アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

コーヒーミルとコーヒーバネット!登山とアウトドアで挽きたて珈琲!

 

 

 

登山やアウトドアで美味しいコーヒーを飲むためには!?

山登りの楽しみは「ご飯」、「景色」など色々ありますが、山頂で飲む一杯の珈琲も格別ですよね!

 

登山する時は、ほぼ間違いなく山頂で温かいコーヒーを飲めるように、「コーヒーミル」と「コヒーバネット」を持って行くのですが、荷物が増えて嫌な部分もありますが、それでも至福の時間を過ごす事ができますので、ある程度の負荷は仕方がないですよね!

 

挽かれたコーヒー豆ですと、どうしても時間が経ってしまっているので匂いが薄くなってしまいますが、飲む直前に挽いたコーヒー豆の香りと旨さは格別ですからね~!!

 

そんな感じで今日は、贅沢にも山頂やアウトドア中に挽き立て珈琲を味わえる道具をご紹介したいと思います!

 

登山で使えってるケトルと会社でのコーヒータイム

愛用しているケトル・コッヘルについて

山登りで使うアイテムですので、軽量・頑丈なものが求められますが、私が使っているコーヒーミルとコーヒーバネットなら許容範囲かな~と思っております!

 

コーヒーを挽いたり淹れるアイテムも大事ですが、お湯を沸かすのも重要な要素ですよね!

 

普段、山登りでお湯を沸かす時は、こんな2つのアイテムを使って美味しいコーヒータイムに備えております!

 

良かったら、お湯を沸かすために普段使っている山道具になります!

良かったらご参考にしてみてください!

 

www.aohigetozan.com

 スーノーピークのケトルのレビューになります!

 

www.aohigetozan.com

スーノーピークのチタン製のコッヘルのレビュー記事になります!

 

スポンサーリンク
 

コーヒータイムの出来事

そんな感じで話が少し脱線するんで、こんな出来事がございました。

 

「すまん、チョッと切れてきたんで・・・なんか有っても私の事を探さないで下さい・・・

 

職場から抜け出す時によく吐く台詞なんですが、

 

「お呼び出し致します。経理課アオヒゲさん経理課アオヒゲさん、内線○×まで至急ご連絡下さい。経理課アオヒゲさん内線○×までご連絡下さい。」

 

勤務先が工場なもので構内放送が有るのですが、

 

「デカイ声で私の名前を連呼するのは止めなさい!!サボっているのが皆にバレちゃうじゃないか ・・・」

 

注意しようと思うも、「済んだ事は仕方がない精神」が働き、スッカリ忘れてしまったのですが、AM・PMで1回ずつ晒し者になり、このままだと冬のボーナスは0回答だな ・・・ってビクビクしている今日この頃です f^_^;

 

上役が来ている時に限って呼び出しをする貴方様!!

 

悪意があるのか、それとも愛情の裏返しなのかは分かりませんが、これ以上私の査定を下げるような事は謹んで下さいませ!って感じです。

 

タバコは吸わないのでアレなのですが、コーヒーが大好きなオジサンなもので、休憩室でカフェイン注入しつつ、現場の方と談笑するのが密かな楽しみだったりしております。

 

私は全く社交的ではないのですが、コーヒー飲みながら独り言が激しい姿を不憫に思ったらしく、現場の方達が気を遣って下さってるみたいです 。

 

話のネタは「アソコのママはホント凄いぞ!!26時から勝負の時間 !」でした 。

 

何の事か私は理解できなかったのですが、愛想笑いと一緒にシッカリとメモをとらせて頂きました (笑)

 

そんな感じで貧乏を重ねている毎日ですが、前々から気になっていた登山やキャンプに使えるコーヒーミルとコーヒーバネットを衝動買いしてしまいました f^_^;

 

夏の暑さのいたずらか、無意識にポチ♪と左クリックし、いつのまにかクレジットカードの番号を打ち込み、配達時間までシッカリと入力し、受付完了のメールを見てはニヤニヤしたものの、数日後、家に帰ると

 

「なんだこの荷物?こんなの買ったっけ?新手の詐欺か??」

 

ってな顛末でした(笑)

 

人間って言うのは、買うまでの行程を楽しむ生き物で、ソレが過ぎると急に冷え込み、あとで後悔する生き物なんだな~~~っと悟りを啓く事に成功いたしました(笑)

 

山登りやアウトドアで使えるコーヒーミルとコーヒーバネットについて

前書きが長くなりましたが、今回買った「山やアウトドアで美味しいコーヒーを淹れられるアイテム」は、こんな感じの物になります!!

 

 

コーヒーミルとコーヒーバネット

 

品名がコーヒーバネットcute(キュート) になります!

 

 

 

  • サイズ・重さ 35×120mm 65g
  • 材質 8-8ステンレス(SUS304 WPB熱処理済)
  • コーヒーを挽ける量 珈琲で30g(3人前)までシコシコ作成可能!
  • 値段 3,240円(税込)

 

同じ物がなかったもので、私が購入したコーヒーミルと値段・機能が変わらず、しかもコンパクトなアイテムがありましたので、添付したいと思います!

 

 

 

重量につきましては、225g前後ですので、山に持っていけるギリギリの重さですよね。

 

一式揃えると懐が寒くなる感じなのですが、山や下界でもコーヒーミルとコーヒーバネットは使えますし、「眉毛が濃いバリスタ」が淹れる濃厚ブラックを駆使すれば、勝負の日にも使えるな~ ♡っと、ほくそ笑んでいる所でございます (´∀`*)

 

お山の山頂でモテモテになったら困っちゃうな~~っと今から無駄な妄想に励んでいるところですが、こちらのコーヒーミルとコーヒーバネットは山友達が使っているのを見て、前々から気になっておりました。

 

軽量で扱いやすく、ミルの方もゴリゴリコーヒー豆を挽けますので、良い香りに包まれ逝ってしまいます(´∀`*)

 

山登りで挽き立てコーヒー

やっぱり、挽き立てのコーヒーは美味いですよね~ ♡


山頂からの景色と相まって、珈琲の美味さがより一層引き立ちますよね!

 

 

笊ヶ岳とコーヒー

笊ヶ岳と言うお山でコーヒーで一服した時の写真です!

 

笊ヶ岳は、急登が続き、かなりきついコースを登らないといけないのですが、その苦労に見合う大展望が待っている山になります!

 

そんな笊ヶ岳で飲んだコーヒーがとても美味しく、

 

も~挽き立てコーヒー最高と叫んでしまいました!!\(^o^)/

 

コーヒーの登山・アウトドアアイテムのまとめ

家の近くにコーヒー豆専門店が有るのですが、敷居が高くて中々入りずらく、遠巻きでモジモジしていたのですが、ついに心の扉を開き豆をゲットできた次第です!

 

色々なお店で珈琲豆の方も開拓し勉強したいな~~って思っている誰かさんです!

 

お山歩きの贅沢にエエかもしれませんよ !

 

やっぱり、挽き立てのコーヒーは本当に美味しいです!!

 

山頂で飲む至福の一杯を是非堪能して欲しいな~っと思ってしまいます♡

 

山に限らず、キャンプ場や家でも美味しい挽きたての珈琲を飲むことが出来ますので、コーヒーミルとコーヒーバネットは、1つあると重宝すると思います!

 

こちらのコーヒーミルとコーヒーバネットを導入して大分経ちますが、ミルの方も問題なくコーヒー豆を挽く事が出来ます。

コーヒーバネットも、問題なく使えておりますので、両方とも耐久性に優れた商品だと思います!

 

コーヒーミルとコーヒーバネットは、珈琲好きにお勧めしたいアイテムでございます!