アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

雪の丹沢主脈・主稜・同角山稜日帰り縦走!後編 (塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳・檜洞丸・同角ノ頭・大石山・ユーシンロッヂ・寄)

スポンサーリンク

f:id:aohige0718:20170103171719j:plain

 

 

 

 今週末はかなり冷え込みそうですね~~

 

勤めている会社が、土・日曜日休みなもので、毎週木曜日頃から「どこの山へ出没しようかな!?」と悩みだすんですが、大抵直ぐには決まらない感じですf^_^;

 

寒いとアソコは嫌だな~・・・とか、お金が無いからアッチまではキツイな~・・・とか、このコース、なんだか熊が出そうで怖いな~・・・とか、このルート、歩いたことないから調べるのが面相臭いな~・・・等々、色々と葛藤があり毎週大変でございます♡

 

「ここに行くぞ!」と、引っ張ってくれる相方が居ると助かるんですが、自分のペースで歩くとなると、やっぱり単独が良いですしね~~

 

加齢によるものなのか、腰がますます重くなっている誰かさんなんですが、私は今週末どこに登った方が良いですかね???

 

良く分かりませんが、とりあえず意見を求めてみようと思い書いてみました(笑)

 

多分、「あの世」とか「針の山」、「銭湯の煙突」、「三途の川でも渡渉したら!?」ってな返答がきそうで怖いです(´∀`*)

 

 なんだか分からなくなってきたところで、前回の続きに移らせていただきます!

 

◎前編は下記になります!

aohige0718.hatenablog.com

 

登った日:2016年03月12日(土) [日帰り]

 天    候:曇り時々雪

メンバー:単独

交通手段:前編に記載

 コース・高低差:前編に記載

 

コースタイム

蛭ヶ岳 10:01 → 10:49 臼ヶ岳 10:53  → 12:10 檜洞丸 12:12 → 13:13 同角ノ頭 13:15 → 14:00 大石山 14:03  → 14:44 ユーシンロッヂ 14:46 → 15:34 雨山峠 15:44 → 17:43 寄バス停

 

コース状況

蛭ヶ岳~臼ヶ岳までの間に鎖場があります。

積雪が多いと鎖が雪に埋まり使えずザイルがないと進めません。

また、鎖場周辺の岩場が凍っている場合は、アイゼン装備していても滑るので十分注意して下さい。

積雪がある時期は、蛭ヶ岳~檜洞丸の区間の利用は控えた方が良いと思います。

また、檜洞丸~同角~大石~ユーシンの間も積雪があるとかなり危ないです。

特に、同角~大石の間は険しいので、積雪がある時の利用は避けた方が良いと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170103170936j:plain

 さ~お腹もイッパイになったので檜洞丸へ進みたいと思います!

なんだか「黄泉の国」へ誘われているような感じの天気でございます。

 

 

f:id:aohige0718:20170103170958j:plain

 黄泉のの使者が居りました!!

寒い中、頑張って生きておりますね!!!

餌が少なく、だいぶ痩せておりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171010j:plain

 最初の鎖場になります。

有難い事に鎖が出ていて使えました。

ただ、岩場が凍っていて、アイゼン着けていても滑る事・・・

まだまだ技術が未熟でございます・・・(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171019j:plain

 こちらが2本目の鎖場ですかね。

降下し、見上げながらの一枚になります。

ここも凍結が酷く、滑る滑る・・・

下りは本当に怖いですね・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170103171035j:plain

 痩せ尾根の箇所もあるんで油断なりません。

この辺は、人の痕跡がなく、暫く誰も歩いていない感じでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171048j:plain

 一応、正面が登山道になります!

霧氷の重みで枝が折れ、登山道を塞ぎゲッソリしてしまいました(>_<)

頼んでいないのに、引っかかった枝がしなり、それが尻や胸に快楽を注入してくれます♡

何故か、弱い所を的確にヒットさせてくるんですよね~(´∀`*)

自然の力には敵いませんな~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171057j:plain

 倒木エリアを突破すると、こちらも凄い霧氷の世界が続いておりました。

「も~3年分くらいの霧氷を味わったんで、も~結構です!」と叫んでおりました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171107j:plain

 よ~~~やく臼ヶ岳に辿り着けました・・・

ここまでえらく辛かった(>_<)

臼ヶ岳南陵尾根も久しく歩いていないので、今度歩きたいもんです!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171117j:plain

 さ~檜洞丸へ行きたいと思います!

尾根が広い場所なんで「ルートファインディングかな?」と思っていたんですが、積雪が地味に少なくルートが見えていて良かったです。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171128j:plain

 この辺も冬の景色でした!

生命の感じが全くしませんね~

 

 

f:id:aohige0718:20170103171138j:plain

 崖のトラバースもそれほど難儀せず良かったです。

ここが雪で埋まる事は無さそうですが、もし埋まると厄介ですよね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170103171148j:plain

 薄っすら、目指す檜洞丸が見えてきました!!

まだまだ遠く、結構登らないとイカンですね・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170103171159j:plain

 涙なくしては語れない行程を経て、よ~やく檜洞丸に辿り着けました。

いや~足腰髭から疲労物質の悲鳴が聞こえてきました(苦笑)

さ~コースはどうしよう!?となり、時計を見るとまだ12時だったんで、当初の予定である同角・ユーシン方面に行く事に致しました!

一応、13時までに檜洞丸に着けなかったら、素直に下山するつもりでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171210j:plain

 私の大好きな木道でございます!

新緑の頃や、秋の紅葉もこの辺は大変素晴らしいです!!

雪の時期も、独特の景観をしておりますよね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171220j:plain

 ここで、よ~やく1名の登山者の痕跡がありました。

ここにも物好きが居たみたいです(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171235j:plain

 さ~~ユーシンへレッツゴー!!ですね♡

 

 

f:id:aohige0718:20170103171252j:plain

 同角ノ頭までは結構登り返しが辛いです。

木道が整備されているのが救いでございます!!

若干、積雪があるとルートが分かり難い箇所があるので慎重に進んで下さい!!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171304j:plain

 純白のキャンパスが私の到着を待ってくださいました!!(笑)

折角なんで、「aohige0718」と記載しておけば良かったですね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171317j:plain

 雪見大福が食べたいな~♬っと思った瞬間でした♡

 

 

f:id:aohige0718:20170103171337j:plain

 こちらが噂のキレットでございます!

丹沢にもキレットがあるんですよ!!!

樹木がモリモリで下が見えませんが、落ちるとシャレにならない高さなんで注意して下さい。

先行者のトレースが心強いですね~(*´з`)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171349j:plain

 景色と同化しておりますが、結構長い梯子が何本かあります。

道も痩せていてキレ落ちているところが沢山あるので、この周辺は要注意です!!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171405j:plain

 こんな感じのなだらかで癒しの尾根道もあるんですけどね~(´∀`*)

ズ~~~っと続いてくれ!!と願わずにはいられない感じでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171420j:plain

 今日のメインである、大石山直下の長い鎖場です!

鎖が出ていて大変助かりました!!

かなり長い鎖場ですが、傾斜が緩やかなんで、思ったほど怖い所ではございません。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171435j:plain

 冷たい鎖に生気を吸い取られ、よ~やく大石山でございます!

天気が良いと展望が良いんですが、今日は・・・

も~危ない所はほぼ無いんで、安堵した時間帯でした。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171459j:plain

 名物の大石です!

かなりデカいですよ!!

岩の上に行くルートもあり、景色も良いのでチャレンジしてみて下さい!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171514j:plain

 檜岳山稜もモヤモヤ~な感じでした。

結局、今日は晴れなかった。と言う結論ですね!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171536j:plain

 モリモリ急坂を下っていくと、ユーシンロッヂがあります。

現在、避難小屋みたいな感じですが、そろそろ営業を再開するという話があるそうです。

営業再開すると、この周辺の山のアクセスが一気に向上し、人気のエリアになるかも知れませんよね。

静かな山が好きな私にとってはアレですが、エエお山なんで皆様にも楽しんで欲しいな~と思おう気もちが拮抗しております。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171612j:plain

 さ~雨山峠経由で寄(やどりき)へ戻りたいと思います!

ここから地味に登りになるので、かなりシンドイ時間帯でした・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170103171622j:plain

 沢沿いを歩くので、エエ景色が随所にあって飽きの来ない行程になります!

ただ、地味に登るので・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170103171632j:plain

 ジワジワと拷問に遭っているような時間帯でした(>_<)

こちらが雨山峠で、色々な方面へ進むことが出来ます!

あと5歳若ければ、迷わず鍋割山経由で下山するんですけどね~~

も~~そんな気力・体力はありませんf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170103171648j:plain

 雨山峠からは、沢の中を歩きますので、大雨の後は通行できません。

道も不明瞭なんで注意して下さい!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171658j:plain

 小さいながらも渡渉が数回あります。

増水さえしなければ問題ないともいます!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171709j:plain

 途中、寒桜が綺麗に咲いておりました(´∀`*)

可愛いお花ですよね~♡

 

 

f:id:aohige0718:20170103171719j:plain

 河津桜も咲いてました!

春が待ち遠しいですよね!!

 

 

f:id:aohige0718:20170103171734j:plain

 ミツマタも咲いておりました!

アオヒゲ ハッチ」がブンブン飛びながら女王蜂のお母さんを探しいそうでした(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170103171748j:plain

 そんな感じで「寄生虫の寄」と書いて「ヤドリキ」に到着です!

とても読めない漢字ですよね~~

 

バスが来るまでとても寒く、待っている時間が一番の核心部になりました(>_<)

 

変化に富んだコースで、体力的にはキツイですが、とても楽しい一日なりました!

どうせ登るなら人が少ないコースを歩きたいですしね!

 

雪があるとコースの難易度も一気に高くなりますので、正確な状況判断が大事ですよね!

 

丹沢はこれからが冬山シーズンの本番ですが、安全に楽しみたいもんですよね!