アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

蛭ヶ岳日帰りピストン新雪の丹沢山塊! (大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳山荘~鍋割山)前編

丹沢山からの富士山

 

 

 

蛭ヶ岳日帰り登山(ピストン)について

20日の金曜日が雪予報だったので、昨日は、地元の丹沢山塊の最高峰蛭ヶ岳へ日帰り登山で出没し雪山ハイクを楽しんできました!

 

 蛭ヶ岳への登山口がある「大倉バス停」までバイクで行ったんですが、途中にある橋の上が凍っていて肝を冷やしました・・・。

 

私みたいに無謀な人間は、少ないと思いますが、路面の凍結には十分注意しないとですね!

 

今度、バイクでウロウロする時は「軽アイゼン」を靴に装備してから出発しようと思います(^^)/

 

何かが間違ってる感じが否めませんが、この時期はアクセス面からも登れるお山が限られてくるので、家から近い丹沢・奥多摩・箱根のお山に登る事が増えてくる感じです。

 

標高が低い分、暑い時期は登る気がしないのですが、この寒い時期は非常に重宝致します!

 

家から近い所に、良いお山が多くて有難いな~っといつも思っております!

 

そんな感じで今回は、いつもの「蛭ヶ岳日帰りピストン+鍋割山」ってな感じのコースで歩いてきました。

 

大倉から日帰りで蛭ヶ岳ピストンですと、往復25km前後の距離になるのですが、鍋割山を加えると30km前後になるので、修行にはもってこいな感じになります!

 

 風が強くて寒く、雪も結構あってかなり悶絶した一日になりました・・・

 

今回も地味に長いので、前後半の2部作でいきたいと思います!

 

そんな感じで、今回は前編(大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳)でございます!

ちなみに後編は、蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳~鍋割山~二俣~大倉になります。

 

こんな感じの1日になりました!!

 

 

蛭ヶ岳日帰り登山の日程・天候・メンバー

登った日:2017年01月21日(土) [日帰り]

天   候:晴れのち曇り時々小雪

メンバー:単独

交通手段:大倉バス停バイクを駐輪(無料)

 

蛭ヶ岳日帰りピストンのコースタイム

大倉バス停6:37 → 8:15 花立山荘 8:17  → 8:39塔ノ岳8:43 → 9:27 竜ヶ馬場 9:33 → 9:40 丹沢山 9:45  → 10:13 不動ノ峰休憩所(昼食) 10:32 → 11:03 鬼ヶ岩  → 11:22 蛭ヶ岳 

 

コース状況(大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳)

 

標高1,100mから積雪があります。

軽アイゼン、スパッツが必要です。

特に、丹沢山~蛭ヶ岳までは結構深く、吹き溜まりだと膝上、トレースがある所でもクルブシ位のツボ足歩きになります。

姫次方面にも明瞭なトレースがありましたが、檜洞丸方面はかなり薄いです。

 

蛭ヶ岳日帰りピストン+鍋割山のコース・標高差

蛭ヶ岳日帰りピストン+鍋割山のコース・標高差

スポンサーリンク
 

 

 

 

山行写真(大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳山荘)

大倉バス停n

蛭ヶ岳日帰りピストンのスタート地点である大倉でございます。

鍋焼きうどんにおしるこか~(´∀`*)

この季節最高のご馳走ですよね♡

 

 

蝋梅の蝋梅の花

 寒い毎日が続きますが、1歩1歩季節が進んでいるんでしょうね~

良い匂いでした♡

 

 

大倉尾根ご来光

 途中でご来光になりました!

今日は、良い天気になりそうだと確信いたしました。

 

 

静寂は大倉尾根

 この時間は登山者も少なく静かで最高です!

大倉尾根は、始発バスが登山口に到着する前(7:00頃)に登らないとこの静寂はないですよね~

 

 

丹沢表尾根

 表尾根も雪化粧してました!

アッチも最近歩いていないので、そのうち・・・

 

 

標高1,100m前後から雪

標高1,100m前後から雪が出てきます。

花立山荘辺りでアイゼン装備すると安全に歩けるかもしれません。

 

 

花立山荘朝靄

 朝靄が綺麗ですよね~(´∀`*)

風が強く寒いですが、この景色が楽しみなんです♡

 

 

富士山の富士山の眺め

 よっ!日本一!!

 

 

大島

 薄っすら海上に見える影が大島になります。

そろそろ下界も営みが始まる時間ですね~!

 

 

大倉尾根雪

 前日に雪が少し降ったみたいですが、思ったほどではなかったです・・・

も~少し雪が多いとテンション上がるんだけどな~と、この時は思ったんですが、進みにつれて・・・

 

 

塔ノ岳蛭ヶ岳眺め

 正面のモッコリが塔ノ岳です!

左奥に見える白い塊が蛭ヶ岳方面です。

あの白さを見て、「今日は結構大変かも!?」と、少し悟りましたf^_^;

 

 

尊仏山荘

 モリモリ登って行くと尊仏山荘と山頂になります。

この時間は静かで快適そのものです♡

数時間後には、凄い数の登山者が来るんでしょうね~

 

 

塔ノ岳山頂

 よっ!塔ノ岳!!

も~何回登ったか数え切れません!!

 

 

塔ノ岳から富士山

 よっ!富士山!!

今日は風がものすごく強く、全ての物を吹き飛ばしてきますf^_^;

ここでこの風圧なんで、日本一の山頂付近は凄い事になっていると思います。

山頂付近の白いモヤモヤ~は、雲ではなく雪だと思われます。

 

 

塔ネコ君

 今日も「塔ネコ君」が邪悪な顔をしながらお出迎えしてくれました♡

 

 

ネコののお出迎え

 「アオヒゲ様・・・こんな高い所までお越し下さり、お疲れ様ですm(__)m」と、ひれ伏してきました。

その姿勢・・・とても感心ですな~(笑)

 

 

猫可愛がり

「アオヒゲ様・・・も~私の事を好きにしちゃって下さい♡」ってな感じでした。

よっぽど私の事が好きなんでしょうね~!

昔から、動物と煙、虫には好かれますからね~

なんで人間の女の子は寄ってこないんだろ?(苦笑)

 

 

蛭ヶ岳方面真っ白で綺麗な景色

 真っ白で綺麗な景色でした!!

ツボ足歩きにならなければ良いのですが・・・

 

 

大山方面

 先週登った大山方面も綺麗に見えました(´∀`*)

まさか熊と遭遇するとは夢にも思いませんでした・・・

トラウマになるかな~っと思ったんですが、意外と「メンタルが強い子」だったみたいです(笑)

熊が怖くて山登は出来ませんからね!

 

www.aohigetozan.com

※先週の大山でのクマ出没の記事です。良かったらご参考して下さい!

 

 

親戚のオジサンにソックリな雪だるま

 親戚のオジサンにソックリなのが立ってました。

 

 

ユーシン方面にトレースなし

 よっ!日本一!!

ユーシン方面にトレースはありませんでした。

ソッチへ行きたい欲求を抑え先に進みたいと思います(・ω・)ノ

 

 

丹沢山雪深い

 あれ?ノートレース???と、ビックリしてしまいましたが、風が強くて消えていただけでした。

 

 

積雪がモリモリ蛭ヶ岳まできつい

 ここから一気に積雪がモリモリになり、きついツボ足になってきました。

 

 

積雪クルブシ位

 途中で2人とすれ違ったのでツボの極悪さが軽くなりました。

それでもクルブシ位なんで、体力をジワジワと削ってきます。

 

 

新雪歩き

 こっちはそれなりに積もったみたいで、新雪歩きが楽しかったですね~♬

段々とテンションも上がってまいりました(・´з`・)

 

 

竜ヶ馬場

 近いんだけど中々辿り着けません・・・。

竜ヶ馬場でアイゼン装備していると、丹沢から引き返して来たお兄さんと暫し談笑しちゃいました。

白毛門、頑張って下さい!

 

 

丹沢山のお地蔵様

 信じる者は救われる景色が広がっておりました(´∀`*)

右手が、ど~も「お金」のジェスチャーに見えてしまう私は「地獄行き」なんだと思います。

 

 

丹沢山

 丹沢山の山頂は雪がモッコリでした。

いつの間にか、だいぶ積もりましたね~~

 

 

蛭ヶ岳日帰りコース分岐

 さ~風が滅茶苦茶強いですが蛭ヶ岳を目指します!

トレースが薄く、ここから一気にツボ足が強烈になってきました。

 

 

蛭ヶ岳日帰りコース富士山がとても綺麗

 プチ雪庇がありました!

昨日から風が強かったんでしょうかね~

それにしても空気が澄んでいる影響か、富士山がとても綺麗ですね!!

こりゃ~今日来て正解でしたね!

 

 

蛭ヶ岳日帰り厳しい積雪

 景色が良いのですが、足元はあまりよろしくありません・・・。

冬靴で来た方が良かったな~っと、今更ながら後悔していた時間帯でした。

 

 

奥多摩方面雪化粧

 奥多摩方面も薄っすら雪化粧してました!

アッチもそれなりに降ったんでしょうかね!?

 

 

不動ノ峰への登り

 不動ノ峰への登りになります・・・。

風も強いし登りの迫力が凄いんで、も~引き返そうかな~~っと本気で思いましたf^_^;

 

 

蛭ヶ岳遠い景色

 分かってはいましたが、この辺で魂が抜け落ち、干物みたいな表情になっていたと思われます(*ノωノ)

だから女の子が寄ってこないんでしょうね~・・・

何となく理由が分かりました(笑)

 

 

振り返っての丹沢山方面

 振り返っての丹沢山方面です!

また違った美しさがありますよね~(´∀`*)

 

 

自分の影

 色男(?)がチョキチョキしてました。

そ~なんです。

口の周りが青いので「髭男」の方がシックリくることは自分でも分かっております(笑)

素顔をお出しできないのが・・・

今度、「期間限定10分企画」とかで・・・

 

 

蛭ヶ岳ゲッソリな行程

 足元はゲッソリな行程なんですが、広がる景色に心は晴れ晴れしております(´∀`*)

 

 

一面純白な景色

 一面純白な景色でした♬

青空が映えますよね~!!

 

 

本格的な雪道

 見えているのに中々先に進みません・・・

本格的な雪道は、今シーズン初ですからね~~

雪道歩くのがぎこちないです(>_<)

 

 

不動ノ峰休憩所

 風が強く、ご飯食べる場所もないだろうと思い、不動ノ峰休憩所で一本入れました。

そ~なんです!

今日の貧乏セットは、赤・緑が終わり、よ~やくカレー味に切り替わりました(´∀`*)

「大人買い」なんかするもんじゃないですね~~

 この近くに水場があるんですが、トレースもなく、利用できるかは不明です。

結構な積雪なんで、当てにしない方が良いと思います。

 

 

丹沢主脈縦走路

 ついつい写真に撮ってしまいます(・´з`・)

雪の季節も絵になります!!

 

 

エビの尻尾

エビの尻尾が強風に耐えておりました。

これを見て、僕も頑張ろう!と、思ったような思わないような・・・(笑)

 

 

蛭ヶ岳まで4人位のトレース

 4人位のトレースがあるので、有難いんですけどね・・・

ジワジワと乳酸が足、腰、髭に蓄積してきました・・・。

 

 

丹沢主脈縦走路から富士山の眺め

 よっ!日本一!

この辺、全然余裕がありませんでしたf^_^;

いや~雪道しんどいぞーー!!

 

 

目指す蛭ヶ岳

 目指す蛭ヶ岳がよ~やく見えてきました。

近いようで結構遠いのです・・・。

科学が進歩して、「ワープ」出来る世の中になって欲しいもんですよね!

 

 

目指す蛭ヶ岳遠い

 まだまだ遠いよ~~~っと悲鳴に近い言葉を発しておりましたf^_^;

 

 

蛭ヶ岳に檜洞丸大室山

 蛭ヶ岳に檜洞丸、そして大室山の丹沢ビック3でございます!

 

 

蛭ヶ岳の迫力

 蛭ヶ岳も迫力がモリモリでした!

雪がある時期も、中々簡単に山頂を踏ませてくれませんよね~~

 

 

鬼ヶ岩と富士山

 忘れちゃいけない鬼ヶ岩と富士山の夢のコラボでございます!!

 

 

蛭ヶ岳から新宿方面

 新宿方面も綺麗に見えました(´∀`*)

夜景が綺麗でしょうね~~☆

 

 

蛭ヶ岳山荘

 よ~~~~~やく蛭ヶ岳山荘です!

ここまで本当に遠かった・・・。

蛭ヶ岳山荘は、蛭ヶ岳日帰りピストンの中間地点ですね!

 

まとめ

 

このまま丹沢主脈縦走しようか、それとも丹沢主稜縦走にしようか迷ったのですが、素直に来た道を戻り蛭ヶ岳日帰りピストンに致しました!

 

新雪とは言え、蛭ヶ岳日帰りピストンはかなりキツイものがあります。

 

そんな感じで、次回後編に続きます!!

 

www.aohigetozan.com