アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

GoProレンタルはお得?使い方と値段の比較・アクセサリー・Tavishotの詳細!

GoPro本体

 

 

 

 

GoProとは!?買うべきかレンタルにすべきかについて

インターネットの世界では、YouTubeの人気が凄いことになってますよね!

 

私もYouTubeを使って登山・アウトドア関係の動画を公開しているのですが、撮影も大変ですし、動画編集にも時間が掛かりますので、ブログの補助的な使い方に留まっている感じです。

 

そんな動画撮影で大活躍する機材としてあるのがGoProになります!

 

GoProについてご存じない方もいると思いますので、まずは「GoProとは?」について簡単に触れたいと思います。

 

GoProは、「ゴープロ」や「goプロ」、「ゴオプロ」など、色々と崩した言い方が散見されるのですが、言い方、読み方については、ニュアンスが伝わればそれで良いかな~と思っております(笑)

 

正式には「GoPro」になるのですが、それを使って何が出来るのか?になりますが、簡単に書きますと、高画質な動画撮影、写真撮影がこれ1つで出来る機材になります。

 

スマホやカメラ等でも動画撮影、写真撮影は出来ますが、GoPro本体が非常に軽量かつコンパクトであり、動画や写真の編集も容易で、操作性も簡単なので、誰でもプロ並みの撮影が出来るのが商品の強みになります。

 

機能を補助する色々なアクセサリーも発売されておりまして、バラエティー番組等で、カメラをヘルメットに装着し、芸能人や芸人の顔のアップを撮影している映像を見たことがあるかと思いますが、あの撮影に使われているのがGoProになります。

 

GoProは、TV業界でも使われている撮影機材ですので、動画撮影の品質の高さと信頼感が高いことを裏付けていると思います!

 

面白い角度で動画撮影が出来ますので、ユーチューバーも積極的にGoProを活用している方が多く、私の登山仲間も記録として利用している方がチラホラいたりします。

 

そんな動画撮影で力を発揮するGoProですが、軽量・コンパクトで画質が良いこともありまして、お値段が高いのがネックになっております。

 

中々簡単には買えないお値段になっているので、GoProを使ってみたくても手が出せない方が多いのが現状だと思います。

 

しかし、そんなニーズに応えるべく、GoProのレンタルがありまして、利用されている方が増えてきているそうです!

 

GoProのレンタル料金について調べてみると、購入するよりもかなり安く使え、非常にお得感が高いと感じました。

 

勤め先でもGoProを購入し、仕事で使っているのですが、最初は物珍しいのでモリモリ使っていたものの、1年も経つと利用頻度が低くなり、勿体ない状況になってしまいました。

 

動画撮影と言っても、それほど頻繁に行うものではないので、使う時にレンタルした方が絶対にお得だと痛感致しました。

 

今回は、購入前に考えて頂きたいGoProのレンタルについて深堀してみたいと思います!

 

GoProのレンタルはお得?値段の比較とTavishot(タビショット)について

GoProのレンタル店Tavishot(タビショット)の詳細

 

GoProレンタル店のTavishot(タビショット)公式ホームページ >>

 

 

 こちらが、お値段が高いGoProを格安でレンタルできるTavishot(タビショット)になります!

 

新規で購入する金額と比較すると、当たり前ですがレンタル料金の方が全然安く、使いやすいですよね!

 

Tavishotでは、GoProのレンタル以外にも、高性能なデジタルカメラや防水カメラ、チェキ等も低価格でレンタルすることが出来ます!

 

GoProを始め、デジタルカメラや高性能なカメラにつきましても、使用頻度の事を考えると、購入するのは躊躇ってしまいますね。

 

値段も高いですし、費用対効果を考えると、新品は勿論のこと、中古品でさえも割高に感じてしまいますよね。

 

しかしながら、レンタルならば、「どんな物か1度使ってみたい」「1、2日だけ利用したい」といったニーズに対応できますので、結果的にはお得だと思います。

 

 

GoProのレンタルの流れ

 そんなお得なGoProのレンタルですが、Tavishot(タビショット)なら、手続きも簡単なのでおすすめです!

 

GoProやデジタルカメラ、高性能カメラのレンタルの流れですが、Tavishotのサイトで借りたい商品を注文すると、手元に届きますので、あとは撮影するだけになります。

 

使い終わったら、コンビ二で返却するのみで手続きは終了となります!

 

また、レンタル商品ですと、気になるのが「壊してしまった時の弁償の代金」かと思います。

 

その辺、Tavishotはよく考えられておりまして、低価格のレンタル代ながらも「安心保障」が付いておりまして、また、急な予定変更によるキャンセルも無料になっております。

 

勿論、レンタルに伴う商品の発送料金、返却料金も全国無料になっておりますので、自己負担は0円になります。

 

 

GoPro・カメラのレンタルに伴うサポートと使い方

 こちらはGoPro等のレンタルに伴うサポートについての記載になるのですが、身分証明書等も不要ですし、故障した場合も免責が付いてますので安心です!

 

使用中に壊してしまっても、1,000円以上の請求はありませんので、かなり安心できますよね!

 

これだけレンタルのサポートが手厚いお店は、かなり少ないと思いますし、Tavishotのレンタルで出来る商品は、全て除菌、ウイルス対策済みになってますので、このご時世でも安心して使うことが出来ます!

 

また、高価なGoProやデジタルカメラ等のレンタル料金も非常に安いので、借りやすい仕組みになっていると思います!

 

レンタル料金の詳細はこちら >>

 

 

GoProの使い方とアクセサリーについて

GoProアクセサリーセットした状態

 

GoProの魅力の1つとしてあるのが、撮影に使うアクセサリー類が充実している点になります!

 

 ヘルメットに装着したり、今流行りのドローンに固定して飛ばしたりと、アクセサリーを使えば色々な角度から動画の撮影が出来るようになります。

 

上記の写真のように、三脚なども充実してますので、固定撮影も簡単に出来たりします。

 

色々なアクセサリーを駆使しながら、ユーチューバーや撮影のプロたちは、綺麗な映像を撮っているのですが、使い勝手が良い分、お値段の方も地味に高かったりします。

 

上述したGoProをレンタルできるTavishotなら、アクセサリー関係も格安で借りることが出来ますので、単発で使うなら購入するよりも費用のメリットが大きいと思います!

 

アクセサリーの料金と種類の詳細はこちら >>

 

 

そして肝心なGoPro(ゴープロ)の使い方になりますが、正直、誰でも簡単に利用することが出来ます!

 

実際に写真を交えながらGoProの使い方について書いてみたいと思います!

 

 

GoProの液晶画面

こちらがGoProの液晶画面になります。

 

デジタルカメラと一緒で、こちらの画面を見ながら撮影していきます。

 

 

GoProの上部に撮影ボタンがあり撮影可能

GoProの上部に撮影ボタンがありますので、こちらを押せば直ぐに動画・写真撮影が出来るようになります。

 

 

充電に必要なUSB端子アップ写真

また、充電に必要なUSB端子がGoProの側面にあります。

 

 

GoProのUSB端子を使って充電し動画や写真の画像を転送するやり方

こんな感じに付属のケーブルをUSB端子に差し込んで充電したり、動画や写真の画像を転送いたします。

 

何度か使っておりますが、GoProの操作で特に難しいと感じたことはありません。

 

むしろ、操作が難しい機材ですと、皆さん敬遠してしますので、ここまで利用者が増える事はないですよね。

 

 

GoProのバッテリー本体

こちらがGoProのバッテリーになります。

 

予備として1つ持っているのですが、通常の撮影なら不要かな~と思います。

 

撮影環境にもよりますが、1時間くらいは十分撮影することが出来ると思います。

 

 

GoProの電源を入れた状態と操作方法

そんな感じで、GoProの電源を入れた状態になります。

 

 

タッチパネルを使ってGoProの機能などの操作する、

GoProの機能などの操作は、タッチパネル式になってますので、細かな設定は、画面を触って行います。

 

 

GoProのレンズの画角もタッチ1つで変更可能

GoProは、レンズの画角もタッチ1つで簡単に変更することが可能です!

 

操作性も良いので、直ぐに撮りたい画角で撮影できてストレスフリーだと思います!

 

 

GoProで写真撮影のやり方

GoProは、動画以外にも普通の写真撮影が出来ます!

 

カメラみたいな使い方も可能ですので、一台二役の活躍が出来ます。

 

 

GoProの動画や写真の撮影モードの変更の仕方

動画や写真の撮影モードも、こちらのボタン1つで直ぐに切り替えることが出来ます。

 

また、こちらが電源になってまして、長押しすると起動とオフをする仕組みになっております。

 

 

撮影モードや、電池の充電状況の確認の仕方

現在の撮影モードや、電池の充電状況などもパッと見れば直ぐに分かるようになっていて便利でございます!

 

 

GoProを握りながら撮影

こんな感じにGoProを握りながら街中で撮影している方を見かけたりしますよね!?

 

後述しますが、非常にコンパクトなので操作性も良く、邪魔にならないのが良い点だな~と思っております。

 

なんだか「フアちゃん」になった気分を味わうことが出来ると思います(笑)

 

私の場合は「ヒゲちゃん」が正解かもしれませんね(?)

 

 

GoProの三脚などのアクセサリー

三脚などのアクセサリーも充実してますので、自分のスタイルにあった撮影を楽しむことが出来ます!

 

私も山岳ヘルメットにGoProを装着して、YouTubeに登山動画をUPしようかしら!?と、思ってしまいます。

 

むしろ、テント場でゲットした山ガールとのシュラフの営みを撮影した方がニーズが高そうですよね(笑)

 

え?そんな動画が欲しいですと!?

 

「チョコボールアオヒゲ」で男優デビューしようかしら!?(笑)

 

ゴロが悪いので「アオヒゲの鷹」にしましょうか?

 

むしろ、「アオヒゲ原人」の方が良いでしょうかね?って、原人は既にアオヒゲか?いや、アレは体毛か?

 

答えがでず、体毛に興味が湧いて妄想が尽きない感じになってきました(笑)

 

 

ゴープロの本体

以上、ユーチューバー修行中のアオヒゲ危機一髪がお送りいたしました!

 

益々混迷を深めておりますが、GoProは、余計なボタンがほとんどなく、液晶画面がタッチパネルでスマホの様な操作性になりますので、かなり扱いやすいと思います!

 

YouTube動画撮影と登山・アウトドアとの相性とGoProのサイズについて

 上述してます通り、GoProは操作性が良く、とても使いやすいので、野外での動画撮影に最適な道具だと思います!

 

デジタルカメラを使って動画撮影している方も多いと思いますが、やはり本体が大きく重たいので、長時間の撮影はキツイと感じている方も多いと思います。

 

その点、GoProはサイズがコンパクトで軽量なので、長時間の撮影に持って来いだと思います!

 

 

GoProのサイズを缶と比較

まず、GoProのサイズになりますが、アクセサリーである三脚を付けた状態でも、350mlの缶とほぼ同じ大きさになります。

 

 

f:id:aohige0718:20210319235404j:plain

GoPro本体のサイズになりますが、横幅が約6cmと、かなり小さい設計になっております。

 

 

GoPro本体縦幅サイズ

縦幅のサイズも約4cmですので、ポケットに入れて持ち運ぶことが可能です。

 

 

GoPro本体の横幅のサイズ

厚みも約2cmですので、登山を始め、アウトドアやドローンに装着させたりできるサイズ感になっております。

 

重たく嵩張るデジタルカメラと比較してしまうと、GoProの方が持ち運びが楽ですので、多くの方から支持されているのも納得ですよね!

 

 出来るだけ荷物を軽くしたいのが人情ってものですが、高画質な動画や写真を撮影するために、重い機材を背負っている方が多いと思います。

 

その点、GoProなら荷物になりませんし、画質も綺麗で操作性も良いので、YouTube用の動画の撮影などにピッタリだと思います!

 

アクセサリーのラインナップも充実してますので、普段の撮影では撮れないような景色や角度もGoProがあれば大丈夫ですので、登山やアウトドアユーザーとの相性はとても良いと感じております!

 

まとめ

登山やアウトドアに限らず、旅行や入学式、冠婚葬祭等のイベントで、カメラを使うことが多いと思います。

 

特別なイベントは、何度もあることではありませんので、出来るだけ綺麗に撮って末永く残したいと思うのが一般的だと思います。

 

 高画質の動画撮影や写真の撮影は、高価な機材が必要になりますので、費用的に諦めている方が多いと思います。

 

しかしながら、TavishotのようなGoProやカメラのレンタルを使えば、格安で高品質な最新アイテムを使用することが出来ますので、大きなメリットがあると思っております!

 

使用頻度が低い方にとっては、機材をレンタルするのも一考の価値があるのではないかと感じております!

 

全国どこでもレンタルに伴う往復送料やキャンセル料金も無料ですし、面倒な手続きもないので使いやすいサービスですしね!

 

年に数回の旅行やイベントのために高品質なカメラやGoProを購入するのは勿体ないですし、毎年新しい機種が出て古くなってしまい時代遅れになってしまうのは勿体ないですよね。

 

レンタルで浮いたお金で別なことが出来ると思いますので、Tavishotを上手く使って、綺麗な画質で思い出を残していきたいものですよね!

 

Tavishot(タビショット)公式ホームページはこちら >>

 

 

 

 

www.aohigetozan.com

現在使っている、登山用のカメラについて書いた記事になります!

各メーカーから、アウトドアで使えるカメラが発売されておりますが、お値段が高いのがネックになります・・・。