アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

南町田グランベリーパークアウトドアショップ巡り!混雑も凄いがグルメも凄い!駐車場・園内マップ・スヌーピー詳細

南町田グランベリーパークアウトドアショップクライミングエリア

 

 

 

 

南町田グランベリーパークに出没した経緯

2019年11月13日にリニューアルオープンした「南町田グランベリーパーク」へ出没してきました!

 

南町田グランベリーパークの前は、「南町田グランベリーモール」としてアウトレット関係を中心としたお店が数多く営業しましてが、5年くらい前に取り壊され、リニューアルに向けて工事が進められておりました。

 

よ~やくリニューアルオープンした南町田グランベリーパークですが、アウトドア用品を扱っているお店が多く、登山、キャンプ好き出没して欲しいショッピングモールに大変身を遂げておりました。

 

今回は、リニューアルオープンということもあって、「買い物に付き合って欲しい」という嬉しい申し出に応えるべく、「お買い物オフ会」をシークレットで開催いたしました!

 

恥ずかしいので写真NG、団体行動が苦手、何を買ったらよいか良く分からない!といった経緯でお買い物オフ会を開催したのですが、新しい施設をグルグルみる事が出来、美味しいグルメにもありつけたので、楽しい一時になりました。

 

南町田グランベリーパークは、公共交通機関の便もよく、駐車場も広いので、アウトドアグッズを始め、洋服や生活雑貨の購入や、昼食、夕食として訪れても良いショッピングモールになります。

 

今回は、リニューアルオープンして間もない「南町田グランベリーパーク」について掘り下げてみたいと思います!

 

南町田グランベリーパークの場所と駅の様子・駐車場・渋滞について

 

 こちらが今回出没した南町田グランベリーパーク周辺の地図になります。

 

地図の通り、南町田グランベリーパークは、国道246号線と、国道16号線に囲まれた場所にありますので、非常に立地の良い所で営業しているショッピングモールになります。

 

また、東名高速道路の「横浜町田IC」からも非常に近い所にありますので、都内から車でのアクセスも非常に良好です。

 

公共交通機関も、田園都市線の「南町田グランベリーパーク駅」と直結してますので、改札出て0秒で南町田グランベリーパークになります。

 

 

南町田グランベリーパーク駅の構内の様子

こちらが南町田グランベリーパーク駅の構内の様子になります。

 

リニューアルオープンに併せて、駅も綺麗に整備されておりました。

 

グランベリーパーク時代と比べ、駅の様子もだいぶ変わりまたね~

 

また、南町田グランベリーパークと言ったら、スヌーピーがシンボルですよね!

 

南町田グランベリーパークのスヌーピーミュージアムは、2019年12月14日(土)オープンになるので、まだ営業しておりません。

 

スヌーピーミュージアムが営業すると、さらに混雑が激しくなりそうですよね・・・。

 

 

駅の改札を出ると目の前が南町田グランベリーパーク

駅の改札を出ると、目の前が南町田グランベリーパークになります。

 

10:00頃、南町田グランベリーパーク駅に到着したのですが、既に凄い混雑でした・・・。

 

 

南町田グランベリーパーク駐車場

そして車でのアクセスの良い南町田グランベリーパークですが、駐車場もモリモリ整備されております。

 

平日の10:00過ぎの駐車場の様子ですが、まだ空きがありました。

 

施設の周りに駐輪場も、5、6箇所ありますので、利用することが可能ですが、駐輪場の場所と時間帯によって、有料・無料に別れるそうです。

 

しかしながら、土日の駐車場の混雑が酷く、周辺の道路も駐車場待ちの渋滞でガチガチになるそうです。

 

元々国道16号線は渋滞しやすい道になりますし、横浜・町田IC周辺も、混雑することで有名ですからね。

 

南町田グランベリーパークがリニューアルオープンされた事により、周辺の渋滞が更に酷くなっていますので、出来る事なら車ではなく、電車で訪れた方が無難かなと思います。 

 

 

南町田グランベリーパークの園内マップと施設内の様子について

南町田グランベリーパークの園内マップ

 

こちらがリニューアルオープンした、南町田グランベリーパークの園内マップになります。

 

「グランベリーパーク」という名前の通り、緑が多く採用された施設になっておりまして、ペットもOKになっております。

※飼い主が責任を持って糞尿の処理を行うこと。

 

 

南町田グランベリーパークの施設マップ

南町田グランベリーパーク駅は、エリアの北側にありまして、南方面に進むと、ショッピングモールが広がります。

 

お店は、1階と2階にありますので、かなりの店舗数になります。

 

施設内には、価格がリーズナブルなお店から高級ブランド店まで多種多様なお店が連なっておりまして、勿論、アウトドアショップもかなり充実しております!

 

 

南町田グランベリーパークの横に鶴間公園

 園内マップの通り、右側(西側)には「鶴間公園」がありますので、ショッピングに疲れてしまった時の休憩に丁度良いと思います!

 

鶴間公園は、かなり広い公園ですし、季節毎に色々は花が咲き乱れますので、そちらを目当てに訪れるのも良いかな~と思います!

 

 

南町田グランベリーパーク大きなクリスマスツリー

そして南町田グランベリーパークの施設内の様子になりますが、クリスマスの時期ですので、大きなクリスマスツリーが設置されておりました。

 

 

南町田グランベリーパークの施設店舗の様子

気づくとも~師走ですからね~・・・。

 

南町田グランベリーパークでクリスマスを過ごすのも悪くないかもしれません。

 

ちなみに南町田グランベリーパークの営業時間は、10:00~20:00までのお店が多く、一部飲食店は22:00までになっております。

 

 

開店直後の施設内の様子

開店直後の施設内の様子になるのですが、駅周辺の混雑と比べると、人が少ないですよね。

 

やはり、どこの施設にも共通しておりますが、開店してから11:00頃までは買い物客は少ないです。

 

ランチを絡めて訪れる方が多いみたいで、11:30頃になりますと混雑が酷くなり、各店舗、人でごった返してました。

 

 

南町田グランベリーパークの大通り

この辺が南町田グランベリーパークの大通り?メインストリートになります!

 

高級店がこの界隈には多く、アウトドアショップに興味のない方にも十分買い物を楽しむことが出来ると思います!

 

 

ギャザリングマーケットと飲食店、カレーパン、ケンタッキーについて

南町田グランベリーパークギャザリングマーケット

南町田グランベリーパークの目玉の1つにあるのが、こちらのギャザリングマーケットになります!

 

 

ギャザリングマーケットお店の集合体

ギャザリングマーケットは、名前の通り飲食店やお土産、生鮮食品等を扱うお店の集合体になっております。

 

 

ギャザリングマーケット混雑具合

ギャザリングマーケットも、10:30頃までは人も少なく快適だったのですが、それ以降は、凄い混雑で歩くのもやっとでした・・。

 

また、ギャザリングマーケット内にあります、町田のカレーパンで有名なお店である「パンパティ」が出店しているのですが、そちらは凄い混雑で、購入するまで2時間待ちと表示されてました。

 

一人3個まで名物の「ステーキカレーパン」を購入することが出来るのですが、あまりにも人気のため、開店直後でも並ばないと購入できないと思います。

 

10:30頃、パンパティの前を通ったのですが、既にそこだけ大行列で、30分待ちの状態でした。

 

ちなみにパンパティのステーキカレーパンは、1個230円になるそうです。

 

 

SEAFOOD JO’S混雑

 ギャザリングマーケットの外にも飲食店が多くありまして、その中でも一際大行列だったのが「SEAFOOD JO’S」になります。

 

こちらも開店直後から行列になってまして、ランチタイムを過ぎても混雑が続いておりました。

 

シーフードをモリモリ使ったパエリヤなどが人気になるそうです!

 

 

小籠包とスイーツの食べ放題店

こちらが小籠包とスイーツの食べ放題で有名になるそうです。

 

写真の通り、圧倒的に女性客の割合が高く、SEAFOOD JO’Sと同じくらい大混雑してました。

 

スイーツ食べ放題もありますので、ランチタイム以外の時間も混んでました。

 

 

KFCレストラン南町田グランベリーパーク

また、南町田グランベリーパークの飲食店街の目玉の1つであるのが、こちらのケンタッキーになります!

 

その名も「KFCレストラン」になるのですが、こちらは「ケンタッキーの食べ放題」がありまして、時間制限内でしたら好きなだけ食べる事が出来ます!

 

ケンタッキーフライドチキンのファンは多いですので、この食べ放題出来るのは、まさに「夢が叶った」感じになるでしょうね~☆彡

 

も~少し若かったならば、私もケンタッキーフライドチキンの食べ放題に挑戦したのですが、今は3本食べれるかどうか非常に怪しい感じですね。

 

アウトドアショップ スノーピークとSNOW PEAK EATのメニューと料金について

アウトドアショップ スノーピーク

アウトドアショップと言ったら、日本のメーカーであるスノーピークを忘れることはできませんよね!

 

南町田グランベリーパークの中にも出店しているのですが、店舗面積は少し狭い感じで、品揃えも必要最小限しかないような状況でした。

 

アウトドアグッズよりも、アパレル系の品揃えが多い感じでした。

 

 

SNOW PEAK EAT

スノーピークにしてはお店が狭いな~と思っていると、店舗のお隣に、最近流行っている「SNOW PEAK EAT」が営業しておりました。

 

 

SNOW PEAK EATのメニューと料金

 SNOW PEAK EATのメニューと料金になりますが、ドリンクは300円、珈琲が500円、食事は1,400円前後になっておりました。

 

SNOW PEAK EATは、名前の通り、スノーピークで販売されてます、カップやお皿、椅子等が使われてまして、街にいながらキャンプの雰囲気を楽しめる新形態のお店になります。

 

ここのところ、スノーピークは、SNOW PEAK EATの出店を増やしているみたいで、都内でも見かけたことあります。

 

南町田グランベリーパークのモンベルについて

南町田グランベリーパークのモンベル

南町田グランベリーパークの目玉の1つがアウトドアショップであるモンベルかと思います!

 

南町田グランベリーパークの中でも、一際店舗面積が広く、売られている商品も充実してました!

 

 

南町田モンベルのクライミング施設

南町田グランベリーパークのランドマークロックと呼んでも良い、モンベルのクライミング施設になります。

 

 

南町田グランベリーパークのモンベルクライミング&カヤック体料金

 南町田グランベリーパークのモンベルでは、クライミング&カヤック体験が出来まして、安全に楽しむ事が出来ます。

 

クライミングの料金は、大人(中学生以上)800円、小学生が600円になります。

 

カヤックにつきましては、600円で楽しむことが出来ます。

 

暫く見ていたのですが、クライミング体験をする方が地味に多く、4人ほど挑戦しているシーンを見ることが出来ました。

 

クライミング&カヤックは、11:00~16:00まで受け付けてますので、興味がある方は挑戦してみてください!

 

 

モンベルに入店

 そんな感じでモンベルに入店してみたいと思います!

 

帽子と洋服、テントシューズが欲しいそうで、売っているのかしら?と思いながら入店したのですが、品揃えの多さにビックリしてしまいました!!

 

 

モンベル南町田グランベリーパーク店のフロアガイド

こちらがモンベル南町田グランベリーパーク店のフロアガイドになります!

 

驚くことに、4つのフロアからなってまして、ウエア館とギア館で別れております。

 

ちなみにモンベル南町田グランベリーパーク店は、国内のモンベルの店舗の中で一番売り場面積が広いそうです。

 

ここで売られてなければ、他の店舗にも無い!と言えると思います。

 

 

モンベル南町田グランベリーパーク店アウトレット商品も充実

勿論、アウトレット商品も充実してまいて、サイズ等が合えば、かなり安く購入することが可能です!

 

モンベル商品は、中々値引きしませんので、アウトレットを扱っている店舗は助かりますよね~!

 

 

モンベルと寝袋マットやザックなども充実

モンベルと言ったら寝袋も評判が良く、愛好者が多いと思いますが、品揃えも良く、寝袋マットやザックなども充実してました。

 

寝袋の現物展示が多く、購入前に温かさや肌触りをチェックできるのは助かりますよね!

 

 

モンベルギア館アウトドアグッズ

モンベルギア館は、本当に色々なアイテムが揃ってまして、時間泥棒な感じでした。

 

 

モンベルバーナー等

モンベルショップは、お金と時間が幾らあっても足りないですよね~・・・。

他のモンベルショップでは見かねないアイテムもあったりするので、見ていて楽しい時間になりました。

 

 

南町田グランベリーパークロッククライミング

買い物に夢中になっていると、ロッククライミングに夢中になっている方がいました。

ショッピングモール内でクライミングすると、非常に目立ちますよね~

カッコ悪い姿は見せれませんので、緊張感のある時間になりそうですよね。

 

 

モンベル自転車

キャンプグッズも充実してまして、奥に見えてますと通り「自転車」も数多く展示販売してありました。

 

リサーチ不足なもので、モンベルの自転車の評判が良いのか悪いのか分からないのですが、地味にお客さんが絶えない状況でした。

 

カヤックの方はガラガラでしたので、やはり競技人口に比例するのかも知れませんよね。

 

コロンビア・ナイキ・アディダス・ニューバランスについて

アウトドアショップコロンビア

アウトドアショップと言えば、コロンビアも外せませんよね!

 

モンベルの店舗正面近くにコロンビアがありますので、そちらも寄ってみる事に致しました。

 

 

南町田コロンビア店舗

 開店直後だったこともあり、お客さんもガラガラでした。

 

やはり、南町田グランベリーパークでアウトドアショップ巡りをする場合、遅くても12:00までに一通り回ったほうが良いかな~と思います。

 

昼過ぎになりますと、お客さんでごった返し、ノンビリ商品を見ることが出来なくなります。

 

また、ナイキ・アディダス・ニューバランスの店舗もありますので、アウトドアグッズを見るのに飽きてしまった時に重宝するかもしれません。

 

ナイキ・アディダス・ニューバランスは、「靴」のイメージがありますが、アウトレット品も多く扱ってまして、サイズやカラーにもよりますが、非常に安く購入することが出来ると思います。

 

 

南町田グランベリーパーク内に丹沢を見渡せるエリア

 南町田グランベリーパーク内には、丹沢を見渡せるエリアもありまして、買い物疲れした時に良いかな~と思います。

 

正面奥に見えているのが鶴間公園になります。

 

手前にテントのようなものが見えてますが、こちらはオブジェになりますので、キャンプすることは出来ませんので悪しからずです!

 

モンベルやスノーピークで購入したギアを試したいローケーションになりますが、ここはグッと我慢するしかないですよね!

 

 

グランベリーパーク内のクリスマスツリーやイルミネーション

ナイキで買った運動靴で走り回りたくなるロケーションですが、ここもグッと堪える必要がありますよね(笑)

 

夕暮れになると、グランベリーパーク内のクリスマスツリーやイルミネーションがとても綺麗でした!

 

 

ショッピングモール内スヌーピーが鎮座

アディダスで買った運動靴で走り回りたくなるロケーションですが、ここもグッと堪える必要がありますよね(笑)

 

こちらの駅内を始め、ショッピングモール内等にもスヌーピーが鎮座してますので、そちらを探し回るのも面白いかもしれません。

 

話によりますと、スヌーピーの首輪の色がそれぞれ違うみたいです。

 

まとめ

アウトドア用品の購入を考えている場合、南町田グランベリーパークは店舗も多く、種類も豊富ですので、非常に便利だと思います!

 

上述してますが、スヌーピーミュージアムが12月14日にオープンいたしますので、さらに混雑が予想されます。

 

また、クリスマスのセールや、新年の初売りなども企画されているみたいですので、さらに混雑が酷くなると思います。

 

しかしながら、都内からのアクセスも良く、規模も大きなアウトレットモールになりますので、買い物するのに便利ですよね!

 

シークレットお買い物オフ会でしたが、SさんFさん、また何処かでお願いいたします!

 

www.aohigetozan.com

南町田アウトレットパーク内にあります、ブッフェザフォレスト、ジロー珈琲で食事をした時のようすになります!

ブッフェザフォレストは、名前の通りブッフェ(食べ放題店)になりまして、非常にコスパの良いお店でした!

 

www.aohigetozan.com

アウトドアショップの聖地である神田神保町で行った登山用品のお買い物オフ会について書いた記事になります!

南町田グランベリーパークとは違った魅力がある神田神保町ですが、こちらもおすすめのアウトドアショップが多く、お金と時間をモリモリ奪われてしまうエリアになります!