アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

蛭ヶ岳日帰りピストン新雪の丹沢山塊! 大倉~塔ノ岳~丹沢山~鍋割山(後編)

蛭ヶ岳丹沢山塊景色

 

 

 

蛭ヶ岳日帰り登山(ピストン)について

前回に引き続き、丹沢最高峰である蛭ヶ岳へ日帰り登山へ行った続きになります!

 

大倉から入山し、蛭ヶ岳を日帰りでピストンになりますと、距離も長く、結構時間が掛かってしまいますので、寒い時期は日没との戦いになります。

 

ただ、蛭ヶ岳日帰りピストンができる体力があると、色々な山でも力を発揮することができると思います。

 

神奈川で登山を楽しまれている登山者の、1つの目標として「蛭ヶ岳日帰りピストン」を掲げてもよいのではないかと思います!

 

少し話が変わるのですが、今日は顎の調子が悪く、口を大きく開ける事が出来ません(>_<)

 

ビックマ●クどころか、ハンバーガーも手に負えません(>_<)

 

アップルパイも怪しく、なんとかポテトフライで勘弁して欲しい感じです(>_<)

でも、塩はチョッと多目で、親の仇を取られるくらい塩辛くても良いです(?)

 

いつの間にか「顎関節症」を患い今に至るのですが、年々悪くなっているような気が致します・・・

 

そのうち、口を開けなくてもガク♬ガク♬鳴り出すんじゃないかと心配している所でございます(´∀`*)

 

(´∀`*) ← 心配しているような感じの顔文字じゃないですよね(笑)

 

登山道で、ニヤニヤしながらガク♬ガク♬させている怪しい登山者が居たら私なので、何処かで見つけたら直ぐに命を守る行動に移って下さい!

 

その緩い口元の隙間から、飴色のタメ息が噴き出し、思わぬダメージを与えてしまうからです!

 

そんな感じで、今日は後編になります!

 

どんな結末になったのか・・・

 

むしろ、「顎関節症アピール」は、何の為に必要だったのか・・・

 

こんな感じになりました!

 

前編の記録(大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳)

www.aohigetozan.com

 

蛭ヶ岳日帰り登山の日程・天候・メンバー

登った日:2017年01月21日(土) [日帰り]

天  候:晴れのち曇り時々小雪

メンバー:単独

交通手段:大倉バス停バイクを駐輪(無料)

 

蛭ヶ岳日帰り登山のコースタイム

 

蛭ヶ岳 11:37 → 12:09 棚沢ノ頭  → 12:56 丹沢山 → 13:44塔ノ岳 13:51 → 14:25 小丸  → 14:43 鍋割山 14:45 → 15:33 二俣  → 16:51 大倉バス停 

 

コース状況

標高1,000m前後から積雪がありますが、鍋割山稜は日当たりが良いのでドロドロでした。

滑る所もあるので、軽アイゼン、スパッツが必要です。

※鍋割山方面のみです。その他の山域は、前編に記載。 

 

蛭ヶ岳日帰りピストンのコース・標高差

f:id:aohige0718:20180412094254j:plain

 

登山装備

 

水1.6L、(あまり 0.3L)、お湯0.5L、(あまり 0L)

 

貧乏セットカレーうどん、米170g、柿の種2つ、玄米茶チョコ、飴玉各 5個

 

スノーピークチタンシングルマグ 300、フォーク、ヘッドライト、予備電池、ダブルストック、バラクラバ、手袋(薄手・厚手)、サングラス、日焼け止め、クマ鈴、トイレットペーパー1/5使用、6爪アイゼン、その他諸々

 

 

山行写真(蛭ヶ岳山荘~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳~鍋割山~大倉)

蛭ヶ岳

山頂に着く頃には、今までの爆風が嘘のように風が収まりました。

蛭ヶ岳の神様に、私は愛されているんだろうな~っと勝手に判断してしまいました(笑)

お互いシャイなんで、言葉なくとも良く分かります(?)

今年初の、神奈川県最高峰ですね!

 

 

蛭ヶ岳歩いてきた稜線が一望

 歩いてきた稜線が一望できました(´∀`*)

いや~~雪深いです・・・。

 

 

蛭ヶ岳から伊豆半島まで見えた

 遠く伊豆半島まで見えました!

山頂は、大展望でございます(´∀`*)

 

 

丹沢主稜縦走路

 よっ!日本一!!

手前にそびえる檜洞丸が威風堂々としておりますよね~

丹沢主稜縦走も、久しくやってないんで、雪がモリモリになったらやってみようかな!?

 

 

蛭ヶ岳から檜洞丸方面

 山頂も結構雪が積もっておりました。

姫次方面から登山者が数人上って来たので、トレースは問題なく付いていると思います!

風でトレースが消えちゃったのかも知れませんが、檜洞丸方面はかなり薄く、暫く歩いている人はいなさそうな感じでした。

 

 

蛭ヶ岳山頂の写真

 上手いタイミングで知らない方の「右手」を写す事に成功いたしました(・o・)

心霊写真ではないので悪しからずです!!

 

 

檜洞丸から続く大室山への稜線

 檜洞丸から続く大室山への稜線が綺麗でした(´∀`*)

アッチは混んでいるんでしょうかね~~

 

 

奥多摩・道志に奥秩父の山々

 奥多摩・道志に奥秩父の山々も見えました!

本当に山深いですよね~

 

 

南アルプス

 南アルプスも見えたんですが、アッチは天気が微妙そうですね・・・

今日は、風も強く荒れているんじゃないですかね~

 

 

宮ヶ瀬湖

 愛する宮ヶ瀬湖も綺麗に見えました!

アッチまでも結構な距離ですよね・・・

 

 

丹沢三峰

 右手に見えるのが丹沢三兄弟ですね!

こんだけ雪があると、丹沢三峰も中々凶悪な姿になっているんじゃないですかね~

 

 

姫次、黍殻山

 平らな所が「姫次」で、真ん中右手が「黍殻山」ですかね。

南側に比べて少し地味ですが、アッチも静かな山歩きが出来るのでお気に入りなんです!

 

 

蛭ヶ岳空

 山頂でノンビリしていると、北の空が段々怪しくなってきました・・・

白く舞っている所は雪でも降っているんでしょうかね!?

 

 

霧氷

 霧氷が少しだけ残っていて最後の輝きを放ってました☆

丹沢も、霧氷の季節の到来ですね!

 

 

鬼ヶ岩の登り

 そんな感じで戻りたいと思います!

鬼ヶ岩の登りがえげつないですね~・・・。

鎖が雪で埋まっているので、使えません!

この周辺を歩く時は、十分注意して下さい。

 

 

6爪程度のアイゼンが必要な雪

 ピッケルは要らんですが、6爪程度のアイゼンが必要だと思われます!

12爪の方も居ましたし、チェーンスパイクの方も居ましたので、己の技量と判断次第ですかね!?

ちなみに私は6爪アイゼンでございます。

 

 

蛭ヶ岳の景色

 ヒーヒー言いながら登り、振り返ると先ほど見た景色をまた見れました!

流石にこの景色も見慣れて来たな~って感じですね。

 

 

蛭ヶ岳の雪景色

雪があるとまた違った美しさがありますよね~(´∀`*)

それにしても天気が良すぎて照り返しが凄く、日に焼けているのが自分でも分かるくらいでした・・・。

折角、「エイジングクリーム」を塗っているのに、また意味深なアレが増えてしまうわ♡

www.anzairen.com

 

※良かったらご参考にしてください!特に中年男性には必見ですよ!

 

 

丹沢山手前

 やっとここまで戻ってきました・・・

いや~・・・まだまだ先が長いですね・・・

丹沢山への登り返しを考えただけでもヒゲが抜けてきそうです♡

 

 

小雪も舞ってきた

 朝と比べて雲がだいぶ出てきましたね~~

風もまた強くなり、小雪も舞ってきました。

山の天気は本当に変わりやすいですね。

乙女心と一緒やな~っと思いつつ、何時まで経っても乙女心が分からない誰かさんですf^_^;

新宿2丁目で修行してみるかな!?(笑)

 

 

丹沢山塊景色

 丹沢とは思えない景色が広がっております!

朝に比べ、トレースが明瞭になってきましたね~~

それでも歩き難いです。

 

 

丹沢山への登り返し

 丹沢山への登り返しは、涙なくしては語れない、辛く切ない時間帯でした(?)

そんな感じでみやま山荘でございます!

昼過ぎなんで、登山者で賑わっておりました!

むしろ、宿泊者かな!?

 

 

富士山山頂景色

 小雪が舞っていると言うよりも、強風で巻き上がっていると言った方が正解かも知れません!

それくらい風が強かったです。

そして非常に寒かった・・・

 

 

雪道

 朝に比べ、だいぶ道っぽくなりましたね~(´∀`*)

今日は何人歩いたんでしょうかね!?

足跡の数だけ人生が詰ってますよね。

 

 

蛭ヶ岳日帰り登山帰り道

珍しく、気の利いた事を言ったじゃない!って呟いていそうな感じでした(?)

 

 

塔ノ岳山頂

 塔ノ岳山頂に戻ると、登山者でお祭り気味でした。

早々に立ち去ろうかと思ったんですが、足、腰、ヒゲから悲鳴が聞こえてくるので、ここで一本入れながら山ガールを眺めておりました。

ゲレンデマジックならぬ「山頂マジック♡」って、多分アリだと思います!!(?)

 

 

大山

 あの子・・・好みなんだ~♡と、大山に向かって告白してみました。

残念ながら、大山から返答がなく、ノーリアクションだった事を、この場をお借りしてご報告申し上げます・・・

 

 

鍋割山稜

 勝負がついた感じなんで、大人しく鍋割山稜経由で下山する事にしました。

 

 

花立山荘、大倉尾根、表尾根、大山

 手前左に花立山荘が見えてますね!

大倉尾根に表尾根、後ろに大山ですね!!

よい景色ですね~♬

 

 

鍋割山稜から見る蛭ヶ岳

 鍋割山稜から見る蛭ヶ岳がお気に入りなんですよね~(´∀`*)

こっちから見ると迫力が有りますよね!

 

 

蛭ヶ岳アルプスみたい

 これだけ見ると、何処かのアルプスと引けを取らないと思うんですけどね!

チョッと言い過ぎですかね!?(笑)

 

 

鍋割山急登

 聞こえてくるのは自分の吐息と、腐った飴色のタメ息だけでございます・・・。

え~・・・昨日何食べたっけ!?てか、なにを食べたらこんなになるんだ!?と、悩ましい時間帯でした\(^o^)/

 

 

鍋割山

 山頂は地味に混んでました!

そして、日当たりが良い所は田んぼのようになってましたので、スパッツがあると良いと思います!

 

 

鍋割山から見る富士山

 よっ!日本一!!

鍋割山から見る富士山はお久しぶりですね~♬

も~少し待てば夕日に染まってもっと綺麗なんでしょうね~♡

 

 

沢

 なんでこっちに来たかと申しますと、沢があるんで汚れたアイゼンを洗えるからです!

大倉バス停にも洗い場がありますが、非常に混むので・・・

精神衛生上、イライラするよりは天然の洗い場を利用した方が良いですからね!

 

 

二俣の橋

 二俣の橋を渡ってからの林道歩きが地味に長いです。

最後の方は、無の境地になってきます(苦笑)

 

 

大倉バス停

 そんな感じ大倉バス停です!

思ったほど登山者はいませんでした。

雪がある時期は、丹沢山塊へ登山する人も少ないのでしょうね。

 

蛭ヶ岳日帰りピストンのまとめ

 

 久しぶりの雪山歩きがとても新鮮で、かなり楽しい一日でした!

 

これからさらに丹沢山塊に雪が積もると、もっとドM指数が高くなり、オジサンうっとり♡してしまうかと思います(笑)

 

しかしながら、ボチボチ決算期に突入する関係で、仕事がモリモリになりつつで・・・

 

そんな感じなんで、「厳冬期」と呼ばれている2月の冬山に、私は全然行けれてないのが現状です。 

 

 段々と色々な「責任」と言う嫌な装備が増えてきて、休みたい時に休めなくなってきましたf^_^;

 

新人だと思っていた自分が、いつの間にか中堅になり、気づいたら「中年」ですからね~・・・。

 

中肉中背になってきたし、も~「」って漢字が嫌いになってきました(笑)

 

 ストレス解消すべく、時間がある時は少しでも良いので山に行きたいな~って考えている今日この頃でした!