アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

天然記念物「なんじゃもんじゃの木」と、山梨百名山巡り!(滝戸山・春日山・釈迦ヶ岳・黒岳) 後編

スポンサーリンク

 f:id:aohige0718:20170826135811j:plain

 

 

天気も良さそうだったので土・日曜日にテント泊で山登りしてきました!

 

登山自体が久しぶりだったので、初日でヘロヘロになってしまいました(>_<)

 

暫く登らないと、体力低下を思い知らされてしまいますよね~

 

 そんな感じで、少し遅くなってしまいましたが、前回の続きに移らせていただきます!

 

天然記念物の「なんじゃもんじゃの木」を堪能し、山梨百名山の滝戸山・春日山までたどり着き、後編は釈迦ヶ岳・黒岳 になります!

 

聞きなれない「なんじゃもんじゃの木」については、前編で詳しく書いてますので、良かったらご確認ください!

 

こんな後半戦になりました!

 

 

 ◎ 前編は下記になります!

aohige0718.hatenablog.com

 

登った日:2016年09月10日(土) [日帰り]

天  候:晴れ

メンバー:単独

交通手段:前編に記載

 

< 装備 >

水 3.6L(余り 0.1L。)

※黒岳山頂から少し下った所に有る、すずらん峠近くの水場までの残量です。

貧乏セット(赤いキツネ、おにぎり2個)、チョコレート70g、柿の種 2袋、飴玉15個、珈琲セット1式(豆30g)、アルコールバーナー、防風、ケトル、メタノール120ml(60ml消費)、フォーク、ヘッドライト、予備電池、ダブルストック、サングラス、日焼け止め、クマ鈴、トイレットペーパー1/5使用、その他諸々

 

コースタイム

12:55 釈迦ヶ岳 12:581 → 13:19 府駒山 → 14:30 黒岳 →  14:33 黒岳展望台 14:34 → 14:36黒岳 → 14:51 すずらん峠 14:52 → 15:39 スズラン群生地駐車場 → 16:0 5釈迦ヶ岳登山口 → 16:30すずらんの里入口バス停

 

コース・高低差

f:id:aohige0718:20170826113357j:plain

 

f:id:aohige0718:20170826113921j:plain

※後編で歩いた区間になります!

スポンサーリンク
 

 

 

 

f:id:aohige0718:20170826114244j:plain

 釈迦ヶ岳へ進みたいのですが、どっちへ行こうかしら?と迷ってしまった分岐でございます。

情報が多すぎて、「アッチ・コッチ・ソッチ!」って叫びたくなります(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170826114316j:plain

ま~ポークビッツみたいで可愛い~♡

まさにタマゴダケがなんじゃもんじゃの最中でした!

まるで私の幼少期と同じくらいの大きさでした\(^o^)/ 

 

 

f:id:aohige0718:20170826114351j:plain

 妄想に忙しい感じですが、釈迦ヶ岳の直下から「縄場」が出てきました。

岩が少し滑りますが、ホールドも多くそれほど難しくはありません! 

なんだか縄を見ると興奮してしまうのは、なんかの病気なんでしょうかね?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170826135313j:plain

 振り返ると、今まで歩いてきた稜線を一望できました!

右のピークが今回行けなかった山梨百名山の大栃山ですね~・・・。

今年行きたいと思っているんですが、周回ですとコース取りが地味に難しく・・。

無理してでも今回行けばよかったと後悔している最中です・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170826135338j:plain

 中央奥に見えているお山は、「節刀ヶ岳」ですかね!?

アッチ方面にもぼちぼち出没したいですね~! 

 

 

f:id:aohige0718:20170826135440j:plain

 右奥に見えているのが滝戸山かと思われます。

改めて見ると、白目になりながらもモリモリ歩いてきたな~と思ってしまいました。

 

 

f:id:aohige0718:20170826135537j:plain

 まだまだこの時は夏の空でした・・・。

涼しくなって欲しい反面、チョット寂しくなりますよね。

寒くなってくると、夏の暑さが恋しくなりますが、人間って本当にワガママな生き物ですよねf^_^; 

 

 

f:id:aohige0718:20170826135550j:plain

 後で歩く予定の破風山ですかね!?

黒岳から節刀ヶ岳への稜線も、富士山の展望が広がる縦走路でございます!

今日は、富士山のお姿を見れるかどうか気になりますね~

 

 

f:id:aohige0718:20170826135611j:plain

 さらに険しい道が続きます。

この辺は、すれ違うのに苦労しそうですね~ 

面倒なんで、山ガールなら抱きしめてしまうのも危険回避のため必要な処置かもしれません!(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170826135625j:plain

 物は言いようだな~っと感心しながら、よ~やくお目当ての1つである山梨百名山の釈迦ヶ岳でございます!

左側もシックで素敵ですが、やっぱり見慣れた右側の方道標の方がグッときますよね♡ 

 

 

f:id:aohige0718:20170826135639j:plain

 達筆すぎて読めませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170826135650j:plain

 質素お姿が素敵でした。 

 

 

f:id:aohige0718:20170826135718j:plain

 釈迦ヶ岳の山頂からの展望です!

さっきから景色が変わりません(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170826135733j:plain

 この時期にしては少し厚着のお地蔵様が居ました!

「心頭を滅却すれば火もまた涼しい!」を実践されていらっしゃるんでしょうね~!

私がお地蔵様の様な格好をすると、完璧「泥棒」になってしまうので、なかなか難しそうです(?)

 

 

 

f:id:aohige0718:20170826135811j:plain

 目指す山梨百名山の黒岳が見えてきました!

いや~名前の通り腹黒いモッコリな登りが見えるのは気のせいでしょうか!? 

打ち首の気分に浸れそうな急登の予感が・・・♡

 

 

f:id:aohige0718:20170826135919j:plain

 急登の前に、険しい下りになりました(>_<)

岩と木の根がかなり滑りますので、釈迦ヶ岳の下りは注意して下さい! 

 

 

f:id:aohige0718:20170826135937j:plain

やっと下りが落ち着いたあたりで、 府駒山でございます!

地味アップダウンが続き膝・腰・ヒゲにダメージが・・・ 

 

 

f:id:aohige0718:20170826140004j:plain

 さらに黒岳目指して進んで行くと、よ~やく「どんべい峠」になりました!

日頃、貧乏セットのド定番である「赤」、「緑」、「カレー」をヘビーローテーションでアイウォンチューなんですが、ここにつく前に「どんべい」を食べてしまい・・・。

痛恨のミスでございます・・・(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170826140027j:plain

 なんだか寂しい気持ちになっていると景色まで寂しい感じになってきました。

以心伝心とはこの事を言うんでしょうね!(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170826140108j:plain

 黒岳への登りはお花がモリモリでした! 

 

 

f:id:aohige0718:20170826140139j:plain

 モリモリと咲き乱れ ております!

トリカブトって、名前からするとマイナスなイメージがありますが、お花とても綺麗ですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20170826140202j:plain

 シロカブトですかね?

なんだか分かりませんが、分からないままにするのもまた人生ですよね!(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170826140219j:plain

登りでヘロヘロになっていると、よ~やく御坂方面との稜線と合流できました!

道標が小さくて見難いですが、どんべい峠へはこの看板の裏から進みます!

 

 

f:id:aohige0718:20170826140241j:plain

昔の小屋跡ですかね?

相変わらずペッチャンコで、前回来た時よりもさらに激しくなっているような・・。

営業再開はしないんでしょうね~

 

 

f:id:aohige0718:20170826140303j:plain

 よっ!山梨百名山の黒岳!!待ってました!!!

いや~なんだかお久しぶりです(´∀`*) 

前回いつ来たか思い出せません・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170826140314j:plain

 折角なんで黒岳山頂から近くの所にある展望台へ寄ってみました!

雲が無ければ日本一の絶景なんですけが~・・・残念です(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170826140332j:plain

 デビルが降臨しそうな天気ですね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170826140345j:plain

 デビルに対抗して、私に憑依している「貧乏神」を召喚しないとイカンですね~(?)

なんだか分かりませんが、節刀ヶ岳方面が幻想的でございます!!

 

 

f:id:aohige0718:20170826140412j:plain

 富士五湖も見る方角によって色々な表情を見せてくれます!

御坂山塊の山々は、富士山の展望が良くて、私のツボでございます♡

 

.

f:id:aohige0718:20170826140433j:plain

 黒岳周辺は、本当にお花が多いお山でございます!

山梨百名山に選出されるだけの事はありますよね~

 

 

f:id:aohige0718:20170826140451j:plain

 お花が多いので蝶々もモリモリでした!

蝶のように舞い、蜂のように挿入したいもんです!

 

 

f:id:aohige0718:20170826140504j:plain

 美味しそうに飲んでいるんですが、人間と違って腰に手をまわさないみたいです。 

 

 

f:id:aohige0718:20170826140524j:plain

 何だかんだで河口湖はなんとか見えるんですが、大好きな日本一のお姿は結局見えませんでした。 

残念ですが、また機会作って再訪したいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170826140542j:plain

 時間もアレなんで先に進みたい思います!

黒岳から少し下ると「すずらん峠」になります。

本日何個目の峠なんだろ?てな感じですが、蒸し暑くて水の消費が激しく、水切れ間近なんで、水場に寄りたいと思います! 

 

 

f:id:aohige0718:20170826140556j:plain

 すずらん峠から5分くらい歩くと沢の音が聞こえてきます。

 

 

f:id:aohige0718:20170826140619j:plain

 この沢が水場になります!

「水場」の表記はありませんが、冷たくて癖の無い味でした。

私の性格のようなピュアなお味でした(笑) 

 

 

f:id:aohige0718:20170826140634j:plain

 モリモリ下っていくと林道と合流します!

正面に「すずらん群生地」の入口が有りました。

5月中旬以降からすずらんのお花の時期ですので、その頃は混むんでしょうね~

 

 

f:id:aohige0718:20170826140645j:plain

 相変わらず腰に手をまわさず一心不乱に吸い付いておりました!

こんなに蝶々が多いとは・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170826140701j:plain

林道を下っていくと、 駐車場がありました。

すずらんのお花の季節は、車が凄い事になるんでしょうね~・・・。

「すずらんの里祭り」の時は、臨時のバスも出るそうです。

 

 

f:id:aohige0718:20170826140716j:plain

 トイレもあったりと至れり尽くせりな感じでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170826140733j:plain

なんだかほのぼのする日本の原景色が広がっておりました♡

 

 

f:id:aohige0718:20170826140750j:plain

 9月と言えども、も~秋ですよね!!

 

 

f:id:aohige0718:20170826140802j:plain

 茅葺屋根がこの地には似合いますね~!

このまま変わらないで欲しいと願わずにはいられませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170826140816j:plain

振り返ると、なんだ邪悪な雲がモリモリ溢れておりました・・・

ああのまま大石峠へ行っていてもガスガスでしたね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170826140830j:plain

 すずらん湧水の近くの無料駐車場まで戻ってきました!

 

舗装路歩きが多くなってしまいますが、今回登った滝戸山・春日山・釈迦ヶ岳・黒岳の山梨百名山を効率的に登るとなると、こんな感じのコースしか思い浮かびませんでしたf^_^; 

 

暑い時期にはお勧めしませんが、秋の紅葉や春のすずらんの季節には良いかな~と思います!

 

富士五湖周辺は、富士山の展望が素晴らしいお山が多いので、機会作って出没したいと思います!