アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

厳冬期 甲武信ヶ岳・三宝山 日帰りピストン(後編)

スポンサーリンク

 なんだか今日は体がアチコチ痛く、ロボットのような動きでございます・・・。

 

迫りくる年には勝てないみたいで、疲労回復が遅くなったな~っとシンミリしてしまいます。

 

35歳を過ぎたあたりから、ガクッと色々なものが落ちたよな~っと実感しているんですが、さらにガクッと落ち続けております・・・。

 

こ~やって年を取っていくのね~っと思うと、なんだか寂しいようなジタバタして流れに逆らいたいような~・・・、そんな気持ちでございます。

 

体力維持には山登り!と言い聞かせ、寒くて起きるのが嫌ですが尻に鞭を入れてウットリ♡しながら頑張っている今日この頃です。

 

そんな感じでクルシミマス返上し(?)24日、25日と山登りに行ったんですが、それまた明日書きたいと思います!

 

今日は、厳冬期 甲武信ヶ岳・三宝山 日帰りピストンの続きとさせていただきます!

 

 

 ◎前編は下記になります!

aohige0718.hatenablog.com

 

登った日:2016年01月04日(月) [日帰り]

 天  候:快晴も強風

メンバー:単独

交通手段:「道の駅みとみ」にバイクを駐輪(無料)
西沢渓谷の入口近くにも広い駐車場がありますが、道の駅の方が何かと便利です。

 

 コース・高低差:前編に記載

 

コースタイム

甲武信ヶ岳 11:24 → 11:48 三宝岩 11:51 → 11:53 三宝山 11:55 → 12:38 甲武信小屋 12:48 → 15:06 近丸新道登山口 → 15:26 道の駅みとみ 

 

 

 

f:id:aohige0718:20161218175151j:plain

 甲武信ヶ岳から八ヶ岳も綺麗に見えました!!

いや~雪化粧した八ヶ岳も極上ですね~♡

登りたいですね~~そして、全山縦走もしてみたいですね~♡

 

 

f:id:aohige0718:20161218175208j:plain

 遠くに金峰山の五丈岩もクッキリ見えました!

こんな遠くからも見えるとは、凄い存在感ですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20161218175223j:plain

 少し登れば埼玉県最高峰の三宝山です!

甲武信ヶ岳から近いような遠いような距離でございます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20161218175245j:plain

 三宝山からの日本一と甲武信ヶ岳の景色が大好きなんですよね~♪

夢のコラボですよね!!

 

 

f:id:aohige0718:20161218175259j:plain

 折角なんで、三宝岩にもよりました!

寄ろうと思うも、毎回いつの間にか通り過ぎてしまうんで、今回のメインデッシュのつもりで臨みました!

 

 

f:id:aohige0718:20161218175308j:plain

 いや~岩からも大展望が広がっておりました!

綺麗ですね~~♪

 

 

f:id:aohige0718:20161218175317j:plain

 雲取山へ続く奥秩父主脈縦走路もクッキリ見えました!

今年のGWは痛い目に遭いました・・・

 

体調も悪く、かなりキツかった縦走でした・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161218175349j:plain

  岩に上り、金峰山方面を眺めてみました!

八ヶ岳も綺麗に見えますね~!

 

 

f:id:aohige0718:20161218175401j:plain

 想像以上に景色がエエ所でウットリ♡してしまいます!!

ただ、風が強くて寒かった・・・(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20161218175411j:plain

 絵画のような一枚です!

国師ヶ岳が絵になりますよね!

アオヒゲ画伯も中々の腕前です!!(?)

 

 

f:id:aohige0718:20161218175420j:plain

それにしても、 国師と金峰山は迫力がありますよね!

奥秩父の盟主は伊達ではないですね! 

 

 

f:id:aohige0718:20161218175434j:plain

 こちらが三宝岩の分岐になります!

右側の踏み跡を辿って行くと直ぐ有ります!

シャクナゲが少し煩い感じですが、道は明瞭でした。

 

 

f:id:aohige0718:20161218175444j:plain

 入口付近にマーキング等がないので、こちらの看板が唯一の目印になります。

ここ以外にも入口が2、3ヵ所ほどありました。

でも、注意して歩かないと気づかず通り過ぎちゃうかもです!

 

 

f:id:aohige0718:20161218175453j:plain

さ~満足したんで戻るとします!

とても静かで最高でした♡

踏み跡からすると、今日は、私だけしか歩いていない感じでした。

てか、暫く誰も歩いていない感じでした。

 

 

 f:id:aohige0718:20161218175507j:plain

そんな感じで、また 甲武信ヶ岳を登るのもアレなんで、今日は巻き道から甲武信小屋へ戻りたいと思います!

地味にこちらのルートは未踏なんで、ドキドキでした(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161218175517j:plain

 途中に有る、柳避難小屋へ至るルートの分岐が有りました。

ここも歩いてみたいんですが、中々機会ございません・・・。

このルートは、ノートレースでした。

 

 

f:id:aohige0718:20161218175542j:plain

 暫く進むと甲武信小屋になりました!

こっちから見る小屋はなんだか新鮮ですね!

あんまりコッチは来ないからな~

 

 

f:id:aohige0718:20161218175553j:plain

 なんと、慰霊碑が小屋の片隅にこんな慰霊碑が有りました!

ご冥福を祈りつつ、 私も気をつけないとイカンですよね~・・・

アオヒゲの銅像が建立されても困ってしまいます・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161218175604j:plain

そんな感じで、木賊山も巻いて戻る事にしました。

日が当たらないせいか、雪が多く歩き難いったらアリャしません!!

 

 

f:id:aohige0718:20161218175611j:plain

途中で開けたところがあり、 先ほど居た三宝岩が綺麗に見えました。

だいぶ歩いてきましたね~~

あの岩の上で扇子を広げて踊り狂っていたのが既に懐かしいです(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161218175622j:plain

 こちらが雁坂峠方面への分岐です。

計画では雁坂へ行こうかと思ったんですが、既に白目になっているので素直に下りたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20161218175645j:plain

 エエ景色ですね~~!

広瀬湖がエエアクセントになりますね!

 

 

f:id:aohige0718:20161218175655j:plain

 下山するのに、既にまた登りたくなるのは、なんかの病気でしょうかね?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161218175709j:plain

 そんな感じで、帰りは近丸新道を利用しました!

途中でヌク沢の渡渉があり、増水していると難儀しますので、数日前の天気予報のチェックをしておいたほうが無難だと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20161218175724j:plain

 ヌク沢の流れに身を任せ、ヌクヌクな人生に流れ着きたいもんですね(?) 

そんな人生、絶対来ないでしょうが・・・(苦笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161218175741j:plain

 途中、中々痺れるズルズルトラバーがあります。

崩壊が進んでいるので、ここは要注意です!

雪が有ると更にいやらしくなると思います。

 

 

f:id:aohige0718:20161218175818j:plain

 敷かれたレールの上だけを歩む人生は・・・私の性には合いませんね(・o・)

ジェットコースターのような人生でありたいもんです(笑) 

え~珍しく「人生の教訓」チックな発言でございます!

ま~安定飛行の人生が一番エエですよね。

 

 

f:id:aohige0718:20161218175828j:plain

 モリモリ歩けば近丸新道の登山口です。

徳ちゃん新道の方が、歩きやすいかな~っと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20161218175837j:plain

 よ~やくバイクを駐輪した道の駅みとみに戻ってきました!

トイレの中は暖房が入っていて地味に暖かいです。

冷えた体をトイレで暖めるのってなんだが微妙ですが、背に腹はかえられません!

 

体も心も冷えてしまいましたが、前から行きたかった「三宝岩」へ行くことも出来、充実した一日を送ることができました!

 

甲武信小屋も人気がモリモリで、シーズンだとテント張るのも一苦労ですが、また機会を作って行ってみたいな~っと思っております!

 

奥秩父は、山深くて登山者も少なく、個人的にはツボな山域でございます!

 

も~少し家から近ければ良いんですけどね・・・。

 

ま~中々イケないからこそ、登れた時の喜びも大きいんでしょうね~♬

 

新年あけまして登山は、どこにしようかな~~!?