

2度と戻らない時間を刻みながら1日に何度も見つめる存在ですが、この時計に関しても色々と不吉な現象について言われていることがあります。

 

ありきたりな話からのスタートになりますが、この時計の針が止まると不吉な現象の前触れであると言われております。

 

何が不吉かと申しますと、時計の針が止まるということは「時が止まる」と同義になりますよね!?

 

この事から、昔から時計の針が止まると「誰かが亡くなる(死去)」という前触れであると真しやかに言われております。

 

特に縁起が悪いのが夜中になるのですが、電池切れや、物理的に故障した場合は、速やかに対処することが大事であると言われております。

 

時計の電池が切れる前に交換したり、壊れてしまったら直ぐに捨てる事が重要です。

 

父親は、時計が止まっている事が異常なほど嫌がり、「縁起が悪いから今すぐ何とかしろ」とよくお叱りを受けました。

 

登山やキャンプ中、ぶつけて時計が壊れてしう事があるかも知れません、確かに時が止まるというのは縁起が悪いことですので、そんな時は用心した方が良さそうですよね。

 

 

虹は不吉な現象!?危険のシグナルとブロッケン現象について

虹は不吉な現象

 

登山中は、天候の変化が多いので、時々虹を見ることがありますが、稀な自然現象なだけに見かけると「ラッキー!」と思ってしまいますよね!

 

私の眉毛は「一本眉毛」なもので、そんな姿を「夢の懸け橋」と呼ぶようにしているのですが、見ようによってはブラック一色の虹であるとも言えます。

 

そんな一本眉毛は、不吉な現象と言われても仕方がないな~と思っているのですが、実は虹に関しても色々と危険のシグナルであると考えられていたりします。

 

虹は、この世とあの世を繋ぐ橋であると考えている地域があります。

 

虹を見かけると「ラッキー!」と思ってしまいますが、実はその反対で「アンラッキー」であるという考えがあったりします。

 

なぜ、虹が不吉な前触れであるかと言うと、「あの世に旅立つ準備が出来た方がいる」といった意味に繋がります。

 

また、虹が掛かっている場所にも関係がありまして、自分に馴染みのある地域に出現した時は要注意になります。

 

「旅立つ」、「移動する」と言った意味にもなりますので、「別れ」のシグナルとしての意味合いになってきます。

 

そんな虹ですが、真逆の意味になる現象もあったりします。

 

それが「ブロッケン現象」になります。

 

 

危険のシグナルとブロッケン現象

※Wikipediaより出典

 

登山をされている方なら名前だけはご存知かと思いますが、こちらがブロッケン現象になります!

 

このブロッケン現象は、日本と欧米では考え方が真逆になってまして、日本では「縁起が良い吉兆」で、欧米は「妖怪」になります。

 

ブロッケン現象の「ブロッケン」はドイツの山の名前(ブロッケン山標高1,142m)が由来になるのですが、確かに不吉な現象と見ることも出来ますよね。

 

なんだか妖怪のような影になりますし、怪しく輝く丸い虹も不気味と言えば不気味ですよね。

 

しかし我が国では、このブロッケン現象は「御来迎(ごらいごう)」や「御光(ごこう)」とも呼ばれ縁起が良い現象になります。

 

ブロッケン現象の姿が阿弥陀如来の再来と考えられ、北アルプスの槍ヶ岳を開山した播隆の前に出現した御来迎の話が有名になります。

 

虹の出現はアンラッキーですが、ブロッケン現象は、日本ではラッキー現象ですので、素直に喜んで大丈夫です!

 

また、「彩雲」といった現象も縁起が良いとされております。

 

 

彩雲吉兆

こちらが彩雲になるのですが、こちらを見ると、運勢が上り良いことが起こるそうです!

 

長年登山してますが、この彩雲は、今まで2回しか見たことありません。

 

ま~特に何もなかったんですけどね(笑)

 

国によって吉兆だったり不吉な現象であったりと、考え方が違うのも面白い所ですよね!

 

 

大人が何もないところでつまずくのは不吉なサイン

大人の女性が何もないところでつまずく不吉なサイン

 

加齢に伴い、何でもない所でつまづき転倒をしてしまうことがありますが、これも不吉なサインであると言われております。

 

私もよく躓くのですが、一連の流れから「トリプルアクセル」を披露しつつ、持ち前のバランス力を発揮してなんとか誤魔化すようにしております(?)

 

特に出発前に家の中や外に出て直ぐつまづいてしまうのは、不吉な現象として認識していたほうが良さそうです。

 

出掛けない方が良い、延期した方が良い、不幸が差し迫っているから注意しろ!といった意味が隠れているそうです。

 

これは、私の父親も口酸っぱく言ってましたし、併せて「なんか嫌だな」と思った時は出かけるな!と、よく注意してくれました。

 

私は霊感は全くないのですが、「感」はかなり良いそうで、「その直感は信じなさい」と、小さな頃から言われ続けてきました。

 

天気も良い予報で登山に行こうと計画したものの、何故か急に気分が乗らない時ってありません?

 

私は時々あるのですが、そんな時は山に行かないようにしております。

 

登山を強行した結果、何が起こったかは分かりませんが、きっとあまり良くないことが遭ったのかもしれないな~と思うようにしております。

 

また、家を出て直ぐにお葬式の参列に遭遇する事も縁起が悪く不吉なサインであると言われております。

 

出かける時に葬儀と遭遇すると、気持ちも暗くなりますし、足取りも一気に重くなりますしね。

 

電車が遅延したり、赤信号ばっかりで中々進めない時は、もしかすると何かのサインであると捉えた方が心の平安にもなるかな~と思います。

 

上手くいかない時は、何をやっても駄目ですが、それには隠れた意味があると思うとまた違った注意を払えますよね!

 

Wi-Fiの電波やラジオの異変は危険のシグナルと前触れについて

Wi-Fiの電波やラジオの異変は危険のシグナル

 

普段の生活で無くてはならない物になってきたのがWi-Fiですよね!

 

そしていまだに根強いファンがいるのがラジオだと思います。

 

両方とも電波を使う点で一致しておりますが、こちらも不吉な現象を捉えることが出来たりします。

 

私の父親もよく話していたのですが、電波が急に悪くなり不安定になるのは、周辺に何かがある証になるそうです。

 

家族でドライブ中に、トンネルでもないのにラジオの電波が急に悪くなったことがあるのですが、そのチョット前から、運転中の父親がモジモジしだし、「通り過ぎた電柱の隣に天狗が二人立っていて、左側の天狗が『こっちにくるな』と言っていた」と、真顔で話す姿に恐怖したことがあります。

 

 霊感が強いのも困ったものだな~と子供ながらに思ったのですが、確かにラジオの音が急にガーガー言い出し普通でなかったのは事実になります。

 

同じようにWi-Fiの電波も不吉な現象をキャッチする事が出来ますので、急に通信速度が落ちたり、接続が不安定になったときは、色々と気をつけたほうが良いのかなと思います。

 

ここ数ヶ月はなくなったのですが、去年、亡くなった親の月命日になるとネットの繋がりが悪く、利用できないことがあったりしました。

 

何か関係があるのかな~と思いつつ、18禁の動画をヘビーローテーションで鑑賞し、来る日の勉強をしているので、いつの間にかウイルスに感染しているのかもしれませんよね(?)

 

登山やアウトドアでラジオを使っている方も多いと思いますが、急に電波が悪くなったりしたら危険のシグナルとして認識するとリスク回避になるかもしれません。

 

心霊現象は、「ゼロ磁場(磁場が無い空間)」で発生しやすいと言われております。

 

磁場がないと、脳みその機能に影響があるとかないとか色々な話があるのですが、私が住む神奈川県にも「ゼロ磁場」があったりします。

 

その0磁場の近くで私も心霊現象?に遭遇したことがあるのですが、このWi-Fiやラジオの電波障害も関係しているのかな?と妄想してたりします。

 

www.aohigetozan.com

ゼロ磁場について書いた記事になります!

信じるかどうかはあなた次第です!!

 

帽子が飛ぼされるのは不吉な現象!危険のシグナルについて

帽子が飛ぼされる女性危険のシグナル

 

登山やアウトドアで必須のアイテムとしてあるのが帽子だと思います。

 

特に5月から10月頃までは日差しが強く、日焼け対策として登山で帽子を使っている方も多いと思います。

 

そんな帽子ですが、動いているわけでもなく、風も吹いていないのに急に飛ばされて落としてしまう事はありませんでしょうか!?

 

なんで帽子が落ちるんだ?と、不思議に思う事があるかと思いますが、まさにそれが不吉な前触れになります。

 

何故かと申しますと、帽子を被る頭部は、人間の急所になりますので、とても大事な場所になりますが、スピリチュアル的にも重要な部位になっております。

 

俗に言う「守護霊」、「ご先祖様」は、頭の上の近くで見守っていると考えられておりまして、イメージ的には、「天使の輪っか」の位置辺りが該当致します。

 

そんな大事な頭付近にある帽子ですが、風もなく突然飛ばされるという事は、誰かの念や危ない気の流れがあり、不吉なことを計画している輩の悪い力であると考えられるそうです。

 

 自分の事を守ってくれたり優しく見守ってくれている守護霊やご先祖様が、その時は力になってくれないという暗示の為、細心の注意が必要になります。

 

特に不吉なのは、旅行中(登山中など)や買い物時に、風もないのに帽子が飛ばされる時になります。

 

そんな時は、犯罪を始め、不慮の事故に巻き込まれてしまう前触れですので、周囲注意を払い意識を高めておくことが肝要です。

 

 また、飛ばされた帽子を被りなおす時は、必ず大きな音がするように満遍なく叩いて厄を払うことが重要です。

 

汚れていないからと言って、帽子を叩かず被り直すのは避けたほうが無難だと思います。

 

カラスは不吉な現象のシグナル?について

熊野本宮大社境内に設置されているカラスのポス

 

カラスを見かけると「不吉な前触れだ」と想像してしまう方が多いと思います。

 

大地震の前兆現象の1つとして、カラスが騒ぐと危険とかいう話もありますよね。

 

しかしながら、カラスについては「不吉な現象」というよりも、むしろ吉兆であると言われております。

 

特に神社の境内でカラスを見ると縁起が良いとされてまして、普段のイメージの真逆になります。

 

上記の写真は、熊野古道でお馴染みの「熊野本宮大社」の境内に設置されてます、有名なカラスのポストになります。

 

ポストの色までカラスカラーのブラッグになっておりますが、熊野地方ではカラスを見かける事は「神様からの歓迎」を意味してまして、特に境内で見かける吉兆であると信じられております。

 

カラスは、今でこそ生ごみをあさる卑しい鳥の代名詞になっておりますが、地域によっては「神の使い」になりますので、だいぶ印象が変わりますよね。

 

また、カラスは犬よりも頭が良いと言われており、非常に賢い動物になります。

 

用心深く、動きも機敏ですが、そんなカラスの死骸を見かけると、非常に不吉な事が起こる前触れであると感じてしまいますよね。

 

しかしながら、上記の理由でカラスの死骸を見ることは大変珍しく、むしろ自分に降りかかる災いから身代わりになって守ってくれたという考え方もあるそうです。

 

そして登山中にカラスの大群が群れを成して一箇所に留まっていたり、周辺を飛び回っていることがあれば、細心の注意が必要かもしれません。

 

何故かというと、その周辺に、動物の死骸がある可能性が非常に高いです。

 

この動物が人間でなければ良いのですが、そんな保証はありませんよね。

 

山中で遭難し、力尽きてしまえば、動物にとっては人間もただの餌になります。

 

遭難者を捜索する時の目安として、鳥の様子を確認する事も含まれているそうです。

 

山中で、カラスが群れを成して一定の範囲を飛び回っている時は、不吉な現象の前触れかも?と、思ったほうが良いのかも知れませんよね。

 

危険のシグナルを吹き飛ばす吉兆な鳥であるキジについて

日本の国鳥キジ

 

 危険のシグナルについて書いてきましたが、特に縁起が良く吉兆である鳥がキジになります。

 

不吉な現象ばかり書いてもアレなので、最後はキジの縁起の良さに触れて最後にしたいと思います。

 

登山をしていると野生のキジを見かけえることがありますよね。

 

私も何度か野生のキジを見かけた事があるのですが、かなり大きな図体をしているので、飛び去る時の大きな音でビックリしてしまいます。

 

また、男性が山の中でトイレ(大)をする事を「キジうち」と呼びますので、登山でも馴染みのある鳥かと思います。

 

中々お目にかかれない雉(キジ)ですが、それを見かけることは「幸運の象徴」とされていまして、吉兆そのものになります。

 

まさに幸運を告げてくれる鳥になるのですが、日本の国鳥ってご存知でしょうか?

 

「トキ」と勘違いしている方が多いのですが、日本の国鳥は「雉(キジ)」になります。

 

それだけ縁起の良い鳥であると言えると思いますが、吉兆と同時に、地震予知の能力があるのではないかと考えられております。

 

科学的な検証の結果、雉の足には非常に発達した感覚神経が集中してまして、それにより地震を予知できていると考えられております。

 

東日本大震災の時を始め、地震が起こる前になると、普段の鳴き声とは違った音を発したり、騒がしく動き回ったりと、何かを感じているような行動をするそうです。

 

地震と言う危険のシグナルを教えてくれるのも有難い限りですが、もし、キジが騒いでいたら「不吉な現象」として注意した方が良さそうですよね!

 

まとめ

科学的に解明されていない「不吉な現象」ですので、「そんな話もあるんだね~」程度にしていただけたら幸いです!

 

しかしながら、科学で解明できていないからと言って、侮ってしまうのもナンセンスだと思っております。

 

普段の心掛け次第で、危険から身を守れるなら、これほど有難いこともないかな~と感じております。

 

不吉な現象や危険のシグナルを感じれるよう、日頃からアンテナを張り巡らして身を守っていけたら良いですよね!

 

www.aohigetozan.com

私が体験した 虫の知らせや梅枕、第六感について書いた記事になります!

信じるかどうかはあなた次第です!

 

www.aohigetozan.com

不吉な噂が多い山の避難小屋ですが、そちらの心霊現象や怖い話について書いた記事になります!

良かったら参考にしてみて下さい!