アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山ブログです。

ビバーク体験記。遭難状態の私はこれで下山が出来なくなりました(前編)

ビバーク

 

 

ビバーク体験と遭難し下山が出来なくなった経緯について

登山やアウトドアをやっている方なら「ビバーク」って言葉を聞いた事があるかと思いますが、普段の生活だと全く馴染がないですよね。

 

計画的にテントやツエルト等を使って山の中で夜を過ごす事を「幕営」と呼びますが、緊急的かつ寝袋等の宿泊装備を持たずに野営することを「ビバーク」と言いますが、こちらはドイツ語でございます!

 

登山をやっていると、色々なカタカナ言葉を耳にすることが多いですが、私の個人的な事を書いている(山以外)ブログの名前に使っている「アンザイレン」もドイツ語でございます!

 

www.anzairen.com

 

アンザイレンと言う言葉が好きでブログ名に使っているのですが、登山の歴史が長いヨーロッパ方面から伝わってきた登山用語って結構多いですよね。

 

ボーイスカウト」も、確かイギリス発祥ですしね。

 

そんな「ビバーク」なのですが、経験された事ってありますでしょうか!?

 

本来なら経験してはいけない「禁断のプレイ」になりますが、私は恥ずかしながら1度だけビバークを経験した事があります。

 

今日は、その時のビバーク体験談を記載したいと思います。

 

お恥ずかしい話なので、ブログで書くのもアレかな?と思ったのですが、自分への戒めにもなりますし、何かのご参考になれば幸いです。

 

登山は何が起こるか分かりませんし、常日頃から最悪の事態を想定しておくことが重要ですからね。

 

プロフィールに「登山暦18年位」と記載してますが、厳密に書くと20年位になります。

 

私が20歳前後の頃、とある滝を見て一目惚れしてしまい、その後の2、3年間は、山の中に入っては「滝巡り」をし、名も無き滝を見つけてはウットリ♡していた感じです。

 

ですので、厳密に言うと「山登りチック」な事を2、3年間していたのですが、敢えてその期間は外しております。

 

で、今回の遭難状態になり、下山ができなくビバークした話は、その2、3年間の出来事ですので、年数がだいぶ経っており、記憶が一部不明瞭な箇所がございます。

 

また、コースも当時と比べてだいぶ変わっていると思われます。

 

その点、ご理解頂けたら幸いです。

 

 

遭難状態となりビバーク体験をした東沢渓谷について

今回のビバークをした舞台になった場所は、奥秩父にある「東沢渓谷」でございます。

 

名瀑百選の「七ツ釜五段の滝」を擁する「西沢渓谷」が有名ですが、その近くに「東沢渓谷」があります。

 

名前で言ってもアレだと思いますので、付近の地図と写真を載せたいと思います。

 

東沢渓谷周辺の地図

 

 

山梨百名山の「鶏冠山」の登山口の近くを流れる沢が「東沢渓谷」になるのですが、そちらを遡っていくと「甲武信ヶ岳」へ至るルートになっております。

 

現在、東沢渓谷は、「一般登山者進入禁止」になっておりますが、私が行った時は禁止になっておりませんでした。

 

現在も、「鶏冠山(鶏冠尾根)根登山」、「沢登」のルートとして有名ですので、入渓する沢屋さんも多いのではないかと思われます。

 

 

奥秩父の登山地図

こちらが、ビバーク体験をして死ぬ思いで下山したときに持っていた奥秩父の登山地図になります!

 

 

1996年東沢渓谷登山地図

こちらは、山と渓谷社の「登山地図」になるのですが、発売された年代を見ると1996年でございます。

 

こちらが手元にある2番目に古い登山地図になります。

 

多分、私の山歩きのキャリアは、この時代から始まったと思われます。

 

 

登山地図値段

値段も縁起の良い「スリーセブン」でございます(´∀`*)

 

ジャラジャラなんか出てきそうな感じですが、今回のビバーク体験談は、ある意味「大当たり」なのかも知れませんf^_^;

 

 

ビバーク遭難状態になった東沢渓谷

登山地図の青丸の沢が、今回、遭難状態に陥ってしまった「東沢渓谷」になります。

 

当時、「山ノ神」と言う祠みたいなのがある所まで「実線ルート」で、それ以降は「破線ルート扱い」になっており、コースとしてシッカリ取り上げられている感じです。

 

それにしても、こんな歴史ある地図が我が家にある事に驚きですよね~~


なんだかケースも「古文書」みたいな風格がありますしね(笑)


ま~色々あった山行だったので、この地図を捨てる事が出来ない感じです。

 

話が脱線しちゃうんですが、この奥秩父の地図を見ると、甲武信小屋から東沢渓谷へ下りた辺りと、近丸新道の途中にあるヌク沢の出合に「水場マーク」の記載があります。

 

甲武信小屋から東沢渓谷へ下りた辺り

近丸新道の途中にあるヌク沢の出合

直近の「山と高原地図」には記載が無い水場なのですが、昔はあの沢水も飲めたんだね~って感じですよね。

 

そんな感じで、当時のお目当ては「山」ではなく「」だったので、東沢渓谷の最大の見せ場である「両門ノ滝」を目当てに計画し入渓致しました。

 

ビバークした時の登山経験について

入山した時期は秋前だったのですが、当時の私の登山経験は2年弱。

 

地元丹沢で開かれた「沢登の講習会」に1度だけ参加してたものの、まだまだ技術も体力もないのに、単独で行くには荷が重いコースである事を、その当時の私は理解しておりませんでした・・・

 

まさに「若気の至り」、「無鉄砲」を絵に描いたような感じです。

 

今は、ネットで検索すれば色々と情報がありますが、その当時は皆無に等しく、山に入ってみないと分からない感じでした~・・・。


地図に記載されているコースタイムから「日帰り」だと大変かな~となり、来た道を下るのも怖いと思い、甲武信小屋で素泊まりの計画で臨みました。

 

遭難状態になったときのビバーク装備について

登山の装備としては、沢靴、ヘルメット、1泊2日分の食料、水2L、ヘッドライト、着替を持って行った感じになります。

 

東沢渓谷が、本格的な沢登りだと思ってなかったので、濡れても膝下位だと考え、ウエットスーツ等は要らないと判断しておりました。

 

当時、実家暮らしだったので、「1泊2日で滝を見に行く」と言い残し、山小屋の方には敢えて予約はしませんでした。


技術的に厳しい所が出たら素直に引き返そうと思っていたからです。

 

当時、携帯電話も普及していなかったので(電波の範囲が非常に狭い)、山小屋のキャンセルの連絡が面倒であったことも影響しております。

 

結果的に、家の者に「1泊2日で行く」と伝えていた事と、宿泊予約をしなかった事が、今回の遭難騒ぎを大きくせずに済んだ要因になりました。

 

ビバーク体験記の始まりについて

そんな感じで8時前くらいに西沢渓谷の駐車場に到着し、9時過ぎには「鶏冠山登山口」付近になり、その後順調に東沢を遡って行きました。

※当時、「道の駅みとみ」はなかった記憶があります。

 

山ノ神を過ぎると、大小さまざまな滝が見え、綺麗なナメ状の滝を楽しみながら充実した時間でした。


ただ、結構登山道が荒れており、ルートも少し分かり難い箇所もあり、キレ落ちた所もモリモリでかなり神経をつかう道のりでした。


そんな悪路が影響し、コースタイムよりも行程が遅れてしまい、少し焦っていた記憶が残っております。

 

 そ~は言っても、甲武信小屋に夕方前には辿り着ける感じでしたので、「少し急ごう」程度で、その後、災いが自分に降りかかるとは知る由もなかった感じです。

 

まさか、遭難状態となり、山の中でビバークするとは思いもしませんでした。

 

そんな感じで、少し長くなってしまったので次回後編に続きます!

 

www.aohigetozan.com

 かなり厳しいビバークの時間となり、一生忘れらない遭難体験になりました。

寒い山の中で一夜を過ごした状況を細かく書いてあります。

も~2度と、寒い山の中でビバークはしたくないですね。