アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山・キャンプブログです。

キャンプ・登山用カトラリーケースで収納!軽量・衛生的な&NUTレビュー

この記事をシェアする

&NUTキャンプ・登山用カトラリーケース

 

 

 

 

キャンプ・登山用カトラリーケースを購入した経緯

キャンプや登山で出かけた時にジップロック等を使ってスプーンやフォーク等のカトラリーを持ち運んでいるのですが、鋭利なアイテムになる物で、数回の使用で穴が空いてしまい、ど~も勿体無い気がしてならん感じです。

 

1枚数十年くらいですので、コスト的には大したことはないと思っているのですが、それでも貧乏に貧乏を重ねている私にとっては、「貧乏神の出没が恐ろしい」となり、軽量で衛生的なカトラリーケースを探してみる事にいたしました。

 

キャンプの場合、車やバイクでの移動になるので、重さはそれほど気にしなくても良いのですが、登山の場合は、1gでも軽い物を選ぶ必要がありますので、メッシュタイプで軽い物を探してみる事にいたしました!

 

登山の場合、カトラリーケースを使う必要性感じる事が少ないかも知れませんが、それでもザックの収納や衛生面を考えると、1つ持っていても良いかもしれないな~っと思った感じです。

 

唾液やラーメンの汁?で汚れたフォークやスプーンをそのままザックに収納するのはかなり危険ですし、ケースに入れておかないと、いざ使う時に直ぐに取り出せない事も多いですしね。

 

しかしながら今までの人生では、カトラリーケースを使ったことがなく、強いて言えば「お箸入れ」位しか想像できない体になるのですが、いざ調べてみると色々なメーカーから発売されていて、迷いに迷ってしまいました。

 

結局、「軽量」、「メッシュ生地」、「衛生的」、「それなりの収納力」がある、&NUT(ANDNUT)というメーカー?から発売されてるカトラリーケースを購入して実戦で使ってみました!

 

すると、今まで四方八方に散らばっていたカトラリーが、スッキリ収納でき、洗った後もキッチリと乾かすことが出来て、「非常に衛生的で使いやすい!」と感じてしまいました!

 

むしろ、もっと早く購入して、キャンプやテント泊縦走で使っていれば良かったと後悔してしまいました!

 

そんな感じで今回は、あると便利なキャンプ・登山用カトラリーケースについて掘り下げてみたいと思います!

 

&NUTカトラリーケースのサイズ・重量とスノーピークカトラリーケースの詳細

&NUTカトラリーケース詳細

 

こちらが迷いに迷って購入した、キャンプ・登山用カトラリーケースである「&NUt」になります!

 

「&NUT」と書いて「アンドナット」と読みます。

 

「ANDNUT」の表記もあるのですが、正式は「&NUT」になるそうです。

 

なんとなく「あんドーナツ」を食べたくなってしまう響きですよね(笑)

 

写真の通り、2つのケースからなっているのですが、使うシーンによっては、片方ずつでもOKになります。

 

左側がハードカーバー(アウターケース)、右側がメッシュケース(インナーケース)になるのですが、気になるサイズの方は、アウターケースの場合、横幅25cm、直径6.5cmになっております。

 

インナーケースのサイズの方は、横幅22cm、直径6cmになっております。

 

重量の方は、アウター、インナーケース合わせて80gと非常に軽量になってまして、これなら登山やテント泊縦走の時にも十分持って行ける重さになっております。

 

こちらの重量の中にはカラビナも含まれておりますので、更なる軽量化を図りたい方は、外してしまっても良いかもしれません。

 

ただ、このカラビナが良い仕事をしてくれます!

 

その辺については後述したいと思います!

 

 

&NUTカトラリーケース洗礼されたデザイン

それにしても、余計な物がなく、かなり洗礼されたデザインになってまして、一見するとカトラリーケースには見えませんよね。

 

勉強が大好きな私にとっては、「筆箱」にしか見えませんでした(嘘)

 

 

筆箱の様なビジュアルをしたキャンプ・登山用カトラリーケース

どっからどこを見ても筆箱ですよね~(笑)

 

ファスナー開けると中から鳩が出てきたら「フィーバー♪」ですよね(笑)

 

こちらの&NUTのカトラリーケースを購入する前に気になったモデルがありまして、非常に迷ってしまったので簡単にご紹介したいと思います!

 

 

迷ったモデルは、レビューが非常に良い、スノーピークカトラリーケース キッチンメッシュケースになります!

 

大きさも&NUTのカトラリーケースよりも一回り大きく、「大は小を兼ねるかな?」と思い、非常に気になってしまいました。

 

お玉やまな板等も収納することが出来るのですが、調理系の道具も一緒に収納したい方におすすめです!

 

色々と考えた結果、カトラリーケースを登山でも使用したいので、少しでも軽い方が良いと感じ、今回はスノーピークのカトラリーケースは選びませんでした。

 

スノーピークカトラリーケースは、重量が109gになりますので、&NUTのカトラリーケースと比較しても30gほどしか変わらないのですが、登山で使用することを考えると、フォークやスプーン位の大きさな物を収納出来ればよいと感じたのが大きな要因でした。

 

 

キャンプ・登山用カトラリーケース軽量な作り

そんな&NUTのカトラリーケースになりますが、軽量ながら作りはかなりシッカリしてまして、ファスナーも滑らかで非常に開けやすいです!

 

 

&NUTのカトラリーケースのカラビナ

小さいながらもカラビナまで付属してますので、吊るして収納したり出来るので、非常に便利でした!

 

 

&NUTのカトラリーケースはハードケース、メッシュケースの2つ

上述してます通り、ハードケースとメッシュケースの2段構えになるのですが、出し入れしやすい絶妙なサイズ感になっております。

 

 

メッシュ生地のキャンプ・登山用カトラリーケース

スケスケって、やっぱり良いですよね♡

 

私のアオヒゲもスケスケになって欲しいと、何故か思ってしまいました(笑)

 

むしろブログ名を「スケスケ危機一髪♪チラチラ見えているのはなんだろう!?」に改名したくなってしまいました!

 

これに改名してしまうと、何だか18禁の安い動画のタイトルみたいですよね(笑)

 

長年の夢だった男優デビューも悪くはないのですが、男優名は「ミートボールスケスケ」、「加藤スケ」辺りでしょうかね!?

 

 

ANDNUTカトラリーケース

なんだか「アダルトNUT」と呼んでしまいそうになった瞬間でした♡

 

いや~それにしてもスケスケはやっぱり最高ですね!!

 

この見えそうで見えているスケ感って無性にフェチズムを感じてしまいます!(ハァー♡ハァー♡)

 

夜のお供はスケスケ!!、床のお供もスケスケ!!、イチャイチャのお供もスケスケ!!

 

そんな感じですね♡って、どんな感じなんでしょうかね?(笑)

 

キャンプ・登山用カトラリーケースのレビュー!収納は?衛生的か!?

実際に&NUTのカトラリーケースをキャンプ・登山で使ってレビューの様子

妄想と暴走が止まらない感じですが、実際に&NUTのカトラリーケースをキャンプ・登山で使ってみたいと思います!

 

最近、カトラリーを集めるのがひそかな楽しみになっているのですが、実際に収納してみたいと思います!

 

 

メッシュケースにカトラリーを収納した状態

メッシュケースにカトラリーを収納した状態になるのですが・・・

 

いや~このスケスケ感にやられてしまい、上手くレビュー出来ませんね♡

 

良からぬ事ばかり脳裏をかすめてしまいます・・・♡

 

 

アップでキャンプ・登山用カトラリーケースの様子

駄目だ・・・

 

アップはあきまへん・・・(ドキドキ♪)

 

 

フォーク、スプーンをカトラリーケースに入れた状態

少し思考回路が正常化してきました♡

 

 

フォークをキャンプカトラリーケースに入れて収納した状態

そんな大きなとんがりを立たせてはイカンぜよ!!!

 

むしろ、そんな乱暴に扱っちゃイヤ♡優しく入れて♡

 

カトラリーケースになったつもりで思いを綴ってみました(笑)

 

 

実際にキャンプでカトラリーケースを使った様子

なんだか良く分からないレビューになってきましたが、実際にキャンプでカトラリーケースを使った様子がこちらになります!

 

上述してます通り、カラビナが良い仕事をしてくれて、こんな感じに吊るして収納することが出来ます!

 

ハードケースがあることにより、風で舞い上がる埃やゴミが付着する事を防いでくれるので、衛生的に収納することが出来ます。

 

 

ハードケースからカトラリーメッシュケース取り出した状態ハードケースから取り出した状態になります!

 

いや~キャンプ中にスケスケ姿を見せられてしまうと、自然に触れ合うよりも女性と触れ合いたくなってしまいます(?)

 

 

キャンプ登山にカトラリーケースがあると便利だと感じた様子

真面目にレビューしますと、「カトラリーケースあると便利だよ!」になります。

 

簡単すぎるレビューですが、やはり1つに纏めて収納できると探すのが便利ですよね!

 

使いたい時に直ぐに出てこないのはストレスになりますしね。

 

また、キャンプ場ですと、スプーンやフォーク等のカトラリーを洗うことが出来ますが、&NUTのカトラリーケースなら、濡れた状態で収納し、そのまま乾燥させることが出来ます。

 

洗い物をネットに入れて乾燥させている方が多いと思いますが、&NUTのカトラリーケースなら、そのままの状態で保管できるのも魅力の1つだと思います!

 

まとめ

&NUTのカトラリーケースを登山でも1度使ったのですが、軽量化を考えてメッシュケースのみで臨みました。

 

結果は、マズマズな感じだったのですが、メッシュ生地が傷むと嫌だな~っと思えてしまい、次回からはハードケースも使う事に致しました。

 

ハードケース、メッシュケース合わせても80g前後の重さですし、ハードケースにはカラビナが付いてますので、ザックに括り付けて持ち運ぶことが出来るのもメリットだなと感じました。

 

カトラリーケースは、あまり重要なアイテムだと認識していなかったのですが、いざ使ってみるとキャンプ、登山に欠かせないアイテムになりました。

 

アウトドアでカトラリーの収納にお困りの方のおすすめできるアイテムですので、気になる方はチェックしてみて下さい!