アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山・キャンプブログです。

カリマー登山用帽子コードメッシュハットレビュー!サイズ・重量・UVカット・通気性詳細

この記事をシェアする

カリマー登山用帽子コードメッシュハット

 

 

 

カリマー登山用帽子コードメッシュハットを購入した経緯

毎日ジリジリと強い日差しが降り注いでいますが、登山やアウトドアで欠かせないアイテムの1つにあるのが帽子ですよね!

 

先日、紀伊半島にあります「台高山脈」と言う、藪と道迷いを愛する登山愛好家に熱烈な支持のある山脈へテント泊縦走をしたのですが、その時に帽子を落としてしまいました。

 

その後、痛い日差しに終始晒され辛い時間になってしまい、改めて帽子の有難さを痛感することになりました。

 

多くの登山愛好家の中には「紫外線上等だ!」と思っている方が多いと思いますが、私は「自称もやしっ子」を自負しているもので、帽子等でシッカリと対策を行っております。

 

なぜ、日焼け対策を行っているかと申しますと、シミなんだかヒゲなんだか良く分からなくなってしまったからです。

 

ヒゲだな~っと思い剃ってみるとシミだったり、シミだな~っと思いよく見るとホクロだったりと無駄に混乱する事があったります。

 

そんな事から「美白系アオヒゲブロガー」という新ジャンルの頂点を目指そうと日々奮闘している所になるのですが、早々に登山用の帽子を買わなくては!となり、色々と調べてみる事に致しました。

 

すると、色々なメーカーから登山用の帽子が発売されていて迷いに迷ってしまいました。

 

ここは先人達のレビューや口コミを見て絞った方が早いと感じ読んでみると、カリマーの登山用の帽子が良さそうだと感じ購入してみる事に致しました!

 

カリマーからも色々なタイプの登山用の帽子が発売されているのですが、今回は私の頭にも馴染みそうな「コードメッシュハット」が気になり、そちらをチョイスする事に致しました。

 

「アオヒゲ系美白ブロガー」の私にも満足できるスッペクかも♡と、感じたのが大きな要因なのですが、カリマーは、登山愛好家にとってはメジャーなメーカーの1つになりますので、品質に安心感がありますよね!

 

前置きが長くなりましたが、今回は登山用に購入したカリマーコードメッシュハットについて掘り下げてみたいと思います!

 

カリマー登山用帽子コードメッシュハットのサイズ・重量の詳細

カリマー登山用帽子コードメッシュハットの詳細

 

こちらが今回購入した、登山用の帽子になりますカリマーコードメッシュハットになります!

 

カラーは数種類あるのですが、アオヒゲ系美白ブロガーを自称している私なもので、ヒゲ剃り跡を連想させるネイビーを選んでみました!

 

当初、ブラックもカッコ良いな~っと感じたのですが、キャラの軸がぶれると思い(?)、ネイビーにした感じです。

 

そんなカリマーコードメッシュハットですが、ユニセックスモデルになっておりますので、男女問わず使うことが出来ます。

 

気になるサイズの方は、Mサイズが58cm、Lサイズは60cmになっておりまして、「頭でっかち系頭蓋骨骨太ブロガー」である私は迷わずLサイズを選びました。

 

装着した感じ、「ムッシュムラムラ」する事もなく、Lサイズにして大正解な感じとなりました。

 

私みたいに頭でっかち系登山愛好家は、迷わずLサイズ、女性はMサイズがベストかな~と思います!

 

そして登山で使う帽子なので、軽ければ軽いほど良いですが、カリマーコードメッシュハットの重量は70gと非常に軽量なモデルになっております!

 

この軽さも購入の決め手になった感じです!!

 

 

カリマー登山用帽子の高機能素材

また、カリマー登山用帽子には高機能素材が使用されておりまして、ナイロンで出来ているマイクロファイバーで作られております。

 

これにより、綿のような優しい肌触りと風合いになりまして、頭に馴染むよう設計されております!

 

上記写真の通り、帽子のツバはシッカリ型崩れしない感じなのですが、 全体的に柔らかく食い込む様な感じにならないので非常に快適に被ることが出来ます!

 

そしてカリマー登山用帽子を探している時に非常に迷ったモデルがありますので、そちらについても簡単に触れたいと思います!

 

おすすめのノースフェイス登山用帽子のサイズ・重量の詳細

 

こちらが迷いに迷ったモデルになります、ノースフェイスホライズンハットになります!

 

暑い季節は「ホライズン」よりは「フローズン」の方が嬉しいですが、ノースフェイスのハットも人気が高く、レビューや口コミを見ているとおすすめしている方が多い帽子の1つでした。

 

そんなノースフェイスホライズンハットのサイズですが、カリマーよりも頭周りが細分化されておりまして、こんな感じになっております!

 

  • Sサイズ  54cm~56cm
  • Mサイズ  56cm~58cm
  • Lサイズ  58cm~60cm
  • XLサイズ 60cm~62cm
  • ツバのサイズ 7.5cm(全サイズ共通)

 

私の様な「頭でっかち系登山愛好家」の方は、XLサイズのあるノースフェイスホライズンハットの方が良いかもしれません!

 

機能面も素晴らしく、カリマーと同じく頭皮の蒸れ対策として頭囲にぐるりと配置したベンチレーションメッシュパネルが装備されているので、通気性も良好な帽子になっております。

 

また、 取り外し可能なあごストラップが付いてますし、サイズ調整機能のあるので、痒い所に手が届く登山用の帽子だと思います。

 

今回は、アオヒゲ系美白ブロガーを自負している私なもので「UVケア」に重きを置いたチョイスをしたのですが、実はノースフェイスホライズンハットは、紫外線対策がやや弱く、UPF15-30で紫外線カット率85%以上になっております。

 

これは、カリマーコードメッシュハットよりもやや劣る感じになるのですが、その辺が気になり購入には至りませんでした。

 

しかしながら、ノースフェイスホライズンハットは、カラーバリエーションも豊富ですし、お洒落なデザインですので、おすすめできるアイテムでございます!

 

カリマー登山用帽子のUVカット・消臭・機能性レビューについて

カリマーコードメッシュハットのUVカットや消臭性、機能性

続きましては、カリマーコードメッシュハットのUVカットや消臭性、機能性についてレビューしていきたいと思います!

 

まずは少し触れたUVカットになりますが、購入したカリマー登山用帽子はUPF50+と非常に高い紫外線対策が出来る帽子になっております!

 

日焼け対策として帽子を被る方が多いと思いますが、購入する際に是非確認して欲しいのが「UPF」の強さになります。

 

カリマーコードメッシュハットは、UPF50+になるのですが、これは紫外線対策としてはかなり上位の優秀さになりまして、他のメーカーのを見ていると、UPF30前後のアイテムが多い印象です。

 

とことん日焼け対策をしたい方にUPF50+の帽子はおすすめですので、購入する際には是非チェックしていただきたいと思います!

 

 

カリマー登山用帽子のUVカット消臭性、機能性レビュー

そして夏場の暑い時期に使用するアイテムですので、気になるのが消臭性能だと思います。

 

カリマーコードメッシュハットは、抗菌、消臭性能も素晴らしく、臭くなり難い特殊加工が施されております!

 

100回洗濯しても消臭率が70%も維持されますので、臭いが気になる方におすすめでございます!

 

加齢臭モッコリな私が使用しても確かに臭っておりません!

 

この消臭技術を是非、靴下、おパンティ~♪等にも応用して欲しいものですよね!

 

 

カリマー登山用帽子撥水性

そして機能性になりますが、まず驚いたのが撥水性になります!

 

山の天気は変わりやすいですが、少しくらいの雨でしたら、カリマーコードメッシュハットなら問題なく防いでくれます!

 

かなり撥水性が良いので雨などが染み込まず弾いてくれます!

 

また、写真の通りメッシュ生地になってますので、風が通り抜けてかなり涼しいでする!

 

長時間帽子を被っていると、どうしても蒸れてしまいますが、このメッシュの帽子を使ってしまうと前には戻れない感じになります!

 

 

カリマー登山用帽子コードメッシュハットのコード

また、ツバには強度を出すためか、何重にも縫い込まれてまして、どくどくのデザインを醸し出しております!

 

コードもワンポイントになって、デザイン性も良いと感じております!

 

 

カリマー登山用帽子コードメッシュハットのドローコード詳細

そして機能の1つとしてあるのが、帽子の後頭部に配置されているこちらのドローコードになります。

 

ドローコードを使って頭のフィット感を調整することが可能ですので、より快適に長時間帽子を被ることが出来ます!

 

 

登山用帽子の通気を確保するベンチレーション機能(メッシュ生地)

通気を確保するベンチレーション機能(メッシュ生地)がとにかく涼しいです!

 

このサイズのメッシュなら虫も入ってこないので安心だと思います!

 

 

カリマー登山用帽子コードメッシュハット帽子の裏側

帽子の裏側になるのですが、顎紐でシッカリと固定できるので、風が強い稜線歩きも安心です!

 

頭でっかち系登山愛好家の場合、どうしても被りが浅くなりやすく、チョットした風で飛ばされてしまう事がありますが、カリマーコードメッシュハットの場合、ドローコードの調整だけででも良い感じにフィットするので、顎紐をシッカリしてなくても何とかなってしまいます。

 

 

カリマー登山用帽子は帽子のツバも広く絶妙なカーブがある

帽子のツバも広く、絶妙なカーブがあるお陰で視認性も良いので、登山道に伸びる木にぶつかる事も激減すると思います(笑)

 

デザイン性と実用性のバランスが良い登山用帽子だな~っと登山で使って感じてしまいました!

 

まとめ

カリマー登山用帽子について書いていきましたが、お値段が少し高いものの、通気性も良くバランスの良い帽子になります!

 

特に驚いたのが、洗濯しても型崩れが少ないので、変なシワが帽子に付き難いのも気にっている所になります!

 

まだまだ暑い日が続きますが、シッカリと紫外線対策をして、登山を楽しみたいと思います!

 

www.aohigetozan.com

新型コロナ対策とし飛沫を防げるサファリハットについて書いた記事になります!

ツバがとても広いので、日焼けしたくない登山者におすすめです!

 

www.aohigetozan.com

日焼け対策に愛用しているアームカバーについて書いた記事になります!

スポーツタイツで有名なCW-Xのアームカバーになるのですが、冷感仕様で非常に涼しく暑い季節の紫外線対策におすすめです!