アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

個性溢れる登山者は辛いもんです。 登山用ストックの長さについて。

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170329213509j:plain

 

 

今日は、奇跡的にお休みを頂けることになり、急遽、山へ行ってきました!

 

先週位から、「有給調整」をしてほしいと言われていたんですが、ギリギリまで予定が分からず、休むのは良いんだけど、私の予定が決められないんだけど・・・ってな感じでした。

 

結局、天気も少し微妙な予報で、山に行くにしても準備が全然でしたので、行き慣れた丹沢山塊に出没してきました!

 

凄い雪で、とてもゲッソリした一日になったんですが、そちらにつきましては明日以降載せたいと思います( ̄O ̄)ノ

 

そんな感じで、平日だったんで人も少なく静かな一日だったんですが、登山愛好家には、私を含めていろんな人間がおりますよね。

 

今日は、登山中に出会って感じた事を少し書いてみたいと思います!

 

とある尾根を登っている時に、息を切らしながら辛そうにしていた60歳前後の方が歩いていたので、挨拶がてら

 

「お疲れ様です!中々しんどい急坂が続きますね~!」

 

と話しかけたら、

 

 「ストック長いから短くしたら?」

 

と、ぶっきらぼうな返答で、思いもよらないお言葉にビックリ致しました 。

 

ご指摘を受けるほどスットクは長くしてないんですが、ど~やら気になってしまったみたです。

 

ど~せ気になるなら、私から隠せないほど醸し出している「大人の魅力」に気づいて欲しいんですけどね(笑)

 

え~~登山の本にも、ストックの長さは「登り坂は短く、下り坂は長く!と、書かれているので、知識としては持っていたんですが、状況に応じて毎回長さを変えるのも面倒ですからね~~

 

また、私は膝痛対策で、下り坂に重きを置いているので、チョッと長い(長いとは思ってませんでしたが。)感じで毎回ヤッチまっているんですが、その都度皆さん変えているんですかね!? 

 

ほかの登山者を見ている限り、いちいち長さを変えている人はあまり見ませんし、野球のバットと一緒で、長いのが微妙なら、短く握ればそれですみますしね。

 

とりあえず、

 

「だいぶ息が切れているみたいですから、私の事よりも自分の呼吸を整えて下され!」

 

内心思いつつ、邪気に扱うのも大人げないかな!?と思い、その場で少しストックを短くし、別れて見えなくなる頃にまた長さを戻した誰かさんでございました(笑)

 

ヒィ~ヒィ~言いながらも山頂に着き、次の獲物(ピーク)は、一旦、来た道を下りなればならず、少し進むと先ほどの紳士が登って来ました。

 

すれ違うだいぶ前から、私のストックをガン見している熱い視線をヒシヒシと感じ「長くしろ!」って言われるかしら?と、ドキドキしながら小走りで逃げ去った誰かさんでございました!

 

結局、すれ違った時には何も言われなかったんですが、正直「優しさとお節介は紙一重」だよな~って思ってしまいました

 

もっと言うと、「優しさ 、思いやり、自己犠牲、お節介 、お袋の小言、上司の罵声」の6つは紙一重ですよね(笑)

 

この方についてはこれ以上何も言う事はないんですが、(暗に言ってますが)お山歩きをしていて「こいつ何なの!?」って思った事を、自分への戒めも込めて羅列したいと思います。

 

ここ数年、こんな愉快な登山者達に会いました!

 

どれも忘れられない一期一会でございます(´∀`*)

スポンサーリンク

 

 

 

 

● 正面から歩いて来た方に道を譲ろうと思い、だいぶ前から登山道の脇に寄ってたのに、何故かよけた方に歩いてきて私の正面で仁王立ち!

「おい!退けよ!」ってな目で私の事を見ないで下され~!

これは、中々のパワハラチックな時間になりました(>_<)

 

● 追い抜きざまに「チッ」って舌打ちをしてくる。

それは私への激励か!?それとも愛情表現か♡

「チッ」ではなく、「チュ♬」の方が可愛いと思いますぞ!

 

● 追い抜きざまに「そんなに急いで何処に行くんだ~!?」っと言ってくる。

勿論、急いでませんし私は残念ながらシカトでございます。

また聞かれることが有ったら「これから出前に行ってきます。」と言ってやろうかと考えております(笑)

 

● 休んで居たら、いきなりオ●ラをする。

せめて3秒前からカウントダウンして下され!

いきなりだと、命を守る行動に移れませぬ(>_<)

もっと言うならば、「アムロ、行きま~す!」の掛け声が有ればなお良いです!

 

● 後ろを歩いていたら、いきなりオ●ラをする。

ここは家ではございません!もっと肛門括約筋を鍛えて下され!!

 

● 後ろを歩いていると、いきないストックで顔付近を突いてくる。

自分が思っている以上にストックの射程距離が長いんで、特に登りの場合は後ろの方に当たらないように注意して下され!

 

● 山頂で休んでいると、「なんでここに居るの?」って聞いてくる。

多分、その後の会話から「何処から登って来たの?」って言いたかったんだんと思います♡山頂は酸素薄いんで、暗号は程々にして下され!

 

● 山頂で、「何処から(登山口)登って来たんですか?」と聞いたところ、「これから下りる所です。」ってな返答が・・・。皆様、大変お疲れのようで・・・。

 

● 濡れた階段を下りていると、私の前を歩いている方がツルっと滑り、私の服(脚)を引っ張って道連れにしようとする。

これだけは勘弁願いたいです!!

 

● やけに馴れ馴れしい。

私とイチャイチャした時間を過ごしたいなら、も~少し信頼関係を築こうね♡

 

● やけに刺々しい。

私の事が嫌いなのか?それとも良い男過ぎて嫉妬しているのか!?

愛情の裏返しも、やり過ぎると誤解され嫌われちゃうよ\(^o^)/

 

● やけに貧乏セット(昼飯)に注目してくる。

何を作っているんですか~!?って聞いてきた方がいたので、「ラーメンにお湯を入れているところです。」と回答すると、一気に沈黙な時間が流れました(笑)

沈黙の時間は「3分」で十分です!

 

 ● 山頂で二人の世界に入り込み、イチャイチャモヒモヒプレーをしている。

山頂で開放的になるの分かりますが、目のやり場に困ります。

むしろ、私も仲間に入れてくれ!って感じです。

 

以下、私自身について。

 

● 誰も居ないと思い登山道で大熱唱するも、藪陰から登山者が出てきて、全て聞かれてしまったこと。穴が有ったら入りたいですし、そのまま埋めて欲しい感じです。

 

● 登山道を歩いていると、後ろからお化けが付いてきてないか気になって仕方ない。信心深いもんで(笑)

 

● 登山道で「ガサガサ~♬」って聞こえると、「なに奴!?もしや素破(スッパ)か!?」って言ってしまう癖を直したい。よ~は小心者なんです。

 

● 山の名前(漢字)が読めない、書けない、覚えられない。

山頂プレートに、「ローマ字表記」があると少し得した気分になります♡

簡単な名前ですらなんで、健忘症が相当進んでいて重篤なんだと思います!

(日本人だけど日本語って本当に難しいよな~と思います。)

 

● 若い女性の登山者がいると、ついつい爽やかなオジサンを演じてしまう。

耳元で、オジサンの「乱れた呼吸音」を聞かせてあげたい♡と思ってしまいます(笑)

 

● 登山道で滑って転ぶと「一本!」「技あり!」、「有効!」など、ジャッジをしてします。

登山も格闘技ですので、滑ってコケる時は受け身が大切です♡

私は、山ガールと格闘し、寝技で一本!をしてみたいと年がら年中思っております(´∀`*)

 

少しのつもりが、モリモリ出てきてしまいますね~~

 

山登りをしている方に悪い人はいないと信じたいですが、残念ながら色々な方がいるのも事実ですよね。

 

マナーウンヌンカンヌン言った所で、変わる訳がないと思っております。

 

自分自身に対してなんか有った場合は気にしないが一番の特効薬のような気が致します。

 

せめて自分自身は気を付けないとな~と思いつつ、他人の事は全然言えないな~って感じでございます(>_<)

 

 人間嫌いな私なんですが、益々拍車がかかりそうな予感がいたします。

 

あまり人間が歩かない山域に出没しよう!と心に決めた今日この頃でした!