アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の登山・キャンプブログです。

浜の家キャンプ場で西湖湖畔キャンプ!料金・予約・水場・トイレ・湖畔キャンプレビュー!

この記事をシェアする

浜の家キャンプ場

 

 

 

浜の家オートキャンプ場で湖畔キャンプした経緯について

ここのところキャンプにはまり、登山を絡めて1泊することが多いのですが、神奈川県に住む私にとっては、富士五湖周辺は非常にアクセスが良く、キャンプするのに便利だったりします。

 

富士山の景色も良く、周辺にはお店や温泉もチラチラありますので、キャンプ初心者の方も利用しやすいのではないかと思っております!

 

富士五湖周辺のキャンプ場は、アクセスが良いので、いつかコンプリートしてみたいと薄っすら考えているのですが、立派なキャンプ場は、利用料が高かったりと、貧乏サラリーマンにとっては、中々厳しい部分もあったりします。

 

経済的に苦しいもので、いかに安くキャンプが出来ないかと仲間に相談したところ、富五湖の1つであります西湖の湖畔で営業している「浜の家」がよいとすすめられたもので、出没する事にしました!

 

浜の家キャンプ場の隣にあります西ノ海キャンプ場も良いと教えてもらったのですが、ま~次回行けばよいと思い、到着した時の混雑具合で選ぶ事にいたしました。

 

結果、浜の家キャンプ場の方が空いていたので、今回利用したのですが、西湖のロケーションが素晴らしく、料金も安いのでお気に入りのスポットになりました!

 

今回は、湖畔でキャンプが出来る浜の家キャンプ場について掘り下げてみたいと思います!

 

掘り下げる前に、浜の家キャンプ場の設備やロケーションなどを動画で撮ってみました!

 

上記写真を押すと、短いですが浜の家キャンプ場の様子を動画(YouTube)で観ることが出来ますので、キャンプの参考になれば幸いです!

 

浜の家キャンプ場の場所と料金・予約・水場・トイレの詳細

 

こちらが今回利用しました浜の家キャンプ場周辺の地図になります。

 

地図の通り、周辺にはキャンプ場がモリモリありまして、結構な賑わいになっておりました。

 

 

浜の家キャンプ場受付

県道710号線を走っていくと浜の家キャンプ場が目に入ってきます。

 

こちらでテント泊、バンガロー泊の受付を行います。

 

浜の家キャンプ場の料金

浜の家キャンプ場の魅力の1つが「料金の安さ」になるのですが、テント1張り1名で1泊の場合、料金は税込1,000円になります。

 

こちらの料金の中には、車1台の駐車料金も含まれております。

 

西湖の湖畔という好立地ながら1泊1,000円でキャンプできるのは嬉しいですよね!

 

ちなみに浜の家キャンプ場でのテント泊の場合、サイトの予約は出来ません。

 

勿論、バンガロー等の宿泊は、事前に予約が出来ますが、テント泊の場合「早い者勝ち」になりますので、ハイシーズンでの利用は注意が必要です。

 

 

浜の家キャンプ場のコテージや水場、トイレ

受付の裏側にコテージや水場、トイレがあります。

 

西湖湖畔の方には、水場、トイレがありませんので注意が必要です。

 

 

浜の家キャンプ場の水場

こちらが浜の家キャンプ場の水場になります。

 

束子やスポンジ、洗剤などが常備されてまして、無料で使用することが出来ました。

 

キャンプ道具を洗うのにかなり重宝致しました。

 

 

浜の家キャンプ場のトイレ

そしてこちらが浜の家キャンプ場のトイレになります。

 

 

浜の家キャンプ場のトイレ中の様子

綺麗に掃除されているものの、少し暗く古い感じでした。

 

女性のトイレは見ていないので分かりませんが、同じような感じではないかと思われます。

 

 

浜の家キャンプ場の林間サイト

浜の家キャンプ場は、湖畔だけではなく、林間サイトもありますので、その時の気分で使い分けすることが可能です!

 

林間サイトの方が、トイレ、水場にも近く日陰もあるので居心地は良いと思いますが、眺望はありません。

 

 

浜の家キャンプ場の自動販売機

また、受付の横に自動販売機がありますので購入することが可能ですが、お酒の販売はありませんでした。

 

受付で販売してない感じでしたので、お酒が飲みたい方は、事前に購入した方が良いと思います。

 

浜の家キャンプ場でキャンプ!西湖湖畔でテント設営の様子

浜の家キャンプ場でキャンプ場の様子

水場、トイレに引き続きまして、西湖湖畔にあります浜の家キャンプ場のテントサイトで設営したいと思います!

 

写真に写る湖畔サイトは、手前が浜の家キャンプ場、真ん中奥が西ノ海キャンプ場になりまして、ロープで区切られておりました。

 

サイトを見た感じ、浜の家キャンプ場よりも西ノ海キャンプ場の方がフラットな所が多く、設営しやすい感じでした。

 

混雑具合にもよりますが、浜の家キャンプ場よりも西ノ海キャンプ場の方がサイトの傾斜が緩いのでおすすめでございます!

 

浜の家キャンプ場のキャンプサイト

テントは何処に張っても良いとの事で、少ない平地を探してテントを設営する事にしました。

 

地面はそこそこ硬いので、鋳造の長いペグを使った方が良いかと思います!

 

また、朝晩は風が出ますので、シッカリとペグダウンしてテントを固定した方が良いです。

 

 

湖のギリギリでのテント設営様子

浜の家キャンプ場の名物は、やはり湖のギリギリでのテント設営ですよね!

 

波打ち際は平地になっているので、テント設営に丁度良いと思います!

 

 

西湖がとても綺麗

西湖がとても綺麗でした!

 

遮る物がないので冷たい風が入ってきて結構涼しかったです。

 

 

西湖湖畔でテント設営完了

そんな感じでテント設営完了でございます!

 

今回も小川テントタッソT/Cムササビウィング(タープ)の連結にしてみました!

 

ムササビウィングは、ソロキャンプ用のタープになるのですが、小川テントタッソT/Cとの相性も良く地味に重宝しております!

 

 

目の前が湖というロケーションでキャンプ開始

目の前が湖というロケーションは、やっぱり最高ですよね!

 

波の音が心地良く、この時点で軽く逝ってしまいました♡

 

 

ベアボーンズランタンをキャンプで使用した

 テント内でも使えるLEDライトのランタンが欲しくなり、ベアボーンズランタンを購入し、今回実戦に投入してみました!

 

結論は、「買って大正解!」でした♡

 

 

小川テントタッソT/Cとムササビウィングタープの様子

タープにしわが寄っちゃってますね(笑)

 

まだまだ修行が足りませんね。

 

ちなみにお隣りさんは車中泊のスタイルでした。

 

結構車中泊の方が増えてきましたよね~

 

 

西湖のワカサギ

西湖の湖畔でボ~~っとしていると、ワカサギが打ち上っているのを見つけました。

 

焼いて食べようかした!?と思ったのですが、なにかの病気でお亡くなりになったものだとアレだと感じ、土に埋めて祈りを捧げておきました。

 

 

テントの設営も終わると夕方になった

テントの設営も無事に終わりマッタリタイムに突入すると、段々と日が沈んできました。

 

 

西湖湖畔で焚火の準備と薪の様子

湖畔ということもありまして、地味に流木などが転がっていて焚火の燃料に使える感じでした。

 

一応、薪を持参したのですが、少量なら湖畔で探してみるのもアリかと思います。

 

浜の家キャンプ場で西湖湖畔キャンプの様子とキャンプ飯の詳細

キャンプ飯調理開始

良い感じの夕日になってきたので、そろそろキャンプ飯にしたいと思います!

 

 

キャンプ飯の食材の準備をしたキャンパー二人

今回は、途中から参加した2名とキャンプを楽しみたいと思います!

キャンプ飯は任せて下さい!!とのことで、食材から全てお願いしちゃいました!

 

いや~料理が得意な方がいると便利ですね!

 

 

浜の家キャンプ場で西湖湖畔キャンプ焚火の様子

炎を見ると何故か肉を喰らいつきたくなるのはBBQ病でしょうかね!?(笑)

 

制服姿を見ると、何故かムラムラするのはブルセラ病でしょうかね!?(笑)

 

団地妻を見ると、何故か「夕日」と「あなた許して」という言葉とシチュエーションが妄想されるのは18禁の動画の見過ぎなんでしょうかね!?(笑)

 

疑惑は増すばかりですね~・・・(?)

 

 

キャンプ飯で食べた牛肉

奮発してくれて、とても美味しそうな牛肉を買ってきてくれました!

 

こちらでA4の和牛になるそうです♡

 

A4なんて、コピーとる時しかご縁がないので、驚いてしまいました♡

 

 

闇に包まれた西湖の湖畔でキャンプ飯の調理様子

闇に包まれた西湖の湖畔でキャンプ飯の調理に取り掛かりたいと思います!

 

 

西湖の湖畔でキャンプBBQ

キャンプ飯といったら、やはりBBQですよね!

 

お肉もモリモリ買ってきてくれたので、食べきれるか心配でございます・・・。

 

 

メスティンを使ってキャンプ飯チャーシューを作った様子

メスティンを使ってチャーシューを作ってみたのですが、何処かの中華料理店でも出せるクオリティーで大変美味しかったです!

 

結構簡単に作れたので、今度登山の山飯に作りたいですね~

 

 

BBQでシイタケを焼いて食べた

肉ばかり食べているとおデブちゃんになってしまうので、シイタケ祭りを開催してみました!

 

昔はシイタケが苦手だったのですが、今では生焼けでも食べてしまうワンパクぶりです(笑)

 

 

浜の家キャンプ場で焚き火して空豆調理

緑色した大人のおもちゃの様な物体は空豆になります!

 

焚火で焼く空豆は絶品でした!!

 

ビールのお供に最高ですよね~♪

 

 

西湖湖畔キャンプ

良い感じに出来上がってしまい、これが何の料理だか思い出せない誰かさんでございます。

 

「生焼けチャーシュー刺しモッコリ」でしょうかね!?

 

むしろ、ここで「モッコリ」が必要なんでしょうかね?(笑)

 

 

西湖湖畔キャンプでフィレステーキ調理の様子

ほろ酔いのオジサンを尻目に、フィレ肉を焼き始めてました!

 

家で焼くステーキは、火力不足で味がイマイチですが、焚火の高火力で焼けば最高の1品になりますよね!

 

 

キャンプ飯で食べたステーキとマフィン

マフィンと一緒にステーキを頂きました!

 

なんだか子洒落た食材を多く注入してくるもので、きっとあの二人、本気でアタイの事を口説きに来ているかも♡と、ドキドキしちゃいました♡

 

 

キャンプ飯で食べたラーメン

先ほど作ったチャーシューでラーメンも作ってみました!

 

高級な料理も大好きですが、やはり食べ慣れた貧乏ラーメン?に心が躍ってしまう誰かさんでした!

 

 

A4和牛のステーキをキャンプで焼いて食べた

そしてメインディッシュを飾るのが、A4和牛のステーキでございます!

 

いや~今日は豪華なキャンプ飯でございます!!

 

 

焚き火で調理中のステーキ肉のアップ写真

この写真だけでご飯3杯はイケちゃいますよね(笑)

 

間違いない旨さに3人で雄叫びを上げてしまいました!!

 

今回は、浜の家キャンプ場の西湖の湖畔サイトは、我々だけの貸し切りだったもので、贅沢な時間を過ごすことが出来ました!

 

 

浜の家キャンプ場で宴会

焚火を使ってジャンジャン焼いてモリモリ食べちゃいました!

 

色々と語りながらのキャンプの時間になったのですが、何を喋ったのか既にほぼ忘れてしまった誰かさんでございます(笑)

 

 

西湖湖畔散策

翌朝、テントから出て西湖を散策してみました!

 

 

幻想的な西湖の朝

幻想的な西湖の朝でござます!

 

なんだか斧を投げ入れて、高価な物に交換できるプレイが始まりそうな予感がしました(笑)

 

 

西湖の釣り人

明け方寝ていると非常に騒がしく「なんざんす?」と思っていると、釣り師たちがモリモリ集まりだし大盛況となりました。

 

 

、浜の家キャンプ場はボートの貸し出しの様子

西湖は、ワカサギ、クニマスの釣りが出来るのですが、浜の家キャンプ場はボートの貸し出しも行っております。

 

5時前から騒がしく、寝ているんだからもう少し静かに出来んかい!っと、イラついてしまいました。

 

釣り人がいなければ、とても静かな環境で寝られるのですが、こればっかりはその日の予約次第かと思われます。

 

お隣りの西ノ海キャンプ場にキャンプしたとしても、この釣り人達の容赦ない騒音は聞こえていたと思われます。

 

 

り静寂を取り戻した富士五湖西湖

釣り人がいなくなり静寂を取り戻した西湖になります。

 

 

西湖の水面

昨日と打って変わって風が止み凪だった西湖でした。

 

なんだか朝から沐浴したくなってしまいました!

 

 

ミニかまどでキャンプ飯調理

朝飯作るのが面倒で、今回はミニかまどを使ってお湯を沸かしカップ麵で済ませちゃいました!

 

 

ミニかまどの調理の様子と燃料

ミニ焚火台の代わりになるので、ミニかまどはかなりおすすめでございます!

 

その辺に転がっている枝が燃料になるので現地調達が容易なのも気に入っております!

 

 

綺麗な富士山

西湖を後にすると綺麗な富士山を望めました!

 

西湖周辺は富士山のビュースポットが多いので目の保養になります!

 

まとめ

浜の家キャンプ場は、西湖湖畔でキャンプが出来る貴重なキャンプ場になりますが、料金も1,000円と格安で非常にありがたい感じです!

 

高規格なキャンプ場ですと、1泊5,000円以上する所もありますので、それを考えるとロケーションも良く安いので人気があるのも頷ける感じです。

 

しかしながら、残念ながら浜の家キャンプ場から富士山を見ることが出来ないのが唯一の欠点になります。

 

また、ゴミは持ち帰りになりますので、その辺もご注意ください!

 

料金も安く、事前に予約が不要ですので、季節を変えて浜の家キャンプ場に再訪したいと思います!

 

www.aohigetozan.com

富士五湖の1つであります田貫湖キャンプ場でキャンプした時の様子について書いた記事になります!

富士山の景色が素晴らしいのでおすすめのキャンプ場になります!